トップページ » 【随時追記】2018年秋アニメはじまた

【随時追記】2018年秋アニメはじまた

今年もいろいろ始まりましたね。
1517379861769

初回感想などつらつらと。


●RErideD-刻越えのデリダ
オリジナルのシリアスSFもの。シナリオはがんばっているけど
作画微妙。

●あかねさす少女
オリジナル美少女グループバトルもの。作画微妙。背景だけ良。
スタッフに嫌いな人もいるんで多分もう見ません。

●ソラとウミのアイダ
広井王子。糞設定。糞作画。見る要素なし。あ、脚本は腕のある
人なんですけどねー。宝の持ち腐れと言いますか。

●青春ブタ野郎はバニーガールの夢を見ない
ラノベ原作。ポップなタイトルとは裏腹に、どよんとしたシリアス
ムードの中、絵に描いたようなラノベ的無愛想主人公の絵に描いたような
ラノベ的ダイアローグが気恥ずかしい。作画良好。

●ゾンビランドサガ
オリジナル。あの『スイートプリキュア』の堺宗久監督が送る
ぶっとんだグロテスク美少女コメディ。ゾンビアイドルユニットが
佐賀県を救う?! 誰よりもP役・宮野真守氏の怪演が光ります。

●となりの吸血鬼さん
コミック原作。甘々百合コメディ。作画良好。

●火ノ丸相撲
コミック原作。作画微妙。あー残念。

●やがて君になる
コミック原作。ゴリゴリの百合もの。今期ではクオリティ高い。
音楽がめちゃくちゃ良い。

●SSSS.GRIDMAN
往年の実写特撮(早すぎたサイバースペースヒーロー)をアニメ化
という一報を聞いたときには「はあん?」という感じでしたが
脚本はそのスジの大物長谷川圭一。小物や遠景をモンタージュ的に
散らしたりディティール描写にこだわる演出はものすごく忠実な
庵野コピーながら神作画の効果もあって雰囲気満点。アプローチを
変えたEVAという感じで期待感いっぱいの初回でした。嬉しい誤算。

●うちのメイドがウザすぎる!
コミック原作。おねロリ百合コメディ。監督は個人的にとんだ
原作クラッシャーだと思ってるんですがこれは原作未読なので
気にせず見られそう。アバンの戦闘機シーンを見たときには
不安を抱かせた作画も本編はすこぶる良好。

●寄宿学校のジュリエット
コミック原作。作画良好。演出はシリアスもギャグもソツがなく
安心して見ていられる学園ラブコメ。男子のほうがヒロインに
メロメロという設定はこうして見ると斬新ですね。

●色づく世界の明日から
オリジナル。色覚障害の少女が主人公のロマンティックファンタジー。
脚本は『月がきれい』の柿原優子氏。演出・作画・雰囲気いずれも良。
写真部少女も出てくるのでこれは視聴決定。

●ゴブリンスレイヤー
ラノベ原作。エログロ満載のダークファンタジー。原作知名度的には
この秋の目玉か。テレビでどこまでやれんのやというあたりに注目でしたが
生々しいレイプあり無修正血しぶきありでかなりイケイケの制作w
期待したほど作画はよくなかったですけどね。

●RELEASE THE SPYCE
オリジナル? 百合百合美少女アクション。キャラデザはなもり。
ほかにも名だたるスタッフが集まり作画も優良。このジャンルの
作品としては珍しくマジメに作っている印象です。雰囲気も軽快で
よかったです。

●アニマエール!
コミック原作。チア部を題材にしたきらら系。きらら系はいつも
そうですがこれも作画良好。そして百合。今期百合もの花盛りですな。
軽い鬱要素もありましたが、キャラが揃ってエンジンが本格始動した
あたりからが楽しみです。

●ひもてはうす
オリジナル。シェアハウスに暮らすことになった五人の女子を描く
日常ものと見せかけてのシュールギャグ。監督は『gdgd妖精』の
人なので、いつものクソCGとオフビート感でしたw 中の人は
ムダに有名どころ揃い。

●CONCEPTION
ゲーム原作。今期のエロ枠になるハーレムもの。演出・作画とも
最低レベル。脚本に柿原氏はもったいない。

●からくりサーカス
なんと20年以上前に連載が始まった傑作コミックがなぜか今アニメ化。
演出・作画とも満を持してという感じですこぶる良好。原作者藤田和日郎
自らシリーズ構成に参加というのも頼もしいですね。メインキャストも
ベテランを起用、気のせいか影の付け方や彩色設計も90年代末から
新世紀初頭くらいの作画を意識してるように見え、まるで連載当時に
最高のスタッフでアニメ化されたらかくもあろうかという雰囲気
だったような。鳴海役の小山力也さんはラジオ「たまむすび」で
18歳の役に少し照れてらっしゃいましたねw

●メルクストーリア
ゲーム原作。ほのぼのムードの健全冒険ファンタジー。作画良好。
初回を担当した赤尾でこ氏の脚本もこなれてました。

●ベルゼブブ嬢のお気に召すまま
コミック原作。全体として女子目線ながらヒロインは乳ホール
全開のおっぱいキャラでサービスシーンも。ギャグのキレもよく
(17歳のツッコミナレーションも絶品)、萌え豚も楽しめました。

●ゴールデンカムイ(2期)
1期は原作の面白さにだいぶ助けられていましたが、それにしても
作画が残念でした。演出はグロ描写をユーモアでほどよく中和して
悪くなかっただけに。2期#1も初回だけあって作画は悪くなかった
ものの、このクオリティが続く期待は薄いですね。

●おとなの防具屋さん
コミック原作。5分枠。ショートアニメに過大な期待はなんですが、
それにしてもクオリティ低いです。原作いいんだけどなあ。

● INGRESS THE ANIMATION
ポケモンgoのベースになった、数年前伊集院光さんもはまっていた
米国産スマホゲームがなぜか今アニメ化。アチラのスタッフも
がっつり参加しているようで、ストーリーはすこぶる外ドラ
っぽい。3DCG 作画はクール。

●叛逆性ミリオンアーサー
スマホゲー原作。おバカ&プチエロ。作画B。多分話数重ねるほど
悪くなっていくパターンと見た。おまけアニメの「弱酸性」の
ほうが数段面白い。こっちメインでよかったよねw

コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星