2016年08月28日

ROH Results 8/27「FIELD OF HONOR」結果

ROH8/27「FIELD OF HONOR」の結果。


8/27 ニューヨーク州ブルックリン「FIELD OF HONOR ‘16」


テイラー・ヘンドリクス VS ディオナ・プラッツォ
ディオナの丸め込みをテイラーが切り返して3カウント。
WINNER:テイラー・ヘンドリクス


KUSHIDA VS ダルトン・キャッスル
KUSHIDAが腕間接技から丸め込みで3カウント。
WINNER:KUSHIDA


ボビー・フィッシュ VS EVIL
フィッシュがニー・バーでタップを奪う。
WINNER:ボビー・フィッシュ


IWGPインターコンチネンタル選手権
(C)マイケル・エルガン VS ドノヴァン・ダイジャック
エルガンがエルガン・ボムを決めて勝利。
WINNER:マイケル・エルガン


ROH世界タッグ王座戦 Gaunt Match
(C)The Addiction(クリストファー・ダニエルズ & フランキー・カザリアン) VS ジェイ & マーク・ブリスコ VS War Machine(ハンソン & レイモンド・ロウ) VS All Night Express(ケニー・キング & レット・タイタス) VS チーズバーガー & ウィル・フェレーラ VS 矢野通 & 外道 VS レオン・セント・ジョバンニ & シャヒーム・アリ
矢野通 & 外道 defeated レオン・セント・ジョバンニ & シャヒーム・アリ
矢野通 & 外道 defeated チーズバーガー & ウィル・フェレーラ
ANX defeated 矢野通 & 外道
War Machine defeated ANX
ジェイ & マーク・ブリスコ defeated War Machine
The Addiction defeated ジェイ & マーク・ブリスコ
最後はヤング・バックスの介入からThe Addictionがセレブリティ・リハブを決めて勝利。
WINNER:The Addiction


Bullet Club(ヤング・バックス、高橋裕二郎 & ハングマン・ペイジ) VS モーター・シティ・マシンガンズ(クリス・セイビン & アレックス・シェリー)、リオ・ラッシュ & ACH
ペイジがセイビンにライト・オブ・パッセージを決めて勝利。
WINNER:Bullet Club


カイル・オライリー VS 柴田勝頼
オライリーが間接技をキメて勝利。
WINNER:カイル・オライリー


ROH世界王座戦
(C)アダム・コール VS 棚橋弘至 VS ジェイ・リーサル VS 内藤哲也
コールがレフェリーを引きつけると内藤がリーサルをROH世界王座のベルトで殴打。コールがリーサルにラスト・ショットを決めて勝利。
WINNER:アダム・コール



ROHのスタジアム大会。

Four Corner Survivalで行われたROH世界王座では王者アダム・コールが防衛。新日本プロレスのトップ選手2人を含む4WAY戦を見事に生き残った。

ROH世界タッグ王座戦はガントレットマッチで行われ、王者The Addictionが最終入場という優位を活かして防衛に成功。

カイル・オライリーが柴田勝頼に、ボビー・フィッシュがEVILにそれぞれ勝利。reDRagonの2人が新日本のヘビー級の猛者を相次いで破った。


次回大会は9/16のリローデッド・ツアー。


follow me
  
Posted by phenominal14 at 23:37Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ROH Results 結果速報 

ROH NEWS 8/27 「FIELD OF HONOR '16」直前情報

ROHは8/27にスタジアム公演「FIELD OF HONOR」開催。今年で3年連続での開催となるニューヨークの野球場での大会。新日本プロレスからも多くの選手が参戦する。

現在までに発表されているカードは以下の通り。


8/27 ニューヨーク州ブルックリン「FIELD OF HONOR ‘16」


ROH世界王座戦
(C)アダム・コール VS 棚橋弘至 VS ジェイ・リーサル VS 内藤哲也

カイル・オライリー VS 柴田勝頼

IWGPインターコンチネンタル選手権
(C)マイケル・エルガン VS ドノヴァン・ダイジャック

Bullet Club(ヤング・バックス、高橋裕二郎 & ハングマン・ペイジ) VS モーター・シティ・マシンガンズ(クリス・セイビン & アレックス・シェリー)、リオ・ラッシュ & ACH

ボビー・フィッシュ VS EVIL

KUSHIDA VS ダルトン・キャッスル

ROH世界タッグ王座戦 Gaunt Match
(C)The Addiction(クリストファー・ダニエルズ & フランキー・カザリアン) VS ジェイ & マーク・ブリスコ VS War Machine(ハンソン & レイモンド・ロウ) VS All Night Express(ケニー・キング & レット・タイタス) VS チーズバーガー & ウィル・フェレーラ VS 矢野通 & 外道



前回8/19のビッグマッチ「DEATH BEFORE DISHONOR XIV」でアダム・コールがジェイ・リーサルを破りROH世界王座に返り咲き。リーサルの1年2ヶ月に及ぶ長期政権に終止符を打ち、再びコールがROHのトップの座を取り戻した。

