どうもジルです(・ω・)ノ


12、1月と皆さん忙しい時期が続いていたのでチームイベントは見送っていましたが、

2月はたぶん大丈夫だろうという事で今月はチームイベントを開催することになりましたー((・´∀`・))


11


今回行うのは、汝は人狼なりや?… 『人狼ゲーム』ですねっ!



日時 2月18日(土) 生放送と被ったため2月24日(金)22*00~に延期しました。

集合場所 なないろきゃんでぃチームルーム




以下がソラさんがまとめてくれた今回のルールなどです






@勝利条件

A)市民チームの勝利 : 人狼を全て討伐すると市民チームの勝利になります。

B)人狼チームの勝利 : 人狼の人数と市民の人数が同じになると、人狼チームの勝利となります。

C)吸血鬼チームの勝利 : ゲーム終了時に、生き残っていると吸血鬼チームの勝利となります。(吸血鬼は市民や人狼としてカウントされません)




@ゲーム進行

A)ゲームマスターの決定
 まずはじめに、ゲームを進行するゲームマスターを決めます。ゲームマスターは、全プレイヤーに対して説明を行います。

B)夜ステージ
 各プレイヤーは自分の役割を確認すると共に、夜のアクションを行います。人狼は、今夜殺害する市民プレイヤーを選択します。市民は、人狼と疑わしきプレイヤーを選択します。また特殊能力者(占い師・騎士など)はその能力を使います。(第1夜からスタートとなります)

C)朝ステージ
 昨晩、人狼の被害にあったプレイヤーが報告されます。残されたプレイヤーは、自由に会話を行い、誰が人狼なのか調査を行います。(制限時間は3分間)

D)裁判ステージ
 各プレイヤーは順番に、人狼だと思う人を口にだして投票します。一番多く投票された人は、人狼として処刑されます。

E)ゲームセット
 以上の「朝」「裁判」「夜」のステージを繰り返し、相手チームのプレイヤーを減らしていきます。その結果、プレイヤーの残り人数が勝利条件を満たした時点で、ゲーム終了となります。

話し合いの制限時間は3分

今回は第1夜の殺害無しの方向で

人狼2人 占い師1人 騎士1人 霊媒師1人
多重人格1人 市民4人
例)合計10人で行う場合の編成




@その他
A)第1夜の殺害関係
 「第1夜の殺害無し」にすると、1回目の夜は誰も死にません。人狼は襲撃できません。
B)第1夜の占い関係
 「占いあり」の場合、第1夜から占います。「占い無し」の場合、第1夜は占い師は占いません。
「人間を知る」の場合、第1夜はランダムに人狼意外の誰かの占い結果を知ることができます。




@役割カード


A)市民(1~19人)
 人狼を絶滅させる基本プレイヤーです。人狼を絶滅されると勝利となります。A)人狼(1~3人)
 市民になりすまし、市民を殺害するプレイヤーです。人狼プレイヤー同士は、夜ステージにお互いに誰が人狼なのか分かります。
B)人狼(1~3人)
 市民になりすまし、市民を殺害するプレイヤーです。人狼プレイヤー同士は、夜ステージにお互いに誰が人狼なのか分かります。
 市民プレイヤーの数が、人狼プレイヤーの数と同数になった時点で、人狼プレイヤーの勝利となります。
☆追記→第2夜から誰を殺害するかを選択することができます

C)占い師(0~1人)
 特殊能力をもった市民です。毎晩、人狼と思われる人の正体を1人だけ確認できます。
☆追記→第2夜から誰かを占うことができます。ゲームマスターへ占ったプレイヤーを伝え、そのプレイヤーが人狼か他の職種を教えてもらってください。

D)霊媒師(0~2人)
 特殊能力を持った市民です。死んだプレイヤーが人狼かどうかチェックすることができます。
☆追記→霊媒師の方はゲームマスターから夜ステージの際に死んだプレイヤーが人狼か人間かを教えてもらってください

