薬局薬剤師 薬の説明

調剤薬局に勤務している薬剤師が薬の効能・効果・副作用・作用機序などを説明します。 新薬や薬価の情報も載せています。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ  人気ブログランキングへ blogram投票ボタン  


ARB


ARB 一覧

 高血圧症治療薬 作用機序一覧
  高血圧症治療薬 作用機序別の一覧表 Ca拮抗薬 直接的レニン阻害剤 選択的アルドステロン阻害薬 ARB ACE阻害薬 α遮断薬 β遮断薬 αβ遮断薬 利尿薬 配合剤
・・・高血圧症治療薬 作用機序一覧の続きを読む


 アバプロ / イルベタン(イルベサルタン)
  アバプロ / イルベタン(イルベサルタン)は現在のサノフィ・アベンティスが開発したARB(アンジオテンシンⅡタイプ1受容体拮抗薬)で、国内では6番目のARB。大日本住友製薬からアバプロ錠、塩野義製薬からはイルベタン錠という商品名で販売されている。
・・・アバプロ / イルベタン(イルベサルタン)の続きを読む


 ディオバン(バルサルタン)
  ディオバン(バルサルタン)はノバルティスファーマから販売されている選択的AT1受容体ブロッカー。ディオバン(バルサルタン)の薬物動態は食事の影響を受ける(食後投与で血中濃度低下)ことが報告されているが降圧効果に影響はほとんどないとの事なので、実際のところは食前でも食後でもどちらの服用でも良い。
・・・ディオバン(バルサルタン)の続きを読む


 ブロプレス(カンデサルタン シレキセチル)
  ブロプレスは武田薬品工業から発売されているアンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)。高血圧症の他に、
・・・ブロプレス(カンデサルタン シレキセチル)の続きを読む


 ミカムロ(テルミサルタン・アムロジピン合剤)
  ミカムロはARBのミカルディス(テルミサルタン)とCa拮抗薬のアムロジピンの合剤。高血圧治療薬。ミカムロ配合錠APはテルミサルタン40mgとアムロジピン5mgの合剤。日本ベーリンガーによれば
・・・ミカムロ(テルミサルタン・アムロジピン合剤)の続きを読む


 ユニシア配合錠LD HD
  ユニシア配合錠はブロプレス(カンデサルタン シレキセチル)とアムロジピンの合剤。
・・・ユニシア配合錠LD HDの続きを読む


 脳卒中リスクとアンジオテンシンⅡ
  脳卒中発症リスクとアンジオテンシンⅡの関連について。Vascular Damage、Brain Damage、Cardiac Damage
・・・脳卒中リスクとアンジオテンシンⅡの続きを読む


 合剤一覧(高血圧治療薬・糖尿病治療薬・脂質異常症治療薬)
  配合剤一覧表<ARB+利尿薬><ARB+Ca拮抗薬><Ca拮抗薬+スタチン><チアゾリジン系+ビグアナイド薬><SU剤+ビグアナイド薬><SU剤+チアゾリジン系><グリニド系+α-グルコシダーゼ阻害薬>
・・・合剤一覧(高血圧治療薬・糖尿病治療薬・脂質異常症治療薬)の続きを読む


 ニューロタン(ロサルタンカリウム)
  ニューロタン(ロサルタンカリウム)には他のARBでは認められていない尿酸排泄促進作用がある。高血圧症のほか、高血圧及び蛋白尿を伴う2型糖尿病における糖尿病性腎症の適応を取得している
・・・ニューロタン(ロサルタンカリウム)の続きを読む


 ミカルディス(テルミサルタン)
  ミカルディス(テルミサルタン)は半減期が長く、受容体阻害作用が持続的なARB(アンジオテンシン受容体拮抗薬)。脂溶性が高く組織移行性に優れる。CYPによる代謝は受けず、グルクロン酸抱合を受け胆汁を介してほぼ100%が糞中に排泄される。
・・・ミカルディス(テルミサルタン)の続きを読む


 ARBとACE-Iの併用
  

 ARBとチアジド系利尿薬 禁忌共通項目
  


 医薬品名(商品名)から探す
  薬局薬剤師 薬の説明内の記事を医薬品の商品名から探します。

 製薬会社から探す
  薬局薬剤師 薬の説明内の記事を製薬会社から探します。

 記事カテゴリから探す
  薬局薬剤師 薬の説明内の記事のカテゴリ一覧を表示します。

 サイト内を検索する
  薬局薬剤師 薬の説明内を検索します。

 薬局薬剤師 薬の説明トップページ
  薬局薬剤師 薬の説明のトップページを表示します。更新履歴もこちらからどうぞ。

にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

薬局薬剤師に必須の定期購読雑誌
薬局
日経DI PREMIUM
Rp.レシピ
調剤と情報
月刊薬事
Pharma Medica
(※全てネットで定期購読の申し込みができます。)



薬局薬剤師 薬の説明内検索
カスタム検索

高血圧症治療薬 作用機序一覧

高血圧症治療薬 作用機序別の一覧表 Ca拮抗薬 直接的レニン阻害剤 選択的アルドステロン阻害薬 ARB ACE阻害薬 α遮断薬 β遮断薬 αβ遮断薬 利尿薬 配合剤