そのコールの初防衛戦は非常に厳しい組み合わせ。Four Corner Survivalで3人の挑戦者を迎える上に、その顔ぶれが新日本プロレスの棚橋弘至と内藤哲也、そして前王者のジェイ・リーサル。自分が敗れなくても、自分以外の選手の間で決着がついてしまえばベルトを失うという状況。新日本プロレスのエースと前IWGPヘビー級王者、そして因縁浅からぬ前ROH世界王者リーサル。コールは王座を護り抜くことができるのか。

そして前回TVテーピングで行われた6人タッグで、リーサルのタッチを拒否して試合放棄した内藤哲也。リーサルとの対決は王座戦ということを除いても興味深い。


前回初のROH参戦を果たした柴田勝頼。近年新日本プロレスの選手が多くROHに参戦するようになり、そんな中で多くのファンが待ち望んでいたカードが遂に実現。カイル・オライリーと柴田の一騎打ち。新日本プロレスではヘビーとジュニアの階級の壁でなかなか実現しなかったカードだがROHでは階級は関係なし。非常に楽しみな一戦。


史上初めてIWGPインターコンチネンタルの防衛戦がROHのリングで行われる。王者マイケル・エルガンがドノヴァン・ダイジャックを迎え撃つ。ダイジャックは今最もブレイクが期待されている選手であり、これを機に新日本プロレス参戦をアピールして欲しい。



ROHの夏の風物詩となりつつあるスタジアム公演。今年も熱い戦いとドラマを期待したい。


follow me
  
Posted by phenominal14 at 03:09Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ROH 

2016年08月23日

ROH Results 8/20 TVテーピング結果

ROH8/20TVテーピング大会の結果。


8/20 ネバダ州ラスベガス「DEATH BEFORE DISHONOR XIV」TVテーピング


昨夜のPPVでジェイ・リーサルを破り新ROH世界王者となったアダム・コールがBullet Clubのメンバーを引き連れて登場。アピールしているとジェイ・リーサルが登場。さらに内藤哲也とEVILも現れると今夜リーサル、内藤、EVIL vs Bullet Clubの6人タッグ戦を行うことが決定。


ダルトン・キャッスル(w/ ボーイズ) VS カプリス・コールマン
キャッスルがバン・ア・ランを決めて勝利。
WINNER:ダルトン・キャッスル


ドノヴァン・ダイジャック(w/ プリンス・ナナ) VS マニー・レモンズ
ダイジャックがフィースト・ユア・アイズを決めて勝利。
WINNER:ドノヴァン・ダイジャック


ジェイ & マーク・ブリスコ VS リオ・ラッシュ & ジェイ・ホワイト
ブリスコ兄弟がドゥームスデイ・デバイスを決めて勝利。
WINNER:ジェイ & マーク・ブリスコ


ジェイ・リーサル、内藤哲也 & EVIL VS Bullet Club(アダム・コール、ハングマン・ペイジ & 高橋裕二郎)
リーサルがタッチを求めるが内藤が拒否、EVILと共に試合を放棄し退場。1対3の状況に陥ったリーサルだったが、マイケル・エルガンとカイル・オライリーが相次いで登場するとリーサルのパートナーとして試合に参加。最後はリーサルが高橋にリーサル・インジェクションを決めて勝利。
WINNER:ジェイ・リーサル、マイケル・エルガン & カイル・オライリー

リーサルがマイクを取ると内藤に対し怒りをぶちまける。


ROH世界TV王座戦
(C)ボビー・フィッシュ VS 柴田勝頼
柴田がクロス・アームブリーカーをキメるが、フィッシュが強引に押さえ込んで3カウント。
WINNER:ボビー・フィッシュ


All Night Express(ケニー・キング & レット・タイタス) VS タマ・トンガ & タンガ・ロア
GODがゲリラ・ウォーフェアーを決めて勝利。
WINNER:タマ・トンガ & タンガ・ロア


シェイン・テイラー & キース・リー VS ケン・フェニックス & レイ・ロサス
テイラーがダイビング・スプラッシュを決めて勝利。
WINNER:シェイン・テイラー & キース・リー

試合後War Machineが現れるとそのままテイラー & リーとの試合へ。


War Machine(ハンソン & レイモンド・ロウ) VS シェイン・テイラー & キース・リー
テイラーがイス攻撃で反則負け。
WINNER:War Machine


The Addiction(クリストファー・ダニエルズ & フランキー・カザリアン) & カマイタチ VS オカダカズチカ & RPG Vice(ロッキー・ロメロ & バレッタ)
The Addictionがロメロにベスト・メルツァー・ドライバー・エバーを決めて勝利。
WINNER:The Addiction & カマイタチ


サイラス・ヤング VS 矢野通
サイラスが丸め込みで勝利。
WINNER:サイラス・ヤング


パニッシャー・マルティネス(w/ BJウィットマー、ケビン・サリバン) VS チーズバーガー
マルティネスがチョーク・ボムを決めて勝利。
WINNER:パニッシャー・マルティネス


