2008年07月07日

津波避難訓練

今日、7月7日、ピピ島で非難訓練が朝ありました。
が、私はダイビングに出ていたので、その時島にはいませんでした。
以前誤作動があって問題になった、あの警報システムが今日は訓練として作動したようです。タイ語、英語、中国語、日本語などなどの言葉で高いところに逃げろと行っていたようです。
今島にはいろんなところに、津波が来た時の逃げる方向を指す看板があります。
今日はとくに逃げたりなどの様子はなかったようです。
ただサイレンが動くかどうかテストしたのでしょうか?  

Posted by phi_phi_island at 22:06Comments(2)TrackBack(0)clip!ピピ島情報 

2008年07月01日

マンゴスティン石鹸

マンゴスティン石鹸
いつのまにか、欠かせなくなったこの石鹸。
美白や酸化防止に効果があるらしい。
顔を洗うのに使っているけど、なんだかすごくしっとりする。
日本で買うと高いらしいが、こっちで買うと安い。  

Posted by phi_phi_island at 11:19Comments(5)TrackBack(0)clip!

2008年06月18日

物価上昇

ピピのフライドチキン、手羽が10Bだったのに今は13B。
カレーパンドーナツが10Bだったのに今は12B。
電気代も1kWhが15くらいだったのに今は19以上。
そう、電気代がまた高い。
米も2倍くらいする。

飲み水は20Lくらいのでっかい樽をつかっているけど、それが30〜35B。
これも値上げかとおもいきや、あたらしい水屋ができて、そこだと18Bらしい。  

Posted by phi_phi_island at 11:21Comments(1)TrackBack(0)clip!ピピ島情報 

2008年05月28日

どこもかしこも建替え中

雨季になると次の乾季に向けて、準備をするところは多い。
そして、今は新しい建物を建てるところが多い。

その一つ目。
K-House入り口
メインストリートの1つ。バンヤンビラとチャオコーの間から入る道の両側の店が全部壊されました。そしてそれなりに立派な建物が出来るらしい。それにしても、この通りにはいろんな店があったのだが。ちなみにK-Houseは営業しています。

二つ目。
アパッチバー跡地
火事騒ぎのあったアパッチバー周辺。火事のあと建物を修復して営業をそれぞれしていたのだが、また全部ぶっ壊して、コンクリートの大きな建物に変身中。今回は裏の山も削ったようで、平たい土地が増えています。

三つ目。
ローカルマーケット
ローカルマーケットのど真ん中。周りには食べ物の屋台とかが多いので、このホコリは結構迷惑な気がするが。どうも2階建ての建物が出来上がるよう。  

Posted by phi_phi_island at 16:51Comments(4)TrackBack(0)clip!ピピ島情報 

2008年05月25日

今頃になってピピ島散策

この島に住むようになって、4年以上経ったのにいまだにこの島に知らないところがたくさんある。街のあるトンサイ地区は良く知っているけど、ちょっと端っこの方とか行かないと新しい建物が出来ていてビックリする。
街はさほど広くないので歩いてどこでもいけるが、ピピの島全体となるとちょっと歩くには大きい。と思っていた。

島の北にはレムトンビーチというところがあって、ちょっといいリゾートが並んでいる。ここに歩いていけるという話はずっと聞いていた。ちなみにボートでは何度かいったことがある。
そこで数日前、あまりにいい天気で、しかもお客さんがなくヒマだったのでイキナリ歩いていってみよう思い立った。午後1時半頃に出発、そしてすぐにガーデンホームのバオに道を聞いてみると、ビューポイントを経由しない道があるとのこと。さすが、バオ。道はビューポイントリゾートのあるローダラム湾の端っこから続いていた。
歩き出して驚いたのが、いつの間にか遊歩道のような道が出来ていたこと。もちろんずっとじゃなく、ほんのすこしだが。
初めて見る景色にちょっとおおっと思いながら、歩いていると、途中ひいた海の側で魚をとる人にであったり、道に迷っているドイツ人の家族にあったり。
映画ビーチでみたマリファナ畑のような景色の場所もあったり。
大きな橋を渡ったり、バイクが走っている道に出たり。
トンサイとは違う町並みがあることに気がついたり。
だれもいないビーチが点々としていたり。

