アセンション pro

アセンション pro

アセンションpro sitemap.xml 自動生成機能をリリースしました|ライブドアブログ 公式ブログ

アセンションpro

アセンション、次元はあなたの認識次第で拡大します。3次元〜高次元まで到達できるかはあなた次第。今ここに来られているあなたの意識の持ちようであなたの世界は構成され変化してゆきます。5次元にアセンションすると、どのように変わるのでしょうか。一言でいえば、『物質的な世界から意識的な世界へ昇華する』ということです。 インディゴ・クリスタル・レインボーチルドレン達へ ライトワーカー・スターウオーカー達へ  多次元宇宙へ向かって日々邁進しましょう。

386660_199080650216446_1075692300_n


アセンションとは
アセンションとは、次元上昇のことを示し、波動(周波数)をあげていくことです。
霊的な進化をアセンションといいます。
宇宙のロゴス(創造主)の意思、働きにより宇宙を創造し、銀河系を創造し、惑星が創造され、大天
使などの働きにより、自然界の準備が整い、生命の誕生と進化のステージに入ります。
意識の進化は太陽と惑星、自然界と同調し、完全なるハーモニーを奏でながら育まれていきます。
すべての中に意識があり、その意識が新たな意識を作り出し進化をしていきます。
完璧なハーモニーの中で完全にすべての準備が整った時、生命の誕生を迎えます。
大いなる根源から、魂が一斉に解き放たれたように、すべてのアセンションがスタートします。
それは根源から解き放たれ、遠く離れて、もう一度回帰するようにプログラムされているかのように
見えるかもしれません。
創造主といわれるロゴス(聖なる意思、意識)は進化しない完全な自分の鋳型のスピリット、魂と、
無限の可能性へと解き放たれた進化を遂げる物質を生み出しました。
無限の可能性へと進化を遂げる物質は、根源の鋳型の刻印を持ちながら、様々な旅を経て、根
源へ回帰していき、純粋意識へと姿を変えていきます。
この進化の過程は、ロゴス(根源の意識、意思)が自らの姿の側面を見る冒険の旅のようなもの
です。
アセンションとは、そうした進化を遂げていくことでもあります。
人の進化はマスターへ
植物は精霊へ、そして天使へ
最終的には根源の純粋意識へと回帰していく過程なのです。
アセンションする人・しない人10の特徴と、次元上昇に向けて7つの準備

現代は「アセンションの時代」だと言われています。アセンションとは、私たちの進化をうながして、
五次元という高度な精神的社会へ上昇する、宇宙の一大イベントのようなものです。

アセンションは、30年以上かけて進行するとされ、「マヤ歴」の終わりである2012年の冬至からス
タートし、2015年のターニング・ポイントを経て、2016年から本格的な次元上昇と浄化が始まると
されます。

2016年からの10年間は、気候や社会のシステム、個人の精神や体調など、多方面に影響を与
え、激動の時代になると言えるでしょう。

そのような壮大なアセンションのために、いったいどんな準備をしたらいいんだろうと思う方もいる
はずです。

そこでこの記事では、まずアセンションする人と、アセンションしない人の特徴をご説明し、あなた
がアセンションするために必要な準備についても、具体的にお伝えします。

あなたがこのチャンスをつかみ、人生のストーリーを変えて、素晴らしい未来を手に入れることを
願っています。

アセンションする人・しない人10の特徴と、次元上昇に向けて7つの準備
目次
1.アセンションした世界とは
2.アセンションする人5つの特徴
3.アセンションしない人5つの特徴
4.アセンションに向けて7つの準備
5.まとめ

アセンションした世界とは個人の意志が行き先を決める

まず、アセンションするかしないかは、最終的に個人の意志の問題になります。人には自由意志が
与えられているからです。

アセンションした世界(高次元)とは、「統合された意識の世界」です。それは、調和・思いやり・バ
ランス・柔軟性・真実・中庸・幸せ・歓喜・平和・純粋・慈悲・感謝などに基づいた意識です。

今の三次元世界(低次元)は、「分裂した意識の世界」になります。恐怖・不安・見栄・束縛・嫉妬・
差別・競争・戦争・コントロール・攻撃・パニック・アンバランスなどの意識が、世界を締めているとい
うことです。

ニュースなどを見ても何となくわかるように、今、人の思いはどちらかに急速に分かれているのです。

個人の波動に応じた世界

アセンション後は、その人の波動に応じた世界に行くことができます。

地球はパラレル・ワールドのように、絶滅する地球から、すべての人が自分の夢を具現化できるよ
うな世界まで、異なったいくつかの階層に分かれ、自分に合った階層の地球に移行していくのです。

もちろん行きたい世界の選択は、自分の行動次第で良い方向に変えることができます。

b37f94da

アセンションする人5つの特徴
浄化の進んだ人

アセンションする人は、ある程度「浄化」が進んだ人です。
奥にため込んでいた感情や、体の毒素をデトックスできている人です。
やるべきことをやる人
現実から目をそらさず、人生をしっかり生きるというのもアセンションするための条件です。
目の前のやるべきことをやる人というのは、向上心もあり、地球ともつながっています。


ニュートラルな視点を持てる人
物事や他人をジャッジせず、ニュートラルに見ることができる人は、バランスが取れています。
人は少なからず、自分の好き嫌いや善悪、価値観で判断し、レッテルを張ります。それらは自分特
有の見方や、思考のクセにすぎません。
しかし、それを正しいと思い込んで、他人を「裁いて」しまい、それが人とのトラブルや争いの火種に
なります。
正義感をふりかざす人もまた、「厄介な人」ということになるでしょう。物事の全体像をつかんでいな
いのです。
良い悪いの判断をせずに、思いやりを持ってニュートラルに対応できる人というのは、バランスの
とれた世界と同調し、自分の身の回りの世界だけではなく、他人や社会、地球全体からの視点で
見ることができます。


前向きにとらえられる人

ネガティブな出来事に遭遇しても、それを前向きに受け止められる人です。

これはネガティブな側面を否定したり、見ないふりをして、明るく振る舞うことではなく、ネガティブな
ことを避けずに、自分の成長につなげていける人ということです。


自分を変えられる人
日常生活で出てくる自分の感情を見つめて内省できる人、向上心のある人です。
アセンションとは、より良い世界への変化ですから、自分をより良く変えられることが条件です。
誰にでも失敗や間違いはありますが、失敗をなかったことにしたり、自分を責めるだけでは、軌道
修正ができません。
自分を変えるというのは、自分の思考の方向が間違っていたということを認め、反省して良い方向
に変えるということです。


アセンションしない人5つの特徴

他人のせいにする人

「アセンションしない人」は、今のままの暮らしを続け、破滅に向かう地球に残ることになります。
まず最初の特徴は、何かあると相手のせいにし、自分が嫌だと思う人を排除しようとする人です。

「親が悪い」「社会が悪い」など誰かのせいにして、自分からは変える行動をとらないので、波動が
著しく低くなっています。
宇宙には「自己責任の法則」というものがあります。何があっても人のせいにせず「自分の人生に
責任を持つ」というのが、高次元意識のスタートラインなのです。
三次元の「分裂」に基づいた思考は、自分と他人に線を引き、優劣を決め、自分と異なるものを受
け入れません。
自分にも問題があると考えず、他者批判をします。争いをしている人や国と、同じ波動だということ
です。
他人のせいにする人からは「恨み」しか生まれません。また、本当の自己受容をしていないため、相
手より優位に立ちたがり、勝ち負けにもこだわります。



