医薬品

2007年04月03日

ハイガード登場、花粉状患者に朗報、アゼプチンがスイッチOTCへ


医療用のアゼプチンがスイッチOTCとして流通してきましたね、アゼプチンの成分は塩酸アゼラスチン。
塩酸アゼラスチンはヒスタミン、ロイコトリエンに対する遊離抑制、拮抗作用がありアレルギーによる鼻炎の症状(くしゃみ、鼻みず、鼻づまり)と、じんましん、湿疹・かぶれの症状(皮ふのはれ、かゆみ)に効果を発揮します。
処方箋梨でかえる市販薬の成分としてはけっこう画期的です。
花粉などの季節性のアレルギー性鼻炎による症状には、花粉飛散期に入って症状が出始めたら、つらくなる前、症状が軽いうちからの服用が効果的。

用法は15歳以上は、1回2錠を1日2回朝食後及び就寝前に水又はお湯で服用。

大きいサイズが48錠入りで2415円、1日量は4錠服用で塩酸アゼラスチン2mgとなります。

Rp アゼプチン(1) 2錠 分2(朝食後、就寝前) 12日

この処方箋と同等の薬を待ち時間なしで2,415円(定価)でゲットできるのは時間のなくて耳鼻科に通えない花粉症患者にとって朗報かとおもわれます。
エーザイえらい!!

pharmacist89314 at 09:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

花粉症治療薬、医療用医薬品と同じ一般薬も続々

花粉症のシーズン到来ですね。
1. 花粉症とは?

スギなどを代表とする花粉を吸い込んだときにくしゃみ、鼻水、眼のかゆみなどの症状が出現する一種のアレルギー反応であります。

2. どんな症状がでるか?

ご存知のとおり、くしゃみ、鼻水、鼻づまりがありますが、その他にも眼のかゆみ、涙が出て止まらない、のどがかゆい、のどがイガイガ、のどがムズムズ、頭が重くボーッとする、咳が出て止まらないなど。風邪との大きな違いはやはり目のかゆみの有無でしょうか。

3. どういうしくみで花粉症を起こすの?

花粉症でない人は花粉が体内に入ってもからだの免疫のしくみがうまく働いて一時的な少しの程度の鼻水やくしゃみ程度で済んでしまいます。
しかし免疫のしくみのコントロールが効かずに鼻水やくしゃみが過剰に出てしまうのが花粉症。

4. 花粉症対策

その一: 花粉と接触しないようにする、マスク、ゴーグルタイプの眼鏡をする。外出を控える。布団を外で干さず洗いや本舗で丸洗い乾燥。
しかしこれらには限度があります。実際外に出ないわけにはいかない人がほとんどですが・・・。
その二: 関東では例年スギ花粉は1月中旬〜5月中旬くらいまで飛散。
飛散が始まる2週間前から薬(抗アレルギー剤)、甜茶、LG21、KW乳酸菌の服用を始めて、シーズン中は服用しつづける。
その三: 体調を整える。睡眠を十分にとる。バランスの取れた食事をする。
脂っこいものをとり過ぎないでヨーグルトなどを食べてる。
たばこやアルコールの過剰摂取や刺激物は控えてる。

5. 花粉が本格的に飛散し出すと耳鼻科は大混雑します。最近は医療用の薬と同じ成分のものが薬局で買えるようになりました。花粉症のお薬の名前 参考にして下さい。
左に医療用医薬品名、右にその成分を配合した市販約がある場合その商品名を紹介してみます、忙しくて病院なんていっていられない方、耳鼻科が込みすぎて待ち時間が待てない方、病院嫌いの方は参考にしてください。内服薬、点眼薬、点鼻薬などがあります。
主な抗アレルギー剤(発症予防効果と、出てしまった症状を抑える効果がある)
アレグラ、成分は塩酸フェキソフェナジン
ゼスラン(ニポラジン)、成分はメキタジン メキタジン配合市販薬有り1 
ザジテン、成分はフマル酸ケトチフェン フマル酸ケトチフェン1 2
アゼプチン、成分は塩酸アゼラスチン ハイガードという市販薬あり
アレジオン、成分名は塩酸エピナスチン
アレロック、成分名は塩酸オロパタジン
エバステル、成分名はエバスチン
ジルテック、成分名は塩酸セチリジン
タリオン、成分名はベシル酸ベポタスチン
クラリチン、成分名はロラタジン
レミカット(ダレン)、成分名はフマル酸エメダスチン
セルテクト、成分名はオキサトミド

