アセンション pro

アセンション pro

アセンションpro sitemap.xml 自動生成機能をリリースしました|ライブドアブログ 公式ブログ

アセンションpro

アセンション、次元はあなたの認識次第で拡大します。3次元〜高次元まで到達できるかはあなた次第。今ここに来られているあなたの意識の持ちようであなたの世界は構成され変化してゆきます。5次元にアセンションすると、どのように変わるのでしょうか。一言でいえば、『物質的な世界から意識的な世界へ昇華する』ということです。 インディゴ・クリスタル・レインボーチルドレン達へ ライトワーカー・スターウオーカー達へ  多次元宇宙へ向かって日々邁進しましょう。

画像

 


http://www.suzanneliephd.blogspot.co.uk/2015/02/acea-all-consciousness-of-earths.htmlACEA、



地球次元上昇の全意識親愛なる読者の皆さん、私は1998年11月18日に始まった、
いくつかの交信をあなた方と分かち合おうと思います。

言うまでもなく、その時は、それらを誰にも伝えませんでした。
つまり、今や私たちの世界ははるかに安全に感じられるということです。

ええ、間違いなく、まだ問題はありますが、この「今」の中で、本当に、より多くの人
達が目覚めています。

それ故に、私はこれらの交信を私たち自身から、分かち合うつもりです。

私たちは「皆」ACEA(地球次元上昇の全意識)なのですから。
スー1998年11月18日私たちは地球次元上昇の全意識です。

私たちは五次元の地球の集団意識です。私たちは私たち自身をACEAと呼びます。

これらの四文字の組み合わせは最も高い共振があるからです。常にいつでも、意
識のあるメンバーをもっと探し求めています。

惑星地球上の「誰も」が五次元の自己を持っており、地球の五次元の「いかなる」
存在たちもACEAのメンバーですので、私たちは「意識のある」と言います。

ACEAは人が加わらなければならないクラブではありません。ACEAは共振であり、
五次元地球の総合体としての意識を意味しています。

五次元では他のいかなる状態もありません。
あなた方が携帯電話や他の通信装置に加入するのと同じように、私たちは皆、私た
ちの「時間がない」「今」の中で、意識的に交信することに参加しています。

私たちは互いに気持ちを交わしたり連絡するために、携帯電話や他の機器装置は必
要としませんが、それ以外においては、あなた方が個人であるように、私たちも個人と
して存在しています。

私たちは今、五次元の地球について、あなた方とお話ししたいと思います。

私たちは「五次元地球を形成する」ということについて、いくつかの文書が述べる時に、
あなた方が混乱するのを感じます。

しかし言うまでもなく、高次元から形成されるのは低次元であって、その逆ではないこ
とをあなた方は知っています。

従って、五次元は三次元と四次元が存在する前から存在していました。

あなた方が私たち/あなた方の五次元の現実を知覚するのを助ける第一番目の決ま
りは「あなたがあなたのマインドで信じることをあなたの現実で生きます」これから、私
たちの五次元の世界をもう一度、見ましょう。

まず、あなたの目を閉じて、私たちの五次元の世界をあなたのマインドで見て下さい
・・・・この世界を信じて下さい・・・この世界を愛して下さい・・・目を開けて、あなたの物
質的な目で、あなたの三次元の部屋をもう一度、見て下さい。

同時に、あなたのマインドの目で、五次元の世界を見て下さい。
あなたのマインドで見えるものを信じて、それを愛して下さい。あなたの想像力を使って、
それは五次元の思考ですが、あなたの三次元の世界がいかにたやすく、私たちの五次
元の現実に溶け込んで行くのかを見て下さい。

あなたがフォーカスできるよう、五次元の映像をひとつ思い浮かばせてあなたを支援し
ましょう。

あなたの五次元の想像力を五次元の滝に集中させて下さい。
それが美しい花に囲まれた小さな池に流れて行くのが聞こえますか?

その滝には光の水が流れていて、クリスタルの岩の上に落ちると美しい五次元の色と
音色を発しています。

その小さな池はあなたの思考に反応し、温かくも冷たくもなり、静止して流れが無い、あ
るいは激しく揺れ動くこともあり、あなたの望み次第です。

あなたの窓の外の眺めは、あなたのすぐ隣にありますが、美しいセコイアの木、あるい
は海で、この場合も先と同様、あなたの望み次第です。

あなたのデスクとコンピュータはあなたのコミュニケーション・センターで、あなたはあら
ゆる宇宙船、恒星系、あるいは別の地球人にも接触できます。

あなたの意識が深い瞑想状態に拡大して行くと、五次元の世界はもはや創造の世界で
はなくなり、あなた方/私たちが暮らす世界となります。

あなたの移行は緩やかなので、あなたは制限の思考と恐れの感情をゆっくりと解放す
ることが出来ます。

最初は、私たちの五次元の世界はあなたの認識の内側や外側に、ちらっと浮かんだり
消えたりするかもしれません。

あなたが心の平静を保ち、あなたの周りの三次元と四次元のドラマから離れている限り、
穏やかな歓喜の瞬間を経験するでしょう。

その瞬間の中に、五次元が知覚されます。

あなたがあなたの高次の意識状態を維持することが出来る限り、あなたの内側の目のレ
ンズはあなたをあなたの五次元の知覚ぴったりとはめさせるでしょう。

その後も、あなたは自分がしていたことを続行するのですが、それまでと異なるのは高次
の方法でそれをしているということです。

例えば、あなたが食べていて、五次元にぴたりとはまり込むと、気が付いてみると、あなた
は五次元のその場所にいるでしょう。

この五次元の場所と活動は微妙に変わっているところがあります。

五次元では食べる必要がないので、あなたは代わりに、五次元の方法であなた自身に滋
養物を与えているでしょう。

例えば、あなたが友達あるいは家族と食事しているなら、食べ物を口に入れるかわりに、あ
なたは愛する者たちと光を分かち合うという、滋養になる経験を感じることが出来るでしょう。

あなたがひとりならば、瞑想する代わりに、あなたの身体を創造的で喜びに満ちているやり
方で、動かしているかもしれません。

あるいは、あなたは五次元世界の「光」の中にあるスピリットを呼吸で取り込んでいるかもし
れません。

私たちはここでは「光」という語を大文字にしました。

五次元の 「光」は三次元の光とはとても違っているからです。

五次元の「光」は意識をもって活動しており、あなたの望みに従って形を成すことができます。

例えば、五次元の光の水は液体のように見えますが、実際には液体の光です。

液体の「光」は水、陸地、空、花、動物、人間などの姿としてどんな形も成すことができます。

これらの光の水は、あたかもそれらを飲むかのように、あなたの全身に一種の滋養をもた
らします。

同様に、これらの水の中にいる間は容易に呼吸をすることが出来るので、あなたが望む限
りの間、「水中で」泳ぐことが出来ます。

存在が最初に五次元へ来る時は、滋養は自由に手に入り、自動的であり、食べることに対
してどんな意図も持つ必要がないと信じられるようになるまで、 大抵は「食べる」必要があり
ます。

