ファイザー製薬 リリカカプセル(プレガバリン)の適応症が拡大
適応症:帯状疱疹後の神経痛→末梢性神経障害性疼痛

今までリリカ(プレガバリン)は帯状疱疹後の神経痛にのみ使用可能であったが、2010年10月27日に末梢性神経障害性疼痛の適応を取得したため幅広く使用できるようになった。ちなみに帯状疱疹後の神経痛は末梢性神経障害性疼痛の中に含まれる。

神経障害性疼痛


リリカ(プレガバリン)はガバペン(ガバペンチン)と類似したγ-アミノ酪酸(GABA)の構造類縁体。プレガバリンは末梢性および中枢性の神経障害性疼痛に効果があり、神経性の鎮痛薬としては世界で最も売れている。プレガバリンはアメリカでは線維筋痛症などの適応を既に取得しているが、日本国内では帯状疱疹後神経痛(PHN)の治療薬としてファイザー製薬から発売された。


<線維筋痛症についてもっと知りたい方へおすすめの本>

   線維筋痛症がわかる本



「リリカ」は海外でも同じ商品名で販売されており、日本国内でも同じ名前で発売される。正式な商品名はリリカカプセル25mg、リリカカプセル75mg、リリカカプセル150mg。


リリカカプセル(プレガバリン)の用法・用量
プレガバリンの通常用量は1回150mg、1日2回。1回75mg、1日2回から開始。腎機能低下例では25mgカプセルを使って投与量を少なくするなどの調節が必要となる。


リリカ(プレガバリン)の作用機序
プレガバリンは痛みを伝える神経伝達物質の放出を抑え、神経回路の神経伝達を抑制し、鎮痛効果をあらわす。効果発現が早いのが特徴。長期投与でも効果が持続することが分かっている。


プレガバリンはガバペン(ガバペンチン)と類似したγ-アミノ酪酸(GABA)の構造類縁体。作用機序もガバペン(ガバペンチン)同様。


プレガバリンが興奮性神経系の前シナプス(一次ニューロン終末)に存在する電位依存性Ca2+チャネルのα2δサブユニットヘ結合
   ↓
Ca2+の流入を抑制
   ↓
グルタミン酸などの神経伝達物質の放出を抑制
   ↓
疼痛を抑制(鎮痛作用)




リリカ(プレガバリン)服薬指導
・鎮痛作用が十分に出るまでに1週間ほどかかるので、途中で中止しないこと。
・眠気の副作用が出ることがあるため、車の運転などなるべく避けるように。
・飲酒をなるべく避けること。



「帯状疱疹後神経痛(PHN)」関連
  ・ 帯状疱疹の診断と治療
  ・ 帯状疱疹痛の治療ノート
  ・ 帯状疱疹・単純ヘルペスがわかる本

「末梢性神経障害性疼痛」関連
  ・ 整形外科ペインクリニック
  ・ 神経障害性疼痛診療ガイドブック
  ・ 痛み学

   薬・薬剤師ランキング     薬学・人気ブログランキングへ

探していた情報が見つからない場合は下記のサイトへ
  ⇒薬局薬剤師 薬の説明(新)   ⇒収入をあげたい薬剤師さんはこちら






↓ランキングに参加しています。ご協力お願いいたします↓
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

※エルドメッドエーザイ⇒エルメッドエーザイに訂正します。コメントくれた方ありがとうございました。

おすすめ関連記事 一覧
  ・ 鎮痛(麻薬・鎮痛補助)関連一覧

キーワードで関連する記事を探す


記事を探す
   医薬品名(商品名)から探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事を医薬品の商品名から探します。

   製薬会社から探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事を製薬会社から探します。

   記事カテゴリから探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事のカテゴリ一覧を表示します。

薬局薬剤師 薬の説明内検索
カスタム検索


薬局薬剤師 薬の説明鎮痛(麻薬・鎮痛補助)抗てんかん薬) > リリカ(プレガバリン)(現在のページ)
←HOMEへ                                                              ↑このページのTOPへ


「医学・薬学関連」
  ・ おすすめ医学書 書籍・雑誌レビュー
  ・ 診断・治療・診療ガイドライン
  ・ 薬剤師転職支援サイト比較

「薬局薬剤師に必須の定期購読雑誌」
(※全てネットで購入可能です。)
薬局
日経DI PREMIUM
Rp.レシピ
調剤と情報
月刊薬事
Pharma Medica

薬局薬剤師 薬の説明鎮痛(麻薬・鎮痛補助)抗てんかん薬) > リリカ(プレガバリン)(現在のページ)