主な抗ヒスタミン剤
タベジール、成分はフマル酸クレマスチン クレマスチン配合鼻炎薬 
ポララミン、成分はクロルフェニラミン 市販の鼻炎薬はほとんどがこれ。
アタラックス、成分はパモ酸ヒドロキシジン
ペリアクチン 塩酸シプロヘプタジン
ジフェンヒドラミン 配合市販薬1 

メディエーター遊離抑制薬
インタール、
リザベン、
ソルファ、
アレギサール(ペミラストン)

その他
オノン、
バイナス、
アイピーディ

ステロイド配合剤 セレスタミン

pharmacist89314 at 08:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ザジテン

ザジテン、成分はフマル酸ケトチフェン。
花粉症などのアレルギーに使われる医薬品です。
内服薬、点鼻薬、目薬があります。
副作用は眠気など
フマル酸ケトチフェンはいごう市販薬 点鼻薬


pharmacist89314 at 08:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

アゼプチン

アゼプチン、成分は塩酸アゼラスチン、花粉症などのアレルギーや皮膚のかゆみに使われる抗アレルギー薬です、副作用は眠気など
特許が切れているのでジェネリック医薬品が発売されています。
ハイガードという市販薬があり処方箋なしで購入できます。


pharmacist89314 at 08:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

ゼスラン

ゼスランやニポラジンにはメキタジンが配合されています。
花粉症などのアレルギーに使用されています。
特許が切れているのでジェネリック医薬品が流通しています。副作用はねむけ、口渇など、特に高齢者では強く口渇がでることも。

処方箋なしでメキタジンを配合市販薬を購入することができるようになりました。いろいろなメーカーでつくられているようです。


pharmacist89314 at 08:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月29日

ファンギゾン

ファンギゾン

ファンギゾンシロップはアムフォテリシンBのシロップ剤。
ファンギゾンシロップの味を確かめてみる。
おいしくない、激マズってほどではないけど。
ファンギゾン2
数年前これでうがいをすると歯肉炎が治るって報道され大変でした。
当時大学院で薬剤師免許を有していたためドラックストアでバイトしていたのだが、何人もファンギゾンをくれって言ってきて困った記憶は今でも鮮明である。

処方薬だっつーの。

pharmacist89314 at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年10月12日

ネオシーダー

ネオシーダーというタバコ型の薬がある。

薬といえるのか疑問なのだが、区分は医薬品である。
タバコの形をしていて、火をつけて吸って使う。
医薬品なので当然のことながら自動販売機では売っていない。
薬局でしか売っていない。
禁煙パイポ的に使う人やタバコの代用として使う人などが実際のところ購入しているようで、入荷するとすぐに売切れてしまう。
知人の薬剤師に「製造元が小さい会社だから製造が追いつかないからすぐに欠品するらしいよ」と聞いたことがあった、そんなことを思いつつ帰宅中の電車内でふと思ったのだが、ネオシーダーはあくまで薬であり、タバコではないのだから飛行機の機内で使う(吸う)ことができるのだろうか?ぶとこんな疑問を覚えた。
そこで今日はネオシーダーについて調べてみようと思う。

ネオシーダーは1箱20本入りで250円ぐらいで販売されてている
有効成分は
塩化アンモニウム 0.003g
日本薬局方安息香酸 0.006g
カンゾウエキス 微量
ハッカ油 微量
確かに甘草は漢方薬の甘草湯として喉の痛みや咳の治療として使われている、でも微量ってどんなもんよw
他の成分正直意味わかんないし。それ以外の部分は何でできてるんだ?
ハッカ油はメンソール気取りか?

用法・用量は先端に点火し煙を吸入する。
1回1又は2本 1日10本まで
効能は咳を鎮め・痰をきる

製造販売元は株式会社アンターク本舗だそうだ。
住所は千葉県市川市塩浜3-27-25ってことはアマゾンの建物がみえる市川塩浜が最寄の駅であろうか。
この会社が作っている医薬品、ネオシーダー以外私は知らない。

私の経験では他社製品の医薬品でこのような形状をした医薬品を見たことがない、非常に特異な医薬品である。

標品のパッケージには一切表示されていないが、ニコチンやタールもはいってるし、燃焼によって一酸化炭素も発生する。
幸いにして私は薬剤師になってこのことをすぐに知ったため、ネオシーダーを能動的に売ったことは一度もない。
指名買いで買いにくるひとに売るだけである。
タールや一酸化炭素がない分、ある意味よっぽどニコレットのほうが健康的だと思う。

