2017年02月15日

crossroad 歌詞

作詞 作曲 早丸

曲がりくねった道の果てには 信じた答えがあるはずと
答えの意味も知らないまま走り出した日常
真っ直ぐ進む君の気持ちと一瞬触れ合った気がした
一度しか交わることない切な過ぎる十字路

振り向かず(このままじゃ)離れてく(見失う)
伝えたい言葉はもう届かない

今は何度も過去を見つめ 戻せない日々を数えた
もう二度と触れることない cross to your heart
君に別れを

遠ざかる(この距離が)切なさと(言うのだろう)
引き返しても君は遠くに

戸惑いの中過ぎる景色は いつしか色褪せていた
もう二度と触れることないcross to your heart
君に別れを

もう一度…
もう二度と…

phagan01 at 17:37|PermalinkComments(0)clip!

oasis 歌詞

気付けばもう 冬が終わりを告ぐ 長く待ちわびていたのかな
希望に満ちた足を第二の地に 刻む そこに迷いはあるかな

たまには長く険しい道 逃げたくなるけど その声が導いてくれてたね
だからこそ ここに諦めない意志覚えたよ ありがとう

これから先のvision 道なき道を行く 夢のOASIS求め 僕は歩きつづける
目の前の奇跡 君なしじゃ見えない 僕はOASIS求め ずっと歩きつづけた

挫ける度 僕は君に諭された 日く、「後悔はしないで」

たまには長く止まない雨 遥か彼方の雲 うつむき 目をそらしてしまう
これからもふがいない僕の心支えてくれますか

これから先のvision 出会いを繰り返し 夢のOASIS求め 僕は歩きつづける
いつか自分の手に掴む時が来る 僕はOASIS求め ずっと歩きつづけた
誓うよ

たまには長く険しい道 逃げたくなるけど その声が導いてくれてたね
だからこそ ここに諦めない意志覚えたよ ありがとう

これから先のvision 道なき道を行く 夢のOASIS求め 僕は歩きつづける
目の前の奇跡 君なしじゃ見えない 僕はOASIS求め ずっと歩きつづけた

これから先のvision 出会いを繰り返し 夢のOASIS求め 僕は歩きつづける
いつか自分の手に掴む時が来る 僕はOASIS求め ずっと歩きつづけた

君と歩き続けた


phagan01 at 16:49|PermalinkComments(0)clip!

2016年02月11日

2016/2/11 siam shade 札幌公演 ライブレポート

箇条書きでいきます

・16:15頃に中島公園到着。入場の列がまだまだ長くて近くのコンビニでしばらく待機。16:40頃に入場して後方の柵付近daita側に陣取る。

・会場bgmはrush、影アナ後の直前bgmはモトリークルーのDr.Feelgood

・daitaのギター。オレンジ色のテレキャスメイプル指板が半音下げとドロップD一本ずつ。黒色のテレキャスローズ指板は半音下げと1音下げ。レギュラーが水色のglifeストラト。get a lifeがdeanのタイムカプセルV。

・JUMPING JUNKIE のギターソロはタッピングの部分や最後のダブルチョーキングの部分もワーミーをかけていたので原曲とは違うニュアンスだった。

・ノーマリのギターソロは男樹みたいに最後の6連符速弾きはフルピッキングだった。この正確無比なフルピッキングはさすが。

・LOVESICKのギターソロも途中の3連符フルピッキングがさすがの正確性。アーミングもきちんとしていた。

・1999はBメロの掛け合いボーカルの部分完璧。一馬の声も大きくてよく聞こえた。ギターソロ最後の方のハンマリングフレーズが完璧だった。

・ブランコが始まる前にドラムとベースだけの演奏で聞いたことないイントロが追加されていた。その間にギターは二人とも持ち替えていた。ブランコ2番Bメロのシーケンスフレーズは原曲通りのフレーズを弾いていた。(解散ライブの時は1番と同じフレーズだった)

・BLACKとNEVER END の間が結構無音の時間が長く感じた。個人的にはsiam4の曲が来て欲しかった。
NEVER ENDの後、daitaの人差し指が5フレット目を押さえていたからDEAD SPACEが来るかと思ったが違った。

・グレイシャルLOVE は一馬の調子が良く、コーラスが2011年より良く聞こえた。daitaがギターソロ終わった直後のリフの所で、多分押さえる場所を誤り音を外してたと思う。

・IMITATION LOVE のサビのコーラスは淳士以外の楽器陣3人でやっていた。
(というか、いつもの淳士の後ろからスッと回して出てくるコーラスマイクが今回は無かった)