それが動物であれ、植物であれ、他の生命形態を食べる必要がないことは、新参者にとっ
ては最も困難な変化のひとつです。

これは「生き残りの恐怖」が「空腹感」を作り出すからです。

「生き残りの恐怖」は三次元のあらゆる生命形態のために構築された基本プログラムです。

もしあなたに生き残りの恐怖がなかったら、実際には生き残らないだろうと言う恐怖ですが、
あなたは物理的な存在を継続するために必要な予防措置を取ることはないでしょう。

あなたの肉体がもはや三次元ではなくなっていても、三次元の「生き残りプログラム」 を無
効にするのはとても難しいことなのです。

これから、どうやって私たちの世界に入るかをあなた方にお話ししましょう。

喜びと静謐が私たちの現実にアクセスするのに必要な意識状態です。

ラジオ放送局を受信するのに数字を選択しなければならないのと同じように、あなた方は五
次元の私たちの現実にアクセスするために意識状態を選択する必要があります。

あなた方の意識を私たちの世界に入るのに十分な程に拡大するには、あなた方は物質的な
生活の恐れとドラマから、あなた方の意識を離す必要があります。

言うまでもなくそれは現実ですから、あなた方は身の周りで起こったことを否定できません。

しかし、私たち/あなたの現実を 知覚するためには、あなた方はあなた方の三次元の現実
の高次元のオクターヴを知覚し、注意を払う必要があるでしょう。

練習すれば、あなた方はあなた方の個人的な生活と、周りの世界のあらゆる高次の側面を
見始めるでしょう。

例えば、政治を見てみましょう。それらが爆撃、 飢饉であろうと政情不安であろうと、あなた
方の数え切れない3Dの紛争の、高次元の側面を見ることをあなた方自身に許して下さい。

平安と調和と愛が三次元の暗闇の中に降ろされているのが見えますか?

多くの人達の信念が、とても三次元に固定しているので、新しい現実を受け取るためには、
物理的な死を通過しなければならないと「信じて」います。

それ故に、彼らにとってはそれは真実なのです。

幸いなことに、死ななくとも高次元を経験することが出来ると信じることができる人たちがいま
すが、象徴的な死を最初に通過しなければならないと信じています。

それ故に、彼らにとって、それは真実なのです。

三次元では、あなた方は死はこの世を去ることだという信念を持っていますが、五次元の私
たちには、三次元の「死」はこの世に戻ることなのです。

集団の意識が速く変化しているので、政情不安があるでしょう。

各人が彼らの個人的な意識を変えると、彼らは集団意識が変わることも望むでしょう。

政治は、五次元では調和の取れた、集結した集団意識にあたります。

真に集団意識があると すれば、外部にある政府はもはや必要ではないでしょう。
各人が無条件の愛を受け入れて五次元に移ると、彼ら自身の低次の利己的な衝動は完全に
抑制するようになることでしょう。

社会のメンバー全員が自らを抑制することが出来ると、抑制するための外部システムは必要
ではありません。

その上、現実はすぐさま、あなた方の思考と感情によって創造されます。

あなた 方があなた方の周りの者たちの経験を共有することを望まないのならば、あなた方は
意識を高次の周波数に調整することによって、あなた方のマインドを変えればよいのです。

忘れないで下さい:あなたのマインドにあることは――あなたの人生にあります。

心を込めてACEA1999年1月2日私たちはACEA、あなた方と再び、親しく語るために戻りました。

もう、あなた方の三次元と五次元の世界が、どのように繋がっているかがわかりましたか? 

今日は、あなた方が私たち/あなた方の五次元の現実をあなたが知覚するのを支援するために、
二番目の決まりをお話したいと思います。

それは「愛が創造の力です」

私たちはACEA、再び、あなた方と親しく語るために戻りました。

もう、あなた方の三次元と五次元の世界がどのように繋がっているかがわかりましたか? 

あなたの五次元の現実の高い振動を感じて、その意識をあなたの三次元の世界に引き入れ
て下さい。

良いですね。これから、あなたの周りの五次元の部屋を見て下さい。



滝の音、鳥のさえずりが聞こえますか?

あなたとあなたの部屋を共有している他の動物たちが見えますか? 

彼らも食べたり排泄する必要がないので、従って、あなたに仕事あるいは努力をもたらすこと
はありません。

あなたの五次元の部屋にいるこれらの動物のいくつかは、 あなたの物質的な世界には存在
しません。

いくつかの花とそれら が発する美しい色についても同様です。

五次元の現実の中に居ながら、あなたの肩がいかにリラックスして、あなたのハートが開い
ているかを感じて下さい。

あなたはゆっくりと楽に呼吸し、 天の音楽が聞こえます。私たちの世界から共振する深い愛
を感じて下さい。

私たちの愛が、あなたのあらゆる望みの具現化を支援していることを信じて下さい。

さあ、この感覚をあなたの一日に取り入れ、身につけなさい。この拡大した自己は真のあな
たです。

制限され、分離され、あるいは恐れてさえいるよう に見える、あなたのその部分は幻想です。

それは存在しません。

あなたにとって、現在、あなたの自己として見ているのがただの幻想で、あなたの真の「自
己」では「ない」と理解するのが難しいことは、私たちはわかっています。

それ故に、これがいかに本当であるか私たちに説明させて下さい。
お分かりでしょう、あなた方、あなた方は皆、低次元にいて、五次元でここに、私たちと 一
緒にもいます。

あなた方は物質的な次元に降りて行き、おびえました。恐れが あなた方に忘れさせました。

恐れがあなた方は本当は五次元であることを信じることを忘れさせました。

恐れはあなた方を愛することや、あなた方が三次元の地球に来た理由を

愛することを忘れさせました。

あなた方は皆、あなた方の意識を「惑星全体」と共に五次元に上げる、この素晴らしい機会を
多くの転生にかけて、待ち受けて、準備をして来ました。何という好機なのでしょう!

