アボルブ(デュタステリド)

正式名称は「アボルブカプセル0.5mg」

・GSK(グラクソ・スミスクライン)が発売した、新作用機序の前立腺肥大症治療薬

前立腺肥大症の適応を有する、日本初かつ唯一の5α還元酵素阻害薬 

※男性型脱毛症に使用されるプロペシア(フィナステリド)は5α-還元酵素2型を阻害。もちろん前立腺肥大症の適応はない

・前立腺容積減少効果 1年間の投与により、33.8%の前立腺容積減少効果

・I-PSS(国際前立腺症状スコア)を有意に減少(プラセボとの比較)

・Qmax(最大尿流率)を有意に増加(プラセボとの比較)

・アボルブ0.5mg投与開始2週における血清中DHT(ジヒドロテストステロン)濃度は87.5%の減少

・急性尿閉の相対リスクが57%有意に減少(プラセボとの比較)

・PSA(前立腺特異抗原)を約50%低下させた(投与6カ月)
⇒前立腺癌の評価には測定したPSA値を2倍した値を目安として基準値(4.0ng/mL)と比較する必要がある。



アボルブの作用機序 
 アボルブ(デュタステリド)は、テストステロンをより活性の高いジヒドロテストステロン(前立腺肥大の発生要因)へ変換する1型及び2型の5α還元酵素を阻害する。5α還元酵素の阻害によりジヒドロテストステロンの産生が抑制され、肥大した前立腺が縮小する。前立腺の縮小により、下部尿路症状・尿流が改善される。



アボルブの効能・効果
前立腺肥大症



アボルブの用法・用量
通常、成人にはデュタステリドとして1回0.5mgを1日1回経口投与する



アボルブの副作用
勃起不全(3.2%)、リビドー減退(1.7%)、乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房不快感)(1.5%)他

リビドー減退・・・性欲減退



アボルブの使用上の注意
経皮吸収されるため、脱カプセルする時などは薬剤に触れないように注意(特に女性)
 ⇒触れた場合は直ちに石鹸と水で洗うこと

アボルブカプセル0.5mgは新薬なので、平成22年9月末までは1回14日分が限度


アボルブは残念ながらカプセル剤での発売。ハルナールやユリーフなどと同じく、いずれは錠剤に切り替わるのだろうか。カプセル→錠剤への切り替えは薬局泣かせ。



参考文献
アボルブ インタビューフォーム 添付文書 製品情報概要
グラクソ・スミスクライン株式会社(GSK)



「前立腺肥大」関連
  ・ 前立腺肥大症に伴う排尿障害Q&A
  ・ よくわかる前立腺疾患
  ・ 下部尿路機能障害へのアプローチ
  ・ 前立腺特異抗原(PSA)改訂第2版
  ・ 「薬歴スキルアップ」虎の巻(専門疾患篇)
  ・ 前立腺肥大症関連書籍



「排尿障害」関連
  ・ よくわかって役に立つ排尿障害のすべて
  ・ 排尿障害関連書籍
  ・ よくわかる薬理学
  ・ ハローキティの早引き腎・泌尿器疾患ハンドブック

   薬・薬剤師ランキング     薬学・人気ブログランキングへ

探していた情報が見つからない場合は下記のサイトへ
  ⇒薬局薬剤師 薬の説明(新)   ⇒収入をあげたい薬剤師さんはこちら






↓ランキングに参加しています。ご協力お願いいたします↓
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

※エルドメッドエーザイ⇒エルメッドエーザイに訂正します。コメントくれた方ありがとうございました。

おすすめ関連記事 一覧
  ・ 排尿障害治療薬:5α還元酵素阻害薬関連一覧

キーワードで関連する記事を探す


記事を探す
   医薬品名(商品名)から探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事を医薬品の商品名から探します。

   製薬会社から探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事を製薬会社から探します。

   記事カテゴリから探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事のカテゴリ一覧を表示します。

薬局薬剤師 薬の説明内検索
カスタム検索


薬局薬剤師 薬の説明排尿障害治療薬:5α還元酵素阻害薬アボルブ(デュタステリド)(現在のページ)
←HOMEへ                                                              ↑このページのTOPへ


「医学・薬学関連」
  ・ おすすめ医学書 書籍・雑誌レビュー
  ・ 診断・治療・診療ガイドライン
  ・ 薬剤師転職支援サイト比較

「薬局薬剤師に必須の定期購読雑誌」
(※全てネットで購入可能です。)
薬局
日経DI PREMIUM
Rp.レシピ
調剤と情報
月刊薬事
Pharma Medica

薬局薬剤師 薬の説明排尿障害治療薬:5α還元酵素阻害薬アボルブ(デュタステリド)(現在のページ)