ヒドロクロロチアジドはダイクロトライド錠として発売されているが、武田薬品工業のエカード配合錠LDエカード配合錠HD、ノバルティスファーマ株式会社のコディオ配合錠MDコディオ配合錠EX、萬有製薬株式会社のプレミネント、日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社のミコンビ配合錠APミコンビ配合錠BPに配合されているチアジド系の利尿薬である。

チアジド系利尿薬はNa(ナトリウム)排泄作用が強い特徴がある。しかし、用量依存的にカリウムが低下し、糖代謝も悪化することが知られている。



ヒドロクロロチアジドの作用機序
〈ヒドロクロロチアジドの降圧機序〉
(投与初期)循環血液量と細胞外液量の減少による二次的な心拍出量の低下に伴って血圧が下降
 
(長期投与)
細胞外液量の減少と心拍出量低下によって自己調節機構が働くため、心拍出量は正常に戻り末梢血管抵抗は減少する⇒血圧が下降



〈ヒドロクロロチアジドの利尿機序〉

遠位尿細管でのNa+, Cl- の再吸収を抑制
         ↓
腎からのNa+, Cl- 及び水の排泄を増加


        

K+, Mg2+ ,HCO3-の腎からの排泄を増加させる(HCO3-の排泄増加は炭酸脱水酵素阻害作用による。)長期投与時においてはCa2+ の排泄が減少。



ヒドロクロロチアジドの用法・用量

ダイクロトライド錠(ヒドロクロロチアジド)の通常用量は、「ヒドロクロロチアジドとして1回25~100mgを1日1~2回経口投与する。 」となっているが、合剤ではヒドロクロロチアジドの用量を1/2量、1/4量に減らすことで、代謝系への影響を最小限に抑えながら強力な降圧作用を得ている。



ヒドロクロロチアジドの作用時間
作用発現時間 投与後2時間以内
作用持続時間  6~12時間



各種合剤のヒドロクロロチアジドの用量

ヒドロクロロチアジドが6.25mg

エカード配合錠LD
  カンデサルタンシレキセチル4mg+ヒドロクロロチアジド6.25mg

エカード配合錠HD
  カンデサルタンシレキセチル8mg+ヒドロクロロチアジド6.25mg

コディオ配合錠MD
  バルサルタン80mg+ヒドロクロロチアジド6.25mg



ヒドロクロロチアジドが12.5mg

コディオ配合錠EX
  バルサルタン80mg+ヒドロクロロチアジド12.5mg

ミコンビ配合錠AP
  テルミサルタン40mg+ヒドロクロロチアジド12.5mg

ミコンビ配合錠BP
  テルミサルタン80mg+ヒドロクロロチアジド12.5mg

プレミネント配合錠
  ロサルタンカリウム50mg+ヒドロクロロチアジド12.5mg


合剤一覧(高血圧治療薬・糖尿病治療薬・脂質異常症治療薬)

⇒・利尿薬関連書籍
⇒・高血圧関連書籍

   薬・薬剤師ランキング     薬学・人気ブログランキングへ

探していた情報が見つからない場合は下記のサイトへ
  ⇒薬局薬剤師 薬の説明(新)   ⇒収入をあげたい薬剤師さんはこちら






↓ランキングに参加しています。ご協力お願いいたします↓
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

※エルドメッドエーザイ⇒エルメッドエーザイに訂正します。コメントくれた方ありがとうございました。

おすすめ関連記事 一覧
  ・ 【高血圧】関連一覧

キーワードで関連する記事を探す


記事を探す
   医薬品名(商品名)から探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事を医薬品の商品名から探します。

   製薬会社から探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事を製薬会社から探します。

   記事カテゴリから探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事のカテゴリ一覧を表示します。

薬局薬剤師 薬の説明内検索
カスタム検索


薬局薬剤師 薬の説明【高血圧】利尿薬) > ヒドロクロロチアジド(現在のページ)
←HOMEへ                                                              ↑このページのTOPへ


「医学・薬学関連」
  ・ おすすめ医学書 書籍・雑誌レビュー
  ・ 診断・治療・診療ガイドライン
  ・ 薬剤師転職支援サイト比較

「薬局薬剤師に必須の定期購読雑誌」
(※全てネットで購入可能です。)
薬局
日経DI PREMIUM
Rp.レシピ
調剤と情報
月刊薬事
Pharma Medica

薬局薬剤師 薬の説明【高血圧】利尿薬) > ヒドロクロロチアジド(現在のページ)