ところで機内でのネオシーダーで使えるかということだがわからなかった。
ただ改正航空法に「機長は、安全阻害行為等をした者に対し、当該行為を反復・継続してはならない旨の命令をすることができることとする。 命令に違反した者は、罰金に処することとする。」とあり安全阻害行為に喫煙が含まれている、「ネオシーダーは医薬品だゴラァ!」と機内で訴えても機長に一蹴されると思われる。ちなみに罰金は50万円。機内でのネオシーダーの使用はひかえたほうが無難であろう。

ネオシーダーの機内使用に関して調べてていたら面白い記事が2chでヒットした。

148 :異邦人さん :03/11/20 00:06 ID:4U7UK+Rj
これは現役CA(スチュワード)から教えてもらったテクです。
機内でどうしても一服したくなったら!

まず、機内中央部のトイレへ。
トイレ内へ進入したら、扉をロックし、左右どちらかにある扉から
女性用の生理用ナプキンを取り出す。
取り出したナプキンを水分で十分に湿らし、煙探知のセンサーに
かぶせます。(たいがいのナプキンは、テープというかシールがあるので
天井に貼り付けることができます。)
これで、思う存分一服することができます。
念の為、ブース内が煙で充満する前に、トイレの水を流します。
これで水とともに煙が吸い込まれます。
QFのCAから、教えてもらった話です。
ポイントは機内中央部だそうです。
隔壁与圧の関係で後方のトイレより、中央部の方が機内空調の
流れの循環が早いそうです。外資系エアラインの方がナプキン
がデカイという事も、教えてもらいました。
みなさんも、お試しくださいませ。

2chの記事だし信憑性など私は一切責任を負えませんが、まあよく考えるものですね。
こんなことするぐらいなら禁煙するか、ニコレット噛めって感じです。
羽田空港内の薬局にニコレットを売っているのか見とけばよかったー。

またネオシーダーに関する論文もネットに流れていた。
以下論文。
ネオシーダーのニコチン含有状況から見た医薬品としての妥当性の検討

----------------------------------------------------------------------------

キーワード
ネオシーダー、一般用医薬品、ニコチン、喫煙

著者名
田中英夫 大阪府立成人病センター 調査部
野上浩志 大阪府立公衆衛生研究所 公害衛生室
中川秀和 公立周桑病院 外科
蓮尾聖子 大阪府立成人病センター 調査部

連絡先
田中 英夫(たなか ひでお)
大阪府立成人病センター調査部
〒537-8511 大阪市東成区中道1-3-3
電話番号:06-6972-1181(内線2306)、FAX番号:06-6972-7749
E-メール:tanaka-hi@mc.pref.osaka.jp


----------------------------------------------------------------------------

抄録

目的:全国の薬局、薬店で喫煙者の鎮咳、去痰剤として販売されている薬用吸煙剤ネオシーダーの医薬品としての妥当性を、製品のニコチン含有量と、これを試行した者および連用者の尿中コチニン量から評価検討した。
方法1:ネオシーダーおよび、コントロールとしてマイルドセブンエクストラライト、マイルドセブンスーパーライト、セブンスターの葉0.25gを蒸留水10mlで5分間振とうし、遠心分離後に抽出液を発色反応させ、高速液体クロマトグラフィーで分析した。
方法2:喫煙中であった32歳医師を被験者とし自記式問診とともに、禁煙時、ネオシーダー使用時、禁煙継続かつネオシーダー不使用時の3点で尿中コチニン量を測定した。
方法3:外来患者の中でタバコの代替物としてネオシーダーを継続使用していた2名の連用者を見出し、自記式問診と採尿を実施し、尿中コチニン量を測定した。
成績1:製品3cm(実際の1本当たり消費量)当たりの平均ニコチン含有量は、ネオシーダー;0.79mg(n=6)、マイルドセブンエクストラライト;5.04mg(n=2)、マイルドセブンスーパーライト;4.91mg(n=2)、セブンスター;5.55mg(n=2)。
成績2:被験者の喫煙中のFagerstrom Test for Nicotine Dependenceは3点。禁煙の開始から最終回の採尿までの期間の受動喫煙はなし。尿中コチニン量は、禁煙開始7日目10.0ng/ml。ネオシーダーを3日間で17本使用後47.2ng/ml、禁煙継続かつネオシーダー不使用3日目8.4ng/ml。
成績3:53歳男性:喫煙当時のFTNDは6点。調査期間中の受動喫煙はなし。ネオシーダーを1日平均40本連用中の尿中コチニン量は937ng/ml。75歳女性:喫煙当時のFTNDは7点。ネオシーダーを1日27本連用中の尿中コチニン量は2724ng/ml。ネオシーダー中止96時間後では27.7ng/ml。
結論:ネオシーダーは非麻薬性で習慣性がみられないと説明されているものの、ニコチンを含有していること、使用により本剤に含有するニコチンが体内に移行することがわかった。また、本剤の使用によってニコチンへの依存性が生じ、長期連用を引き起こしていたと見られる2例を報告した。
キーワード:ネオシーダー、一般用医薬品、ニコチン、喫煙


