2017年02月22日

PWG 2/18 試合結果

PWG2/18大会の結果。


2/18 カリフォルニア州レシーダ「Only Kings Understand Each Other」


コーディ・ローズ VS トレヴァー・リー
WINNER:トレヴァー・リー


トレント VS レイ・フェニックス
WINNER:トレント


Unbreakable F'N Machines(マイケル・エルガン & ブライアン・ケイジ) VS ジェフ・コブ & マット・リドル
WINNER:ジェフ・コブ & マット・リドル


リコシェ VS リオ・ラッシュ
WINNER:リコシェ


SuperKliq(アダム・コール、マット・ジャクソン & ニック・ジャクソン) VS OI4K(サミ・キャラハン、ジェイク・クリスト & デイブ・クリスト)
WINNER:SuperKliq


PWG世界王座戦
(C)ザック・セイバー Jr. VS チャック・テイラー
WINNER:ザック・セイバー Jr.

試合後マーティ・スカールがリングに上がると、ザックにブーイングを送っていた観客を罵倒する。ザックとスカールは2人がかりでテイラーを攻撃、トレントが救出に駆けつける。



PWGの2017年開幕戦。メインでは2016年に連勝街道を走ったチャック・テイラーがザック・セイバー Jr.の持つPWG世界王座に挑戦。素晴らしい試合となりザックが防衛を果たした。

試合後ザックがヒールターン、スカールとのコンビでテイラーを攻撃。そこへテイラーの盟友トレントが駆けつけるという展開に。これからLDRS vs Best Friendsの抗争となっていくのかと思わせるエンディングとなった。


そして早速次回大会の対戦カードも発表された。

3/18 「Nice Boys (Don't Play Rock n' Roll)」

LDRS(ザック・セイバー Jr. & マーティ・スカール) VS Best Friends(チャック・テイラー & トレント)

PWG世界タッグ王座戦
(C)ヤング・バックス(マット & ニック・ジャクソン) VS リコシェ & マット・サイダル VS ペンタ・エル・ゼロ & レイ・フェニックス

リオ・ラッシュ VS トレヴァー・リー

The Chosen Bros(ジェフ・コブ & マット・リドル) VS OI4K(デイブ・クリスト & ジェイク・クリスト)

キース・リー VS ブライアン・ケイジ

アダム・コール VS サミ・キャラハン

シェイン・ストリックランド VS デズモンド・イクセイヴィアー



という訳で早速LDRSとBest Friendsが直接対決。

PWG世界タッグ王座戦では王者ヤング・バックスにリコシェ & マット・サイダル、元ペンタゴン & フェニックスの2組が挑戦。激しい空中戦になりそうだ。

ROHでシェイン・テイラーとのコンビで暴れ回っているキース・リーがPWG初参戦、ブライアン・ケイジとのパワー対決に臨む。

同じく初参戦のシェイン・ストリックランドとデズモンド・イクセイヴィアーはCZWでライバル関係を築いてきた2人。その数え歌をPWGに直輸入。

PWG世界王座戦こそないが、いつもながら見所満載の大会となる。


follow me
  
Posted by phenominal14 at 22:58Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote PWG 

2017年02月13日

ROH Results 2/11、2/12 試合結果

ROH2/11、2/12大会の結果。


2/11 ペンシルバニア州ピッツバーグ「Steel City Excellence」


Episode 1

クリストファー・ダニエルズが登場。15周年大会でのROH世界王座挑戦に向け意気込みを語っているとROH世界王者アダム・コールが現れる。コールがダニエルズを挑発すると背後からハングマン・ペイジがダニエルズに襲いかかる。フランキー・カザリアンが駆けつけるとタッグマッチに。

Bullet Club(アダム・コール & ハングマン・ペイジ) VS The Addiction(クリストファー・ダニエルズ & フランキー・カザリアン)
コールがダニエルズから3カウントを奪う。
WINNER:Bullet Club


Top Prospect Tournament 1回戦
ショーン・カー VS ジョン・スカイラー
WINNER:ジョン・スカイラー


モーター・シティ・マシンガンズとテンプラ・ボーイズの試合になるが、MCMGは入場曲が鳴っても現れず。MCMGがバックステージで何者かに襲撃されたことがアナウンスされる。


ROH世界TV王座戦
(C)マーティ・スカール VS ドノヴァン・ダイジャック
スカールがクロスフェイス・チキンウイングをキメて勝利。
WINNER:ドノヴァン・ダイジャック

リオ・ラッシュが次の挑戦者に名乗り上げるがThe Rebellionが現れラッシュを攻撃。MCMGとジェイ・ホワイトが駆けつけ乱闘に。



Episode 2

ROH6人タッグ王座戦
(C)The Kingdom(マット・テイヴェン、TKオライアン & ヴィニー・マルセリア) VS The Rebellion(ケニー・キング、レット・タイタス & カプリス・コールマン)
リオ・ラッシュが乱入しキングを攻撃。The Kingdomが勝利。
WINNER:The Kingdom


