アルサルミン(スクラルファート:ショ糖硫酸エステルアルミニウム塩)

アルサルミンの作用機序
・PH3.5以下の酸性下で潰瘍部のタンパク成分と強力に結合し、保護層を形成することによって胃液の消化力から病変部を化学的に保護し、治癒を促進する。
・胃液ペプシン活性抑制作用

・アルサルミン(スクラルファート)は、「潰瘍底における基質タンパクとの結合による保護層の形成であるため、胃内に食物タンパクが存在すると本剤が希釈され、薬効が低下する。食前及び就寝前の胃内空腹時の服用が望ましい。」1)


アルサルミン(スクラルファート)の正しい服用方法
医師の指示通り決められた量を決められた時間に服用することは言うまでもないが、スクラルファートが酸性条件下で作用することや上記の理由により、添付文書上記載は無いものの食前や就寝前の空腹時に服用することが良いと言える。


アルサルミン(スクラルファート)の特徴
日本で開発された薬剤
海外での評価も高い


禁忌
透析療法を受けている人(スクラルファートはアルミニウムを含有)
慎重投与
腎障害のある患者
長期投与によりアルミニウム脳症、アルミニウム骨症等があらわれるおそれがある



参考文献 
アルサルミン細粒添付文書 インタビューフォーム 製品情報概要

1)伊賀立二,監修:薬剤師のための実践服薬指導(廣川書店),141,1994


「胃潰瘍」関連書籍
 ・消化性潰瘍診療ガイドライン
 ・EBMに基づく胃潰瘍診療ガイドライン第2版
 ・EBMに基づく胃潰瘍診療ガイドラインQ&A

   薬・薬剤師ランキング     薬学・人気ブログランキングへ

探していた情報が見つからない場合は下記のサイトへ
  ⇒薬局薬剤師 薬の説明(新)   ⇒収入をあげたい薬剤師さんはこちら






↓ランキングに参加しています。ご協力お願いいたします↓
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

※エルドメッドエーザイ⇒エルメッドエーザイに訂正します。コメントくれた方ありがとうございました。

おすすめ関連記事 一覧
  ・ 消化性潰瘍治療薬:防御因子増強薬関連一覧

キーワードで関連する記事を探す


記事を探す
   医薬品名(商品名)から探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事を医薬品の商品名から探します。

   製薬会社から探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事を製薬会社から探します。

   記事カテゴリから探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事のカテゴリ一覧を表示します。

薬局薬剤師 薬の説明内検索
カスタム検索


薬局薬剤師 薬の説明消化性潰瘍治療薬:防御因子増強薬アルサルミン(スクラルファート)(現在のページ)
←HOMEへ                                                              ↑このページのTOPへ


「医学・薬学関連」
  ・ おすすめ医学書 書籍・雑誌レビュー
  ・ 診断・治療・診療ガイドライン
  ・ 薬剤師転職支援サイト比較

「薬局薬剤師に必須の定期購読雑誌」
(※全てネットで購入可能です。)
薬局
日経DI PREMIUM
Rp.レシピ
調剤と情報
月刊薬事
Pharma Medica

薬局薬剤師 薬の説明消化性潰瘍治療薬:防御因子増強薬アルサルミン(スクラルファート)(現在のページ)