現状維持したい人

「変わりたくない」「現状維持したい」という気持ちは、進化するエネルギーとは逆に向かい、それはア
センションの波動と共鳴しません。
生物も世の中も常に進化しています。そういった自然の流れに逆らうのは、変化への「不安」や「恐れ
」があるからでしょう。
しかし「今のままでいい」人は、「今のままの世界」にとどまるのです。
また、反省しない、過ちを認めないということは、成長しない人ということになります。
自分の正当性を主張し、争いの種を生み出します。自分の非を素直に認めない人は、アセンション
から外れていきます。


自分の不幸や悲劇にひたる人

自己否定をし、ネガティブなドラマに浸っている人です。他人を責めないかわりに「自分が悪いんだ」
「自分はダメな人間だ」「自分にはできない」と自分を責めます。
責める相手が、自分か他人かという違いだけで、実はどちらも同じことなのです。
その行為は責めることで、問題から逃げているとも言え、ネガティブな出来事にとらわれ
て「悲劇の主人公」にハマってしまったのでは、そこから一歩も進めません。
さらに、自己否定というのは、一気にエネルギーを引き下げ、自分だけではなく、周りの人
たちや地球にも、知らず知らずネガティブな影響を与えてしまいます。


被害者意識の強い人

「ひどいことをされた」「裏切られた」という「被害者意識」の強い人もまた、自分で自分の責
任を取りません。
可哀想な自分に共感してもらいたいという思いも強く、自分から変わろう、問題解決しようと
いう方向に意識を向けないのです。
そのような人はネガティブなエネルギーを発し、同じ場所にとどまり続けます。


依存心の強い人

自分からは与えず、いつも相手から何かを得よう、何かをしてもらうと考える人たちです。
相手に望むばかりの結婚観や、お正月などのイベントの時だけ神社に出かけ、お願いごとを
する「神様頼み」というのもそれに当てはまります。
人に「してもらいたい」「してもらって当然」と考えているため゙、感謝するという気持ちに乏しく、
自分が今の生活で、いろいろなものを「与えられている」ことに気づきません。
もちろん、自分の力だけではどうにもならないときに、誰かに「助けて」とお願いすることは必
要ですが、自分で解決する気がなく、すぐ他人にすがるのは相手のエネルギーを奪う行為に
なります。

「天は、自ら助くる者を助く」のです。


アセンションに向けて7つの準備

なぜアセンションに向けての準備が必要なのか

何ごともそうですが、何もせず待っているだけでは、ポジティブな変化はやってきません。あな
た自身の「良くなろう」「前に進もう」という「向上心と努力」が必要なのです。

素敵な人生や世界をいくら夢見ても、自分の意識や行動を変えなければ、望むものは手に入
りません。アセンションとは、私たちの「成長と進化」です。


アセンションすると決める

なによりも大前提として、自分はアセンションをする、と決めてください。私たちの「意志」が、世
界を作っています。

あなたの「こういう世界がいい」という思いが、自分の向かう方向性を決めていきます。全てはひ
とつであるという観点から、自分はどういう世界に住みたいか決めてください。

それでは、より具体的なアセンションに向かっての準備をお伝えします。


浄化を行う

アセンションするための波動を高めるには、デトックスをして軽くなることが必要です。

まずは、これまで心にフタをして、向き合ってこなかった感情の浄化を心がけましょう。

自分を見つめて、悲しみや怒り、不安、恐怖など、出てくる感情を否定せず、流れるままにしてく
ださい。自分の腹の奥底にある本音や、醜い部分にも気づいてみてください。

そして、それらを否定せず、自分にはそういう部分があるんだと受け入れてください。

思い込みや偏った価値観、自己否定、自己憐憫、罪悪感などを手放し、浄化するためには、
いったん「受け入れる」というプロセスが必要です。

浄化は、自分の良い部分も嫌な部分も、まるごと愛することが大きなカギになります。もし専門
家が必要なら相談し、過去の古い傷・トラウマを癒しましょう。

また、体に対しても、なるべく添加物の少ない有機作物を選び、肉より野菜を多く食べたり、無
理のない範囲でデトックスを心がけ、自分をいたわりましょう。


自分に起こることは、自分の責任であると自覚する

「自分の人生の責任は100%自分にある」と自覚することが大切です。自分を変え、アセンショ
ンしていくためには、この視点が重要になります。

何か問題が起こると、悪人探しをして終わらせがちな人がいますが、相手への批難は、自分が
他人に投影した自分の中の嫌な部分だったり、他人より優れていたいというプライドであったり
します。

「自分の思いが、自分たちの現実を作っている」と言われるように、今、あなたが体験している「
現実」は、あなたの「思い」が作り出した「結果」です。

もし気に入らないのであれば、変えればいいだけなのです。

他人は変えられませんが、自分なら変えられます。いくら相手が悪く見えても、「自分に間違いは
ないか?」、「自分の問題はどこだったのか?」という視点で見つめてください。

本当の解決策が見えてきます。


心を開いたコミュニケーション

人とのコミュニケーションでは、本音を話していくことが大切になります。本音を抑圧して、これ以
上重い波動をためこむ必要はありません。

アセンションによって、人とのつながりも新しい関係性に変わっていくのですから、オープンなコミ
ュニケーションを心がけるようにし、「嫌われたらどうしよう」、「めんどくさくなるのはイヤ」などと考
え感情を飲みこまないようにしましょう。

そして、素直な感情表現を心がけてください。自分に素直になれば、相手を否定する必要がなく
なります。

また、会話の際は相手を受け入れ、理解しようと対話を重ねる姿勢が重要です。


外の情報に流されない

他人の話やテレビなどの情報を、うのみにしないでください。世の中は、不安や恐怖をあおる情
報に溢れています。

ネガティブな思考に引きずられて、アセンションの波動から外れないようにしましょう。

私たちの思考は、いつも過去や未来のことを考え、不安をあれこれ妄想します。しかし、頭では
なく、あなたの心が真実だと思うことに従いましょう。

また、自然などに出かけ直感を養うと、自分の心の声に耳を傾けやすくなります。


恐怖ではなく、愛を選ぶ

ネガティブな選択ではなく、ポジティブな選択をしましょう。すべての選択を突き詰めると、「愛か、
恐怖か」という二者択一になるそうです。

「お金がないから」「時間がないから」「決めたことだから」「危ないから」…それらは、愛から出た
言葉でしょうか?私たちは不安や恐れから、変化やチャレンジを避け、安全を選ぶ傾向があり
ます。

しかしそれでは、自分の限界を越えて成長することはできません。

つまり、失敗を恐れず、チャレンジをくり返し、自分の制限を解き放つことが大切です。波動を
上げるためには、リスクを受け入れ、自分にとって愛のあるポジティブな選択をする必要がある
のです。

それが結果的に、周りの人や地球環境にとっても良い選択となります。物事を決定する自分の
動機が「恐怖」からなのか「愛」からなのか、一度立ち止まって問いかけてみましょう。


情熱に従って生きる

情熱に従って、やりたいことをしましょう。楽しいことやワクワクすることをしていると、波動が上
がります。何かに夢中になって集中している時は、地に足をつけて、今この瞬間を生きている
状態です。