棚橋弘至 & マイケル・エルガン VS アダム・コール & ハングマン・ペイジ
エルガンがエルガン・ボムを決めて勝利。
WINNER:棚橋弘至 & マイケル・エルガン




「DEATH BEFORE DISHONOR XIV」PPV明けのTVテーピング。

新ROH世界王者となったアダム・コール、その新たな挑戦者の行方が注目されたが、次回のタイトルマッチの決定といった場面はなかった。

PPVでのラストでカイル・オライリーがコールを襲撃したことと、この日のメイン後でエルガンとコールが睨み合いというシーンがあったことから、オライリーとエルガンが今のところNo.1コンテンダー候補の筆頭となるだろう。

前王者にジェイ・リーサルは6人タッグ戦で内藤哲也に裏切られ怒り心頭。今後2人の対戦も予想されるが、それはROHと新日本どちらでのことになるのか。

ROH世界TV王座戦ではボビー・フィッシュが柴田勝頼を退け王座防衛。


次回大会は8/27MCUパークでの「FIELD OF HONOR」。ここでも新日本プロレスの選手が多数参戦する。


follow me
  
Posted by phenominal14 at 02:42Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ROH Results 結果速報 

2016年08月22日

EVOLVE 8/20 試合結果

EVOLVE8/20大会の結果。


8/20 ニューヨーク州ブルックリン「EVOLVE 67」

ジョーイ・スタイルズがゲストコメンテーターとして実況に加わる。


イーサン・ペイジ VS コブ・ダースト
ペイジがパッケージ・パイルドライバーを決めて勝利。
WINNER:イーサン・ペイジ


トニー・ニース VS ピーター・カッサ
カッサがシューティング・スター・プレスにいくがかわされて自爆。ニースが450°スプラッシュを決めて勝利。
WINNER:トニー・ニース


トミー・エンド VS マット・リドル
リドルがブロミッションをキメて勝利。
WINNER:マット・リドル


ザック・セイバー Jr. VS セドリック・アレキサンダー
ザックが間接技でタップを奪う。
WINNER:ザック・セイバー Jr.


コーディ・ローズ VS クリス・ヒーロー
ヒーローがデス・ブローを決めて勝利。
WINNER:クリス・ヒーロー


EVOLVE王座戦
(C)ティモシー・サッチャー VS ドリュー・グラック
サッチャーがヘッドバットを決めて勝利。
WINNER:ティモシー・サッチャー


EVOLVEタッグ王座戦 Six Man Tag Team Match
(C)ドリュー・ギャロウェイ、ダスティン & EC III VS トレイシー・ウィリアムス、フレッド・イェヒ & TJパーキンス
ダスティンがTJにベルトへのオウフル・ワッフルを決めて勝利。
WINNER:ドリュー・ギャロウェイ、ダスティン & EC III

コーディ・ローズが駆け込んでくるとイスを振り回してギャロウェイたちを追い払う。ジョーイ・スタイルズがマイクを取ると、次回大会でドリュー・ギャロウェイ & クリス・ヒーロー vs コーディ・ローズ & ジョニー・ガルガーノを行うと言う。



follow me
  
Posted by phenominal14 at 03:19Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote EVOLVE 

2016年08月21日

EVOLVE、AAW 8/19試合結果

EVOLVE8/19大会の結果。


8/19 メリーランド州ジョパ「EVOLVE 66」


WWE Cruiserweight Classic Spotlight Match #2
セドリック・アレキサンダー VS TJパーキンス
TJがアンクル・ロックでタップを奪う。
WINNER:セドリック・アレキサンダー


トレイシー・ウィリアムス & フレッド・イェヒ VS ジグソー & ピーター・カッサ
ジグソーがイェヒにダブル・フットストンプを垂直落下式ブレーンバスターを決めて勝利。
WINNER:ジグソー & ピーター・カッサ


ダスティン VS イーサン・ペイジ
ペイジがパッケージ・パイルドライバーを決めて勝利。
WINNER:イーサン・ペイジ


WWE Cruiserweight Classic Spotlight Match #1
ドリュー・グラック VS トニー・ニース
グラックがサンセットフリップで丸め込んで3カウント。
WINNER:ドリュー・グラック


EVOLVE王座戦 No Holds Barred
(C)ティモシー・サッチャー VS マット・リドル
サッチャーがクロス・アームブリーカーをキメるとリドルはキメられたまま場外へ逃げるが、サッチャーは腕を放さずに締め上げ続けリドルがタップアウト。
WINNER:ティモシー・サッチャー


コーディ・ローズ VS ザック・セイバー Jr.
コーディが変形のトレイラーヒッチをキメて勝利。
WINNER:コーディ・ローズ

コーディがマイクを取るとザックを讃える。コーディはドリュー・ギャロウェイのEVOLVEでのスタンスに対し苦言を呈すると、自分の将来に対し非常に楽しみにしているが、それはギャロウェイと共に歩む未来ではないと言う。