しかし、あなた方は皆、忘れました。

恐れがあなた方に、あなた方の真の五次元の自己との繋がりを断たせました。

ACEAの私たちは、忘却に溺れて いる者たちに救命具を投げるライフガードと似ています。

その縄をつかんで下さい。

繋がり続けて下さい。

五次元の現実を具現化する2番目の決まりを覚えておいてください。

「愛が創造の力です」私たちはあなた方なので、私たちは戻って来ます。

故に、私たちは決して去ることが出来ません。

9a029b17


久々にアセンションについて記したいと思います。

現代は「アセンションの時代」だと言われています。アセンションとは、私たちの進化をうなが
して、五次元という高度な精神的社会へ上昇する、宇宙の一大イベントのようなものです。

アセンションは、30年以上かけて進行するとされ、「マヤ歴」の終わりである2012年の冬至か
らスタートし、2015年のターニング・ポイントを経て、2016年から本格的な次元上昇と浄化が
始まるとされます。

2016年からの10年間は、気候や社会のシステム、個人の精神や体調など、多方面に影響を
与え、激動の時代になると言えるでしょう。

アセンションしない人5つの特徴
最初の特徴は、何かあると相手のせいにし、自分が嫌だと思う人を排除しようとする人です。
「親が悪い」「社会が悪い」など誰かのせいにして、自分からは変える行動をとらないので、波
動が著しく低くなっています。

宇宙には「自己責任の法則」というものがあります。何があっても人のせいにせず「自分の人
生に責任を持つ」というのが、高次元意識のスタートラインなのです。

三次元の「分裂」に基づいた思考は、自分と他人に線を引き、優劣を決め、自分と異なるもの
を受け入れません。

自分にも問題があると考えず、他者批判をします。争いをしている人や国と、同じ波動だという
ことです。

他人のせいにする人からは「恨み」しか生まれません。また、本当の自己受容をしていないため、
相手より優位に立ちたがり、勝ち負けにもこだわります。

現状維持したい人
「変わりたくない」「現状維持したい」という気持ちは、進化するエネルギーとは逆に向かい、それ
はアセンションの波動と共鳴しません。

生物も世の中も常に進化しています。そういった自然の流れに逆らうのは、変化への「不安」や
「恐れ」があるからでしょう。

しかし「今のままでいい」人は、「今のままの世界」にとどまるのです。

また、反省しない、過ちを認めないということは、成長しない人ということになります。

自分の正当性を主張し、争いの種を生み出します。自分の非を素直に認めない人は、アセンショ
ンから外れていきます。

自分の不幸や悲劇にひたる人
自己否定をし、ネガティブなドラマに浸っている人です。他人を責めないかわりに「自分が悪いん
だ」「自分はダメな人間だ」「自分にはできない」と自分を責めます。

責める相手が、自分か他人かという違いだけで、実はどちらも同じことなのです。

その行為は責めることで、問題から逃げているとも言え、ネガティブな出来事にとらわれて「悲劇
の主人公」にハマってしまったのでは、そこから一歩も進めません。

さらに、自己否定というのは、一気にエネルギーを引き下げ、自分だけではなく、周りの人たちや
地球にも、知らず知らずネガティブな影響を与えてしまいます。

被害者意識の強い人
「ひどいことをされた」「裏切られた」という「被害者意識」の強い人もまた、自分で自分の責任を取
りません。

可哀想な自分に共感してもらいたいという思いも強く、自分から変わろう、問題解決しようという方
向に意識を向けないのです。

そのような人はネガティブなエネルギーを発し、同じ場所にとどまり続けます。

依存心の強い人
自分からは与えず、いつも相手から何かを得よう、何かをしてもらうと考える人たちです。

相手に望むばかりの結婚観や、お正月などのイベントの時だけ神社に出かけ、お願いごとをする「
神様頼み」というのもそれに当てはまります。

人に「してもらいたい」「してもらって当然」と考えているため゙、感謝するという気持ちに乏しく、自分が
今の生活で、いろいろなものを「与えられている」ことに気づきません。

もちろん、自分の力だけではどうにもならないときに、誰かに「助けて」とお願いすることは必要です
が、自分で解決する気がなく、すぐ他人にすがるのは相手のエネルギーを奪う行為になります。

「天は、自ら助くる者を助く」のです。

アセンションに向けて7つの準備
何ごともそうですが、何もせず待っているだけでは、ポジティブな変化はやってきません。
あなた自身の「良くなろう」「前に進もう」という「向上心と努力」が必要なのです。

素敵な人生や世界をいくら夢見ても、自分の意識や行動を変えなければ、望むものは手に入りま
せん。アセンションとは、私たちの「成長と進化」です。

アセンションすると決める
なによりも大前提として、自分はアセンションをする、と決めてください。私たちの「意志」が、世界を
作っています。

あなたの「こういう世界がいい」という思いが、自分の向かう方向性を決めていきます。全てはひとつ
であるという観点から、自分はどういう世界に住みたいか決めてください。

それでは、より具体的なアセンションに向かっての準備をお伝えします。

浄化を行う
アセンションするための波動を高めるには、デトックスをして軽くなることが必要です。

まずは、これまで心にフタをして、向き合ってこなかった感情の浄化を心がけましょう。

自分を見つめて、悲しみや怒り、不安、恐怖など、出てくる感情を否定せず、流れるままにしてください。
自分の腹の奥底にある本音や、醜い部分にも気づいてみてください。

そして、それらを否定せず、自分にはそういう部分があるんだと受け入れてください。

思い込みや偏った価値観、自己否定、自己憐憫、罪悪感などを手放し、浄化するためには、いった
ん「受け入れる」というプロセスが必要です。

浄化は、自分の良い部分も嫌な部分も、まるごと愛することが大きなカギになります。もし専門家が
必要なら相談し、過去の古い傷・トラウマを癒しましょう。

また、体に対しても、なるべく添加物の少ない有機作物を選び、肉より野菜を多く食べたり、無理の
ない範囲でデトックスを心がけ、自分をいたわりましょう。

自分に起こることは、自分の責任であると自覚する
「自分の人生の責任は100%自分にある」と自覚することが大切です。自分を変え、アセンションして
いくためには、この視点が重要になります。

何か問題が起こると、悪人探しをして終わらせがちな人がいますが、相手への批難は、自分が他人
に投影した自分の中の嫌な部分だったり、他人より優れていたいというプライドであったりします。

「自分の思いが、自分たちの現実を作っている」と言われるように、今、あなたが体験している「現実
」は、あなたの「思い」が作り出した「結果」です。

もし気に入らないのであれば、変えればいいだけなのです。

他人は変えられませんが、自分なら変えられます。いくら相手が悪く見えても、「自分に間違いはな
いか?」、「自分の問題はどこだったのか?」という視点で見つめてください。