ただし、一つだけ気をつけることは、「楽しいこと」は「ラクなこと」ではないということです。

やりたいことや、楽しいことを続けていると問題にもぶつかるし、努力して何かを達成しなけれ
ばならない課題も出てきます。好きなことをやり続けるには、知らず知らず努力を積み重ねてい
く必要が出てくるのです。

人は慣れると飽きる傾向があるので、最初のワクワクは長く続かないかもしれません。

しかし、やる度にスキルアップしていく自分に気づき、充足感や喜びなとを実感しながら、情熱
を失わないように努力を積み重ねましょう。


地に足をつける

最後に、しっかりと地に足をつけて生きましょう。仕事、家事、勉強など、目の前の現実と向き
合って、日々「やることをやる」のです。

あなたはこの地上で生きているので、上の次元ばかりに目を向けていては、現実逃避になって
しまい、現実逃避はアセンションする妨げになってしまいます。

まとめ

アセンションした世界とは

・個人の意志が行き先を決める

・個人の波動に応じた世界

アセンションする人5つの特徴

・浄化の進んだ人

・やるべきことをやる人

・ニュートラルな視点を持てる人

・前向きにとらえられる人

・自分を変えられる人

アセンションしない人5つの特徴

・他人のせいにする人

・現状維持したい人

・自分の不幸や悲劇にひたる人

・被害者意識の強い人

・依存心の強い人

アセンションに向けて7つの準備

・なぜアセンションに向けての準備が必要なのか

・アセンションすると決める

・浄化を行う

・自分に起こることは、自分の責任であると自覚する

・心を開いたコミュニケーション

・外の情報に流されない

・恐怖ではなく、愛を選ぶ

・情熱に従って生きる

・地に足をつける

今アセンションにあたって、宇宙から地球へ膨大なエネルギーが流れ込んでいます。
せっかくの大変化の時ですから、アセンションの波に乗らない手はありません。

そのための大切なキーワードは、「向上心」です。自分の問題に気づいてそれを変え、心から
楽しいと感じる生き方をすることで、自分も世の中も変わります。

ぜひこれらのことを参考に、アセンションのエネルギーに乗って、輝く人生を楽しんでください。

b0140046_13391322

******************************************************************************
1)アセンション(次元上昇)しない人のたどる道

アセンションしない人が罰を受けることは全くありません。彼等はアセンションしないことを自ら
選んだのです。
彼等の魂はまだ若いので、波動を上げる方法をよく知らないのです。彼らの殆どが恐怖をベ
ースにした心理状態の中に生きています。
そのため、彼等は自ら終末論を信じるのです。彼等の世界では地球に異変が起こり、津波、
地震、噴火、嵐などを経験し数多くの家族や知人が亡くなっていき、大きな悲しみとなるでしょ
う。
しかし、彼等は罰を受けたのではありません。彼等は自ら、魂の成長のためにこのような経
験を選択するのです。
その結果、彼等は実際に命を落としていきます。
しかし、今回の死は、通常の死とは異なります。彼等は地上で亡くなった後、大きな病院の
中で再び目を覚ますのです。
このような大きな病院は他にもたくさん用意されていますが、そこは、この銀河系内の、地球
以外の3次元の惑星に存在しています。

この惑星は地球と良く似ていますが、地球よりも小さく、もっと涼しく、そして生き物の数も少
ないです。
この惑星の地形は、殆どなだらかな丘と一面に草が生えた平野でできています。狭い海が一
か所だけ存在し、海の生き物はあまりいません。
地上では、わずかな昆虫と哺乳類が生存しています。
このような景色は、非常に進化した生命体が地球に関わる前(5億年前)の地球と同じです。
この惑星は地球の太陽と同じような星の周りを回転しています。
このような理由から、この惑星が彼等の再生のために選ばれたのです。
私たちの太陽は私たちが健康で満足のいく生活をする上で非常に重要な役割を果たしてい
ますが、それと同じような役割を持つ星が必要だったのです。

この惑星に移動した人々は、あらゆる病気、怪我そして心身の異常から回復し、生前の姿
(身体)を取り戻します。
彼等は地球に居た時と同じ性格、趣味、考え方を保持します。彼等に何が起きたのかをしっ
かりと覚えていますが、この経験は彼等の成長を助けます。彼等に何が起こったのかを理
解できれば、今後、意識を変えることができるからです。
彼等は、魂のレベルによって、各グループに分かれます。
若い魂のグループや赤ん坊の魂のグループなどです。(アセンションする人たちの魂はかな
り古い魂です。)各グループは、プレアデスから来た高い霊性の悟りを開いた存在により導
かれます。
プレアデス人は人類と長い歴史を通して関わり合いを持ってきました。
プレアデス人は非常に背が高く(3mくらい)、ほおが高く、アーモンド型の目とストレートの髪
の毛を持っています。
彼等は天使のように見え、青みがかった銀色のオーラを放っています。
魂が若いほど、より多くのプレアデス人が付き添い、指導してくれます。プレアデス人は彼等
の相談相手となり様々なアドバイスをしてくれますが、彼等の家族や友達との再会にも協力
してくれます。
また、この惑星での生き方や波動の上げ方なども教えてくれます。

この惑星にはお金も宗教も政府も存在しません。全ての汚職、腐敗、邪悪な行為は取り除か
れます。彼等の目的は、一日も早く5次元の領域にたどりつくことなのです。
プレアデス人の助けのもとに、この惑星で数日間生活したのち、5次元へアセンションができ
る人々(魂)も現れます。
前もって心の準備をしていれば、辛い地球の終末を経験しなくてもよかったのですが、全ては
彼等が選んだ道なのです。
アセンションする前に亡くなった人々は、死後の霊界で既にアセンションするか、しないかを
選択しています。
アセンションする魂は、霊界から5次元の領域に移動します。
アセンションしない(すでに亡くなった)人々の魂は、新しい3次元の惑星に生まれ変わります。

2)アセンションする人のたどる道

アセンションの過程では、一人ひとりが異なる個人的な体験をするでしょう。その時は、友達
がとなりに座っているのに、友達の姿が見えないかもしれません。
しかしアセンションが終了すると、お互いに再開し、それぞれが味わった体験を語り合うよう
になるでしょう。
アセンションする人は地球の異変が起きる前に完了します。
最初に波動が上がっていくのが分かります。その時、何かジンジン、リンリンした音の感覚を
覚えます。足元から頭にかけて、徐々に体の重みがなくなったように感じます。
頭部のチャクラが緊張し、リンリンした音が聞こえてくるようになります。
その時には手足の先の感覚がなくなったように感じます。お腹の中がドックンドックンと動く感
じがするかもしれません。

プラスチックや人工的に作られた物質は、次第に波打つように見え、光の雲のようモノの中に
消えていくようになります。
光の雲のようなモノが濃くなると、さらに多くの人工物質が消えてなくなります。その光の存在
がどこから来るのかは分からないでしょう。
これは次元の境界を覆うベールなのです。人々は方向感覚を失いますが、なんとなく上に向
かって進んでいることが分ります。
すると、突然霧のベールが消え去り、視界が見えてきます。自分の周りのものが全て強烈な
色に見えてきます。

