モルヒネ製剤の特徴

がん性疼痛にモルヒネ製剤を長期にわたって使用しても麻薬中毒になることは無い。

適正な量を適正な時間に飲むことが大切。




モルヒネ製剤の副作用(吐き気・便秘・眠気)


モルヒネ製剤を飲み始めてすぐは悪心・嘔吐の副作用が出ることがある。

吐き気止めが併用されることが多いものの、モルヒネ製剤服用開始2~3週間経てば吐き気がおさまることがほとんど。



モルヒネ製剤を服用している間は副作用の1つである便秘が続いてしまう事が多い。その場合は下剤が合わせて処方される。


眠気については飲みはじめの初期に多くみられることがある。モルヒネ製剤服用前は疼痛が眠気を妨げていたため睡眠不足になっていたためと考えられる。モルヒネ製剤服用開始後4~5日で眠気は消失することが多い。



「医療用麻薬」関連
  ・  がん患者の心の扉を開くコミュニケーション術
  ・  ケーススタディがんの痛みをとる!
  ・  オピオイドによるがん疼痛緩和
  ・  患者の疑問に答えるオピオイドの要点
  ・  ペインクリニシャンのためのオピオイドの基礎と臨床
  ・  Q&A知っておきたいモルヒネと緩和ケア質問箱101
  ・  抗がん剤の作用・副作用がよくわかる本
  ・  がん闘病とコメディカル
  ・  痛みを知る

   薬・薬剤師ランキング     薬学・人気ブログランキングへ

探していた情報が見つからない場合は下記のサイトへ
  ⇒薬局薬剤師 薬の説明(新)   ⇒収入をあげたい薬剤師さんはこちら






↓ランキングに参加しています。ご協力お願いいたします↓
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

※エルドメッドエーザイ⇒エルメッドエーザイに訂正します。コメントくれた方ありがとうございました。

おすすめ関連記事 一覧
  ・ 鎮痛(麻薬・鎮痛補助)関連一覧

キーワードで関連する記事を探す


記事を探す
   医薬品名(商品名)から探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事を医薬品の商品名から探します。

   製薬会社から探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事を製薬会社から探します。

   記事カテゴリから探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事のカテゴリ一覧を表示します。

薬局薬剤師 薬の説明内検索
カスタム検索


薬局薬剤師 薬の説明鎮痛(麻薬・鎮痛補助)モルヒネ(医療用麻薬)(現在のページ)
←HOMEへ                                                              ↑このページのTOPへ


「医学・薬学関連」
  ・ おすすめ医学書 書籍・雑誌レビュー
  ・ 診断・治療・診療ガイドライン
  ・ 薬剤師転職支援サイト比較

「薬局薬剤師に必須の定期購読雑誌」
(※全てネットで購入可能です。)
薬局
日経DI PREMIUM
Rp.レシピ
調剤と情報
月刊薬事
Pharma Medica

薬局薬剤師 薬の説明鎮痛(麻薬・鎮痛補助)モルヒネ(医療用麻薬)(現在のページ)