フィブラート系薬は肝細胞内の核内受容体PPARαに結合し、種々の蛋白質の発現を介してHDLの増加作用、トリグリセリド、コレステロールの低下作用を現す。

・・・フィブラート系薬の作用機序と特徴 の続きを読む