3次元では見たこともないものまで見えてきます。この時点で身体の重みを一切感じなくなりま
す。もしろん、身体は消えていませんし、自分の身体に触れることもできます。身体は、既に光
の身体に変容したのです。
光の身体を持つようになると、病気になったり飲食をしたり年を取ったり、睡眠を取ったりする
ことが無用になります。3次元の身体に必要だったもの(暑さ、寒さの感覚も)は一切ここでは
必要としません。

映画のマトリックスと同じ状況です。自分が望むイメージを投影すればなんでも創造できるの
です。つまり、自分が一番になりたい人になれるのです。殆どの人は、若くて健康的な30代に
なるのを望むでしょう。

しかし、子供の姿に戻りたい人もいれば、知恵のある老人の姿になりたい人も出てきます。
自分がなりたい者になれるのです。自分が思考するもの全てを創造できるのです。周りの景色
は海岸であったり、山や森であったりしますが、そこにいる鳥や動物(猫や熊などもいます)は
一切人々を怖がらせることをしません。

人々は、自然や動物たちと一体感を感じます。目を閉じ耳を澄ますと、全ての生き物の思いや
感情を感じ取ることができます。訓練をすれば、カエルなどの集合意識と統合することもでき
ます。

大気に漂う香りは素晴らしく、花々も3次元では見たことのない見事なものばかりです。果物が
たくさん実っている木がたくさんあります。
大きなプラムに似た木もあります。この木は、非常に強いヒーリング力があります。
この木は、人々を5次元の領域にしっかりと地に足をつけさせてくれます。この実を食べると、2
度と3次元の世界に戻ることはありません。

そこでは食べる必要もなくなりますが、美味しいものを味わいたいと感じることがあります。また、
どうしても横になって眠りたいと思う人もいるでしょう。
これはその人たちが3次元の地球で最も過酷な経験をしたからであり、彼等のトラウマをなくす
ために特別なヒーリングが必要なのです。

でも心配はありません。必要なものは全てそろっていますから。時間も存在しません。直線的な
時間は3次元だけに存在します。
人々がしっかりと5次元領域に足を置き、全てが癒されたのちに指導者が現れます。
人々の中には、同じ指導者が以前からアセンションのプロセスを助けるためにずっと付き添って
いる場合もあります。各人に指導者が現れ、次に何をしたらよいのかを教えてくれます。

5次元では、自分が思ったことが具現化してしまうので、ストレスに感じるかもしれません。
3次元では、原因と結果の間には、ある程度の時間が存在しますが、ここでは、瞬時に物事が起
こります。
ですから、一人ひとりが自分の思いをコントロールしなければなりません。でも、怖がらないでくだ
さい。コントロールの仕方が分ると、今までどうしてコントロールできなかったのか不思議に思うく
らいですから。

恐怖をベースにした人々は5次元領域に入ることはできません。恐怖を感じたなら、自分が感じ
た恐怖の世界を創造してしまい、その中に自分が入ってしまいますから、恐怖を感じることは一
番避けなければなりません。
ある人は、フェラリーが欲しければ、フェラリーを創造すればいいんだと考える人もいるでしょうが、
5次元の世界では、自分を満足させるのではなく、高次元の意識で他人を喜ばせるために創造し
ます。

3)5次元の領域ではどのような生活が始まりますか。
これからの生活については、指導者により様々なことを教わります。各人には、それぞれ2人の
先生(男女)が付き添います。
彼等は3次元の惑星と同じプレアデス人が担当します。
今後2年間(3次元の時間で)は、彼等が各人に付き添い、親しい仲間として5次元で生活する
ために必要なあらゆることを教えてくれます。
過去、未来に関わらず、あらゆる質問にも答えてくれます。次第に彼等のことを愛情あふれた両
親のように感じるでしょう。
でも、彼等だけでなくアセンションを達成した家族や友達とも会うことができます。そこでは、アセ
ンションした人々を全員歓迎するために大々的な歓迎パーティが開かれます。
そして飲んだり食べたり、幸せな気分で、全く疲れを感じませんし、飽きません。ミュージッシャン
が音楽を奏で、才能あるタレントが演技をし、アンドロメダ人とも隣り合わせで最高の社交が行わ
れます。でも驚かないでください。
そこには何人かのエリアンと呼ぶ非人間の生命体がいますから。彼等はアセンションした人々を
彼等の故郷で歓迎するためにやってきたのです。

ジャンパーという映画と同じで、人々は思ったとたんに惑星間を瞬時に移動できるようになります。
ちょっと大変ですが、銀河系内を瞬時に移動することもできます。

勉強したい事があったり、習い事をしたければ、なんでも身に着けられます。新しい楽器を習うこ
ともできるし、ヒーリング術を勉強することもできます。
絵画も習えます。非常に広大な宇宙図書館がありますので、あらゆることについて勉強できます。

5次元の領域でも仕事はあります。仕事と言っても3次元で行っていた仕事とは違います。
お金が存在しませんから、銀行や金融業などは一切存在しません。全ての仕事は利他愛に基づく
ボランティア活動となります。
例えば、創造、発明、成長、ヒーリング、福祉活動、記録、教育、管理、旅行、輝きなど。。。に関
する分野での活動ができ、人々に有益なものばかりです。
そして、そこに存在する全てのものにも有益です。全てがボランティアで行われますので、生きる
ために仕方なく働く仕事は存在しません。
また、自分が嫌いな仕事を押し付ける人もいません。自分が住みたい家は自分の思い一つで創
造できますので、今からでも、練習してください。
どのような場所で、どのような家に住みたいかをイメージしておいてください。世界のどの場所に
も自分の家を持つことができます。
一瞬にして移動が可能ですから。5次元の世界にも多くの街が存在しますが、それらは3次元の
街とは異なり、そのほとんどが海底にあります。
人々は恋愛もできますし、結婚して子供を作ることもできます。性交渉も、3次元のように肉体的
交わりはなくなり、エネルギーの交わりになりますので、肉体的オーガズムの感覚も水素爆発に
比べたら、風船が飛び出した感じとれるようになります(???)。

人類は何千年、何万年にも渡り、あらゆる生命体としてあらゆる経験をするために何百回と生ま
れ変わってきています。
このことにより、宇宙の大元がさらに色々なことを深く経験することができました。宇宙の大元の
もともとの計画では、私たちの魂が3次元領域に降りて、大元から完全に切り離された状態で生
かされた後に、再び大元へ帰ることができるかを実験したかったのです。
この実験は成功しました。多くの人々が大元について何も知らないのに、高次元へ上昇すること
ができるのですから。
これは素晴らしいことです。実験は終わりました。今、まさに、私たちは故郷へ帰るときがきたの
です。しかし、ダイバーが海の底から海面に出てくるには、徐々に上がらなければなりませんが
が、人類も同じことが言えます。

3次元に降りた私たちの魂はもともとは11次元に存在していましたが、3次元から急に11次元に
ジャンプすると私たちは壊れてしまいます。
ですから、3次元に最後まで残った魂が5次元領域に行くまでは、私たちも徐々に5次元から進ん
でいきます。しかし、これは非常に長い時間を要します。

5次元にいると、それ以上上がることを望まない人もいるでしょう。今までは大元との繋がりが切
れた状態でしたが、5次元では再び大元と繋がるようになり、大元の全てである愛とユニティーを
感じるでしょう。そこで初めて私たちは、大元の存在が分かります。

