法学部教授の中山先生と学生さん7名が来られ、また、留学中の学生さん1名がオンラインで参加されました。
法学部の「国際平和・外交コース」の「人間の安全保障フィールドワーク」の授業で、地球的課題としての「平和」「人権」「開発」「環境」、
およびその担い手としての「国家」「国連」「NGO」「企業」を軸として人間の安全保障に関する課題を設定し、グループに分かれてリサーチをするという授業。
その中で、「アジアにおける人権問題に対するアプローチ」「すべての人が健康で希望をもってくらせるように」というテーマで、PHJの取り組みに関心を持たれました。
創価大学 事務所訪問 2023 08 31

事前にいただいた関心課題と質問に基づいて、PHJの設立背景、組織運営、そして、具体的な事業の紹介とともに、保健医療分野における「教育を中心とした自立支援アプローチ」を説明。
その後、「健康と人権」「健康と人間の安全保障」というテーマから、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジへのPHJの具体的な取り組みを説明しました。
さらには、PHJによる支援活動と現地の文化という観点からの質問にもお応えいたしました。

最後には質疑応答の時間も設け、「活動資金はどのように得ているのか?」「PHJスタッフはみんな医療者なのか?」といった実務的な質問もあり、予定の1時間を大幅に超えてしまいました。