やっとのことで着いた北の端、レムトンビーチはそこそこ人がいました。
しかし、あちこちより道していたので到着したのが午後4時過ぎ。
日が暮れる前には戻らねばと思ったので、のんびりすることもなくすぐにまた引き返しました。
帰りはやっぱり早くて、午後6時前にはショップに到着。
今回は弁当なしの、水のみで行動したので疲れたし腹がへった。
次回は弁当持参で行く予定。
それにしても、レムトンまで行く道は景色がいろいろと変化して面白い!
本当に山あり、谷あり、海あり。  

Posted by phi_phi_island at 23:03Comments(4)TrackBack(0)clip!ピピ島情報 

2008年05月24日

BCD

ダイビングを始めてからこれまでず〜っと使ってきた器材が最近ガタがではじめた。思えば、一番すぐにダメになったものはブーツだった。すぐに穴があいた。穴があいても支障がなければ使い続けていた。ブーツを買い換えたときも、ずっと周りの人たちが「もういい加減新しいのを買った方がいい」といわれて、やっと換えたような気がする。

初めてかった器材で今までずっと使っていたのは、レギュレーター(息をすうやつ)、BCD(タンクをくっつけるジャケット)、それからフィン(足ひれ)の3点だけだった。
それ以外は、やっぱり使い続けると限界がきた。

しかし!BCDもついに買ってしまった。
理由は見た目がぼろぼろっていうこともあったが、穴がたくさん空いて空気が漏れるから・・・。
ずっとどうしようかと思っていたが、ついに。
新しいものはうれしい。
しかし、これまでの自分のダイビングのすべてを共にしてきたBCDとこれで別れることになるとおもうとちょっと寂しい。
いや、でもこれだけ使ったらこのBCDも文句は言わないだろう・・・、と思うことにする。

次に買い替えが必要とおもわるのはマスク。
今使っているは3代目。
そろそろ次世代のマスクが必要かもしれない。  

Posted by phi_phi_island at 00:58Comments(1)TrackBack(0)clip!ダイビング 

2008年04月27日

ジンベイザメ

4月も後半になりました。今年の連休は長い人は長いと聞いていますが、ピピ島にはどれくらい人がやってくるのでしょうね。

さて、最近ピピレイ島周辺にジンベイザメが何回か続けて目撃されている。
ジンベイザメといえば、ダイバーにとってはみなが一度は見てみたいもの。いまや日本の水族館で見れるじゃないかという会話もよく聞くが、水槽にいるものと広い海にいるもの、見たときの感動は比較するまでもない。
年に数回はここでも見られるが、それも普通はたまたま通り過ぎたようなジンベイがたまたまダイバーが目撃したようなもの。

今回目撃されているのは大きさ5m前後のよう。何日かにわたってみたような話を聞くので、もしや見れるかと思い海に入っても、今日はやっぱりみれませんでした〜。  

Posted by phi_phi_island at 00:31Comments(5)TrackBack(0)clip!ダイビング 

2008年04月16日

今年のソンクラーン

4月13日のソンクラーンは、水不足をそれほど感じさせることもなく、いつもどおり街は水浸しになっていました。
多くの商店がシャッターを締め切り、通りはタイ人がいつもよりもたくさん出ていました。私は自転車に乗って、街を何度もぐるぐる回りながら、水鉄砲の攻撃をうけ、反撃もなくやられるがままに顔も真っ白に粉を塗りたくられました。
去年は店の前にホースを持ってきて、ホースで直接見知らぬ人にも水をかけまくっていましたが、今年は水の勢いがないので、それはあきらめました。

今の時期非常に非常に暑いので、水をかけられるのは結構気持ちがいい。
でも、氷水をかけるひともたくさんいて、そればかりやられると、いいかげん寒くなります。今年も最後は寒くなって家に帰りました。

