薬剤師wは色々なものを読むのが好きでして


あっちこっち少しずつ色々と読みます。


一番多いのは漫画なので


まぁその程度の脳みそなんですが


小説などの活字の本でも好きな作家さんは何人もおります。


今も昔も楽しく読ませてはいただいておりますが


人生経験なのかなんなのか


物語の読み方が随分と変わって来たように感じます。


SFなどでは、以前は単純に与えられたヒントの中から行き着く先を予想しては


見事に作家さんに想像の斜め上をいかれて楽しんでおりましたが


いつからか


う〜ん。この展開だと結論としてこうなるから、


この不自然な点で完全犯罪が崩れて捕まって終わりだろうな〜、


とか


これだと最終的に現実と合わなくなるから


主人公はなんだかんだ風呂敷広げるだけ広げて最後はぼかして終わるんだろうな〜


などと感じるようになってきました。


さらに、


多少なりと自分でも物作りをするようになってからは


そうか!


推理漫画はトリックを決めてから物語の構成を練ってるのか!


などと裏側が見えた気になったりしています。


なんにせよ、楽しみ方が少し変わっただけで


面白いものは面白いので、ついつい読み始めると


眠気も忘れて読み込んでしまいます。


ときにより、マンガだったり、小説だったり、


三石理論だったり、腸内環境関連だったり。


色々と読んでいますが、全て人生の糧になっています。


しかし何より、睡眠時間を確保しないことには


体がまたやられてしまうので、きちんと栄養をとって


しっかり睡眠をとることが一番大事ですよね^^;