本当の解決策が見えてきます。

心を開いたコミュニケーション
人とのコミュニケーションでは、本音を話していくことが大切になります。本音を抑圧して、これ以上重
い波動をためこむ必要はありません。

アセンションによって、人とのつながりも新しい関係性に変わっていくのですから、オープンなコミュニ
ケーションを心がけるようにし、「嫌われたらどうしよう」、「めんどくさくなるのはイヤ」などと考え感情を
飲みこまないようにしましょう。

そして、素直な感情表現を心がけてください。自分に素直になれば、相手を否定する必要がなくなり
ます。

また、会話の際は相手を受け入れ、理解しようと対話を重ねる姿勢が重要です。

外の情報に流されない
他人の話やテレビなどの情報を、うのみにしないでください。世の中は、不安や恐怖をあおる情報に
溢れています。

ネガティブな思考に引きずられて、アセンションの波動から外れないようにしましょう。

私たちの思考は、いつも過去や未来のことを考え、不安をあれこれ妄想します。しかし、頭ではなく、
あなたの心が真実だと思うことに従いましょう。

また、自然などに出かけ直感を養うと、自分の心の声に耳を傾けやすくなります。

恐怖ではなく、愛を選ぶ
ネガティブな選択ではなく、ポジティブな選択をしましょう。すべての選択を突き詰めると、「愛か、恐
怖か」という二者択一になるそうです。

「お金がないから」「時間がないから」「決めたことだから」「危ないから」…それらは、愛から出た言
葉でしょうか?私たちは不安や恐れから、変化やチャレンジを避け、安全を選ぶ傾向があります。

しかしそれでは、自分の限界を越えて成長することはできません。

つまり、失敗を恐れず、チャレンジをくり返し、自分の制限を解き放つことが大切です。波動を上げ
るためには、リスクを受け入れ、自分にとって愛のあるポジティブな選択をする必要があるのです。

それが結果的に、周りの人や地球環境にとっても良い選択となります。物事を決定する自分の動機
が「恐怖」からなのか「愛」からなのか、一度立ち止まって問いかけてみましょう。

情熱に従って生きる
情熱に従って、やりたいことをしましょう。楽しいことやワクワクすることをしていると、波動が上がりま
す。何かに夢中になって集中している時は、地に足をつけて、今この瞬間を生きている状態です。

ただし、一つだけ気をつけることは、「楽しいこと」は「ラクなこと」ではないということです。

やりたいことや、楽しいことを続けていると問題にもぶつかるし、努力して何かを達成しなければなら
ない課題も出てきます。好きなことをやり続けるには、知らず知らず努力を積み重ねていく必要が出
てくるのです。

人は慣れると飽きる傾向があるので、最初のワクワクは長く続かないかもしれません。

しかし、やる度にスキルアップしていく自分に気づき、充足感や喜びなとを実感しながら、情熱を失わ
ないように努力を積み重ねましょう。

地に足をつける
最後に、しっかりと地に足をつけて生きましょう。仕事、家事、勉強など、目の前の現実と向き合って、
日々「やることをやる」のです。
あなたはこの地上で生きているので、上の次元ばかりに目を向けていては、現実逃避になってしまい、
現実逃避はアセンションする妨げになってしまいます。




マヤ文明の長周期暦の最後が2012年12月21日だったということで、この日が人類滅亡
などの預言と解釈されて一部の人に恐れの感情を喚起しました。
そもそもアセンションって何でしょうか?

次元上昇は果たして起きるのでしょうか?

しかし次元上昇とはそもそも一体何なのでしょう?

いかにも黙示録(apocalypse)のような何か人類が滅んでしまうような天変地異が起きるよ
うなことを言っている人もいますが、そもそもの意味は「霊的進化」、つまり精神性の飛躍的
な進化です。

世界各地で頻発している天変地異は、地球ガイアも同時に五次元に昇るための、ガイアの
魂の洗浄のための現象です。

次元上昇とは地球と人類がいっしょに霊的(スピリチュアル的)に新しい時代に入ることなの
です。

地球はすでに準備万端ですが、人類の覚醒が大幅に遅れているのが哀しいかな現状です。

銀河中心から、強い覚醒の光が降り注いでいます。そのエネルギーに自分の魂の波長を合
わせていってください。

次元上昇は、三次元の物質中心世界から、スピリチュアルを基礎にした五次元の世界への、
量子論的ジャンプです。

この三次元物質世界という低い周波数の世界から、アストラル界を経由して、エーテル界(霊
界)まで移行することだとも言えます。

アストラル界は、みんなが夢を見ている時に、いつも行っている次元で、幽界とも言います。
亡くなった人は、今まではそこで次の転生に向けて、前世での学びの総括を行ない、待機して
いました。

もう既にアストラル界と物質次元(今私たちが住む三次元世界)の融合が始まっています。

みんなが2012年12月21日に、高いバイブレーションのエーテル界へ魂の移行が本格的に
開始されたということだと私は思います。

今は、多くの方が第六感的なエネルギーを感知できるようになって来ました。

そしていよいよ2015年に向けて、本格的に目覚める人が指数関数的に増加していくようにな
ると思われます。

またその逆に、全く何も起きなく、現状のまま過ごされる方も居ると思われますが、同時進行で
すからそれはそれでいいと思います。

今の世界は巨大な変換期の中で、政治や経済システムも高次元に見合う新しいパラダイムに
移行するために、様々な腐敗(不正行為)が暴露され、旧いシステムが崩れ始めており、混沌
としてきました。

新しいパラダイムに移行できるかは、人間がどのような未来を選択するのかが大事です。

しかし集合意識という全体と、個人意識という中で、どのような創造をするかで未来が変わります。
これから起こることは、人類の意識のあり方に深く依存しています。

世界の未来像にはいくつかのパラレルワールドやタイムラインが存在してます。

ですから多くの人の選択した未来も勿論存在し、また全く別の個々の選択の世界も存在するよ
うになります。

今でもネガティブな人々とポジティブな人々、平安の中で暮らす人と混乱の渦中にいる人がい
ます。

もうすでにこのように一人ひとりの生きる世界が分離し始めているのです。

あなたがポジティブかネガティブかのどちらを選択するかが重要です。

次元上昇はポジティブな愛と光、調和のエネルギーで生きることを選択することです。

ネガティブは、貪欲、支配欲、権力欲、競争、嫉妬、戦争、勝ち負け、差別や序列化など今の
三次元世界の有り様です。残念ながらそういうことが好きな人もたくさんまだいるようです。