Top Prospect Tournament 1回戦
ブライアン・ミロナス VS ラファエル・キング
WINNER:ブライアン・ミロナス


コーディが登場。ジェイ・リーサルに対しブルロープマッチでの対戦を要求。


ジェイ・ブリスコ VS ジェイ・ホワイト
ジェイがクローズラインで勝利。
WINNER:ジェイ・ブリスコ



Episode 3

ヤング・バックス(マット & ニック・ジャクソン) VS コースト・トゥ・コースト
WINNER:ヤング・バックス


ダルトン・キャッスル VS ジョナサン・グレシャム
WINNER:ダルトン・キャッスル


Top Prospect Tournament 1回戦
カート・スタリオン VS プレストン・クイン
WINNER:カート・スタリオン


No DQ Match
War Machine(ハンソン & レイモンド・ロウ) VS BJウィットマー & パニッシュメント・マルティネス
マルティネスがハンソンにコーナーからテーブルへの雪崩式チョークスラムを決めて勝利。
WINNER:BJウィットマー & パニッシュメント・マルティネス

試合後マルティネスは味方であるBJにもチョークスラム、1人で去って行く。



Episode 4

サイラス・ヤング & ビア・シティ・ブルーザー VS ウィル・フェレーラ & チーズバーガー
WINNER:サイラス・ヤング & ビア・シティ・ブルーザー


クリス・ラルッソ VS ジョシュ・ウッズ
WINNER:ジョシュ・ウッズ


ケニー・キング VS リオ・ラッシュ
WINNER:ケニー・キング


Bullet Club(アダム・コール、コーディ & ヤング・バックス) VS ジェイ & マーク・ブリスコ、ジェイ・リーサル、ボビー・フィッシュ
リーサルのトペ・スイシーダがフィッシュに誤爆、2人は口論から乱闘になり試合から離脱。最後はBullet Clubが勝利。
WINNER:Bullet Club

試合後クリストファー・ダニエルズが入ってくるとコールにエンジェルズ・ウイング。ダニエルズはコールの髪を切ろうとするがフランキー・カザリアンがダニエルズを裏切りダニエルズを攻撃。カザリアンはBullet Clubに加入。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


2/12 オハイオ州コロンバス「The Experience」


ジェイ & マーク・ブリスコ defeated テンプラ・ボーイズ


The Rebellion defeated モーター・シティ・マシンガンズ


ヤング・バックス(マット & ニック・ジャクソン) defeated War Machine(ハンソン & レイモンド・ロウ)


コーディ defeated ダルトン・キャッスル


ジェイ・リーサル & ボビー・フィッシュ defeated アダム・コール & ハングマン・ペイジ


ケリー・クレイン defeated スカーレット・ボルドー


パニッシュメント・マルティネス VS ビア・シティ・ブルーザー VS デヴィッド・スター VS シェイン・テイラー VS ウィル・フェレーラ VS ジョナサン・グレシャム
WINNER:パニッシュメント・マルティネス


ROH6人タッグ王座戦
ファンが投票で挑戦者を決定
(C)The Kingdom(マット・テイヴェン、TKオライアン & ヴィニー・マルセリア) defeated ジェイ・ブリスコ、クリス・セイビン & チーズバーガー


Proving Ground Match 2 out of 3 Falls
マーティ・スカール VS リオ・ラッシュ
スカールが傘を使って反則負け。その後すぐにうピンフォールを奪い1−1。最後はラッシュが丸め込んで3カウント。ラッシュがROH世界TV王座への挑戦権を獲得。
WINNER:リオ・ラッシュ



follow me
  
Posted by phenominal14 at 22:35Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ROH Results 結果速報 

2017年02月08日

AAW 2/4 試合結果

AAW2/4大会の結果。


2/4 イリノイ州ラサール「END OF INNOCENCE」


エリック・キャノン VS マリオン・フォンテイン VS デビッド・スター VS ステファン・ウルフ
WINNER:エリック・キャノン


マイク・ハーテンボウワー defeated ジッキー・ダイス


キャンディス・リレイ & サマンサ・ヘイツ defeated ジェシカ・ハヴォック & シエナ


デイビー・ヴェガ & マット・フィッチ defeated パコ & エース・ペリー


DJZ defeated アルド・ローズ


ザッチャリー・ウェイツ defeated OI4K(ジェイク & デイブ・クリスト


AAWヘリテージ王座戦
(C)ACH defeated トレヴァー・リー


ブル・ベイカー、CJエスパルザ、ブレット・ガキヤ defeated コディ・ライス、コナー・ブラクストン & バッキー


ペンタ・エル・ゼロ defeated ARフォックス


AAWヘビー級王座戦
(C)サミ・キャラハン defeated コンゴ・コング




follow me
  
Posted by phenominal14 at 03:16Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote AAW 

2017年02月07日

ROH Results 2/3、2/4 試合結果

ROH2/3、2/4大会の結果。


2/3 テキサス州サン・アントニオ「UNDISPUTED LEGACY」


ウィル・フェレーラ VS ジョナサン・グレシャム
グレシャムが間接技をキメて勝利。
WINNER:ジョナサン・グレシャム


The Addiction(クリストファー・ダニエルズ & フランキー・カザリアン) VS テンプラ・ボーイズ
アダム・コールの妨害からテンプラ・ボーイズが勝利。
WINNER:テンプラ・ボーイズ