----------------------------------------------------------------------------

機ソ鏝
薬用吸煙剤ネオシーダー(製造:アンターク本舗、千葉県)は、昭和35年に国の承認を受けて喫煙者の鎮咳、去痰剤として全国の薬局、薬店で販売されている一般用医薬品である。著者らは入院患者の禁煙指導の効果判定の目的で、患者の尿中ニコチンの半定量試験を行っているが、禁煙している者で本剤のみを使用している者の尿中にニコチンが検出されたことから、本剤にニコチンが含まれているとの疑いを持った。その後、本剤を鎮咳、去痰の目的を超えて長期に連用している複数の患者を見出し、その状況を尋ねたところ、本剤に含まれるニコチンが、使用者のニコチン依存を形成し得るのではないかと推察した。一般用医薬品としての本剤の妥当性、安全性を検討する目的で、製品中のニコチン含有量と、本剤の試行ボランティアおよび連用者の尿中コチニン濃度を定量した。

供ナ法
方法1:製品中のニコチン含有量測定
大阪市内および東京都内の薬店で販売されているネオシーダーを計3箱購入し、その中から2本ずつ取り出しサンプルとした。サンプルから本剤の葉を各々0.25gずつ計量し、これを蒸留水10mlで5分間振とうし、3000回転で10分間遠心した。抽出液を0.5ml取り出し、これを蒸留水で希釈し発色反応させた。この発色液を高速液体クロマトグラフィー(日立製L-6200)を用い、検出波長を532nmに設定して定量した1)。実際に本剤を吸煙使用する場合は、先端から約3cm程度燃焼させると考えられることから、製品3cmあたりの葉の重量にニコチン量を換算し、これを本剤を1本使用する時の含有ニコチン量とした。コントロールとして、マイルドセブンエクストラライト(ニコチン量外箱表示:0.3mg)、マイルドセブンスーパーライト(同:0.5mg)、セブンスター(同:1.3mg)各2本ずつの含有ニコチン量を、ネオシーダーと同じ条件下に測定、表記した。
方法2:ボランティアによる試行実験
ネオシーダーをこれまで使用したことのない喫煙者に口頭でインフォームドコンセントを得てボランティアになってもらい、本剤の試行実験を行った。被験者は32歳の愛媛県在住の男性医師。愛媛県の薬店で購入された本剤1箱と、採尿のやり方などを記した試行実験の説明書、喫煙時のニコチン依存度(Fagerstrom Test for Nicotine Dependence: FTND)2)や本剤吸煙時の副流煙曝露の有無等を記録する自記式問診票、本剤の使用状況と採尿時刻を記録するための手帳、および採尿容器を手渡した。禁煙時、本剤使用時、禁煙継続かつ本剤不使用時の3点で採尿を2本ずつ依頼し、検体は採尿の都度凍結保存し、まとめて冷凍便で回収した。尿中のニコチンおよびコチニン濃度を方法1のネオシーダー抽出液と同様の方法で定量した1)。自記式問診票と手帳の記載から、被験者の禁煙状況、ネオシーダー使用状況および採尿の時刻を確認した。
方法3:ネオシーダー連用者の本剤使用状況と尿中ニコチン、コチニン濃度の測定
著者らが日常業務等を通じて知り得た本剤の連用者2名(いずれも府立成人病センター外来患者)から口頭でインフォームドコンセントを得、自記式問診票、本剤使用の記録用手帳および採尿容器を送付した。方法2に示した方法で検体と喫煙当時の状況、本剤の使用状況および採尿日に関する情報を得、検体は方法1と同じ測定法でニコチンおよびコチニン濃度を定量した。