しかし、一夜にして全てが変わることはないでしょう。

次元上昇は一人ひとりの心の問題でもあります。

これから起こってくる変化をどう捉え、どう生きるのかがすべての人に問われています。

そして自分の中にある思いに従い、自分自身で自分の世界を創造することこそ本来の目的
なのです。私たちは自由に世界を創造する潜在的な能力を持っています。

いずれ宇宙意識(神)とつながり、既にすべての答えが、内なる神であるハイアーセルフに
存在している状態に気づくでしょう。

五次元以上に行くと時間や空間に囚われなくなり、「今」しかなくなります。

六次元以上になると肉体という牢獄からも抜け出すことになります。光のスピリットだけにな
ります。

2012年の終わりは、五次元の世界への移行期の始まりでした。

以前、プレアデス人は、約20数年かけて五次元領域に変化していくと言っていました。
すぐにアセンションする人もいますが、まだそのためのバイブレーションに達していない人は、
魂の浄化を終えた方から、段階的に次元上昇が進むのです。

2013年以降、始まるのは黄金の2000年期です。まさに人間が「完全意識(Full Consciousness)」
http://www.youtube.com/watch?v=PKxQUKgJyKc&feature=player_embedded
を持つようになるゴールデンエイジです。

私達は今、新しいサイクルの入り口にいます。

そして、これからは、愛、調和、統合、女性性の尊重の「アクエリアス(水瓶座)」の時代に入
っていきます。

そして今から約100年ほど前から、一気に加速し始めました。

この数十年の様々な社会の発展は、科学の発展とともに起き、今に至ります。

そしてこの科学が生み出した破壊の世界から、新しい思想の時代へと変化することが、人
類の進化のサイクルなのです。

1万5千年前、アトランティス文明は、現代よりも優れた科学技術を持っていましたが、科学
と霊性のバランスが壊れて、核戦争で自滅したため人類全体のバイブレーションが著しく低
下してしまいました。

精神性(スピリチュアリティ)と科学は同時に進化しなければ、やがて破壊が訪れます。

今はそのぎりぎりのところにいるのです。

我良しのエゴイズムに基づく世界で創造された科学技術は、精神性という土台を無くし、暴
走している状態です。

例えば、原子力エネルギーの利用をどうするか、遺伝子組み替え作物をどう扱うかなどです。

しかし人間の智慧によってこのハードルを乗り超え、精神性を磨き、科学が破壊を招かない
よう修正しなくてはいけません。

これから私たちは、この科学的修正作業と、精神性(スピリチュアリティ)を磨くことを同時に
やっていくのです。宇宙レベルの科学技術を扱う者の持つべき矜持です。

これをしなければ、新しい黄金世界は多分訪れないでしょう。特に原子力発電をやめること
を宇宙ファミリーは強く求めています。放射能は高次元世界(エーテル界)にもネガティブな
影響を与えます。

今私達に課せられた仕事は、精神性(スピリチュアリティ)を磨くことです。身魂磨きとも言い
ます。五次元では「霊主体従」が原則となります。

それなりに精神性(高いバイブレーション)がなければ、きたるべき高次元の世に生きること
はできません。

そして宇宙意識とつながり、三次元の物質を超えた科学、言い換えると高次元の科学を利
用するようにならなければいけないのです。フリーエネルギーや、ヒーリングテクノロジー、放
射性物質の無害化など環境再生テクノロジーなどです。

そのためにはスピリチュアリティの進化が必須な課題です。高次元の宇宙ファミリー(ET)の
持つ科学技術は、現在の私たちにとってはマジック魔法のように見えるでしょう。

これからの転換期の中で、人口が減り、様々な自然現象が起き(人工的なものも含む)、浄
化が起きます。特に闇のエネルギーの精神的あるいは物質的な汚染がひどい地域は、激し
い気象変化や地震などの危険が高くなります。

しかし今までの何倍もの速さで変化していきますから、少し注視してみれば様々なことが、僅
か数年の内に全く別なものに変化していることに気づくはずです。

めまぐるしく変化するものは物だけではなく、政治経済や芸術文化、エンターテインメントも、
そして私達の価値観も変化していきます。

昨日まで正しかったことは、今日正しくないことになるかもしれません。

闇のカバルによって隠されてきた真実がディスクローズされていきます。人類のほんとうの起
源や、太古から宇宙人と関わってきた歴史、戦後、米国と結ばれた宇宙人との秘密の協定
などです。

それくらい多くのものごとが変化していきます。

そのような兆しがすでに私たちには見えています。

モノに溢れた大量生産大量消費の時代はもうすぐ終焉を迎え、物質の時代から精神の時代
へと変化していくでしょう。

精神革命(魂の進化)とも言うべきことが、次々に起こり始めるかもしれません。

まだもう暫くは掛かりますが、地球の波動が上昇しているため、多くの方が気づき始めていま
すから、あと何百年も掛かることはないでしょう。

自然淘汰という形でエネルギーの振り分けも起きますから、あと20年もすれば全く別世界で生
きているかもしれません。

アセンションする人は五次元の地球へ移行し、アセンションを選ばない人は別の三次元惑星へ
転生することになります。

これを読んでいるあなたは身魂磨きをしっかりして、ともに次元上昇を達成し、ゴールデンエイジ
(黄金時代)を共創しましょう。

振動数が高くなって、次元上昇するということは、すなわち地球人類の「覚醒」が起こるというこ
とです。

現在、銀河中心から大量のエネルギーが地球に注がれており、人々の心魂の振動数がどんど
ん上昇しつつあります。

東日本大震災、原発の事故に世界金融危機や世界同時株安や、アラブの春、異常気象など、
たいへんな事件や事故が、世界各地で数多く、起こってきていますが、それは人類にとっては
新たなステージへの進化(次元上昇)の大きなステップなのです。

一つ一つの事象に悲観することは何もありません。すべてはよい方向に向かっていると信じて、
喜びと祝福を持って受け入れてください。

弱肉強食で貪欲とエゴイズムが支配する資本主義の経済社会、そしてそれを支える価値観な
ど旧いシステムは、これから轟音を立てて、崩れていくでしょう。

新しい社会では、利子や利ざやなどでお金がお金を生む今の詐欺的な金融の仕組みはすべて
消滅し、「食べていく」ためにお金をかせぐ必要もなくなり、自分の好きなことを通じて、人や社会
のために奉仕貢献することが新しい仕事の価値観となります。

今回は、アトランティス大陸やレムリア大陸の沈没のような巨大な天変地異が起こるシナリオは
避けられたので、ハリウッド映画で見るような人類滅亡などということが、起こるのではなく、新し
い「弥勒世」のシステムへの大転換へのプロセスなのです。