EVOLVE2連戦の初日。WWE離脱後初のインディー出場となるコーディ・ローズに注目が集まった大会。インディー界屈指のテクニシャンであるザック・セイバー Jr.との接戦の末に、最後はコーディが脚間接技で勝利した。

明日はコーディ vs クリス・ヒーロー。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


AAW8/19大会の結果。


8/19 イリノイ州メリオネット・パーク「SHOWDOWN」


Team Tremendous VS トレヴァー・リー & アンドリュー・エヴァレット
リーとエヴァレットがツイスト・オブ・フェイトとスワントーン・ボムのコンボを決めて勝利。
WINNER:トレヴァー・リー & アンドリュー・エヴァレット


リコシェ VS デズモンド・イクセイヴィアー
リコシェがベナドリラーを決めて勝利。
WINNER:リコシェ


デイビー・ヴェガ、マット・フィッチ & ハイジ・ラブレス VS The Killer Cult(OI4K & ジェシカ・ハヴォック)
OI4Kがフィッチにスパイク・パイルドライバーを決めて勝利。
WINNER:The Killer Cult


クリス・ヒーロー VS 入江茂弘
DDTから海外遠征中の入江茂弘がクリス・ヒーローと対戦。激しい打ち合いの末にヒーローがデス・ブローを決めて勝利。
WINNER:クリス・ヒーロー


エディ・キングストン & ホミサイド VS フーリガンズ
WINNER:エディ・キングストン & ホミサイド


キンバー・リー VS バッキー
リーがポップ・アップ・パワーボムを決めて勝利。
WINNER:キンバー・リー


Winner Advances to Jim Lynum Tournament
ムース VS マット・クロス VS ジョシュ・アレキサンダー VS コンゴ・コング
アレキサンダーがスピニング・ツームストン・パイルドライバーを決めて勝利。アレキサンダーがトーナメント出場権を獲得。
WINNER:ジョシュ・アレキサンダー


ジョン・モリソン VS サミ・キャラハン
モリソンがスーパーキックの連発からダブル・チェアー・ムーンサルトを決めて勝利。
WINNER:ジョン・モリソン


follow me
  
Posted by phenominal14 at 02:48Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote EVOLVE | AAW

ROH Results 8/19「DEATH BEFORE DISHONOR XIV」試合結果

ROH8/19PPV大会の結果。


8/19 ネバダ州ラスベガス「DEATH BEFORE DISHONOR XIV」PPV


ROH世界TV王座 No.1 Contender's Match Four Corner Survival
リオ・ラッシュ VS ジェイ・ホワイト VS ドノヴァン・ダイジャック VS カマイタチ
ダイジャックがラッシュにフィースト・ユア・アイズを決めて勝利。
WINNER:ドノヴァン・ダイジャック


サイラス・ヤング VS 柴田勝頼
柴田がスリーパー・ホールドからPKを決めて勝利。
WINNER:柴田勝頼


CHAOS(矢野通、ロッキー・ロメロ & バレッタ) VS Bullet Club(タマ・トンガ、タンガ・ロア & 高橋裕二郎)
矢野が高橋をむき出しのターンバックルにぶつけると、ローブローから丸め込んで3カウント。
WINNER:CHAOS

試合後Bullet ClubがCHAOSを攻撃。ハングマン・ペイジも加わり攻撃しようとするが、ジェイ・ブリスコが駆け込んでくるとそのままペイジとの試合へ。


No Holds Barred
ジェイ・ブリスコ VS ハングマン・ペイジ
凶器を使った潰し合い。ペイジは場外でテーブルへのライト・オブ・パッセージ。さらにリングでもライト・オブ・パッセージを決めて勝利。
WINNER:ハングマン・ペイジ


オカダカズチカ VS ダルトン・キャッスル(w/ ボーイズ)
オカダがツームストン・パイルドライバーからレインメーカーを決めて勝利。
WINNER:オカダカズチカ


ROH世界TV王座戦
(C)ボビー・フィッシュ VS マーク・ブリスコ
フィッシュがファルコン・アローを決めて勝利。
WINNER:ボビー・フィッシュ


ROH世界タッグ王座戦 TRIPLE THREAT
(C)The Addiction(クリストファー・ダニエルズ & フランキー・カザリアン) VS 棚橋弘至 & マイケル・エルガン VS 内藤哲也 & EVIL
棚橋がEVILにハイフライ・フローを決めるが、直前に棚橋にタッチしていたダニエルズが棚橋ごとEVILを丸め込んで3カウント。
WINNER:The Addiction


ROH世界王座戦
(C)ジェイ・リーサル VS アダム・コール
リーサルがリーサル・インジェクションにいくがコールが後頭部へのスーパーキックで迎撃。ラストショットを決めると、スーパーキックからもう1発ラストショットを決めて3カウント。王座移動。
WINNER:アダム・コール 新王者誕生

新王者となりベルトを掲げるコールだったが、カイル・オライリーがリングに上がると振り向いたコールを捕らえ垂直落下式ブレーンバスター。オライリーはベルトを持ってアピールすると、倒れているコールの顔の上にベルトを置いて去る。