ROH6人タッグ王座戦
(C)The Kingdom(マット・テイヴェン、TKオライアン & ヴィニー・マルセリア VS War Machine(ハンソン & レイモンド・ロウ) & ジャックス・ダン

WINNER:The Kingdom


ダルトン・キャッスル VS ジェイ・リーサル VS ボビー・フィッシュ
WINNER:ダルトン・キャッスル


BJウィットマー VS ロマンティック・タッチ
WINNER:BJウィットマー


ジェイ & マーク・ブリスコ VS シェイン・テイラー & キース・リー
乱戦となり収拾つかず、ジェイとテイラーがレフェリーを突き飛ばしレフェリーはゴングを要求。
ノーコンテスト

試合後も乱闘は続きジェイがテイラーにジェイ・ドリラー、マークがリーにテーブル貫通のフロッギー・ボウを決める。


コーディ VS ドノヴァン・ダイジャック
WINNER:コーディ


アダム・コール、ヤング・バックス(マット & ニック・ジャクソン) & ハングマン・ペイジ VS モーター・シティ・マシンガンズ(クリス・セイビン & アレックス・シェリー)、リオ・ラッシュ & ジェイ・ホワイト
WINNER:Bullet Club




2/4 テキサス州ダラス「HONOR REIGNS SUPREME」


ダルトン・キャッスル VS ドノヴァン・ダイジャック
キャッスルがバン・ア・ランを決めて勝利。
WINNER:ダルトン・キャッスル


The Rebellion(レット・タイタス & アンディ・ダルトン) VS War Machine(ハンソン & レイモンド・ロウ)
War Machineがフォールアウトを決めて勝利。
WINNER:War Machine


アダム・コール & コーディ VS The Addiction(クリストファー・ダニエルズ & フランキー・カザリアン)
コールがダニエルズにスーパーキックを決めて勝利。
WINNER:アダム・コール & コーディ


ジェイ・リーサル VS ハングマン・ペイジ
Bullet Clubの介入からペイジがライト・オブ・パッセージを決めて勝利。
WINNER:ハングマン・ペイジ


Four Corner Survival
ジョナサン・グレシャム VS ウィル・フェレーラ VS ジャックス・ダン VS ショウ
WINNER:ウィル・フェレーラ


ボビー・フィッシュ VS リオ・ラッシュ
WINNER:ボビー・フィッシュ


ROH6人タッグ王座戦
(C)The Kingdom(マット・テイヴェン、TKオライアン & ヴィニー・マルセリア VS モーター・シティ・マシンガンズ(クリス・セイビン & アレックス・シェリー) & ジェイ・ホワイト
The Kingdomの反則負け。王座移動せず。
WINNER:MCMG & ジェイ・ホワイト


ROH世界タッグ王座戦 2 out of 3 Falls
ヤング・バックス(マット & ニック・ジャクソン) VS ジェイ & マーク・ブリスコ
1本目はブリスコ兄弟が丸め込みで勝利。2本目はジェイがイス攻撃で反則負け。3本目はメルツァー・ドライバーでバックスの勝利。
WINNER:ヤング・バックス




follow me
  
Posted by phenominal14 at 02:16Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ROH Results 結果速報 

2017年02月04日

ROH NEWS 2/3、2/4 直前情報

ROHは2/3、2/4に2連戦を行う。

現在までに発表されているカードは以下の通り。


2/3 テキサス州サン・アントニオ「UNDISPUTED LEGACY」

アダム・コール、ヤング・バックス(マット & ニック・ジャクソン) & ハングマン・ペイジ VS モーター・シティ・マシンガンズ(クリス・セイビン & アレックス・シェリー)、リオ・ラッシュ & ジェイ・ホワイト

コーディ VS ドノヴァン・ダイジャック

ダルトン・キャッスル VS ジェイ・リーサル VS ボビー・フィッシュ

ジェイ & マーク・ブリスコ VS シェイン・テイラー & キース・リー

The Addiction(クリストファー・ダニエルズ & フランキー・カザリアン) VS テンプラ・ボーイズ

ROH6人タッグ王座戦
(C)The Kingdom(マット・テイヴェン、TKオライアン & ヴィニー・マルセリア VS War Machine(ハンソン & レイモンド・ロウ) & ジャックス・ダン




2/4 テキサス州ダラス「HONOR REIGNS SUPREME」

2 out of 3 Falls
ヤング・バックス(マット & ニック・ジャクソン) VS ジェイ & マーク・ブリスコ
*1本目 通常ルール
 2本目 ルチャルール
 3本目 No DQ 

アダム・コール & コーディ VS The Addiction(クリストファー・ダニエルズ & フランキー・カザリアン)

ジェイ・リーサル VS ハングマン・ペイジ

ダルトン・キャッスル VS ドノヴァン・ダイジャック

ボビー・フィッシュ VS リオ・ラッシュ

ROH6人タッグ王座戦
(C)The Kingdom(マット・テイヴェン、TKオライアン & ヴィニー・マルセリア VS モーター・シティ・マシンガンズ(クリス・セイビン & アレックス・シェリー) & ジェイ・ホワイト