掘シ覯
(1)製品中のニコチン含有量.タバコとの比較
製品0.25gから抽出したニコチンを製品1.0g当たりに換算すると、ネオシーダー1.4〜1.9mg/g(表1-1)、マイルドセブンエクストラライト16.1〜15.4 mg/g、マイルドセブンスーパーライト14.5〜14.8 mg/g、セブンスター16.1〜17.4 mg/gとなった(表1-2)。これを1本当たり3cm吸煙すると仮定して、製品3cm当たりの重量で換算すると、ネオシーダー0.79 mg(表1-1)、マイルドセブンエクストラライト、マイルドセブンスーパーライト、セブンスターは、各々5.04 mg、4.91 mg、5.55 mgとなった(表1-2)。ネオシーダーはコントロールに用いた3種のタバコよりも、1本当たりの葉の重量が重いため、実際に吸煙する量(3cm)で含有ニコチン量を換算し、タバコのそれと比較すると、葉の重量当たりで比較した場合に比べてニコチン含有比が高くなった(表1-1、1-2)。


表1-1 ネオシーダーのニコチン含有量

購入場所
大阪市
大阪市
東京都

製造番号
2001.5.18A
2002.1.18A
2002.1.28A

サンプルA
サンプルB
サンプルC
サンプルD
サンプルE
サンプルF

ニコチンmg/g
1.80
1.91
1.66
1.75
1.38
1.45

ニコチンmg/本
1.72
1.88
1.51
1.59
1.22
1.32

ニコチンmg/3cm
0.88
0.96
0.77
0.81
0.62
0.67

ニコチンmg/3cmの
平均値(S.D)
0.79 (0.12)




表1-2 タバコ中のニコチン含有量

マイルドセブン
エクストラライト
マイルドセブン
スーパーライト
セブンスター

(ニコチン量外箱表示)*
(0.3mg)
(0.5mg)
(1.3mg)

検体
サンプルA
サンプルB
サンプルA
サンプルB
サンプルA
サンプルB

ニコチンmg/g
16.07
15.38
14.77
14.48
17.36
16.13

ニコチンmg/本
10.77
9.06
9.98
9.32
11.18
10.64

ニコチンmg/3cm
5.47
4.61
5.08
4.74
5.69
5.41

ニコチンmg/3cmの平均
5.04
4.91
5.55

*平成元年大蔵省告示第174号による表示



(2)ボランティアによる試行実験
32歳男性、医師。20歳から1日平均12〜13本喫煙中であった。喫煙中のニコチン依存度(FTND)は3点。現病歴、既往歴に特記事項なし。調査期間中の受動喫煙はなし。尿中コチニン量は、禁煙開始7日目10.0ng/ml。ネオシーダーを3日間で17本使用後47.2ng/ml、禁煙継続かつネオシーダー不使用3日目8.4ng/mlとなった(表2)。


表2 尿中喫煙関連物質測定結果、ボランティア(32歳 男性 医師)による試行実験
(2検体ずつ測定)

採尿日
採尿時状況
ニコチンng/ml
コチニンng/ml

1回目
2001.4.17
禁煙7日目
検出されず,検出されず
11.2, 8.8

2回目
2001.4.19
採尿前48時間以内に
ネオシーダーを17本使用
77.4,  74.6
47.5,46.9

3回目
2001.4.22
ネオシーダー中止73時間後
29.2,  25.0
9.2, 7.6




(3)ネオシーダー連用者の成績
53歳男性、運転手。喉頭部良性腫瘍にて府立成人病センターを受診していた。喫煙当時のニコチン依存度(FTND)は6点。禁煙する目的で、タバコの代替物としてネオシーダーを約2年間連用していた。採尿前の1週間の1日平均ネオシーダー使用本数は40本であった。尿中コチニン量は937ng/ml(表3)。採尿前1週間の能動喫煙、受動喫煙はなかった。
75歳女性、無職。糖尿病にて経口糖尿病薬を服用中であった。喫煙当時のニコチン依存度(FTND)は7点。鎮咳目的で薬局からネオシーダーを勧められ、使用しているうちに、タバコからネオシーダーに置換し、連用していた。採尿までの連用期間は約3ヶ月。1回目の採尿日の6日前と7日前(2001年6月24日と同年6月25日)は、ネオシーダーが手元になくなったため、セブンスターを25本づつ吸った。5日前からは再びネオシーダーのみの使用となった。1回目の2つのサンプルの尿中平均コチニン量は2724ng/ml。1回目の採尿日から2回目の採尿日までの間に能動喫煙はなし。受動喫煙の有無は明らかではない。2回目の2つのサンプルの尿中平均コチニン量は27.7ng/ml。ネオシーダー中止3日目(2001.7.4)にニコチン離脱症状と思われる強いイライラ感が出現した(表3)。


表3 ネオシーダー連用者の尿中喫煙関連物質測定結果、(2検体ずつ測定)