ROHのPPVビッグマッチ。メインではROH世界王座戦が行われ挑戦者アダム・コールが王者ジェイ・リーサルに勝利。リーサルは昨年6月から427日間、28度の防衛を重ねながら守り続けてきたROH世界王座を遂に手放すこととなった。

ROH世界王座の保持期間記録では
サモア・ジョー      645日
ナイジェル・マッギネス  545日
ブライアン・ダニエルソン 462日
に次ぐ4位

防衛回数でも
ブライアン・ダニエルソン 38回
ナイジェル・マッギネス  38回
サモア・ジョー      29回
に次いで4位

所謂ROHの3大レジェンドと言える3名に匹敵する素晴らしい記録となった。


一方のコールはこれで2度目のROH世界王座獲得、第23代の王者となる。1人で2度ROH世界王座を獲得したのはオースチン・エリーズ、ジェイ・ブリスコに次いで3人目。1年に渡る負傷欠場を経ての完全復活にして復権。今後の王者としての活躍に期待がかかる。

そしてやはり真っ先にコールに絡んでいったのは元盟友であり、宿命のライバルであるカイル・オライリー。2人にはインディーにおいてかつてのケビン・スティーンとエル・ジェネリコのようなライバル関係を築いていって欲しいと思う。

明日はTVテーピング大会。



follow me
  
Posted by phenominal14 at 02:16Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ROH Results 結果速報 

2016年08月19日

8/19、8/20 ROH、EVOLVE、AAW 直前情報

現地8/19〜8/21はインディー、メジャー共にビッグマッチがめじろ押し。

8/19、20にROHは夏のビッグマッチ、4大大会の1つである「DEATH BEFORE DISHONOR XIV」を開催。PPVとTVテーピングが2日間に渡って行われる。

EVOLVEは8/19、20に2連戦。WWEを離脱したコーディ・ローズが参戦することでも話題を呼んでいる。

AAWは8/19にショーを行う。DDTから海外遠征中の入江茂弘がクリス・ヒーローと対戦。

CHIKARAも8/21にショーを開催。

そして8/20にはWWEのNXTが「TAKEOVER」を開催。8/21にはWWEの夏の祭典「SUMMERSLAM」が行われる。

開催地こそバラバラだが、まるでレッスルマニアウイークかのような充実ぶり。


そんな週末のインディーの注目大会の対戦カードを紹介。


ROH


8/19 ネバダ州ラスベガス「DEATH BEFORE DISHONOR XIV」PPV

ROH世界王座戦
(C)ジェイ・リーサル VS アダム・コール

ROH世界タッグ王座戦 TRIPLE THREAT
(C)The Addiction(クリストファー・ダニエルズ & フランキー・カザリアン) VS 棚橋弘至 & マイケル・エルガン VS 内藤哲也 & EVIL

ROH世界TV王座戦
(C)ボビー・フィッシュ VS マーク・ブリスコ

オカダカズチカ VS ダルトン・キャッスル(w/ ボーイズ)

サイラス・ヤング VS 柴田勝頼

CHAOS(矢野通、ロッキー・ロメロ & バレッタ) VS Bullet Club(タマ・トンガ、タンガ・ロア & 高橋裕二郎)

ジェイ・ブリスコ VS ハングマン・ペイジ

ROH世界TV王座 No.1 Contender's Match Four Corner Survival
リオ・ラッシュ VS ジェイ・ホワイト VS ドノヴァン・ダイジャック VS カマイタチ

キャンディス・リレイ VS ヴェーダ・スコット


何と言っても注目はメインのROH世界王座戦。これまで1年2ヶ月に渡りROH世界王座を保持し続けてきたジェイ・リーサルにアダム・コールが挑む一戦。

今年の5月に行われたROHと新日本プロレスの合同興行でコールがまさかのBullet Club加入。ヤング・バックスと共にジェイ・リーサルとコルト・カバナのROH世界王座戦をぶち壊して無効試合とすると、6/25の「BEST IN THE WORLD」TVテーピングでは、ジェイ・リーサルとカイル・オライリーによるROH世界王座戦の試合後にオライリーを襲撃。さらに止めに入ったリーサルを捕らえるとバリカンで丸坊主にするという暴挙を働く。

これらのコールの行いを見て、マッチメーカーのナイジェル・マッギネスは「アダム・コールから今後永久にROH世界王座へ挑戦する権利を剥奪する」という厳しい判断を下す。しかし散々コールにやられっ放しでは黙っていられないリーサルがマッギネスに対しコールとのROH世界王座戦を直訴。難色を示すマッギネスだったが、最後はリーサルに押し切られる形で2人のタイトルマッチを承諾。1年以上に渡りROHの頂点に君臨してきたリーサルと、かつてはそのポジションで米インディーのトップに君臨、返り咲きを狙うコール。現在におけるROHの頂上決戦と言っても過言ではない重要な一戦となる。