初日のメインはBullet Club vs MCMGプラス若手による8人タッグ。ラッシュ、ホワイトといった面々がメインに立つ貴重な体験となる。さらに2日目はMCMGとホワイトのトリオで6人タッグ王座に挑戦する。

2日目メインはヤング・バックスとブリスコ兄弟が再び激突。今回は1本づつルールが変わる変則3本勝負で行われる。



follow me

  
Posted by phenominal14 at 02:41Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ROH 

2017年01月30日

EVOLVE 1/27、1/28 試合結果

EVOLVE1/27、1/28大会の結果。


1/27 テキサス州サンアントニオ「EVOLVE 76」


ジャカ VS ピーター・カッサ
ジャカがスピンキックからシットダウン・パワーボムを決めて勝利。
WINNER:ジャカ


クリス・ディッキンソン VS ダービー・アリン
アリンが丸め込みで勝利。
WINNER:ダービー・アリン


ダスティン VS ジェイソン・キンケイド
キンケイドがキャパシティ・リリースをキメて勝利。
WINNER:ジェイソン・キンケイド


ザック・セイバー Jr. VS イーサン・ペイジ
ザックが関節技をキメてタップを奪い勝利するが、試合が終わってもザックは技を解こうとせず、レフェリーは判定を覆してザックを反則負けにする。
WINNER:イーサン・ペイジ


マット・リドル VS ACH
リドルがフィッシャーマン・バスターを決めて勝利。
WINNER:マット・リドル


EVOLVEタッグ王座戦
(C)トレイシー・ウィリアムス & フレッド・イェーハイ VS ティモシー・サッチャー & ジェフ・コブ
イェーハイがサッチャーからコージ・クラッチでタップを奪い勝利。
WINNER:トレイシー・ウィリアムス & フレッド・イェーハイ


クリス・ヒーロー VS キース・リー
ヒーローがトップロープに飛び乗るとトップロープが壊れ、リーがセカンドロープからムーンサルトにいこうとしてセカンドロープが壊れる。最後はヒーローがゴッチ式パイルドライバーで勝利。
WINNER:クリス・ヒーロー




1/28 テキサス州サンアントニオ「EVOLVE 77」


イーサン・ペイジ & ゲートキーパーズ VS ダービー・アリン & バレット・ブラウン
ハンディ戦の状態でスタートするが、途中ザック・セイバー Jr.がアリン組に加わる。セイバーがゲートキーパーズのマクマッシブからキムラロックでタップを奪う。
WINNER:ザック・セイバー Jr.、ダービー・アリン & バレット・ブラウン


トレイシー・ウィリアムス VS ラレド・キッド
ウィリアムスがクロスフェイスをキメて勝利。
WINNER:トレイシー・ウィリアムス


クリス・ディッキンソン & ジャカ VS サミー・ゲバラ & ジェイソン・キンケイド
ディッキンソンとジャカがキンケイドにドゥームスデイ・チョークスラムを決めて勝利。
WINNER:クリス・ディッキンソン & ジャカ


フレッド・イェーハイ VS ACH
ACHが垂直落下式ブレーンバスターからスモールパッケージを決めて勝利。
WINNER:ACH


No DQ Match
マット・リドル VS ダスティン
リドルが顔面へのストンピング連打で勝利。
WINNER:マット・リドル


EVOLVE王座戦
(C)ティモシー・サッチャー VS ジェフ・コブ
サッチャーがアームバーからの丸め込みで勝利。
WINNER:ティモシー・サッチャー


クリス・ヒーロー VS ザック・セイバー Jr.
ヒーローがゴッチ式パイルドライバーにいこうとするがザックが切り返してアームバー、ヒーローがタップアウト。
WINNER:ザック・セイバー Jr.

ヒーローがマイクを取るとこれまでのザックとの長い戦いの歴史について語る。また自身のキャリアを変えたプロレスリング・ノアでの経験も話すと、自身の歴史についてゲイブ・サポルスキーと話す。
ヒーローがザックに対しEVOLVE王座を目指すべきだと声をかけると、そこへACHが登場。ACHは自分がレスラーであろうとするモチベーションとなったのはヒーローの存在だと言い、今夜自分はフレッド・イェーハイに勝利し、EVOLVE王座のNo.1コンテンダーに相応しいことを証明したと言う。
そこへストークリー・ハサウェイが出てくると勝手に挑戦者を名乗ることは許されない、誰もEVOLVE王座に挑む資格などないと言うが、ティモシー・サッチャーが出てくるとザックを挑戦者に指名する。
その後ザックはヒーローに思いの丈を告げ、バックステージから選手達が出てくるとヒーローの旅立ちを祝福する。ヒーローが感謝を述べて終了。


クリス・ヒーローのEVOLVEラストマッチ。
初日のキース・リー戦は巨漢同士の一戦でロープが2本壊れるというアクシデント。まさに規格外の一戦となった。昔2008年にPWGの「2008 Battle of Los Angeles」の決勝でヒーロー vs ロウキーが行われ、その時は前の試合でセカンドロープとサードロープが壊れ、最初からトップロープしかないという状態で戦ったことを少し思い出した。