・インストはDazed and Aloneが聞けたのが良かった。(自分が高校生の時コピバンでやった曲だし)
Triptych前半はワウをかけて弾いていた。
moonはイントロのアルペジオを録音物で流してdaitaは歌メロをギターのハイポジションで弾いていた。

・アドレナリンは今日唯一の1音下げだった。間奏の「ラララ kiss my earth touch my life〜」のラップ部分は上のパートを歌っていて猛烈なシャウトだった。

・東京では曇のち晴れの部分が札幌ではPRIDEだった。個人的には曇のち晴れのギターのクリーントーンが聞きたかった。

・RAINのイントロのフレーズのどこかでギターが音を外していた。珍しくミスッたか。

・D.Z.Iのギターソロの直後、リフで一馬の音だけになる部分があるがめちゃくちゃ痺れるいいサウンドだった。
やっぱメサブギ最高だなと思った。

・get a lifeのイントロでドラムが入ってくる瞬間にドラムセットの台の高さから栄喜が飛び降りたんだけど、着地に失敗して転倒した。足を怪我してないか心配な転び方に見えた。

・すぐ起き上がったけど、動揺したのかとっぱじめAメロの歌の入りが遅れたり歌詞が二回し目のものとごっちゃになったりしてた。その後、激しい動きはしない風に見えたから怪我したんじゃないかと思ったが、単にライブ後半だから疲労があっただけかもしれない。

・Still We Go だけdaitaはボグナーのプリを使ったりしていたのだろうか。少しサウンドが他の曲と違う気がした。ナチュラルハーモニクスのアルペジオやギターソロ最後の方の音程差の激しいフレーズの正確性はさすが。

・SHAKE ME DOWN のサビのコーラスは淳士はやっていなかった。(2011年の時は淳士がやっていた)
サビのコーラス主旋律は栄喜が歌っていた。

・Don't Tell Lies で客電全点灯。この照明演出は恒例なのだろうか。

・ドンテルのあとアンコールで粘ったら円陣組んで打ち合わせが始まりもう一曲追加になった。
栄喜がDREAMSやる前に「今回のツアー初めて」とかdaitaに「今練習してるの?」とか言っていた。
最後に「ビシッと〆るのが俺たちだから」と言って始まった。

・DREAMSのAメロで一馬がコードを押さえる場所を間違えていたのが偶然目に入った。焦って正しい場所にずらしていた。daitaはギターソロのフレーズは少し崩して弾いていたがアウトロとかはさすがの完璧さだった。

・最後写真撮影して1,2,3ダーで〆てDear…が流れて終了。人の流れに流されて退場しすぐ帰宅しました。

・栄喜は最後の方だいぶ苦しそうに歌っていたと思う。息が続かず客席に歌を煽るパフォーマンスが後半に多かった。

・daitaのサウンド、2013年やルナフェス動画同様音が細く硬い。
サスティンは前と違ってそんなに短いとは思わなかった。
音質は例えるならCDラジカセとかCDコンポに直接ギターを接続して音量を大きくしたような、ビリビリヒリヒリした感じ。
音圧が気持ち良くなく刺さる感じでうーんといった所。
やはり昔の音の方が良かった。
キャビネットは予想通りボグナーを使用。

・全体の音量バランスはボーカルが結構大きめ、一馬のマイクの音量もかなり大きかった。
ギターはハードロックバンドにしては控えめで聞きやすい音量。
ベースの音は大きめではっきり何を弾いているのかわかる感じだった。

・さいたまスーパーアリーナよりは多少クリアな音質だけど、zeppでもそんなに大きく変わらないと思う。



とりあえずライブ直後の感想はこんな感じで一旦終了します。
またなにか思い出したら追記します。

phagan01 at 23:04|PermalinkComments(0)clip!

2016/2/11 Zepp Sapporo SIAM SHADE 20th Anniversary year 2015-2016 「The Ultimate Fight Series」

セットリスト

01.JUMPING JUNKIE
02.No! Marionette
03.LOVESICK〜You Don't Know〜
04.1999
05.ブランコ
06.BLACK
07.NEVER END
08.グレイシャルLOVE
09.IMITATION LOVE
10.インスト
Triptych前半〜Dazed and alone〜Over the rainbow〜CUM WITH ME〜Life〜BLUE FANG〜MOON〜ドラムソロ〜Triptych後半
11.アドレナリン
12.PRIDE
13.Fly high
14.1/3の純情な感情
15.RAIN
16.D.Z.I.
17.GET A LIFE