ROH世界タッグ王座戦では王者The Addictionが新日本プロレスの強豪2チームを迎えての3WAY戦という非常に厳しい状況に。ベテラン王者組はこの苦境を乗り越えることができるのか。

ROH世界TV王座戦はボビー・フィッシュがマーク・ブリスコを迎えての防衛戦。マークはROHでの初めてのシングルタイトル獲得を目指す。

新日本プロレスから多数の選手が参戦。前述したROH世界タッグ王座戦に出場する棚橋弘至、マイケル・エルガン、内藤哲也、EVILに加えオカダカズチカ、そしてROH初参戦となる柴田勝頼と矢野通。ビッグマッチらしい豪華なラインナップとなっている。


8/20 ネバダ州ラスベガス「DEATH BEFORE DISHONOR XIV」TVテーピング

ROH世界TV王座戦
(C)ボビー・フィッシュとマーク・ブリスコの勝者 VS 柴田勝頼

ジェイ & マーク・ブリスコ VS リオ・ラッシュ & ジェイ・ホワイト

CHAOS(矢野通、ロッキー・ロメロ & バレッタ) VS The Addiction(クリストファー・ダニエルズ & フランキー・カザリアン) & カマイタチ

All Night Express(ケニー・キング & レット・タイタス)(w/ カプリス・コールマン) VS タマ・トンガ & タンガ・ロア



2日目はTVテーピング。前日のPPVの結果を受け、今後の新たなストーリーが展開されていくこととなるだろう。

発表されている試合の中で注目は柴田勝頼が挑戦するROH世界TV王座戦。王者はPPVでのボビー・フィッシュ vs マーク・ブリスコの勝者。今年に2月のROH日本公演で石井智宏に流出したROH世界TV王座。ここで再び新日本プロレスへの流出は阻止したいところ。




EVOLVE


8/19 メリーランド州ジョパ「EVOLVE 66」

EVOLVE王座戦 No Holds Barred
(C)ティモシー・サッチャー VS マット・リドル

コーディ・ローズ VS ザック・セイバー Jr.

WWE Cruiserweight Classic Spotlight Match #1
ドリュー・グラック VS トニー・ニース

WWE Cruiserweight Classic Spotlight Match #2
セドリック・アレキサンダー VS TJパーキンス

Grudge Match
ダスティン(チャック・テイラー) VS イーサン・ペイジ

トレイシー・ウィリアムス & フレッド・イェヒ VS ジグソー & ピーター・カッサ



8/20 ニューヨーク州ブルックリン「EVOLVE 67」

EVOLVE王座戦
(C)ティモシー・サッチャー(王者だった場合) VS ドリュー・グラック

EVOLVEタッグ王座戦 Six Man Tag Team Match
(C)ドリュー・ギャロウェイ、ダスティン & EC III VS トレイシー・ウィリアムス、フレッド・イェヒ & TJパーキンス

Special Challenge Match
コーディ・ローズ VS クリス・ヒーロー

WWE Cruiserweight Classic Spotlight Match
ザック・セイバー Jr. VS セドリック・アレキサンダー

Special Attraction Match #1
トミー・エンド VS マット・リドル

Special Attraction Match #2
トニー・ニース VS ピーター・カッサ



EVOLVE王者ティモシー・サッチャーは2日連続での防衛戦。初日は遺恨のあるマット・リドルとノー・ホールズ・バードでの完全決着戦。これに勝利すると2日目にはドリュー・グラックとの職人対決が待っている。

WWEを離脱したコーディ・ローズが離脱後最初にブッキングされた大会。初日には現在のプロレス界における最高のテクニシャンであるザック・セイバー Jr.と、2日目には元WWEでもあり、インディー界の重鎮、KOアーティストのクリス・ヒーローと対戦。WWEとは違ったコーディの戦いぶりに注目したい。

2日目にはEVOLVEタッグ王座戦がラインナップ。今回は王者組からの要望により変則的に6人タッグで行われる。王者チームはチャンピオンではないEC IIIが敗れてもベルトを失う。キャッチポイントが勝利した場合は、自分たちで3人のうち誰がチャンピオンになるかを決めることができる。

ドラゴンゲートでブレイク中のピーター・カッサがEVOLVEに登場。2日目にはかつてドラゴンゲートに参戦していたことのあるトニー・ニースと対戦。脅威の身体能力でドラゴンゲートファンの度肝を抜いたカッサ。EVOLVEでも旋風を巻き起こすのか。




AAW


8/19 イリノイ州メリオネット・パーク「SHOWDOWN」

ジョン・モリソン VS サミ・キャラハン

リコシェ VS デズモンド・イクセイヴィアー

クリス・ヒーロー VS 入江茂弘

AAWヘリテージ王座戦
ARフォックス VS ジャック・エヴァンス

Team Tremendous VS トレヴァー・リー & アンドリュー・エヴァレット

デイビー・ヴェガ、マット・フィッチ & ハイジ・ラブレス VS The Killer Cult

エディ・キングストン & ホミサイド VS フーリガンズ

ムース VS マット・クロス VS ジョシュ・アレキサンダー VS コンゴ・コング



前回大会でAAWヘビー級王者となったペンタゴン Jr.は参戦せず。前王者のサミ・キャラハンは、現在はジョニー・ムンドとしてルチャ・アンダーグラウンドで活躍中のジョン・モリソンと対戦。

