この記事は新サイトへ移行します。
こちらのサイトをご覧ください。
フェブリク錠(フェブキソスタット)





フェブリク(フェブキソスタット)の特徴

フェブリク(フェブキソスタット)はプリン骨格を持たない、選択的キサンチンオキシダーゼ阻害剤。ザイロリック(アロプリノール)より強い尿酸低下作用を示す。

ザイロリックは尿中未変化体(活性体)排泄率が高く、腎障害の程度により減量等の注意が必要な薬剤であるが、フェブリク(フェブキソスタット)はザイロリックと違い胆汁排泄型であるので中等度までの腎機能低下例に使用可能とのこと。


フェブキソスタットの商品名
フェブリク錠10mg、フェブリク錠20mg、フェブリク錠40mg


フェブリク(フェブキソスタット)用法用量
通常、成人にはフェブキソスタットとして1日10mgより開始し、1日1回経口投与する。その後は血中尿酸値を確認しながら必要に応じて徐々に増量する。維持量は通常1日1回40mgで、患者の状態に応じて適宜増減するが、最大投与量は1日1回60mgとする。

フェブリク(フェブキソスタット)の薬価



高尿酸血症・痛風治療ガイドライン

   高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン第2版


楽天    送料無料 楽天スーパーポイントが貯まる!
Amazon 通常配送料無料
7net    1,500円以上の購入で送料無料 nanacoポイント、Yahoo!ポイントが貯まる!
bk1     1,500円以上の購入で送料無料 
ブックオフicon 在庫があれば中古品を格安で手に入れられることも。



「痛風・高尿酸血症」関連書籍
  ・ 高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン第2版
  ・ よくわかる生活習慣病の薬
  ・ 生活習慣病(メタボリックシンドローム)

   薬・薬剤師ランキング     薬学・人気ブログランキングへ

探していた情報が見つからない場合は下記のサイトへ
  ⇒薬局薬剤師 薬の説明(新)   ⇒収入をあげたい薬剤師さんはこちら






↓ランキングに参加しています。ご協力お願いいたします↓
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

※エルドメッドエーザイ⇒エルメッドエーザイに訂正します。コメントくれた方ありがとうございました。

おすすめ関連記事 一覧
  ・ 痛風・高尿酸血症治療薬関連一覧

キーワードで関連する記事を探す


記事を探す
   医薬品名(商品名)から探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事を医薬品の商品名から探します。

   製薬会社から探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事を製薬会社から探します。

   記事カテゴリから探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事のカテゴリ一覧を表示します。

薬局薬剤師 薬の説明内検索
カスタム検索


薬局薬剤師 薬の説明痛風・高尿酸血症治療薬フェブリク(フェブキソスタット)(現在のページ)
←HOMEへ                                                              ↑このページのTOPへ


「医学・薬学関連」
  ・ おすすめ医学書 書籍・雑誌レビュー
  ・ 診断・治療・診療ガイドライン
  ・ 薬剤師転職支援サイト比較

「薬局薬剤師に必須の定期購読雑誌」
(※全てネットで購入可能です。)
薬局
日経DI PREMIUM
Rp.レシピ
調剤と情報
月刊薬事
Pharma Medica

薬局薬剤師 薬の説明痛風・高尿酸血症治療薬フェブリク(フェブキソスタット)(現在のページ)