E)騎士(0~1人)
 特殊能力をもった市民です。毎晩、人狼から守りたい市民を守ることができます。
☆追記→第2夜ステージから誰を守るかを選択できます。

F)多重人格(0~4人)
 人狼チームに属する市民です。人狼チームが勝利したときに、勝利となります。
ただし、誰が人狼なのかはわかりません。
☆追記→通常の市民同様に誰が人狼なのか投票を行ってください。。




@ゲームの流れ

例)第1夜の殺害無しの場合
第1夜がスタートします。
順番にゲームマスターから自信の役職の確認を行い、誰が人狼と疑わしき人物なのか投票していきます。(1人1票までです)(市民以外の特殊能力を持つプレイヤーも同様に疑わしきプレイヤーの投票を行ってもらいます。人狼も同様です。)

☆追記→この時の投票の方法ですが、ゲームマスターにウィスパーチャットで誰に投票するのか伝えてください。

全員の役割の確認が終了し、人狼と疑わしい人物への投票も終了されました。・・・・


12


第1夜が明けて、投票数によって「にわかに疑わしき人物は・・・○○さんです」と発表されます。
生き残っているプレイヤーはこれから、人狼を見つけるために話し合いを行います。(制限時間;3分)


13


☆追記→話し合いには白チャでみんなで話し合っていただきます

話し合いが終了し、疑わしき容疑者を処刑する投票を行っていきます。

☆追記→この時の投票の方法ですが、ゲームマスターにウィスパーチャットで誰に投票するのか伝えてください。

ゲームマスターに指名されたプレイヤーは、怪しいと思うプレイヤーの名前を告げて質問してください。質問の回答を聞いた上で、誰に投票するか決定します。
(投票時の注意として、投票の際、発言できるのは、質問しているプレイヤーと質問されたプレイヤーの2名のみです。それ以外の人は自分の順番が回ってくるまで発言してはいけません。)

☆追記→白チャによる発言(質問or受け答え)


14


投票で1番多く投票された人物はこの時点で処刑されて、死亡扱いとなります。

☆追記→処刑、人狼に殺害されたプレイヤーはその時点で幽霊になってしまします。
幽霊になってしまったプレイヤーはゲームマスターからほかの人の職種or人狼を教えてもらえます。
発言に関してですが、「もやもや」を付けた状態ならOKとしますが、ゲームへの助言などはお控えください。


投票数同数の場合は、もう1度挽回の話し合いとなり(制限時間:3分)、同数投票されていないその他のプレイヤーから同数投票プレイヤーの人へ再度投票を行っていきます。


☆追記→話し合いは白チャで発言していただきます。
この時の投票の方法ですが、ゲームマスターにウィスパーチャットで誰に投票するのか伝えてください


投票が終わり、1番多く投票されたプレイヤーは処刑されます。
死亡したプレイヤーは話し合いには参加したり、役職によるプレイはできませんが、誰がどの役職なのかはゲームマスターから伝えてもらえます。(教えてもらってニヤニヤしててください)


第2夜がスタートします。
 もう第1夜ではないので、人狼は人狼以外のプレイヤーを殺害できます。騎士は誰かを守ることができ、占い師は誰が人狼なのかを占うことができます。
市民は第1夜と同様に誰か人狼と疑わしき人物へ投票することができます。


☆追記→この時の投票の方法ですが、ゲームマスターにウィスパーチャットで誰に投票するのか伝えてください。
同様に人狼は誰を殺害するかゲームマスターに伝え、騎士は誰を守るかゲームマスターに伝え、占い師は誰かを占いそのプレイヤーの職種をゲームマスターから教えてもらい、霊媒師は死亡したプレイヤーが人狼か人間かをゲームマスターから教えてもらうことができます。


第2夜が明けて、投票数によって「にわかに疑わしき人物は・・・○○さんです」と発表されます。
以下同じ・・・・・・・


15


って感じらしいです( ゚∀゚ )
私も全然わからないので…もしもわからない部分あればソラさんに聞いてみてくださいっ!