次元上昇によって起こる人間の霊性進化は蛹が蝶に変態していくのと同じことです。

この変化には人間存在が神(宇宙創造主)の分け御霊(私たちは一人一人が神のエッセンスを
内包していること)であり、魂が永遠に続くものであることに多くの人々が気づき、この新しい価
値観に基づいた宇宙的視野の文明を再構築していくことにつながっていくでしょう。
その新しい黄金文明は日本から始まります。

次元上昇は、光=神性を自らのなかに見出し、まわりのいのち、宇宙のすべての存在やソウル
とひとつにつながっていくワンネスに覚醒することです。

そのために、魂と肉体の振動数(バイブレーション)を高めていく必要があります。これを「浄化」
といいます。
浄化とは、自らのカルマを精算(すべての自分に起こる出来事を必然として赦し、受け入れ、感
謝すること)し、すべての存在とひとつであること(ワンネス)、つまり宇宙意識にめざめることなの
です。

これから具体的にどこで何が起こるかは私にも分かりませんが、恐れや心配を捨てて、瞑想な
どを通じて自分の内を見つめて(内観)、毎日を感謝と喜びで過ごしていくことがなによりも大切
なことと思います。

心の準備をするために、いろいろな人とこの課題に関してつながりを作ってください。一人でも
多くの人がスピリチュアリティに目覚め、自らのバイブレーションを高め、次元上昇をはたして、
「光の存在」となってほしいと願っています。

これから起きようとしている地球の大変革は、すでに次元上昇している他の惑星の知的生命体
たちも知っていますから、手助けしたり見守ったりしたいと大勢が集まってきています。

まもなく、宇宙のファミリーとの公式なコンタクトが起こり、それらのETたちとの交流も始まります。
そして長らく隠されてきた多くの情報が公開され、宇宙における地球の存在意義や、人間とは何
か、人間が持っている巨大な潜在能力、すなわち本来持っているのに発揮出来なかった能力(サ
イキック・パワー)が目覚めるのです。

そして人類の歴史やルーツそのものが大きく書き換えられることになるでしょう。

私たちは虚構マトリックスの三次元世界で、自分が奴隷だとは気づかずに奴隷として闇の権力者
たちに支配されてきたことに気づき唖然とするでしょう。

真実を知ることで多くの人が覚醒していきます。私たちはそのような大きな変化の時代を自ら喜ん
で志願して、この地球に転生して来ているのです。

これから起きる次元上昇は、第一に地球の上昇に伴う惑星上のすべての生命の上昇であり、第
二に流入する高次元のエネルギーが私たちの意識レベルを向上させ拡大する変化であるといえ
ます。

意識体である地球(ガイア)はすでに次元上昇を始めています。

最近、頻発する多くの天変地異は次元上昇するためのガイアの浄化活動なのです。

今回の次元上昇の特徴は、地球と人間が共に次元上昇すること、人間は肉体をそのまま伴って
次元上昇することです。

その際、肉体はDNAの構造が変わり、眠っていた能力が開花すると同時に、炭素ベースの肉体
からケイ素(クリスタル)ベースの半霊半物質の肉体(ライトボディ)への変容します。

では、次元上昇した地球とは・・・奪い合い、憎しみ、妬み、競争、病気、戦争、貧富の格差といっ
た分離、二元性の支配する三次元世界からみると、天国のような無条件の愛が溢れ光り輝く世界
となり、すべてのソウルが、創造主の分け御霊と気づき、互いの自由意志を尊重し合い、分かち合
い、助け合い、健康で、争いのない、すべての存在がひとつである(ワンネス)の五次元世界を体験
していくことになります。

一人でも多くの人々が、この美しい地球ガイアと共に次元上昇してほしいと思います。しかし、次元
上昇するかしないかは各人の自由意志が尊重されています。

三次元というこの分離と二元性の世界でなお生き続けたい、学び続けたいと思う人は、この地球を
離れて他の三次元領域の惑星に転生することとなります。

それには地球からは振り落とされ(自然淘汰)肉体の死を伴わざるを得ません。自ら五次元に上昇
しなければもはや新しい地球で肉体も同時に生き続けることはできません。

もう残された時間はあと僅かしかないのです。

今は次元上昇に向けて、すべての人がカルマの清算のために振り回されている現状です(次元上昇
した5次元ではもはやカルマや輪廻はありませんし、五次元に上昇するには三次元のカルマをすべ
て清算する必要があるのです)が、それはまもなく終わります。だから今おかれている状況にネガテ
ィブにならないようにしてほしいのです。

繰り返しになりますが、次元上昇はまずは自分が意図することが第一歩です。それぞれのソウルの
選択から始まります。無用な恐怖や心配などの否定性を解放し、嬉し楽しで、人に優しく、地に足を
つけて生きていく人であれ

b37f94da


松果体は宇宙のエネルギーを受信するところ
人間の脳の中央に松果体(pineal gland)が存在しています。
 現代医学では、松果体の機能は不明です。わかっていることは睡眠に関与したり、夜、昼
という日内リズムを感じる器官というだけです。
 私は、人間の松果体は、宇宙の叡智を感じるところだとわかっています。

 松果体の機能は本当はすごいのです。今のレベルの現代科学や医学では、とても解明で
きません。
レムリア時代やアトランティスの時代は、宇宙の叡智とよりつながっていて現在より松果体が
大きかったのですが、今の地球人は退化して非常に小さくなりました。それは胸腺も盲腸(
虫垂)も同じです。

 じつは松果体は、宇宙のエネルギー(宇宙ソウル・ウェイブ=宇宙の叡智)を人間のエネル
ギー(身体ソウル・ウェイブ=身体の叡智)に変換します。宇宙のエネルギーは振動数があ
まりにも高過ぎるので、人間の身体レベルに振動数を落として、それを人間の体に通すのです。

 神経は背骨の中を上から下まで通り、各脊椎孔(せきついこう)からたくさん枝分かれして
、身体中の60兆個の細胞に全て行き渡ります。心臓、肝臓、腎臓などの内臓、筋肉、血管、
関節、皮膚、目、耳、鼻、口、すべてです。神経が行き渡っていなければ、細胞は生きられま
せん。細胞を細胞たらしめているエネルギーの通り道です。

 神経の流れ、ソウル・ウェイブは、魂のもとのエネルギー宇宙ソウル・ウェイブが松果体で
変換された身体ソウル・ウェイブを便宜上、シンプルにソウル・ウェイブと呼ぶことにします。

