トラムセット配合錠(トラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン)の特徴

トラムセット配合錠は、1錠中にトラマドール塩酸塩37.5mg、アセトアミノフェン325mgを含有する配合鎮痛剤。
トラマドール塩酸塩は非麻薬指定の中枢性鎮痛薬。

アセトアミノフェンはアニリン系鎮痛薬。末梢でのシクロオキシゲナーゼ(COX)阻害作用が弱く、抗炎症作用はほとんどない。主に中枢に作用して疼痛閾値を上昇させ、鎮痛作用をあらわす。


トラムセット配合錠の効能・効果
非オピオイド鎮痛剤で治療困難な下記疾患における鎮痛
非がん性慢性疼痛
抜歯後の疼痛

変形性関節症、関節リウマチ、腰痛症、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、頸肩腕症候群、など様々な疾患によって慢性疼痛は起こりえる。


トラムセット配合錠の用法・用量
非がん性疼痛:
通常、成人には、1回1錠、1日4回経口投与する。投与間隔は4時間以上空けること。なお、症状に応じて適宜増減するが、1回2錠、1日8回を超えて投与しないこと。また、空腹時の投与は避けることが望ましい。

抜歯後の疼痛:
通常、成人には、1回2錠を経口投与する。なお追加投与する場合には、投与間隔を4時間以上空け、1回2錠、1日8回を超えて投与しないこと。また、空腹時の投与は避けることが望ましい。


トラマドールとその活性代謝物の鎮痛作用機序
<上行伝導路の抑制>
μオピオイド受容体に結合
  グルタミン酸、サブスタンスPなどの興奮性伝達物質の遊離抑制

<下行抑制路の活性化>
侵害刺激の抑制
 ノルアドレナリンの再取り込み阻害
 セロトニンの再取り込み阻害


トラムセット配合錠はアセトアミノフェンの量が多めなので、通常量を服用すると1日に1500mgのアセトアミノフェンを服用することになる。肝障害の発現のおそれがあるため、定期的な血液検査が必要。


「慢性疼痛」
  ・ 痛みの治療薬
  ・ オピオイド
  ・ 鎮痛補助薬ガイド

   薬・薬剤師ランキング     薬学・人気ブログランキングへ

探していた情報が見つからない場合は下記のサイトへ
  ⇒薬局薬剤師 薬の説明(新)   ⇒収入をあげたい薬剤師さんはこちら






↓ランキングに参加しています。ご協力お願いいたします↓
にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

※エルドメッドエーザイ⇒エルメッドエーザイに訂正します。コメントくれた方ありがとうございました。

おすすめ関連記事 一覧
  ・ 鎮痛(麻薬・鎮痛補助)関連一覧

キーワードで関連する記事を探す


記事を探す
   医薬品名(商品名)から探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事を医薬品の商品名から探します。

   製薬会社から探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事を製薬会社から探します。

   記事カテゴリから探す
    薬局薬剤師 薬の説明内の記事のカテゴリ一覧を表示します。

薬局薬剤師 薬の説明内検索
カスタム検索


薬局薬剤師 薬の説明鎮痛(麻薬・鎮痛補助)トラムセット配合錠(トラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン)(現在のページ)
←HOMEへ                                                              ↑このページのTOPへ


「医学・薬学関連」
  ・ おすすめ医学書 書籍・雑誌レビュー
  ・ 診断・治療・診療ガイドライン
  ・ 薬剤師転職支援サイト比較

「薬局薬剤師に必須の定期購読雑誌」
(※全てネットで購入可能です。)
薬局
日経DI PREMIUM
Rp.レシピ
調剤と情報
月刊薬事
Pharma Medica

薬局薬剤師 薬の説明鎮痛(麻薬・鎮痛補助)トラムセット配合錠(トラマドール塩酸塩/アセトアミノフェン)(現在のページ)