オキノーム散(オキシコドン)の特徴
速放性のオピオイド系鎮痛薬(麻薬)の散剤。鎮痛効果は投与15分以内から発現し、30分以内には85%で効果が認められている。

甘味がついていて、水に溶けやすく、わずかな水で服用できる。

定時投与がオキシコンチン錠の場合、レスキューには同一成分のオキノーム散を用いることが推奨されている。
(オキノーム散の1回量は定時投与中のオキシコドン塩酸塩経口製剤の1日量の1/8~1/4を経口投与すること。)




オキシコンチン錠(オキシコドン)の特徴
オキシコンチン錠は持続性の徐放錠。鎮痛作用は12時間持続する。


オキシコンチンはモルヒネと同等の鎮痛作用を示し、作用発現の個人差が少ない。
オキシコンチン錠40mg/日とモルヒネ60mg/日がほぼ同等の鎮痛効果。
モルヒネからオキシコドンへ切り替える場合は用量を2/3にする。



「麻薬性鎮痛薬」関連
  ・ がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン(2010年版)
  ・ 緩和ケアエッセンシャルドラッグ
  ・ 緩和医療における服薬指導Q&A


   薬・薬剤師ランキング     薬学・人気ブログランキングへ

探していた情報が見つからない場合は下記のサイトへ
  ⇒薬局薬剤師 薬の説明(新)   ⇒収入をあげたい薬剤師さんはこちら






↓ランキングに参加しています。ご協力お願いいたします↓
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

※エルドメッドエーザイ⇒エルメッドエーザイに訂正します。コメントくれた方ありがとうございました。

おすすめ関連記事 一覧
  ・ 鎮痛(麻薬・鎮痛補助)関連一覧

キーワードで関連する記事を探す


記事を探す
   医薬品名(商品名)から探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事を医薬品の商品名から探します。

   製薬会社から探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事を製薬会社から探します。

   記事カテゴリから探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事のカテゴリ一覧を表示します。

薬局薬剤師 薬の説明内検索
カスタム検索


薬局薬剤師 薬の説明鎮痛(麻薬・鎮痛補助)オキノーム散 / オキシコンチン錠(オキシコドン)(現在のページ)
←HOMEへ                                                              ↑このページのTOPへ


「医学・薬学関連」
  ・ おすすめ医学書 書籍・雑誌レビュー
  ・ 診断・治療・診療ガイドライン
  ・ 薬剤師転職支援サイト比較

「薬局薬剤師に必須の定期購読雑誌」
(※全てネットで購入可能です。)
薬局
日経DI PREMIUM
Rp.レシピ
調剤と情報
月刊薬事
Pharma Medica

薬局薬剤師 薬の説明鎮痛(麻薬・鎮痛補助)オキノーム散 / オキシコンチン錠(オキシコドン)(現在のページ)