2日目はEVOLVEなどでライバル関係を築いてきたザック・セイバー Jr.と最後の一騎打ち。ザックがヒーローを破り、ヒーローからザックへバトンが渡されるような形となった。

これから再度WWEの門を叩くヒーロー。その輝かしいキャリアがさらに華々しいものになることを祈りたい。


follow me
  
Posted by phenominal14 at 04:02Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote EVOLVE 

2017年01月28日

EVOLVE 1/27、28 直前情報

EVOLVEは1/27、1/28にショーを行う。WWE復帰が決まったクリス・ヒーローにとっての最後の大会となる。


1/27 テキサス州サンアントニオ「EVOLVE 76」

The Main Event
クリス・ヒーロー VS キース・リー

Main Event #2 EVOLVEタッグ王座戦
(C)トレイシー・ウィリアムス & フレッド・イェーハイ VS ティモシー・サッチャー & ジェフ・コブ

Grudge Match
ザック・セイバー Jr. VS イーサン・ペイジ

Special Attraction Match
マット・リドル VS ACH

Special Challenge Match #1
ダスティン VS ジェイソン・キンケイド

Special Challenge Match #2
ジャカ VS ピーター・カッサ

Special Challenge Match #3
クリス・ディッキンソン VS ダービー・アリン



1/28 テキサス州サンアントニオ「EVOLVE 77」

The Main Event
クリス・ヒーロー VS ザック・セイバー Jr.

Main Event #2 EVOLVE王座戦
(C)ティモシー・サッチャー VS ジェフ・コブ

No DQ Match
マット・リドル VS ダスティン

Special Challenge Match #1
フレッド・イェーハイ VS ACH

Special Challenge Match #2
トレイシー・ウィリアムス VS ラレド・キッド

Special Tag Team Attraction
クリス・ディッキンソン & ジャカ VS サミー・ゲバラ & ジェイソン・キンケイド



長年に渡りアメリカ・インディーシーンをはじめ、ヨーロッパ、日本など世界中で活躍してきたクリス・ヒーロー。晴れてWWE復帰が決まり、今後は再びカシアス・オーノとしてメジャー団体での成功を目指すことに。一度WWEから離脱した後はホームリングともいえる団体であったEVOLVEでの最後の大会。

「A Hero's Exit」として行われるヒーローのラストマッチ2連戦。初日はROH等で活躍しているキース・リーと対戦。インディーではあまり自分より大きな選手と戦うことの少なくなったヒーローだが、大柄な体格とパワーに加え機敏さも併せ持つリーとの戦いはヘビー級同士の迫力あるものとなりそう。

2日目にしてヒーローのラストマッチの相手となるのはザック・セイバー Jr.。一昨年から昨年にかけてインディーシーンの新たなスターとして大きな飛躍を遂げたザック。真のトップレスラーへの道を進むザックの大きな壁となったのがヒーローだった。2人は幾度となく対戦を重ね、ヒーローは代名詞である容赦ない打撃で何度もザックを打ちのめしてきた。入れ替わりが激しいインディーシーンの中で長年最前線で戦い続け、いつしかインディー界の門番ともいうべき存在となったヒーロー。ザックにとってはなんとしても超えなければならない存在であり、これがラストチャンスとなる。

そのキャリアの中で様々な団体で多くの実績を積み上げ、また指導者としても多くの選手を導く等インディー界に多大な貢献をしてきたヒーロー。その功績を讃え、新たな旅立ちを祝福する2日間となる。



follow me
  
Posted by phenominal14 at 00:52Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote EVOLVE 

2017年01月23日

ROH NEWS 裏WMでヤング・バックス vs ハーディーズが決定

ROH NEWS


ROHは4/1に裏レッスルマニア大会「SUPERCARD OF HONOR XI」を開催。その目玉カードが発表された。

Tag Team Dream Match
ヤング・バックス(マット & ニック・ジャクソン) VS ハーディーズ(ブロークン・マット・ハーディ & ブラザー・ネロ)

まさにSUPERCARDの名に相応しいドリームマッチが決定。

長年に渡り名タッグチームと名勝負を生み出し続けるROHのタッグディビジョン、その現在の頂点に君臨するのが2度のROH世界タッグ王者ヤング・バックス。

「FINAL BATTLE 2016」ではブリスコ兄弟を挑戦者に迎えROH世界タッグ王座の防衛戦を行い、8度のROH世界タッグ王者であり、ROHタッグディビジョンのパイオニアであるブリスコ兄弟を撃破。名実共に自分たちが現在のタッグレスリングの頂点の存在であると証明した。

そのバックスに挑戦状を叩き付けたのが、現在のプロレス界で最も異彩を放っていると言っても過言ではないブロークン・マット・ハーディ。強烈なキャラクターと破天荒すぎる行動、センセーショナルな野外試合映像など、自身何度目かの絶頂期を迎えていると言えるマットが、ブラザー・ネロとのタッグでヤング・バックスをDeleteすべくROHに乗り込むと宣言。「FINAL BATTLE 2016」の2日後のTVテーピングにはドローンのヴァンガード1を送り込んだが、バックスも宣戦布告とばかりにスーパーキックでヴァンガード1を撃墜。戦いの火蓋が切って落とされた。