今年1年は、世界は大変な状況になるでしょう。波動が上がると地球がカオス状態となるでしょう。
若い魂はひょっとして、気が狂うかもしれません。
そのために今から準備が必要です。
20分でもいいので毎日メディテーションをしましょう。
その日によってメディテーション(私:静かで落ち着いた心を保つことでもいいのかもしれませんが)
をしたかったり、したくなかったりしますが、どうか頑張ってやってください。今年の最後には、今ま
での奴隷のような生活が終わり天国を見ることができます。では、5次元の世界でお会いしましょう。

Screenn

**************************************************************
2012年の冬至から 2016年の冬至までの四年間が目には見えない領域での地球文明の移行
期間であり さまざまな変化が進行しました。
しかしそれは 主に一般大衆の目には見えない領域での変化であり目に見える変化は この後
 2016年の冬至以後に顕著になります。

そして 目に見える領域での変化が起きることによって2017年以後の地球は本当に大きく変わ
っていきます。

地球文明の変革計画は 遅れに遅れています。
2016年の冬至までには すでに目に見える形での変革(「イベント」の一部)が始まっているは
ずでしたがしかしそれがまだ実現されずにいます。

目に見えない領域で起きた変化は
1)イルミナティーの上層部が地球支配をあきらめ始めたこと
2)地球外での侵略的異星人たちが除去されていること
3)地球の浄化が進んでいること
この三つが主な点です。
しかしこの三つ共に 目には見えない領域でのことですので一般には知られていません。

アメリカ大統領選挙は予定通りにドナルド・トランプ氏が当選しました。
(もっとも それ以前の計画では この選挙自体が行われないはずだったのですがこれも計
画の遅れの一つの現れです。)
この選挙結果によって アメリカ合衆国は 大きく変化していきそれが世界へと波及していき
ます。

なぜ 予定が遅れているのか
本来2014年の冬至から2016年の冬至までの四年間で(特に 2016年に)起きるはずだった
ことが起きなかった理由は 何でしょうか。

1)人々の目覚めの贈れ
2)地球人類が恐怖心を手放せないこと

1)人々の目覚めの贈れ
世界的に 未だにイルミナティー支配のマスコミからの情報だけに接しそれらを鵜呑みにし
ている多くの人々はこの地球で何が起きているのかに気付いていません。

しかし「気付き」というものは 実は外部からの情報によるものではなくて「本人の認識」で
あり「自ら気付く」ことです。

つまり「感じ取る能力」です。
余りにも多くの地球人が 「自ら感じ取る」能力を塞いでしまっていることこれが目覚めの
遅れの大きな原因です。
(これもまた イルミナティー支配の結果なのですけれども)

特に日本は
せっかくインターネットが普及し 誰でもが真実を公表しそれを受け取ることができる世の
中になったにもかかわらずそれを活用せずに 多くの人々が買い物や娯楽にだけそれを
使い「世の中で何が起きているのか」「地球で何が起きているのか」に全く気付いていない
 社会性に欠けた人の割合が高いようです。
(ここでいう社会性とは この世的なものだけではなく宇宙的なあるいは霊的な社会性とも
言えます。)

もう一つ 日本特有の原因として画一社会であることが挙げられます。
「自ら考える」「自ら感じる」ことをせずに「皆と同じ」「周りに合わせる」「流行に乗る」のが
日本の文化であるために「気付き」が起きにくくなっています。

2)地球人類が恐怖心を手放せないこと
地球人類の特色のひとつが「恐怖心」です。
怖がることが得意なのです。
それは物事を否定的に受け止めているということです。

世界中で政治家たちや大企業の経営者や幹部たちが大量に逮捕されたり 貨幣経済の
仕組みが変化したり異星人が姿を現したりしたときにそれを恐怖心で受け止める人が
多いであろうことが地球の変化を遅らせている二つ目の理由です。

これは
ネガティブな異星人たちや それに支配されているイルミナティーなどが地球人類をその
ように方向付けるために恐怖心を煽ってきた結果でもあります。

しかし そのような恐怖心を持っている限りはアセンションは出来ません。
恐怖心とは 否定的なものに心が囚われているということでありそれでは 「肯定」しか
ない宇宙のあり方とは同調できないからです。

3982b899

技術的特異点とは、100兆の極端に遅い結合(シナプス)しかない人間の脳の限界を、人間と機
械が統合された文明によって超越する瞬間のことで、2045年には訪れるだろうと言われている。

 それがさらに早まり今後12年内、遅くとも2029年までに訪れ、我々を超人に変える、とグーグ
ルの専門家は予測している。

脳に内蔵されたコンピューターで超人誕生
 まるでSF映画のような話だが、グーグル社のエンジニアリング部門ディレクターであるレイ・カ
ーツワイル氏は、1990年代から147の予測を行い、的中率86パーセントを誇る人物である。

 カーツワイル氏によると、サイバネティック社会で暮らす人間は、脳の中にコンピューターを内
蔵するようになり、機械の知能は人間を上回るようになるそうだ。

 スマートフォン漬けの人々が代表するように、こうした技術はすでに登場し始めており、次のス
テップとしてそうした技術と脳との接続が考えられるのだという。

 彼は技術的特異点が2029年までに発生すると予測している。技術的特異点とは、炭素をベー
スとする知性とシリコンをベースとする知性が融合し、単一の世界意識が形成されることを指す。

89da7ac1


2029年までに、コンピューターは人間並の知性を備えるようになります

そして、その人間並の知性を持つコンピューターを人間は自分の脳に内蔵し、クラウドに接続
するようになります。自己の拡大です。

それは単に未来のシナリオというだけでなく、部分的にはすでに存在し、加速しようとしていると
ころです。

進歩が加速し続ける科学技術と人間の生活様式の変化があって、どうやら人類史においてどこ
か本質的な特異点が近づきつつあり、それを超えた先では我々が知るような人間生活はもはや
不可能になるのではないか

2a958114


脳インプラントを使って、性犯罪者の性欲を抑制するという研究が発表された。アメリカ・カリフォ
ルニア州スタンフォード大学の研究者が開発しているデバイスは、脳の側坐核という食欲や性欲
を制御する領域を標的にして、衝動的な行動を予防する。

 研究チームが特定したのは、欲求に負け衝動的に行動する直前に発生しているシグナルだ。
マウスを使った実験により、側坐核を刺激することでそのシグナルを相殺し、行為の社会的な結
果に考えが及ぶよう仕向けることができることを発見した。衝動的な行動を起こす前に側坐核に
特定のシグナルが生じる
 衝動が引き起こす問題や、人が眼に余るような酷い行為に及んでしまうメカニズムについては
かねてから研究が続けられてきた。

 今回、ハルパーン博士は、衝動について理解するために、暴飲暴食癖があるマウスを観察した。
観察した結果、そうしたマウスはどか食いを開始する直前、側坐核に特定のシグナルが生じてお
り、それによって圧倒されているらしいことが判明した。

性犯罪者だけでもなく自殺願望者、薬物中毒患者にも適応てきる。

 筆頭著者のケーシー・ハルパーン(Casey Halpern)博士によると、本デバイスは自殺、ヘロイ
ンの服用、どか食い、飲酒、キレるといった行動の防止にも応用できるという。

 今回の研究で、衝動的行動を察知するリアルタイム生体指標を特定したのだそうだ。

シグナルが生じた瞬間その領域に刺激を与える
 シグナルが生じた瞬間、その領域に刺激を与えれば、衝動的な行為を防ぐことができる。「脳
深部刺激療法」を応用した本デバイスはそのためのものだ。

