トップページ » 『ダンジョン飯』1巻

『ダンジョン飯』1巻

恒例、秋葉鮫隊長のオススメの「今売れてるマンガ」、今回は
九井諒子『ダンジョン飯』第1巻です。
P3167968



妹をドラゴンに呑まれてしまった勇者。ゆっくりと消化されていく
妹をなんとか救い出そうと、強行軍のダンジョン踏破を決行する
勇者とその仲間たちですが、そのためには携行する糧食を
最小限に抑え、食べ物は現地調達、つまり魔物を食って進もう
という段取りに。かくして前代未聞のモンスター料理紀行が
始まりますが……という脱力系ファンタジー。

ライオス
P3167972
パーティのリーダー。なんでも食ってみたい好奇心旺盛な男。
妹救出のため始めた旅が、いつしか魔物を味わい尽くすグルメ
旅行感覚にw

マルシル
P3167969
エルフの魔法使い。ゲテモノ喰いが大キライの良識派女子だが
食べてみると意外に美味しい魔物料理に複雑な毎日。

チルチャック
P3167973
解錠とトラップ破りの専門家であるハーフフット族。シニカル少年。

センシ
P3167970
途中からパーティに加わったナゾの旅人。魔物料理の探求者で
凄腕の料理人。スライムだろうと食人植物だろうと極上料理に
仕立ててしまう。マイペースで何を考えているのかよくわからない。


達者な画力と独特のまったりしたテンポ、そして食材になる魔物の
生態を緻密に考証していく妙な凝りよう、いずれもオリジナリティに
あふれていて、一風変わったファンタジーマンガです。なんか今年の
ヲタトレンドは「食」という観測もありまして、その意味でも注目すべき
作品かもしれません。




コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星