以前にもハーディーズ vs ヤング・バックス自体は実現しているが、覚醒したブロークン・マット・ハーディ & ブラザー・ネロとしてのハーディーズとの対戦は初めて。

それぞれ2000年代、2010年代を代表する、また象徴するタッグチームによる夢の対決。これは見逃せない。



同じく「SOH XI」で
ROH世界王座戦
(C)アダム・コール VS ダルトン・キャッスル
が決定。

1/4新日本プロレスの東京ドーム大会でカイル・オライリーを破り、史上最多となる3度目のROH世界王座獲得を果たしたアダム・コール。

対する挑戦者はダルトン・キャッスル。キャッスルは10/15の「GLORY BY HONOR」のChampions vs All Stars戦、そして12/4のTVテーピングでいずれもコールからピンフォールを奪っており、今回挑戦者として抜擢。裏WMの大舞台での挑戦となる。



「SOH XI」には
新日本プロレスから
獣神サンダー・ライガー
YOSHI-HASHI

CMLLから
ボラドール Jr.
ドラゴン・リー

のゲスト参戦が発表されている。



その他、新たに発表された今後の対戦カード

2/4 ダラス

ジェイ・リーサル VS ハングマン・ペイジ

2/11 ピッツバーグ

ROH世界TV王座戦
(C)マーティ・スカール VS ドノヴァン・ダイジャック

ROH6人タッグ王座戦
(C)The Kingdom(マット・テイヴェン、ヴィニー・マルセリア & TKオライアン) VS The Rebellion(ケニー・キング、レット・タイタス & カプリス・コールマン)

Bullet Club(アダム・コール、コーディ & ヤング・バックス) VS ボビー・フィッシュ、ジェイ・リーサル、ジェイ & マーク・ブリスコ

3/4 ニューヨーク

ROH世界王座戦
(C)アダム・コール VS ボビー・フィッシュ


また2/12にコロンバスで行われる「THE EXPERIENCE」はROH初のインタラクティブ・イベントとして行われることが発表。

この大会ではファン投票によって
「6人タッグ王座への挑戦者」
「マーティ・スカール vs リオ・ラッシュの試合形式」
「アダム・コール & ハングマン・ペイジ vs ジェイ・リーサル & ボビー・フィッシュの試合形式」
が決められる。

メインで行われる予定のROH6人タッグ王座戦は王者The Kingdomに挑戦するチームを投票。

Proving Ground Matchで行われるマーティ・スカール vs リオ・ラッシュの試合形式は
1、2 out of 3 Falls(3本勝負)
2、サブミッション・マッチ
3、ヨーロピアン・ラウンド・コンテスト
の中から投票。

Bullet Club vs リーサル & フィッシュの試合形式は
1、テーブルマッチ
2、No DQマッチ
3、エニウェア・フォールマッチ
の中から選択。

ROH初のファン参加型イベント。今更「タブーチューズデイ」みたいなことを・・・、と思わなくもないが。

また2/12では

ROH世界タッグ王座戦
(C)ヤング・バックス(マット & ニック・ジャクソン) VS War Machine(ハンソン & レイモンド・ロウ)

コーディ VS ダルトン・キャッスル

ジェイ & マーク・ブリスコ VS テンプラ・ボーイズ

モーター・シティ・マシンガンズ(クリス・セイビン & アレックス・シェリー) VS The Rebellion(ケニー・キング、レット・タイタス & カプリス・コールマン)

も決定している。



follow me
  
Posted by phenominal14 at 03:21Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ROH 

AAW 1/20 試合結果

AAW1/20大会の結果。


1/20 イリノイ州メリオネット・パーク「Don’t Stop Believing」


Steel Cage Match
Outlaw Inc.(ホミサイド & エディ・キングストン) VS OI4K(ジェイク & デイブ・クリスト)
ホミサイドがコップキラーを決めてカバーにいくがJTダビッドソンとサミ・キャラハンが妨害。アビスが現れるとキャラハンは退散するが、アビスはホミサイドを裏切りチョークスラム。デイブがカバーして3カウント。
WINNER:OI4K


デズモンド・イクセイヴィアー VS DJZ VS ムース VS ARフォックス
フォックスがDJZに450°スプラッシュを決めて勝利。
WINNER:ARフォックス


AAWタッグ王座戦
(C)ジャック・エヴァンス & アンドリュー・エヴァレット VS デイビー・ヴェガ & マット・フィッチ
ジャックが丸め込みで3カウントを奪う。
WINNER:ジャック・エヴァンス & アンドリュー・エヴァレット


サミ・キャラハンがJTダビッドソンと登場。JTは今からAAWヘビー級王者のキャラハンがオープンチャレンジを行うと言う。キャラハンは観客に対し自分を倒せる者がいるなら出て来てみろと挑発。するとキャンディス・リレイが登場しキャラハンに挑戦させろと言う。しかしキャラハンはキャンディスを罵倒して一旦は拒否、しかし自分の出す条件がのめるのならやってやると言い、キャンディスが負ければリマッチはなし、さらにタイトルマッチを行うにはまずノンタイトルマッチでキャラハンを倒さなければならないと言う。さらにキャラハンが自分がどんなにキャンディスを痛めつけたとしても一切の苦情は受け付けないと言うとキャンディスはキャラハンに平手打ち、背中を向けたキャラハンにリバース・ハリケーンラナ。キャンディスがカバーすると3カウント入りキャンディスの勝利。キャンディスがヘビー級王座への挑戦権を獲得。そのままタイトルマッチが開始。