DDTから海外遠征中の入江茂弘がクリス・ヒーローとシングルで対戦。日本人の海外遠征でクリス・ヒーローと対戦というとどうしても戸澤陽のことを思う出してしまう。戸澤は「Battle of Los Angeles」でのヒーローとの対戦が転機となりアメリカでもブレイクを果たし、アメリカでのラストマッチの対戦相手もヒーローで、感動的な名勝負を繰り広げた。入江はまだ海外遠征をスタートさせたばかりでちょっと状況は違うが、力の限りぶつかり合う2人の姿は非常に楽しみである。



アメリカン・プロレス好きにとってはたまらない週末となるに間違いない3日間。どんな戦いが、そしてドラマが生まれるのか。


follow me
  
Posted by phenominal14 at 03:44Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ROH | EVOLVE

2016年08月17日

ROH NEWS 対戦カード情報

ROH NEWS


8/27 「FIELD OF HONOR」で
ROH世界タッグ王座戦 Gaunt Match
(C)The Addiction(クリストファー・ダニエルズ & フランキー・カザリアン) VS ジェイ & マーク・ブリスコ VS War Machine(ハンソン & レイモンド・ロウ) VS All Night Express(ケニー・キング & レット・タイタス) VS チーズバーガー & ウィル・フェレーラ VS 矢野通 & 外道
が決定。

MCUパークで行われる「FIELD OF HONOR」でタッグ王座を賭けたガントレット戦が決定。昨年の「FIELD OF HONOR」ではROH世界TV王座への挑戦者決定戦がガントレット戦で行われたが、今回はタッグ王座のタイトルマッチ。王者チームを含め計6チームが参加する。

現王者はThe Addictionだが、「DEATH BEFORE DISHONOR XIV」では棚橋弘至 & マイケル・エルガン、内藤哲也 & EVILという新日本プロレスの強豪チームの挑戦を受ける。このガントレットに王者としてエントリーするだけでも至難の業な上に、もしそれが叶ったとしても再び6チームによるガントレットという、またしても非常に厳しい防衛戦を強いられることとなる。

挑戦者チームは、9度目のROH世界タッグ王座獲得を狙うブリスコ兄弟、The Addictionに奪われた王座の奪還を目指すWar Machine、新生ユニットThe Cabinetでの活動にも注目が集まるANX、人気者チーズバーガーと若手筆頭ウィル・フェレーラのフレッシュコンビ、そして大穴ともいえる新日本プロレスの矢野 & 外道。

くじ引きで決まる出場順が何よりもカギを握るガントレット戦。勝ち残るには運も必要。




同じく8/27 「FIELD OF HONOR」で
ダルトン・キャッスル VS KUSHIDA
が決定。

現IWGPジュニア王者、ROHでもファンから絶大な支持を集めるKUSHIDA。「FIELD OF HONOR」での対戦相手が曲者ダルトン・キャッスルに決定。

キャッスルは「DEATH BEFORE DISHONOR」でオカダカズチカと、9/24のダルース大会では獣神サンダー・ライガーとのシングルマッチが決まっており、今回のKUSHIDA戦といい新日本プロレスの選手とのシングルが続いている。

これを機にキャッスルが新日本プロレスに参戦するようなことも期待してしまうが。あとKUSHIDAはそろそろROHでROH世界王座に挑むのを観てみたい。




9/16 ピッツバーグ大会で
アダム・コール & ヤング・バックス(マット & ニック・ジャクソン) VS ジェイ・リーサル、コルト・カバナ & ダルトン・キャッスル
が決定。

今年5月の新日本プロレスとの合同興行より勃発したROH vs Bullet Club。その事の発端となるアダム・コールのBullet Club加入、そこに居合わせたジェイ・リーサルとコルト・カバナ、ヤング・バックス。当事者5名にダルトン・キャッスルを加えた6人による6人タッグ戦が決定。

ROH vs Bullet Clubの抗争の一戦であると同時に「DEATH BEFORE DISHONOR XIV」でROH世界王座を賭けて戦うジェイ・リーサルとアダム・コールが、PPV以降で顔を合わせる試合にもある。果たしてこの試合が行われる時にはROH世界王者がどちらになっているのか、抗争の継続か、リマッチへの前哨戦か。どんなシチュエーションとなるかはPPVの結果次第。




9/17 ロックポート大会で
ジェイ & マーク・ブリスコ VS コルト・カバナ & ダルトン・キャッスル
が決定。

8度のROH世界タッグ王者という記録を持ち、新日本プロレスへの参戦でIWGPタッグ王座を獲得。近年はシングルでの活動が目立ちタッグを組む事が少なくなっていたが、最近の活躍で米インディー界最強タッグというかつての栄光を再び取り戻しつつあるブリスコ兄弟。

