リウマトレックス(メトトレキサート)はリウマチに適応を持つ免疫抑制剤。もともとは悪性腫瘍の治療にのみ使用されていたが、日本国内では1999年からリウマチの治療に使用できるようになった。尿中未変化体(活性体)排泄率が高いため、腎障害のある患者には禁忌となっている。副作用は骨髄抑制、間質性肺炎など

・・・リウマトレックス(メトトレキサート) の続きを読む