属性

採尿日
採尿時状況
ニコチンng/ml
コチニンng/ml

53歳
男性
運転手

2001.5.16
当センター外来にて午前11時に採尿、その日朝起きてから採尿までの間にネオシーダーを10本吸っていた。
1076,1176
904,970

75歳
女性
無職
1回目
2001.7.1
採尿日と採尿前5日間の計6日間のネオシーダーの1日平均使用本数は27本
728, 747
2809,2639

2回目
2001.7.5
ネオシーダー中止96時間後
97, 105
26.1, 29.3





検ス融
今回の我々の成績は、喫煙者の鎮咳・去痰剤として販売されている一般用医薬品ネオシーダーに、1本あたりの使用量換算でタバコの6〜7分の1程度のニコチンが含まれていること、およびボランティアによる本剤の試行実験から、本剤のニコチンは使用者の体内に移行することが明らかとなった。さらに、本剤を長期に連用していた2名を見出した。そのうち1名(53歳男)は、禁煙目的で本剤を開始したが、使用しているうちに本剤に依存が生じたと考えられた者であり、残りの1名(75歳女)は、鎮咳・去痰目的でネオシーダーを使用しているうちに、タバコから本剤に依存が代替されたと考えられた者である。
ネオシーダーは外観と使用方法が通常の紙巻きタバコと全く同じであることから、本剤の連用を形成する要因として、タバコの使用と同じ動作を繰り返すことによる心理的習慣性の面が否定できない。しかしながら、2人の長期連用者の尿中コチニン濃度は904ng/ml〜2809ng/mlと、いずれも通常の紙巻きタバコを連用している軽度喫煙者の尿中コチニン濃度3,4)に匹敵する濃度が検出されたこと、尿の採取前の記録から、能動喫煙の可能性は2人とも考えられないこと、女性の連用者はネオシーダー使用中止後に尿中ニコチン、コチニン濃度とも明らかに減少し、ネオシーダー終了から5日間に渡り、ニコチン離脱様症状と考えられるイライラ感が生じたとの証言を得たことを考え合わせると、本剤への依存形成は本剤に含有するニコチンが、本剤の吸煙により血中に移行したことが主たる原因であることが強く示唆された。他方、本剤の製造元であるアンターク本舗が発行する商品説明書(2001年11月24日時点)では、本剤の特徴として「非麻薬性で習慣性、禁断現象がみられないので長期連用ができる」と記載されている。今後、ネオシーダーの主流煙中のニコチン量を定量し、これをタバコでのそれと比較することにより、本剤の吸煙と本剤への依存との関係がさらに明確な形で示されるものと思われる。
医師の処方箋を必要としない一般用医薬品は医療用医薬品と異なり、消費者(患者)の服薬状況や、副作用に関する情報について、医療関係者は把握しにくい。今回の出来事は、外来患者に対する禁煙指導の効果判定のための尿検査を契機に、偶発的に認知された。我々が見出した2名のネオシーダー連用者はいずれも特定の薬局・薬店でこの医薬品を購入していたと証言していた。本剤を長期に燃焼吸煙した場合、タールや一酸化炭素などのニコチン以外の物質による身体への影響も、現時点では否定できない。販売する側の薬剤師・店員が服薬状況の確認と指導をどのように行っていたのか、調査する必要があると思われる(なお、2001年11月30日に、日本薬剤師会ホームページの医薬及び薬事情報http://www.nichiyaku.or.jp/news/NEWS_F.HTMに、本剤を禁煙補助目的で使わないようにとの紹介がなされた)。
ニコチンは毒物及び劇物取締法で毒物とされている。ネオシーダーがニコチンを主成分としてその薬効を利用した医薬品なら、同法2条の除外条件によって毒物ではないとされるが、本剤に含有するニコチンは、薬効以外の成分として検出され、しかもこれによる依存症例が複数認められたことから、我々は本剤が一般用医薬品として製造、販売が継続されていることに重大な疑問を持つ。なお、平成12年8月17日付で我々は大阪府健康福祉部薬務課に対し、ネオシーダー使用患者の尿から半定量法でニコチンが検出されたことを報告した。また、平成13年7月16日付で、大阪府健康福祉部薬務課に対し、本稿で示した製品中のニコチン含有量と試行ボランティアおよび連用者2名の成績を報告した上で、本剤に含まれる諸成分の分析および安全性に関する追試と、これに基づく製造元への適切な対応を行政機関が早急に取ることを要望した。関係各位の早急な対応が必要であることを指摘する。

文献
1) 野上浩志.毛髪中ニコチンを指標とした妊婦の受動喫煙による低体重児出産のリスク評価と禁煙指導.平成8年度地域保健福利研究助成報告書(大同生命厚生事業団) 1998;309-314.
2) Heatherton TF, Kozlowski LT, Frecker RC, et al. The Fagerstrom test for nicotine dependence: A revision of the Fagerstrom tolerance questionnaire. Br J Addic 1991; 86: 1119-1127.
3) Ueda K, Kawachi I, Nkamura M, et al. Cigarette nicotine yields and nicotine intake among Japanese male workers. Tobacco Control 2002; (in press).
4) Wald NJ, Boreham J, Bailey A, et al. Urinary cotinine as marker of breathing other people’s tobacco smoke. Lancet 1984; 8370: 230-231.