 現在、パーキンソン病の治療に用いられる脳深部刺激療法デバイスは存在する。しかしこれは
あらかじめ入力されたプログラムに従って、決まった時間に決まった間隔でしか脳を刺激するこ
とができない。
 
 そこでハルパーン博士は脳のシグナルに反応してデバイスが作動するようプログラムの開発を
試みている。

 「今のところ、危険な衝動を抑制するための反応式神経刺激介入法は存在しません。パルスの
引き金として利用できる特徴的なシグナルの記録に成功していないからです」

 「我々は2つの異なる行動の直前に似たようなシグナルを観察しました。マウスの場合は餌、人
間の場合はお金と、どちらも報酬を獲得するよう意図されたシグナルで、それに繰り返し暴露した
個人はきわめて過敏になっています。この事実は、シグナルが多くの衝動的行為に共通のもので
あり、それに盲目的になってしまうことを示唆しています」

a018aa7e


日本は世界的に見ても長寿国家であるが、「健康寿命(健康上の問題がない状態で日常生活
を送れる期間)」について考えた場合、どうなのだろう。

 厚生省が2013年に発表した簡易生命表の概況によると、平均寿命と健康寿命の間には、男
性で約9年、女性で約13年の差があり、男性の平均寿命が80.21(健康寿命は71.19)、女性の
平均寿命が86.61(健康寿命は74.21)となっている。

 何年も寝たきりの状態で動くこともままならない、もしくは意識すらない状態で数年間過ごして
いる人が多いということだ。


オーストラリアのビクトリア州で先月、同国初となる安楽死を合法化する法案を可決した。この法
案は、2019年6月から施行される予定で、他人が幇助する積極的安楽死が認められることになる。

 その発表の数日後、オーストラリアのフィリップ・ニッツチク医師は、未来の冬眠チャンバーを思
わせる自殺幇助マシーン「サルコ(Sarco)」を発表した。

 このマシーンは、最先端技術を駆使し、苦痛なく速やかに逝ける「合理的な自殺」を約束するも
のだ。

ポッドに入りボタンを押すとおよそ1分で苦痛のない安らかな死へ
 サルコを開発したのは、ニッツチク医師が代表を務める自殺幇助推進組織「エグジット・インタ
ーナショナル(Exit International)」だ。

 マシンのベース部分に人間がぴったり収まるサイズの半透明ポッドが設えられている。利用者
はポッドに入ったら、ボタンを押す。

 するとポッド内に液体窒素が充満し、酸素濃度を5パーセントくらいまで低下させる。1分もすると
利用者はほとんど苦しむことなく意識を失うという(ニッツチク医師はこのプロセスを飛行機のキャ
ビン内の圧抜きに例えている)。

 通常ならその1分間、酸欠で苦しむと思うんだけれど、技術の力でその問題が解決されたという
ことなのだろうか。

 こうして速やかな死が訪れた後は、ポッドを棺として利用することも可能だという。ベース部分は
再利用される。

エグジット・インターナショナルのプレスリリースには、サルコが「3Dプリンターで印刷し、どこでも組
み立て可能なように設計」されていると説明されている。

 また設計図は「無料であり、ネットでオープンソース化されて公開」されるという。こうした利用しや
すさはサルコの売りの1つであるが、その利用を希望する者は、オンラインで入手できる”メンタル
質問票”に回答しなければならない。対象は不治の病で苦しんでいる人、高齢者に限られてくるだ
ろう。

 これによって心の健康が証明されれば、4桁のコードが発行され、安らかな死への扉が開かれる。

積極的安楽死を認めている国
 ビクトリア州以外でも、ベルギー、カナダ、コロンビア、ルクセンブルク、オランダではすでに幇助自
殺が合法化されている。アメリカは州によって異なるが、死ぬ時期や方法を選ぶ権利への支持は広
まりつつあるという。

・スイス - 1942年
・アメリカ(オレゴン州) - 1994年「尊厳死法」成立
・オランダ - 2001年「安楽死法」可決。
・ベルギー - 2002年「安楽死法」可決。
・ルクセンブルク - 2008年「安楽死法」可決。
・アメリカ(ワシントン州、モンタナ州) - 2009年
・アメリカ(バーモント州) - 2013年
・アメリカ(ニューメキシコ州) - 2014年
・アメリカ(カリフォルニア州) - 2015年
・コロンビア - 2015年
・カナダ - 2016年
・オーストラリア(ビクトリア州) - 2017年
・韓国 - 2017年

70歳以上は安楽死を認めるべきであると主張する医師
 ニッツチク医師自身は、70歳以上の人については法的に安楽死を認めるべきだと主張しており、
幇助自殺を推進している。彼によると、ベビーブーム世代が高齢者になりつつある今、大きな転
換期にあるだろうという。

「彼らは自分で生き方を決めることに慣れた世代です。多くの女性たちが中絶、避妊といった問題
に関する政治的な闘争に参加してきました。死ぬタイミングやその方法について、他人からあれこ
れ言われたいとは思わないでしょう。そうした人たちに『落ち着いて、そうしたことは医者に任せよ
う』と言うなどおかしな話です。人の人生はその人のものです。死もまた人生の一部であり、その
決定は本人に委ねられるべきものでしょう」と医師は語った。

4images


それぞれの私達が持つ人生の目的は様々です。しかし私達には、共通項の目的があるのです。それは、本当の自分を見つける旅をする事です。もっと違った言い方をすると、視点を変えてこの物質界に降り立つ貴方は、新しい視点で進化の過程を体験しつつ新しい自分を発見しにやってきているというわけなのです。


例えば、闇→光、制限→自由、負→正、今までの自分→望む自分


と言う具合に、貴方達は”ありのまま”の波動を研磨して強める旅を進んでいます。ですから、貴方達は精神面の大きな成長を体験しにやってきているのであって、銅像が立つような業績を残すだとか、皆のヒーローになるという事ではありません。これらは副作用にすぎません。飽くまでも自分の”光”を見つけて研磨し、望む自分を誕生させるためにやってきているのです。


ワクワクには色んな種類が存在しています。両手を叩いて喜ぶワクワクがあると思ったら、一人静かに没頭するワクワクもあります。絶叫マシーンに乗っているかのようなワクワクがあると思ったら、まどろむような静かなワクワクもあるのです。でもこれらはみな、貴方の心が訴える”ありのままの貴方”を表現するエネルギーです。つまり、そのどれもに貴方の本質が埋め込められているというわけなのです。

25images

24次元における宇宙年齢50億歳のソウルの集合より

2017年12月28日の15時になると、地球は宇宙の中心部の特殊な領域に突入します。
この領域には、多くの反クォーク粒子が満ちていて、これらの反粒子が次元上昇用のDNAを活性
化します。
次元上昇のDNAの活性化によって、人間の肉体は、3次元のそれから、各ソウルの波動レベルに
よって定まるより高い次元のそれへと変容すると同時に、存在の場所もより高い次元の惑星上へと
変化します。

従って、3次元の地球上には、当該ソウルの肉体の存在の痕跡としての遺骨は残りません。
その代わりに新たな肉体がより高い次元の惑星上に忽然として現れることになります。
よ り高い次元の惑星上の新たな肉体は、かつて次元降下前にそこに存在していたソウルと肉体の
継続であり、当該ソウルは、昔からの生物、物理的な事象に関する 記憶を継承するとともに、それ
まで次元降下をしていた、という意識を持つことになりますが、次元降下中の事象に関する記憶は失われます。