対するはコルト・カバナとダルトン・キャッスル。ROHではほぼ接点のない2人だが、前日には前述したBullet Clubとの6人タッグで共闘。そしてこの日は2人でブリスコ兄弟とのタッグ戦に臨む。

米インディー界で長年独自のポジションを築き上げてきたベテランのカバナと、昨年ROHでのブレイクでその世界観が注目されるキャッスル。新たなムーブメントの始まりを期待させる2人の遭遇。




follow me
  
Posted by phenominal14 at 04:16Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ROH 

2016年08月12日

WWN 2017年裏レッスルマニアの詳細が決定

WWNは来年のレッスルマニア・ウイークとなる2017年3/30〜4/2に「WWNLive EXPERIENCE 2017」の開催を発表。

フロリダ州オーランド、WWNにとってのホームグラウンドでの裏レッスルマニアの開催となる。

今回はWWN系のブランドであるEVOLVE、SHIMMER、Kaiju Big Battel、裏WM恒例のWWN Supershow「Mercury Rising」に加え、CHIKARA、Beyond Wrestling、そして英国からProgress Wrestlingが参加する。


裏WMウイークの日程は以下の通り

3/30 
8PM EVOLVE

3/31
午後 Progress Wrestling
4PM EVOLVE
8PM CHIKARA
深夜 Kaiju Big Battel


4/1
午後 SHIMMER
4PM CHIKARA
8PM WWN Supershow「Mercury Rising : Progress vs EVOLVE」
深夜 Beyond Wrestling


4/2
「MORE THAN MANIA TAILGATE PARTY」feat. FIP & ACW


今回の目玉はやはりProgress Wrestlingの参戦。英国でRPWと共に絶大な人気を誇るプロモーション。ここ数年における英国人レスラーの台頭、米インディー進出によって注目を集める中での裏レッスルマニアへの参加となる。

そしてWWN Super Showはタイトルの「Progress vs EVOLVE」が示すようにProgress WrestlingとEVOLVEの対抗戦になる模様。共に「進化」という言葉を団体名に冠した両雄が裏レッスルマニアという大舞台で雌雄を決する。



follow me
  
Posted by phenominal14 at 03:17Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote EVOLVE 

2016年08月11日

ROH NEWS 11月の英国ツアーにウィル・オスプレイの参戦が決定

ROH NEWS


ROHは11/18〜11/20にかけて約9年半ぶりの英国ツアーを行う。

このツアーに参加するROHのメンバーの一部が発表された。

ROH世界王者
ジェイ・リーサル

ヤング・バックス

ジェイ & マーク・ブリスコ

ダルトン・キャッスル



現ROH世界王者のジェイ・リーサル。今やROHの顔と言っても過言ではないリーサルがこのツアーでも主役となるのか。8/19にはアダム・コールとのROH世界王座戦を控えており、王者として英国に乗り込むためにもまずは因縁の相手とのタイトルマッチに勝利しなければならない。

現在新日本プロレスのタッグベルトを持つヤング・バックスとブリスコ兄弟の参戦も決定。世界最高峰のタッグチームとして、共にワールドワイドな活躍を見せる2チーム。ブリスコ兄弟は2006年のROH英国遠征では、当時のROH世界タッグ王者オースチン・エリーズ & ロドリック・ストロングとMOTY級の素晴らしいタッグマッチを行い、2007年の英国での5周年記念大会ではジェイ vs マークの兄弟対決でショーをスティール。ROHの英国大会における名勝負製造機ともいえる功績を残している。

またダルトン・キャッスルも第1弾メンバーに名を連ねている。


そして英国大会ならではの豪華ゲストの参戦が発表された。

ウィル・オスプレイ

今年新日本プロレスに参戦し、ベスト・オブ・スーパー・ジュニアで初参戦初優勝の快挙を成し遂げ、世界的にブレイクを果たしたオスプレイがROHに初参戦。

英国ツアーということで地元選手のゲスト参戦が期待されてはいたが、いきなり本命が登場という感じ。




9/30、10/1に行われる「ALL STAR EXTRAVAGANZA VII」に
ドラゴン・リーの参戦が決定。

CMLLでカマイタチと素晴らしいライバル関係を築き、今年初頭の新日本のファンタスティック・マニアでも名勝負を展開したドラゴン・リーのROH初参戦が決定。当然カマイタチとの抗争の直輸入が期待されるところだが。




10/15に開催されるビッグマッチ「GLORY BY HONOR」で今年も「CHAMPIONS vs ALL STARS」が行われることが決定。

ROHの4人のチャンピオン(ROH世界王者、ROH世界タッグ王者、ROH世界TV王者)がチームを組み、ベルトホルダー以外のROHのトップレスラーがALL STARSとしてチームを結成。8人タッグイリミネーション戦を行う。10月には誰がチャンピオンとして名を連ねるのか。




follow me
  
Posted by phenominal14 at 03:17Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ROH