アズマネックスツイストヘラーの特徴


商品名(正式名称)は「アズマネックスツイストヘラー100μg60吸入

モメタゾンフランカルボン酸エステルを主成分とする定量吸入用散剤(DPI:dry powder inhaler)。


・有効成分のモメタゾンフランカルボン酸エステルは点鼻薬のナゾネックスと同じ。


・アズマネックスの平均粒子径は2μmと小さく、肺への送達率が高い(約40%)。
気管→気管支→葉気管支→細気管支までの到達率が高まる



・アズマネックスツイストヘラーは、投与第1週目からピークフロー値を有意に改善させた。


・ツイストヘラーによる薬剤の放出は吸気流速に影響されにくい。


・キャップを外すだけ吸入準備が完了する(キャップを外すだけで薬剤が充てんされる)。

・1本で60回吸入できる。


・残量計あり(残量計は残りのキャップ開閉操作の可能回数を示している)01から00に目盛が変わると使用できなくなる。
  ⇒キャップが開かなくなるロックアウト機構があるため、薬剤が無くなった後も使用し続けることを防げることが可能となっている。

・吸入の有無にかかわらずキャップの開閉操作を60回行うとキャップがロックされて使用できなくなるため、吸入時以外はキャップを開閉しないように指導が必要。この点は薬情にも載せた方が良いと思われる。


・包装単位に1本入があるのは薬局にとって利点。


・吸入時の全身吸収性(絶対バイオアベイラビリティ:AUC吸入/AUC静脈内)は約1%と低い。
   ⇒全身性副作用が少ない。


・賦形剤として無水乳糖が使用されているため、吸入時にわずかに甘みを感じて吸入が確認できるようにされている。



アズマネックスツイストヘラーの作用機序

・ヘルパーT細胞からのインターロイキン-4及びインターロイキン-5産生を抑制

・好酸球増加抑制
         ↓
  喘息反応を抑制



アズマネックスツイストヘラーの効能・効果
気管支喘息
通常成人には、モメタゾンフランカルボン酸エステルとして1回100μg を1日2回吸入投与
年齢、症状による適宜増減可だが1日800μg(8吸入)が限度





アズマネックスツイストヘラー100μg60吸入 6mg100μg
請求コード 621929601
製造販売元 MSD株式会社



参考文献:
アズマネックス添付文書、製品情報概要、インタビューフォーム、プレスリリース

「気管支喘息」関連
  ・  吸入療法
  ・  よくわかる気管支喘息
  ・  気管支喘息の臨床
  ・  Annual review呼吸器(2009)
  ・  小児気管支喘息治療・管理ガイドライン(2008)
  ・  気管支喘息の診療ポイントガイド

   薬・薬剤師ランキング     薬学・人気ブログランキングへ

探していた情報が見つからない場合は下記のサイトへ
  ⇒薬局薬剤師 薬の説明(新)   ⇒収入をあげたい薬剤師さんはこちら






↓ランキングに参加しています。ご協力お願いいたします↓
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

※エルドメッドエーザイ⇒エルメッドエーザイに訂正します。コメントくれた方ありがとうございました。

おすすめ関連記事 一覧
  ・ 気管支喘息治療薬:吸入ステロイド関連一覧

キーワードで関連する記事を探す


記事を探す
   医薬品名(商品名)から探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事を医薬品の商品名から探します。

   製薬会社から探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事を製薬会社から探します。

   記事カテゴリから探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事のカテゴリ一覧を表示します。

薬局薬剤師 薬の説明内検索
カスタム検索


薬局薬剤師 薬の説明気管支喘息治療薬:吸入ステロイドアズマネックスツイストヘラー(モメタゾンフランカルボン酸エステル)(現在のページ)
←HOMEへ                                                              ↑このページのTOPへ


「医学・薬学関連」
  ・ おすすめ医学書 書籍・雑誌レビュー
  ・ 診断・治療・診療ガイドライン
  ・ 薬剤師転職支援サイト比較

「薬局薬剤師に必須の定期購読雑誌」
(※全てネットで購入可能です。)
薬局
日経DI PREMIUM
Rp.レシピ
調剤と情報
月刊薬事
Pharma Medica

薬局薬剤師 薬の説明気管支喘息治療薬:吸入ステロイドアズマネックスツイストヘラー(モメタゾンフランカルボン酸エステル)(現在のページ)