12月8日(金)

プレアデス高等評議会のミラからのメッセージ  2017年12月8日
http://sananda.website/mira-from-the-pleiadian-high-council-via-valerie-donner-december-6th-2017/
http://www.thegroundcrew.com/updates/vdonner/2017/120617_print.htm#message
Mira from the Pleiadian High Council via Valerie Donner, December 6th, 2017

皆さんこんにちは。私は今日は、強力な愛の力をもって、五年間に亘って常勤として勤めてきた地
球評議会からのお誓いを伝えにきています。このメッセージで、私はあなた方と地球にこの次元上
昇という強力な時を通じてあなた方にお目にかかることを誓います。

お 気づきになっているかも知れませんが、あなた方の惑星上にはこれまでとは違う出来事が起き
ています。殆どのライトワーカーはこれらのエネルギーを感じるの で、おそらく貴方はそのいくつか
を感じていることでしょう。目覚めている人達でさえ、これらの異常に大いなる注意を払っています。
それらの異常は次元上昇 プロセスが進行中であるが故に起きているのです。

これらの異常な活動や出来事は次元上昇中に起きる普通のことだ、と思ってください。時に はこれ
らがあなた方の行く手を妨げるので、落ち着かないと感じられるのはごく普通のことでしょう。地球自
体にはとてつもなく大きい変化が起きています。こ の惑星の磁場は不安定です。ですから、お感じに
なっているとおり、暮らしはいささかぎくしゃくし得ることでしょう。

光と情報の流れのため に、あなた方の意識は向上しつつあります。透明性が普通のことになりつつ
あります。秘密や暗黒の暴露が増しているので、3次元からの基礎は目前で崩壊しつ つあります。
これは又、今あなた方ご自身がおかれている、不安定さと非永続性という感触を作り出すことになっ
ています。

あなた方にとって 歴史的な人物、アイコン、モニュメント、偶像が除去されつつあるのは、私たちに
は興味深いことです。これらの跡は、新たなエネルギーにとって重要な何かで 置き換えられるでし
ょう。その置換はこれらの除去の手助けをする者たち自身が、これらが自分自身の置換の鏡であ
ることに気がつきさえすればですが。3次元 が崩壊して崩れかかってくるので、これらのアイコン、
偶像、長期間政治的名声を得ていた人達なども又消え去ってゆくことでしょう。

このプ ロセスを私たちは”地球上での最大のショー”と呼んでいます。まだ気がついていないとした
ら、それはサーカスのようなものです。必要なら天の許しを得て介 入をする備えをして、支援、保護、
技術を供給するために、あなた方の惑星を取り囲んでいる数十億の銀河の者たちがいます。私
たちは、あなた方の惑星上で核 兵器を使用させはしないことをどうか忘れないでください。戦争を行
うエネルギーはないので、戦争を恐れる必要はありません。
武器の製造によってより多くの 金儲けをしようとのカバールのエネルギーがあるだけです。

地球上での出来事は全ての生命体、太陽システム、7個の太陽系の惑星全てに影響 します。
地球は闇と悪が排除されつつある貴重な惑星なのです。
客席から見ている観客のように、それらの崩壊を見守っていてください。
あなた方の力を取り戻 し、あなた方の惑星を元に戻すように要求し、あなた方を引き戻しているあら
ゆるものを解除し、新しい黄金時代への道をきれいにならしてください。

私たちの技術を提供し、惑星地球上の闇の終焉を祝うためにあなた方とご一緒できる時を待って
います。今は大規模な掘削が進んでいますが、この極度に重要なプロジェクトにおいてあなた方が
果たしている重要な役割に感謝の念をささげます。

あなた方全てに深い愛の念、支援、およびヒーリングエネルギーをお送りします。
私はミラです。

_99084777_mediaitem99084776


アンドロメダからの次元上昇についてのメッセージ 2017年2月17日
チャネラー: ナタリー・グラッソン
http://sananda.website/the-andromedans-via-natalie-glasson-february-17th-2017/
Aligning Yourself with Your Ascension by the Andromedans
Channelled through Natalie Glasson 17th February 2017 Original Source: Sacred School of OmNa

私 たちアンドロメダ人は、重要なメッセージをあなた方にお伝えするために参上しました。私た
ちは内部にいる多くの光の者たちと同じく、この今という時におけ るあなた方の次元上昇を見
守り、支援しています。

私たちは、地球、地球上の人々に注がれる次元上昇のエネルギーと波動とともにある者として、
調和の内にあ なた方を支援したいと思っています。
あなた方が、内部、地球、およびあなた方という存在について起きつつある変化と調和する時
には、あなた方は、楽に、完 璧に、あなた方の次元上昇という様相と段階全体を通じて変化に
耐えることができます。
あなた方の内側、および周囲に起きる次元上昇に関する変化に同調しな い時にのみ、次元上
昇を混沌の旅だととらえるようになるでしょう。
私たちアンドロメダ人は、あなた方が自分自身と地球の次元上昇と調和して過ごせるように す
るための導き、直感、および理解が得られるように、あなた方に呼びかけようとしているのです。

新しいエネルギーと変化がもたらされるの で、変化の必要性を認識しながら、あなた方自身全
体のニーズと要求を認識しようとする時、次元上昇と調和して過ごせるようになるのです。
あなた方が次元上 昇と、地球に大いなるパワーで流れ込んでくるこのエネルギーと調和する時、
心理的、感情的、肉体的、およびスピリチュアルなレベルにおいて、自分のニーズ を感じ取り、
あなた方自身を完全に調整させられるのです。

これらの変化を最小の努力で切り抜けるように勇気を持って調整できるようにする には、自分
を次元上昇のエネルギーに旨く同調させることが大切です。
地球とあなた方に注ぎ込まれる次元上昇のエネルギーと変化に伴って、全ての人に受け取 れ
るように気づきと導きがもたらされます。
このことが受け取ろうとする人全てに、このエネルギーと同調し、一体化し、次元上昇を達成す
る最善のあり方を説 明し、直感を得させます。
事実、あらゆることがあなた方にもたらされるので、単にそれに同調することだけが必要であり、
そうすれば豊富な情報が得られま す。
このことを自覚することで、あなた方には注ぎ込まれてくるあらゆるエネルギーと起きる全ての
変化には特定の目的があることがわかるので、あなた方の次 元上昇が加速するにつけて、自
分自身を支援する変容を受け入れることが大切です。

次元上昇全体の変化において、あなた方の肉体、マイン ド、感情、精神、および魂の要求を無
視すると、あなた方の現実と次元上昇が戦いと挑戦に満ちていると感じられる可能性があります。
このことは、疲労、アン バランス、喪失感、落ち込み、心配、ストレス、怒り、孤独感、孤立感、
脱力感などの経験という結果をもたらします。

あなた方が、創造主あるいは魂の宇宙か らの新たな次元上昇エネルギーを経験する都度、こ
のエネルギーと自動的に同調するか、あるいは調整のための支援を必要とするかどちらかです。
私たちが要請 したいことの例は、運動、瞑想、静寂の時、ある種の食品の摂取、多量の水の摂
取、ある種の色の衣類の着装、過去の出来事への集中、光と真実の拡散などで す。
肉体に生じる痛みや、感情のアンバランス、マインド中の混沌や混乱、自分のスピリットとの乖
離は、自分のスピリチュアルな要請の無視というプロセスを 通じて起きるのです。