本稿の概要は第60回日本公衆衛生学会総会(平成13年11月1日,高松市)において発表された。



-----------------------------------------------------------------------------


”NEOCEADER” CONTAINS NICOTINE.
A REPORT OF TWO USER’S NICOTINE ADDICTION

Hideo TANAKA1),
Hiroshi NOGAMI2),
Hidekazu NAKAGAWA3),
Seiko HASUO1)

1) Department of Cancer Control and Statistics, Osaka Medical Center for Cancer and Cardiovascular Diseases.
2) Osaka Prefectural Institute of Public Health
3) Shuso Municipal Hospital



”Neoceader smoking” is widely marketed in drug stores as an over the counter expectorant for cigarette smokers in Japan. Using high-pressure liquid chromatography, we determined that one piece of Neoceader (3cm) contains 0.79mg of nicotine, which is equivalent to one-sixth of the amount of nicotine in one Japanese cigarette (Mildseven extra-light, Mildseven super-light, or Sevenstar). Two patients who had switched from cigarette smoking to Neoceader smoking, subsequently became addicted to nicotine. The cotinine concentration in their urine were 937ng/ml and 2724ng/ml, respectively. These findings demonstrate that Neoceader contains nicotine and that its use can lead to nicotine addiction.

Key words: Neoceader, nicotine, smoking, over the counter


-----------------------------------------------------------------------------
ネオシーダーをなくすのも結構だが、それよりタバコがなくなってほしい。
それが無理なら、さっさと値上げして1箱1000円にしてほしい。
喫煙者医師は呼吸器内科を名乗れないぐらいのことをしてほしい。

なお私は嫌煙家であり、生まれてこの方一度もタバコをすったことがない、ネオシーダーも使ったことがない。
Anti副流煙、空気清浄機LOVEである。


pharmacist89314 at 02:51|PermalinkComments(10)clip!

2006年10月01日

ギャバ GABA γ-アミノ酪酸 gamma amino n-butyric acid

先日のガバペン錠がGABA誘導体の新薬ということで、今回はGABAについて。

ギャバGABAとは
GABAiconとは、γ-アミノ酪酸(gamma amino n-butyric acid)の略で、タンパク質非構成アミノ酸である。動植物に広く存在し、植物では窒素代謝にかかわる物質として、また高等動物では抑制性神経伝達物質として、重要な役割を果たしている。
GABAは、国内で九州地方に自生し、民間で高血圧症の予防に用いられている棕櫚(シュロ)の花穂の血圧降下成分(新鮮物で35mg/100g程度含まれる)として知られており、漢方で高血圧症に用いる黄耆(オウギ)にも含有されていることが明らかになっている。

ギャバ構造式
GABA構造式

近年GABAの含有量を高めた「ギャバロン茶」が農林水産省野菜・茶業試験場により開発されており、高血圧自然発生ラット(SHR)を用い「ギャバロン茶」の血圧降下作用も明らかになっている。
余談ですが、お茶の研究で有名な神奈川県農業総合研究所・津久井試験場でもBAGAとお茶関連の研究がされているようです。
また健康食品市場においても「発芽玄米」の有効成分の一つとして注目を集めています。
人間においては、脳への酸素供給量を増加させ、抗痙攣作用、抗不安作用、脳の代謝機能亢進などの神経伝達物質として重要視されています。
神経細胞の中では主としてグルタミン酸からグルタミン酸デカルボキシラーゼの作用で作られます。

ギャバの安全性についての研究は余りありませんが、大量のギャバを経口摂取しても血液・脳関門をほとんど通過しないことなどから、比較的安全な物質とされています。

特定保健用食品のGABA
血圧
軽症高血圧者40名、正常高値血圧者40名の合わせて80名を対象にした、ギャバ20mg/日摂取の血圧に対する評価試験において、軽症高血圧者では収縮期血圧が摂取4週間後、正常高値血圧者でも収縮期血圧が摂取8週間後に有意に低下しました。
また、ギャバ・20タブレットの安全性の評価試験においても、血液生化学検査、尿検査の各項目において異常な変動はみられず、また自覚的に問題となる症状は観察されませんでした。