普段あまり見ないタイ人のはしゃぎぶりはすごいものがあるが、夕方くらいにはみんな酒も十分はいって、また水掛に疲れて、少し静かになりました。
翌朝もなんとなく、街がひっそりとしていていました。
ソンクラーン
  

Posted by phi_phi_island at 23:15Comments(1)TrackBack(0)clip!ピピ島情報 

2008年04月12日

明日はソンクラーン

例年のごとく、今の時期は雨があまり降らず、島は水不足。
ゲストハウスなどは、大きな水の樽を船で運んできて使っています。
わがダイブショップも、器材洗いなどで水は不可欠です。このところは蛇口から水滴のような水しか出ず、苦労しておりました。
去年ほど、水道代が跳ね上がることはないみたいで、公共の水道は島でどうにかまかなっているのでしょうか。

4月に入っても、雨が降らない日が続いていましたが、ようやく夜などに雨がちらほら降るようになりました。

さて、明日がピピ島のソンクラーン。この水掛祭り、ピピ島では一日だけです。観光客が多い島だけに、外国人も一緒になって通りは大変な騒ぎになります。
去年はソンクラーンの頃には雨もあり、水もありましたが、今年はまだ水不足。どうなるんでしょうね?

水鉄砲が島で450Bとかで売っています。たぶん100Bくらいしかしなとおもうのだが。  

Posted by phi_phi_island at 18:30Comments(3)TrackBack(0)clip!ピピ島情報 

2008年03月21日

騒音問題のその後

前々回の騒音問題にコメントありがとうございました。
まず、皆さんのコメントに関連してですが、
ピピ島が騒がしいと感じている人たちは、ピピ島以外の地域に住んでいる人たちの間でも結構いるようです。
行政がカバーしてくれるような規制がありません。この島のバーは警察に上納金に似たようなものを送っているとのもっぱらのうわさ(事実だが)があり、警察はまずまったく役に立ちません。私がうるさいと思っているバーに、私以外の人が苦情を言いに行き、警察が立ち会う騒ぎになったこともあったようですが、当然警察はその場をまとめるのみで解決には至らない。

島の住民よりも、観光客の数の方が多いようなこの島。
観光客がその島に住んでいる人たちのことを考えるとは、正直思えない。大半の観光客は20代の若い人たち、そして数人で行動している。夜にバーに行かない人の方がめずらしいだろう。
自分もその立場がよくわかるから、大騒ぎする気持ちもよくわかる。
それにしても、防音設備などないところに、巨大なスピーカーを設置する住民であるはずのバーの人間の気持ちがわからない。

その後、やっぱりうるさいので苦情も言ったこともある。
近くの宿に泊まったお客さんもうるさいと言っていた。
周辺の人に聞いても、みんなうるさいと思っている。
しかし、実際には何も変わらない。苦情を言いに私が行くと、そんな文句を言いに来るのはお前くらいだと言われた。そんなはずは絶対ない。
必要以上の音を出す必要がないじゃないかと私が訴えても無駄かもしれない。

ピピホテルのオーナーが一言いうのを待っているが、それもあまり当てにならない。
行政の上の人に話してはどうかと言われたが、それもしかり。

今日、道に出している看板が通行人の邪魔になるからもう少し奥に入れなさいと行政の人がやってきた。そしてもう表に出さないと書名もさせられた。正直私は、この看板が誰かの迷惑になったことはないと思う。
その人たちにもっと他にやるべきことがありますよと話した。しかしその人たちは今はこの仕事で来ているから、それはまた後だと言った。

そして今夜中の12時になるが、バーからの騒音は窓を閉め切っても相当うるさい。
耳栓も考えたが、どうして自分がそんなことしないといけないだ!と思うのでそれはできない。

すべは所詮他人事なのだろう。
自分に何の特にもならないから、だれも協力はしてくれないし、バーに目をつけられるのはやめとけと逆に注意される。

住む場所を移せば、私ももうそのことは忘れてしまうことなのかもしれない。
  

Posted by phi_phi_island at 01:52Comments(1)TrackBack(0)clip!ピピ島情報