人間の肉体をまとっているあなた方にとって、あなた方という存在や現実の中に起きるエネル
ギー変化や次元上昇振動の 認識が不可能であることは、私たちにはよくわかっています。

急速に注ぎ込まれている次元上昇エネルギーの中で、私たちはこの種の認識をあなた方に求
めたい とは思いません。
そうではなく、あなた方には単に次元上昇エネルギーがあなた方全体にいかに影響しているか
に集中し、マインド、肉体、感情、およびスピ リットの要請とニーズの観察者になってほしいと思
っているだけです。

あなた方という存在があなた方に話しかける一つ一つの事柄は必要とされるあらゆること をあ
なた方に知らせるのですから、自分を元通りのバランス状態に戻せる方法に、より多くの注意を
向けるようお勧めします。バランスが取れた状態は、あなた 方が創造主とつながり、創造主の
聖なる流れ、支援、およびを導きの経験をする時に得られます。
地球上の全ての人は自覚、あるいは認識がないとしても、創造 主とつながる時にこの状態にな
ることができます。
自分に問うてください。”創造主とつながる時をどのように感じ、どのような経験をするのだろうか?
”あな た方は幸福感、興奮、祝福、静寂、真実などとの遭遇を感じる可能性があります。

創造主の聖なる流れ、支援、導きが感じられない時、注意を集中してみてくだ さい。あなた方に
はその日の状況、あるいは経験のせいだと感じられるかもしれません。
しかし、それは、次元上昇と創造主との調和の中での実存の支援をする ために注がれる次元
上昇エネルギーと変化である可能性があります。
事実、それらを感じる時が問題なのではなく、あなた方自身と創造主との同調へと戻ること が大
切なのです。それゆえ、自分に問うて見てください。”どうすればバランスを取り戻せるのか、何を
行い、何をする必要があるのか?”と。あなた方が内な る知識と知恵を持っていることを知り、ま
た、自分という存在の一面が要請を起こしたことがわかるでしょう。ですから、あなた方には単に
メッセージを聞き、 受け取ることだけが必要なのです。自分という存在の要請はいつも簡単で、
あなた方がまっすぐ獲得できるものでしょう。思い出し、この自然の能力をマスター すればする
ほど、あらゆる瞬間により大きい支援が得られるでしょう。

次元上昇のこの段階で必要なこと。

私たち、アンドロ メダ人は次元上昇のこの段階で自分の内側を見つめ、静かな時を過ごし、内
省をし、自分自身が何者かを思い出し、熟考し、あるいは孤独を経験するように、と の導きが感
じられる可能性があるとお知らせしたいと思います。

自分の中でこの感覚が呼び覚まされたら、内なる導きに従うようお勧めします。そうすれば気づ
きや内的な自覚という美しい贈り物が待っていることでしょう。

あなた方の魂には最近、自分という存在、肉体、および個性の中に光と意識という新たな観点が
ダウンロードされてきました。

あなた方の魂があなた方に明らかにしたいと思う多くの贈り物があります。ヒーリング、新たな感
覚、覚醒、導き、知恵、つなが り、美および愛という贈り物です。
今は内側に集中し、自分の内側に展開する壮大な出来事を観察する時間を自分に与える時です。

しばしば多くの人は自分の内 側の観察に抵抗し、自分が発見するかもしれないことを恐れて内
省の時間をとろうとしません。
今は自分がアンドロメダ人、ガイド、創造主によって支援、支持 されていることを知って恐れをな
くする時なのです。自分の中、真実、エッセンス、あるいは魂の奥深くを探索してください。

あなた方は現実の中であなた方を 支援し、役立っていることを発見するだけでしょう。それを自分
自身と次元上昇に役立たせてください。

内省の方法

自分とい う存在の内省は、再調整、エネルギーの再充填、力の蓄積のために時として必要なこ
とです。自分の外側だけを見つめていると、自分の表面に浮かび出てくる真 実と直感いう宝石を
見失うことになります。自分の魂から多くの気づきが得られます。

あなた方の魂はその真実をあなた方に届ける用意をしているのですから、 自分の魂からの特別
通信の受け取りを大いに強調する内省に導かれることがあるでしょう。
このプロセスを会得する方法については、それがあなた方の内側から あなた方の選択によって
生まれてくるので、多くの点で、アンドロメダ人はあなた方を導くことはできません。私たちアンドロ
メダ人は、あなた方に、自分の内 側を見つめ、光と、自分の内側の聖なる魂を求めるようお勧め
します。自分の内側を、辛抱強く、よく見て、よく感じ、認識すると同時に、あなた方に向かって 流
れてくることを表現するようにお勧めします。



私たち、アンドロメダ人は静かに、気持ちよく座り、呼吸に意識を集中し、平和、愛、内側からの
自己の受け入れが感じられるまで続けてください。

”私は私全体と私の中の魂という壮大な存在を観察します。私の中にエネルギーを取り入れ、自
分で課したあらゆる制約を取り払います。私は今愛ある観察と自己覚醒の状態にあります。”と大
きい声を出してください。ハートチャクラ、ハイハートチャクラに集中してください。

ハー トチャクラまたはハイハートチャクラに集中したら、”私自身、魂、次元上昇、および創造主と
の同調を支援してほしいという私からの要請と同じく、魂が今私 に気づかせようとしている壮大な
贈り物を欲し、認識するように導いていることに気づく準備はできています。”と述べてください。

単純に辛抱し、聖なる時になると直感がもたらされることを知ってください。
私たちはあなた方のお役に立つよう、ここにいます。
アンドロメダ人より。

denver-flying-object07


この秋以来、世界各地で「謎の空からの轟音や振動」の報告が相次いでいますが、それぞれが
別件なのか同一系統の事象なのかは別にして、今では、もはや空に関しての異常を報じている
のはオカルトサイトなどだけではなく、上のようなニューヨークタイムズ、ABCニュース、アキュウ
ェザーといった大手もこぞって報じています。

「何かが起きている」のは確定的だけれど、一体何が……?
この数年は、「不可解な音が聞こえる」というような報告とか、フェイクを含めてのニュースなどは
よくありましたけれど、今、世界中で起きている音の「事件」は、以前とは比較にならないほど「何
か起きている感」が強いものです。

公式に報告されているだけでも下の地図にある 64の場所から「大きな衝撃音と振動」が報告され
ているのです。
af-map-booms


アメリカとイギリスで圧倒的に多いですが、他の地域からも多少あり、あるいは報告されていない
地域もあるかもしれません。この地図を見る限りは、日本を含めてアジアからの報告はないようです。

世界各地の 64 の異なる場所で鳴り響く発生源不明のミステリアスな衝撃音。NASAにも理由はわ
からない。

その恐ろしい音は、中東から今年のヨーロッパ、そしてオーストラリア、アメリカの東海岸にまでい
たるところで記録されている。

こういう音の騒動の際には、実際にそうである場合が多いのですが、「航空機などによるソニックブ
ームではないか」とする意見があります。

・音と振動は 45秒間続いた (そんなに続くソニックブームはないです)
・音と揺れが次第に大きくなる
・その時間に軍用機は飛んでいなかった



カルボシステイン