AAWヘビー級王座戦
(C)サミ・キャラハン VS キャンディス・リレイ
キャンディスが雪崩式ボールズプレックスを決めるがカウント2。キャンディスは間接技にいくがキャラハンが切り返してストレッチ・マフラー。キャンディスがタップアウト。
WINNER:サミ・キャラハン

試合後キャラハンがさらに挑戦者を募るとコンゴ・コングが登場。しかしスカーレット・ボルドーがコナー・ブラクストンとエディ・マーシェを連れて登場、コングの挑戦に待ったをかける。


コンゴ・コング VS エディ・マーシェ
コングがリキシドライバーを決めて勝利。
WINNER:コンゴ・コング


デイビー・リチャーズ VS マット・サイダル
サイダルがシューティング・スター・プレスを決めて勝利。
WINNER:マット・サイダル


メルセデス・マルチネス VS アンジェリーナ・ラブ
マルチネスがフィッシャーマン・バスターを決めて勝利。
WINNER:メルセデス・マルチネス


サイラス・ヤング VS ドリュー・ギャロウェイ
サイラスのAAWラストマッチ。ギャロウェイがフューチャーショックDDTを決めて勝利。
WINNER:ドリュー・ギャロウェイ

試合後サイラスはファンに対し感謝のスピーチ。


コルト・カバナ VS アビス
アビスがブラックホール・スラムを決めて勝利。
WINNER:アビス


マイケル・エルガン & ブライアン・ケイジ VS レイ・フェニックス & ACH
フェニックスがケイジにカナディアン・デストロイヤーを決めて勝利。
WINNER:レイ・フェニックス & ACH




長年に渡りAAWの中心選手として活躍してきたサイラス・ヤングにとっての最後のAAWでの大会となった。AAWヘビー級王座を2度獲得、マイケル・エルガンとの名勝負数え歌とも称される抗争では幾多の名勝負を生み出した。古巣とも言うべきAAWを離れ、今後の更なる活躍に期待したい。

その他もキャンディス・リレイのヘビー級王座挑戦やデイビー・リチャーズ vs マット・サイダル、メインの豪華なタッグマッチなど見所の多い大会となった模様。


follow me


  
Posted by phenominal14 at 02:24Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote AAW 

2017年01月17日

ROH Results 1/14 試合結果

ROH2017年第1弾興行。1/14TVテーピングの結果。


1/14 ジョージア州アトランタ


Episode 1

チーズバーガー & ウィル・フェレーラ VS テンプラ・ボーイズ VS Coast 2 Coast(レオン・セント・ジョバンニ & シャヒーム・アリ)
ヤング・バックスが実況に参加、自分たちのタッグ王座に挑戦するに相応しいチームを探していると言う。試合はテンプラ・ボーイズがスーパーキックとパイルドライバーのコンボで勝利。バックスはテンプラ・ボーイズを次期挑戦者に指名する。
WINNER:テンプラ・ボーイズ


ROH世界TV王座戦
(C)マーティ・スカール VS ジュース・ロビンソン
スカールがチキンウイングをキメて勝利。
WINNER:マーティ・スカール

試合後スカールがマイクを取ると、自分は無敗のROH世界TV王者であり、オープンチャレンジで次期挑戦者を募ると言う。するとリオ・ラッシュ、ドノヴァン・ダイジャック、ジェイ・ホワイト、ジョナサン・グレシャム、アレックス・シェリー、クリス・セイビンが現れる。スカールが退場した後セイビンはこの6人で誰が挑戦権を勝ち取るか、戦って実力を証明しなければならないと言う。


Decade of Excellence Tournament 準決勝
ジェイ・ブリスコ VS ジェイ・リーサル
リーサルがリーサル・インジェクションにいくが、ジェイがかわしてクローズラインを決めて勝利。
WINNER:ジェイ・ブリスコ



Episode 2

War Machine(ハンソン & レイモンド・ロウ) VS BJウィットマー & パニッシュメント・マルティネス
場外乱闘となりダブル・カウントアウト。その後も4人は収まらずそのまま争いながらバックステージへ。
ダブル・カウントアウト


The Kingdom(マット・テイヴェン、ヴィニー・マルセリア & TKオライアン) VS The Bruiserweights(コーリー・ホリス & ジョン・スカイラー) & ジョセフ・アグア
The Kingdomが合体パワーボムを決めて勝利。
WINNER:The Kingdom

試合後テイヴェンは自分たちは最高の6人タッグ王者だと言う。するとダルトン・キャッスルがボーイズを連れて登場、次の挑戦者は自分たちだと言う。しかし実況席にいたコルト・カバナがボーイズを襲撃してから逃亡。


