2017年02月15日

バレンタイン

今年も、チョコレートをいただきました。
言ったわけではありませんが、ミルフィーユが大好きなので、幸せ気分です



処で、中年以上の薬剤師の人に、よく「国家試験が難しくなったと言われるけど、ちっとも難しくなってないじゃない」と言われます。

4年制時代は、必須問題なんて簡単な出題形式はありませんでしたし、実務問題も多くはありませんでしたから、そう思うのは当然でしょう。

もっとも就業年が長くなると在学中の履修単位で充当できますから、試験が簡単になるのは当たり前のことですが。

2012年からの薬学部乱立と入学者定員増により、薬学生の学力が急下降しました。需要と供給のバランスで当然です。義務教育範囲で習っていることです。

6年制になってますます大暴落。以降、止まるところを知りません。底なし状態です。今の平均的薬学生では、従来の薬学生とのギャップが大きすぎて、わからないようです。

いつの時代でも、日本中どこでも「同じ」ではないのです。
歴史や地理、政治を勉強していないから、時代や地域の格差がわからないのです。

先日も、「あなたの大学なら、2012年以前にD薬科には入れるのは〇人くらいよ。」と教えると、「はあ〜〜〜」でした(笑

いくらなんでも、2012年以前では、薬学生で化学反応式が書けないとか、方程式が解けない、モルや密度計算ができないなんて、日本中探しても皆無でした。ところが今では半数以上にも上っているからなのです。

当然、当時のD薬科の入試問題は解けませんよ(笑

薬学部というところは医学部と並ぶ、TOP高校、もしくは、学年1-2番でなければ現役では入れないような日本の2大難関学部だったとは夢にも思っていない子の方が多いということです。

当時も要領と運だけで入学しても、入って苦労するだけでした。今の薬学生の過半数がその状態です。入学時の学力が低すぎるので、あの国家試験問題を難しいと思うのです。

制度発足以来、「大学卒以上」と規定されているのは、「医学」「薬学」「歯学」だけです。

高校以上は義務教育ではないので、学力で振り分けられます。
TOP高校に入れる子というのは、「義務教育範囲は網羅できている子」でかつ高校でも「まじめに勉強した子」という意味です。

その他の高校になってしまったのなら、その時点で自分のふがいなさに気が付き、「義務教育範囲も網羅できて学年1-2番になっている子」ということです。つまり、いくら何でも、高校3年生になるまでには、義務教育範囲くらいすべて網羅できるのが日本国民の義務だということがわかった子達ということですから。

薬学部に現役で入学するには、「大学卒以上」の規定に妥当な線でした。

「義務教育」というのは、国民の三大義務の一つです。
日本国民として健康で文化的な生活を営むために必要な最低限度の教養ですから、それすらあいまいなようでは、「大学卒以上」に該当しません。

もっとも、本人も親も「勉強ができない『だけ』」で、申し分なく「よい子」だと思っていたのに。。。
(TOPでもないのに)「勉強ができる」と思っていたのに。。。
TOP校だと思っていても、その実、田舎のレベルが低い地域だということもありがちですが(笑

薬学部に入学して、「何かが違う」とはじめて気が付く人も多いようです。

どうやら、「自信をもてばよい」という教育を受けているようです。

18歳以上にもなって、国民の義務も果たせていない非国民に自信を持たせてもらっては困ります。幼稚園ではないのですから。

過去から現在までに起こってしまったことは消しようがないのです。できる子でもないのに、できる子のように偽ったり、後になってつじつまを合わせておけばよいだなんて、経歴詐称でしかありません。

わが身を振り返り、至らなさを認め、是正するべく日々精進すべし。

約20年も、ぐうたら生活を送ってきた子達にとっては、規律正しく与えられたものを真面目にこなす事が苦痛で仕方がないようです。それでも、今までの自分から脱却するために努力をする価値を実感できたら、何かが変わります。

その「努力」が素晴らしいのです。

自己の努力により得られた結果のみが自信につながるのです。
自信は「つけるもの」ではない。「つく」ものです。

努力する価値を教えるのも大人の仕事ですから。

自信を持たせようとしたら、過去から現在に至る怠惰な自分に自信を持って、ますます態度が悪くなります。そんな子に自信を持たせるには、どんな手段があるのかが疑問ですが。

努力した人が、賞賛に値するのであって、チャランポランだったのに、優秀だったように見せかけたい姑息な人間では、社会の秩序を乱します。

弁護士さんは、「相手が気が付かなければ何をしてもよい。」と言われます。薬剤師のことを「少数の職業集団」ともいわれていました。大学卒以上しかいない世界と学歴不問の世界のちがいでしょうか(笑

薬を扱える薬剤師が「相手が気が付かなければ何をしてもよい。」「あとからつじつまを合わせておけばよい。」では社会全体が不利益を被ります。

第101回国家試験から理論問題と実践問題の科目ごと足切がなくなりました。好きなことはやるけど、嫌いなことはやらないようなわがままな人間でも薬剤師免許を得られる可能性が出てきました。

筋が通った理解・判断ができるようになければなりませんね。無分別な人間を社会は必要としていません。

今年のチョコレートをくれた子は、
「あの頃のオバカちゃんだった私。」と言っています(笑

偉くなろうとする姿勢があっぱれです。

日々、成長していく若い子達をみることも私の励みにもなります。

ありがとうございます


参考になればポチッとお願いします


薬剤師 ブログランキングへ

家庭教師 ブログランキングへ

にほんブログ村 病気ブログ 薬学へ
にほんブログ村

大学受験(薬学部・医学部)
薬剤師国家試験受験

のための
自宅でPharma-School
通塾は 薬学館


お問い合わせは、
btn_toiawase_over


薬剤師国家試験受験のための
自宅でPharma-School
通塾は 薬学館



ksitou_97QR_Code_small




choko-2


choko-1



トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
人気ブログランキング
livedoor 天気

ジオターゲティング