 ソウル・ウェイブが体の中に入って、神経の中を振動として伝わるのです。
 母親のおなかの中で内臓とか身体をどうつくるか、生まれてから、どういう食べ物を食べた
ときに胃腸をどのように動かすのか、どのようにホルモンを出すのか、傷の治し方、ウイルス
が入ったらそれを撃退するために熟を出すとか、下痢をするとか、医者や親が教えたわけ
ではありません。
 それらの情報は、じつは、目に見えないレベルの高次元DNA遺伝子にすでに書き込まれ
ています(略)が、その情報をコントロールするのが神経の流れである「ソウル・ウェイブ」な
のです。ソウル・ウェイブが、あなたをコントロールするのです。

松久氏の説によれば、松果体の基本的な役割は、宇宙のエネルギーを取り入れ、人間の身
体に合う振動数まで落として、供給する役割だといいます。
 松果体のそうした役割は、松果体が主に珪素(Si)でできているからだといいます。

宇宙の叡智を身体の叡智に変換する高次元変換器「松果体」
松果体は、どうして宇宙の叡智を身体の叡智に変換できるのでしょうか?
 それは松果体が99%以上、珪素(Si)でできているからです。
 じつは、この珪素は大宇宙で唯一の能力を持つスーパー元素なのです。珪素は万能パワ
ーストーンである「水晶」の主要構成成分でもあります。
 珪素は、乱れたエネルギーを全部吸収して、その乱れを修正するのに必要なエネルギーを
出すことができます。これは誰も言っていないことです。
 珪素研究会や珪素医学団体などは一般的な3次元の科学の話をしていますが、私は宇宙
叡智との交流の中でこの知識と情報を得ています。
 珪素にはエネルギーの乱れを読み取れる能力があって、そのエネルギーを全部吸収して、
その乱れを修正するのに必要なエネルギーを放出するのです。
 水晶も松果体も生命エネルギーの振動数を変換して、それらのDNAをコントロールするエネ
ルギーに変えます。(略)。松果体は人間の身体の中で最も神秘的なのです。

 地球の成り立ちですが、あらゆる生命体の固有螺旋振動波の魂エネルギーが交流すること
で、物質の要素が高くなります。交流したときに振動波がどんどん落ちるのです。どんどん重く
なったエネルギーが集合して物質化します。それが惑星であり、地球です。

 地球はほとんど珪素でできています。珪素は地球では2番目に多い原子で、地殻を形成する
要素としては最も多いのです。珪素は最もキーになっている元素です。
 エネルギー的に言うと、珪素はどんなエネルギーも吸い取って、必要なエネルギーに生まれ変
わらせるものです。だから珪素が存在しているのです。宇宙の存在、つまり人間を含むあらゆる
生命体には最も重要なもので、宇宙のあらゆるところに存在しています。

 鉱物、微生物や植物、動物、人間の集合エネルギーが1点に固まったときにできたのが地球で
す。

松果体を活性化する

 今まで地球社会においては炭素(C)が主役でした。炭素は有機物質のもとになっており、人間
の細胞も有機物質、炭素をもとにしてできているので、遺体を燃やすと最後に炭素が残ります。

 しかし、これから人間は珪素化していかなければならないでしょう。
 これからの地球人が進化する形態としては、珪素を身体により多く含んだ人間です。
 人間が珪素化していくと、まず第1に、松果体の珪素の量と質が向上します。
 松果体がより珪素化すると、変換能力が高まるので、よりよい状態で人間の身体に宇宙の叡智
エネルギーを注ぎ込めます。
 これからの新しい地球社会では、松果体を水晶(珪素)化することが、地球人の進化・成長の鍵
です。
一人一人の人間としても、まとまりの地球としても、やらなければならない最も重要なことです。必
然的に、地球人は水晶(珪素)化していきます。
 この流れは誰も止められません。

 胸腺を活性化する

 地球人が珪素化すると第2に、胸腺が活性化します。
 胸腺も、松果体と同じようにほぼ珪素でできています。
 つまり、エネルギーを変換する能力を持っています。
 胸腺は免疫の司令塔であり、リンパ球をはじめ、いろいろな免疫細胞になるものを作成する場所
です。
これは珪素のシリコンホールの役割が大きいと考えています。
 キラーT細胞やヘルパーT細胞など、リンパ球にはさまざまな種類がありますが、身体の状況を
胸腺の珪素が察知して、水晶と同じように必要な細胞を生み出せます。つまり、胸腺は、人間環
境への適応力を整えていく役割を持っています。

 人間の身体でいうと、身体の適応力や修復力を整えていくところですが、あらゆる社会環境に
適応したり、人間関係の適応力を整える大事なセンターです。

 胸腺というものは、医学上は、幼少のころ発達して大きい器官になりますが、大人になるにつれ
退縮していって、あまり役をなさないものとされています。
 それは違います。松果体と同じで、今まで退化する地球社会で、人間がそれを活用しなかったか
ら働かなくなっているだけであって、今後、その役割は重要になります。

 ミトコンドリアの活性化

 人間は、約60兆個の細胞でできていると言われています。赤ん坊のころは100兆個ぐらいで、
成人になるとだんだん減って60兆個に落ち着きます。
 すべての細胞にたくさんのミトコンドリアという器官があります。ミトコンドリアは細胞のすべてに
備わっていて、人間が地球社会で活動するために必要なエネルギーを産生する器官です。
ATPというエネルギーのもとの物質を産生します。

 じつはミトコンドリアの構成成分も主役は珪素です。ですから、珪素が少ないとエネルギーを強
く生み出せません。ミトコンドリアの珪素は、細胞のエネルギー状態を感知し、シリコンホールを
じて宇宙の叡智を酸素原子に作用させ、多くのATPを産生します。

 松果体を水晶(珪素)化していくと、宇宙の叡智により、水素原子の電子が動員されることによ
り原子転換(錬金術のようにあるものから全く異なるものを生み出すこと)がなされ、胸腺やミトコ
ンドリアが珪素化するのです。地球で元気に活発に生きるためにはミトコンドリアの活性化が欠か
せません。

 放射能や有害物質の解毒

 珪素の重要な役割の4つ目は解毒能力、デトックスです。
 今の地球人は空気汚染、土壌汚染、食物汚染、あらゆるものによって身体が汚染されています。
社会環境を見れば有害物質だらけです。予防接種もエネルギー的には毒です。

 皆さんは予防接種に疑いを持っていないようですが、予防接種を打てば打つほど人間のエネル
ギーは乱れて、退化します。これは当たり前の話です。
ウイルスはじめ悪いものを不活性化して弱めた形で身体の中に入れているのですから、百害あっ
て一利なしです。
これは悪いものを身体に入れることによって免疫能力を目覚めさせて退治しようとする、非常に幼
稚な考え方です。

 現代医学の大きな問題点は、「病気は外から襲ってくる」と考えていることです。
 ウイルスや細菌が侵入してくるから病気になると考えています。それが正しければ、小学校のあ
る教室でウイルスが蔓延したら、同じ空気の環境にいる全員が風邪になるはずです。

