こんにちは!

昨年9月からインターン生として働かせて頂いていた慶應義塾大学看護医療学部4年の荒川です。3か月という短い間でしたが、このたびPHJを卒業することになりました。

 私はこれまでにHIV/AIDSに関する活動を行ってきていたので、PHJでも主にタイのHIV/AIDSの事業について関わらせて頂きました。11月30日・12月1日のエイズ学会に向けての資料作りを行い、実際に学会にもPHJスタッフの1人として参加させて頂き、貴重な経験をさせて頂きました。他にも先日開催されたグローバルフェスタでの広報活動やインドネシアの栄養の事業の資料作りなど多くの仕事を任せて頂き、とても楽しくやりがいのある3か月間でした。
アジアに向けた日本の支援の在り方について、PHJというNPOの仕事を通して知ることができ、本当
に良かったと思います。PHJでの経験は今後にも絶対に生きてくると思います。

将来的に国際活動に取り組むかはわかりませんが、無事に国家試験を合格することができたらまずは日本で新生児や子どもの医療に取り組んでいきたいと思っています。
スタッフの皆さんもとても優しく、大好きなタイや『コウノドリ』の話など(笑)、何気ない会話をすることも楽しかったです。
インターンはこれで修了しますが、ボランティアなどの形でPHJと今後も関わることができたらいいなと思っています。

 短い間でしたが、本当にありがとうございました!


arakawa













海外事業部部長より修了証書を授与される荒川さん

IMGP1513










スタッフ全員と事務所で記念写真。3か月間お疲れさまでした!