ROH世界タッグ王座戦
(C)ヤング・バックス(マット & ニック・ジャクソン) VS テンプラ・ボーイズ(ヨー & ショー)
バックスがヨーをロープに据え付けての450°スプラッシュを決めて勝利。
WINNER:ヤング・バックス

バックスはテンプラ・ボーイズの健闘を讃えて腕を挙げるが、ハングマン・ペイジがテンプラ・ボーイズを襲撃。



Episode 3

Six Man Meyhem No.1 Contender's Match
クリス・セイビン VS アレックス・シェリー VS リオ・ラッシュ VS ジェイ・ホワイト VS ジョナサン・グレシャム VS ドノヴァン・ダイジャック
試合中リベリオン(ケニー・キング、レット・タイタス、カプリス・コールマン)が現れ、セイビン、シェリー、ホワイトが場外で迎え撃つ。リング上ではラッシュとダイジャックの戦いとなり、最後はダイジャックがフィースト・ユア・アイズを決めて勝利。
WINNER:ドノヴァン・ダイジャック

ダイジャックがROH世界TV王座への挑戦権を獲得。


Women of Honor
ケリー・クレイン & ケネディ・ブリンク VS フェイ・ジャクソン & 坂井澄江
ブリンクがジャクソンにアナコンダバイスをキメて勝利。
WINNER:ケリー・クレイン & ケネディ・ブリンク


ハングマン・ペイジ VS マット・セルズ
ペイジがライト・オブ・パッセージを決めて勝利。
WINNER:ハングマン・ペイジ

試合後ヤング・バックスが登場。ペイジがセルズの首にロープをかけて首つり状態にするとバックスがセルズにスーパーキック。バックスがマイクを取るとBullet Clubのコーディとアダム・コールを呼び出す。コーディはアトランタをけなすプロモを行うが、観客はコーディに好意的なチャント。コーディはジェイ・リーサルを呼び出すと、リーサルはROHの門番などではない、ただのドア係だと言う。Bullet Clubのメンバーからツバを吐きかけられたリーサルはリングに上がるが一斉に襲いかかられリンチ状態。ボビー・フィッシュが駆けつけるがそれでも多勢に無勢。モーター・シティ・マシンガンズが駆けつけるとようやく反撃開始。フィッシュがリーサルとのタッグでBullet Clubとの試合を要求。


ジェイ・リーサル & ボビー・フィッシュ VS アダム・コール & コーディ
フィッシュがコールにニー・バーをキメて勝利。観客はフィッシュに「Next World Champ」チャント。
WINNER:ジェイ・リーサル & ボビー・フィッシュ



Episode 4

マーク・ブリスコ VS サル・リノーロ
マークがフロッギー・ボウを決めて勝利。
WINNER:マーク・ブリスコ

試合後シェイン・テイラー & キース・リーが現れるとマークを取り囲む。ジェイ・ブリスコが駆けつけると4人で乱闘。テイラーとリーはマークをパワーボム、さらにジェイをテーブルに叩き付ける。


The Rebellion(ケニー・キング、レット・タイタス & カプリス・コールマン) VS ダルトン・キャッスル & ボーイズ
タイタスがダイビング・スプラッシュを決めて勝利。
WINNER:The Rebellion

試合後The Kingdomが現れるとキャッスルをコケにして挑発。


サイラス・ヤング VS ブル・ジェームス
サイラスがミザリーを決めて勝利。
WINNER:サイラス・ヤング


コルト・カバナ VS ボーイズ
ダルトン・キャッスルが実況に参加。カバナはキャッスルに対し、お前が見てる前でボーイズを叩きのめしてやると宣言。カバナがボーイズにシカゴ・スカイラインとビリー・ゴーツ・カースをキメて勝利。
WINNER:コルト・カバナ


Decade of Excellence Tournament 決勝
クリストファー・ダニエルズ VS ジェイ・ブリスコ
ダニエルズが雪崩式のエンジェルズ・ウイングを決めて勝利。
WINNER:クリストファー・ダニエルズ

試合後アダム・コールがリングに上がるとダニエルズと睨み合い。観客はダニエルズに「Next World Champ」チャント。



ROH2017年の開幕戦。

15周年大会でのROH世界王座への挑戦者を決めるDecade of Excellence Tournamentは決勝でクリストファー・ダニエルズとジェイ・ブリスコが対戦。共に2002年2月23日に行われたROHの旗揚げ戦に出場した2人。ROH初参戦から10年以上のキャリアを持つ選手のみが参加資格を持つというトーナメントに相応しい決勝の顔合わせによる一戦となり、ダニエルズが勝利しROH世界王座の次期挑戦者となった。

ダニエルズがROH世界王座に挑戦するのは、エディ・エドワーズが王者だった2011年4月1日以来、実に6年ぶりのこととなる。ROH初期のトップヒールにして初代ROHタッグ王者。ROH世界TV王座も巻いたことのあるダニエルズだが、これまで一度もROH世界王座は手に入れたことがない。15周年という節目の大会で念願のベルトを獲得することができるのか。

ROH世界TV王座戦線は王者マーティ・スカールにドノヴァン・ダイジャックの挑戦が決定。


次回は2/3のサンアントニオ大会。



follow me
  
Posted by phenominal14 at 01:46Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote ROH Results 結果速報