食品中のGABA含有量の比較ですが
温室メロン       74mg(含有量/100g)
野菜ジュース      56mg(含有量/100g)
ギャバロン茶     200mg(含有量/100g)
ブドウ(ビン詰果汁)   11mg(含有量/100g)
ホウレンソウ      36mg(含有量/100g)
発芽玄米       135mg(含有量/100g)
ワイン          6mg(含有量/100g)
特定保健用食品のGABA20 20mg(1日1錠服用した場合)
特定保健用食品のプレティオ 10mg以上(1本)
農林水産部研究調整室調べと独自調査を含む

1合がだいたい120gだから1日1合発芽玄米を食べると150mg程度GABAを取ることができる、メロンも100gなら簡単に食べられる量である。
通常、お茶一杯当たりの茶葉は3g程度用いられることから、全てのGABAがお湯に溶け出すと仮定すると、一杯当たりのGABA量は、6mg程度、現実的には温室メロン、発芽玄米が食事から摂取するのに効率的な様である。
この発芽玄米温室メロンのGABA含有量は特定保健用食品の量をはるかに凌ぐ量である、降圧効果はGABA20タブレットよりもよいデータが得られる可能性が高い。
今度家族に発芽玄米を食べさせて経過観察をすることとする。

白米8:発芽玄米2で炊飯する方法で炊いた、ご飯を朝昼晩合計で1合食べれば30mgとることができる、この方法でもいいだろう。

GABAの抗ストレス効果
先日の書いたガバペン錠は血液脳関門(BBB)を突破して中枢抑制作用がある、ギャバはBBBをほとんど通り抜けないが、中枢に到達した少量のギャバが抗ストレス効果を発揮しているのであろう。薬事法に触れないようにCMをながしているあのチョコのことである。

まとめ
買う前に GABAの量を 調べよう (季語GABA:夏)

pharmacist89314 at 11:32|PermalinkComments(2)TrackBack(3)clip!

2006年09月29日

サンテメディカル10

参天製薬は眼疲労に効果が大きいという点眼薬サンテメディカル10を10月10日に発売する。
配合した10成分のうち6つが疲労に効く成分となる。ピント調節機能筋の凝りをほぐす医療用医薬品サンコバと同濃度のビタミンB12と、医療量医薬品ミオピンと同じ成分のメチル硫酸ネオスチグミンを配合している。
従来から配合されている成分で、これといって新しい処方とは思えない。
しかも充血を抑える塩酸テトラヒドロゾリンを配合してある。

塩酸テトラヒドロゾリンは短期間使用の充血を伴う患者にとっては、配合されていたほうが充血が取れいいのかもしれないが、目の疲れの場合は継続した点眼をする場合が多い、市販薬においては継続購入をして1年以上買い続ける患者も少なくない。充血を抑える薬が配合された目薬を長期継続点眼すると反跳性充血の副作用が出る可能性があり販売しにくい。
こんな目薬より、従来品のアイメートCサンテドウプラスEアルファで十分。
これらにはナファゾリンやテトラヒドロゾリンが配合されてない。
余計なものは入れない、よっぽどサンコバと同じようにB12単味の目薬を出してもらったほうがよっぽどよい。

何故そうしないのか、それはB12単味の目薬を発売すると、眼科でサンコバだけもらいにくる診察の簡単で、継続的に受診してくれる、「儲かる患者」が薬局・ドラックストアに流れてしまうからである。
医療用眼科薬大手の参天は眼科医に嫌われるわけには行かないので発売できない、そんなところだろう。
B12だけの点眼薬に保険を使うのは医療費の無駄だ。
本当に受診が必要な患者の待ち時間を少なくするため、
サンコバとまったく同じ成分の市販薬を発売するようメーカーには言いたい。

自分には関係ない病院の待ち時間の文句を言われる方の身になってほしい。

pharmacist89314 at 10:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年09月28日

メンフラスティック

【医薬品】メンフラスティック 38g大正製薬がフェルデン軟膏、バキソ軟膏に配合されているピロキシカムを配合した「メンフラスティック」を発売しましたね。消炎鎮痛剤ですから、それなりに痛みが取れるんでしょう。最大の特徴は患部に直接塗ることができるスティックタイプなので、手を汚さずに塗布することでしょうか。
スミルチックみたいなもんです。

pharmacist89314 at 02:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!