 でも、感染する人は一部で、風邪にならない人が大勢います。外からの要素は一つのトリガー、
きっかけにはなります。症状を決めるのは、その人間のエネルギー状態です。

 予防接種を打つと、免疫を余計に過敏にしてしまいます。ふだん反応しなくていいものに過剰に
反応してしまうから、ちょっとしたことで症状を起こす身体になってしまうのです。
免疫を乱してしまうからです。ワクチン摂取は自然の摂理から外れています。

 もっと悪いのは、予防接種には弱毒化したウイルスだけでなく、その効力を上げたり、保存する
ためなどに有機水銀が入っています。
幼少のころから予防接種を受け続けると、水銀が蓄積されて、大人になると脳障害や脊髄障害を
起こして、重篤な病気になったりします。
予防接種は人間を堕落させるための格好の材料です。
 だから、予防接種は打って得られるメリットよりも、打つことによるデメリット、怖さのほうがはるか
に大きいのです。子宮頚部がんの予防接種は、まさに毒を入れて病気を起こしています。

 皆さんはインフルエンザの予防接種を打った害のほうがはるかに多いのに、何で打ち続けてい
るのでしょうか?
 私の子どもはアメリカで生まれて、現在10歳ですが、一度も小児科に行ったことはないし、予防
接種も打ったことはありません。人間として打ったらダメだからです。

 インフルエンザにしても同様です。
 ウイルスや細菌は、身体に処理できる能力があれば、何も操作をしなくても自分で適応していけ
ます。
自分で処理できる適応能力や解毒能力が高ければいいわけです。
その能力をもっと上げたければ、身体を珪素化すればよいのです。

 珪素は放射能や有害物質をシリコンホールに全部吸い込んでくれるので、悪いものを悪いものと
して、その影響を受けなくなってきます。

 放射能を受けたすべての人が甲状腺がんになるわけではありません。
 適応能力や解毒能力の高い人は病気にならないのです。
 適応能力は、胸腺が主に担っています。


 ここでシリコンホールなる言葉を説明する必要がありそうです。
 松久氏の解説です。
 珪素は原子番号14の原子なので、14個の電子を持っています。その14個の電子は原子核を
中心とした3層の起動上を回っていますが、その層の中に、シリコンホールがあるといいます。
そのシリコンホールは、乱れたエネルギー(情報)を吸い込んでは、修正して元のエネルギー(情報
)にして吐き出すといいます。

 
 松久氏によれば、松果体が活性化してくると不食・不眠の身体になるといいます。
 また、松果体が上から降りてくる宇宙エネルギー(宇宙ソウル・ウェイブ)を変換して身体に供給
すると同じように、地球から上がってくるアース・ウェイブは丹田で変換されて身体に供給されると
いいます。
 この2つのウェイブの両方が通って、初めて調和した人間になれるといいます。

 松果体を活性化して不食・不眠へ

 今地球に生きている地球人たちは、古い枠の中でしか生きていないので、食べないと生きてい
けない、眠らないと生きていけないというレベルにいます。

 しかし、宇宙の本質としては原子転換、エネルギー転換ができるので、松果体を活性化して振
動数を上げていくと不食・不眠の世界に入るようになります。

 世界平和を乱している一つの要因は食糧難です。食糧を奪い合っています。それから、石炭、
石油、原子力等のエネルギー源の資源です。

 こういったものは、ソウル・ウェイブを正して振動数を上げていき、松果体の活性化を経て、さ
らなる高振動数のソウル・ウェイブが高い振動数を持つ自分にアクセスできるようになると、あま
り食べなくても自分の中で自分に必要なエネルギーを産生できる要素がふえてくるし、エネルギ
ーを外から受けなくても、自分の環境の中で必要なものをつくり出せるようになっていきます。

 地球人の松果体が水晶(珪素)化して活性化していくと、地球を乱している要因も穏やかになっ
ていくでしょう。

 食べないようになると、消化、吸収、排泄で使うエネルギーが減っていくし、酵素とかホルモンの
分泌も必要がなくなるので、エネルギーをあまり使わない身体になり、あまり眠らなくてもよくなりま
す。今、眠れないと焦ったり、不眠は皆さんの感情をすごく乱していますが、眠らなくてもよくなれば
24時間をもっと有効に使えるようになるし、社会効率もよくなるでしょう。

 アース・ウェイブを取り入れる方法

 ソウル・ウェイブは宇宙から降りてくるものです。
 宇宙ソウル・ウェイブが脳の中心、松果体で変換されて、身体ソウル・ウェイブ、つまり神経の流
れとして身体中に行っています。それは、人間のあるべき状態を教える情報です。

 もう一つ、人間は地球のエネルギー、アース・ウェイブを取り入れなければなりません。このエネ
ルギーは、ソウル・ウェイブの振り幅を増やし、それを強化します。
それは地球の中心から、上がってくるエネルギーです。
このエネルギーの入り口である第1や第2チャクラの神経の通り道をきれいにすることが大事です。
地球社会では「丹田(たんでん)」と言われています。

 不安・恐怖を持っている人は、そこが詰まってしまいます。腰痛とか女性の生殖器の問題を持っ
ている人も、エネルギーが入りにくい。(略)

 ソウル・ウェイブは自己のものですが、アース・ウェイブはその人のみならず、地球上に存在する
すべての生命体、石、植物、微生物を含む動物のすべての集合意識エネルギー、つまり、おのお
のの固有振動波の集合体が合体して、地球で反射したエネルギーそのものです。

 エネルギーの螺旋としては人間を頭上から見ると右回りのままで、それを下から通してやること
によって、上から降りてくるソウル・ウェイブを働きやすくします。振動螺旋波の振動数をふやす役
割はソウル・ウェイブの大本から来ますが、振幅を大きくするのがアース・ウェイブです。
この2つのウェイブが通っている必要があります。

 ソウル・ウェイブだけ通っている人は、スピリチュアルを追求しすぎて、地球社会には適応できな
い人です。逆にアース・ウェイブだけ通っている人は、元気はあるけれども自分は何ものか人生で
何をしたらいいかわからないので、苦しんだりします。
苦しみ方が違います。
ソウル・ウェイブとアース・ウェイブの両方通って初めて調和した人間になれるのです。

松久氏は医師免許を持つ医者という立場ながら、シリウスの存在から情報を得て発信しているとい
う異色の人のようです。

本山よろず屋本舗 より転載

。。。さんよりリクエストがありましたので掲載します。
コメントありがとう、お元気でね。







カルボシステイン