・・・高血圧症治療薬 作用機序一覧 の続きを読む

アバプロ / イルベタン(イルベサルタン)

アバプロ / イルベタン(イルベサルタン)は現在のサノフィ・アベンティスが開発したARB(アンジオテンシンⅡタイプ1受容体拮抗薬)で、国内では6番目のARB。大日本住友製薬からアバプロ錠、塩野義製薬からはイルベタン錠という商品名で販売されている。

・・・アバプロ / イルベタン(イルベサルタン) の続きを読む

ディオバン(バルサルタン)

ディオバン(バルサルタン)はノバルティスファーマから販売されている選択的AT1受容体ブロッカー。ディオバン(バルサルタン)の薬物動態は食事の影響を受ける(食後投与で血中濃度低下)ことが報告されているが降圧効果に影響はほとんどないとの事なので、実際のところは食前でも食後でもどちらの服用でも良い。

・・・ディオバン(バルサルタン) の続きを読む

ブロプレス(カンデサルタン シレキセチル)

ブロプレスは武田薬品工業から発売されているアンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)。高血圧症の他に、

・・・ブロプレス(カンデサルタン シレキセチル) の続きを読む

ミカムロ(テルミサルタン・アムロジピン合剤)

ミカムロはARBのミカルディス(テルミサルタン)とCa拮抗薬のアムロジピンの合剤。高血圧治療薬。ミカムロ配合錠APはテルミサルタン40mgとアムロジピン5mgの合剤。日本ベーリンガーによれば

・・・ミカムロ(テルミサルタン・アムロジピン合剤) の続きを読む

ユニシア配合錠LD HD

ユニシア配合錠はブロプレス(カンデサルタン シレキセチル)とアムロジピンの合剤。

・・・ユニシア配合錠LD HD の続きを読む

脳卒中リスクとアンジオテンシンⅡ

脳卒中発症リスクとアンジオテンシンⅡの関連について。Vascular Damage、Brain Damage、Cardiac Damage

・・・脳卒中リスクとアンジオテンシンⅡ の続きを読む

合剤一覧(高血圧治療薬・糖尿病治療薬・脂質異常症治療薬)

配合剤一覧表<ARB+利尿薬><ARB+Ca拮抗薬><Ca拮抗薬+スタチン><チアゾリジン系+ビグアナイド薬><SU剤+ビグアナイド薬><SU剤+チアゾリジン系><グリニド系+α-グルコシダーゼ阻害薬>

・・・合剤一覧(高血圧治療薬・糖尿病治療薬・脂質異常症治療薬) の続きを読む

ニューロタン(ロサルタンカリウム)

ニューロタン(ロサルタンカリウム)には他のARBでは認められていない尿酸排泄促進作用がある。高血圧症のほか、高血圧及び蛋白尿を伴う2型糖尿病における糖尿病性腎症の適応を取得している

・・・ニューロタン(ロサルタンカリウム) の続きを読む

ミカルディス(テルミサルタン)

ミカルディス(テルミサルタン)は半減期が長く、受容体阻害作用が持続的なARB(アンジオテンシン受容体拮抗薬)。脂溶性が高く組織移行性に優れる。CYPによる代謝は受けず、グルクロン酸抱合を受け胆汁を介してほぼ100%が糞中に排泄される。

・・・ミカルディス(テルミサルタン) の続きを読む

ARBとACE-Iの併用


・・・ARBとACE-Iの併用 の続きを読む

ARBとチアジド系利尿薬 禁忌共通項目


・・・ARBとチアジド系利尿薬 禁忌共通項目 の続きを読む

↑このページの上部へ↑

 ↓薬局薬剤師 薬の説明 サイト内検索↓
カスタム検索











薬局 定期購読
薬局 定期購読
薬局 定期購読


薬剤師の臨床的センスをプロデュースする情報誌!
ワンランク上の薬剤師を目指している方にオススメです。

薬局
一冊:1995円(送料無料!)
出版社:南山堂
発行間隔:月刊

難易度★★☆
日経DI Premium
日経DI  PREMIUM
日経DI PREMIUM


他の薬剤師に差をつけたいあなたにぜひ。Premium版の記事を読めるのは定期購読だけ。

日経DI PREMIUM
最安1冊655円!(送料無料)
難易度★☆☆
きょうの健康
今日の健康
きょうの健康


疾患の概要、診断、治療、予防などがわかりやすくまとめられており、医療従事者の知識習得にはもちろん、一般の方にも非常に読みやすい雑誌です。

きょうの健康
1冊あたり600円

もしもアフィリエイト/もしもドロップシッピング サーバーとは

カテゴリ別アーカイブ
Rp.レシピ
Rp.レシピ
Rp.レシピ


1つの疾患が1冊にまとまっており、病気の概要、診断・治療の流れがとてもわかりやすい。

Rp.レシピ
一冊定価:1000円
難易度★☆☆
日経ヘルス
日経ヘルス
日経ヘルス


女性の健康・ライフスタイル・ダイエットなど、旬のテーマが取り上げられており、内容にも信頼感が持てる。

日経ヘルス(年間購読)

1冊あたり最安532円(一冊定価:580円)


  • ライブドアブログ