アンコール
18.Still We Go
19.Dear...
20.SHAKE ME DOWN
21.Don't Tell Lies

Wアンコール
22.DREAMS


ギターのチューニング
01.JUMPING JUNKIE (半音下げ)
02.No! Marionette (半音下げ)
03.LOVESICK〜You Don't Know〜 (半音下げ)
04.1999 (半音下げ)
05.ブランコ (半音下げ)
06.BLACK (半音下げ)
07.NEVER END (ドロップD)
08.グレイシャルLOVE (ドロップD)
09.IMITATION LOVE (半音下げ)
10.インスト
Triptych前半〜Dazed and alone〜Over the rainbow〜CUM WITH ME〜Life〜BLUE FANG〜MOON〜ドラムソロ〜Triptych後半(レギュラー)
11.アドレナリン (1音下げ)
12.PRIDE (ドロップD)
13.Fly high (半音下げ)
14.1/3の純情な感情 (半音下げ)
15.RAIN (半音下げ)
16.D.Z.I. (レギュラー)
17.GET A LIFE (ドロップD)

アンコール
18.Still We Go (半音下げ)
19.Dear... (レギュラー)
20.SHAKE ME DOWN (半音下げ)
21.Don't Tell Lies (半音下げ)

Wアンコール
22.DREAMS(半音下げ)

phagan01 at 20:34|PermalinkComments(0)clip!

2016年02月05日

gold 歌詞

飛び込んだmy fate くじけた心で生き急いで
触れれば壊れる ガラス細工のよう もどかしくて

brake it down and finding up erase out boundaries
gimme out force and go driving speed of light

time is nothing true thing
時が満ちるまま 誓い閉ざされていく
gone longing for me
穿たれた思い どこに行けばいいのか
leave it 今すぐに never you blind for me
flying 遠くまで 連れ去って

blazing up and disturb it cracking memories
catch the brave and fight burning emotion

time is nothing true thing
時が満ちるまま 誓い閉ざされていく
gone longing for me
穿たれた思い どこに行けばいいのか
leave it 今すぐに never you blind for me
flying 遠くまで 連れ去って

phagan01 at 14:58|PermalinkComments(0)clip!

STAY and FLOW 歌詞

STAY あの日の道 FLOW 今はなくて
STARS いつかの空 FLY 今思い出すよ
AH 時は流れ 別々の道
SO 気づいていた 秘めた気持ちも消されてく
この思い伝えたい 信じていること
そのままでいてほしい ずっと変わらないで
AH 曇っていく あの思い出も
SO ずっとここで変わらないこと 願っていたよ
どこまでも続いていく この広い道を
歩き出そう一人でも もう迷わないから
この思い伝えたい 信じていること
そのままでいてほしい ずっと変わらないで


phagan01 at 14:07|PermalinkComments(0)clip!

2015年11月24日

X JAPAN「Silent Jealousy」「オルガスム」guitar cover











phagan01 at 20:37|PermalinkComments(0)clip!

2015年10月30日

X JAPAN 「Rusty Nail」「ART OF LIFE」 guitar cover








phagan01 at 04:20|PermalinkComments(0)clip!

2015年06月14日

最近の活動


スタジオで新曲練習中です。


siam shadeの20週年ライブで演奏されるであろう「1999」弾いてみました。
次はTriptychの動画を録りたいと思っています。

phagan01 at 04:19|PermalinkComments(0)clip!

Awaking 歌詞

茨の道迷い込んだbleeding heart 深い溜息が
塞ぎ込んだ視界の中言葉は宙を彷徨うだけ

save me now 揺れる悲しみが 描く波の様に
hold me tight 繰り返すよ 行き場の無い感情吐き捨てた

聞こえたのは罵声の雨 心は濡れて凍り付く
届かないか救えないか景色が もう色褪せていく
I believe 消えた優しさに 想い辿り着く
pray for you あと少しの 心に秘めた勇気抱きしめて

閉ざされても open your eyes looking for
明日を生きる 泣き疲れたその先に見えるだろう
wake up makeup starting your mind
i need it you need it awaking
to change your way

壊されてもnever frighten anymore 恐れないで
手を伸ばしたその先にこの愛を
wake up makeup starting your mind
i need it you need it awaking
to change your way

phagan01 at 04:15|PermalinkComments(0)clip!
profile
五郎入道 早丸
PHAGANのギタリストです
作詞作曲、コーラスもやります

・1984年5月24日生 
・血液型 O型 
・ギター暦17年

〜影響を受けたアーティスト〜
SIAM SHADE
ANGRA
ANIMETAL
JAM Project

〜影響を受けたギタリスト〜
DAITA
Kiko Loureiro
横関敦

〜趣味、特技〜
格ゲー
自転車
将棋


PS NetWork ID
enrum-misaki

音源や動画も随時公開していきます↓
you tubeチャンネル

2013 01 20 bessie hall on your mark live音源

REC音源15曲公開中
ファーガンのHP