A&D 全てが混在するブログ

このブログは何をやっても中途半端な管理人が色々ぶちまけるブログです。 興味があるという奇特な方は是非ともご覧になってください。
ブログ整理完了。

三國志14能力再考査・蜀末期上級将軍編

題名通り、三國志14の武将の能力を再評価していく。
今回は諸葛亮の北伐開始以降に一定のランクの将軍位に就いた武将が対象。
将軍位の一定ランクについてだが、某所に蜀漢の将軍位の序列考察がある。
それをまとめると、
1:大将軍(上公)
2:驃騎将軍・車騎将軍・衛将軍(比公)
3:撫軍・輔国・輔漢の大将軍
4:四鎮大将軍
5:鎮軍大将軍
6:四征大将軍
7:四方将軍
8:撫軍・輔国・輔漢の将軍
9:四鎮将軍
10:鎮軍将軍
11:四征将軍
で、11番の四征将軍以上になった武将限定。
だから張嶷などは今回考査の対象外。
また、司令官路線の蔣琬・費禕・姜維、中央で尚書担当兼将軍の董允・陳祗・諸葛瞻・董厥などは色が違いすぎるので今回考査の対象外。

そして該当する連中を年代順+序列にまとめるとこんな感じ。
-北伐開始頃-
1:李厳
2:魏延
3:趙雲
4:陳到
-李厳失脚頃-
5:呉懿・呉班
6:高翔
7:輔匡
-諸葛亮死後-
8:芝
-240年代前半-
9:馬忠・王平
10:句扶
-240年代後半-
11:胡済
-250年代-
12:張翼・廖化
13:宗預
14:閻宇

ここに入ってきてる武将は蜀漢で高位の将軍になっているということであり、その年代では統率に優れているはず。
にもかかわらず、ちょっと弱すぎない?みたいのが散見されるので、その辺の強化を図っていく。
以降長くなるので続きへ。
続きを読む

咲-Saki-第221局「悪夢」

今日もヤンガン発売日。
それにしてもHP更新しないな。
4ヶ月以上も更新しないのは割と珍しいし、そこから5ヶ月以上になると皆無のような気がするが。
まあHP更新して語ってほしいようなネタも私には特にないんだが。

続きから感想。
続きを読む

咲-Saki-第220局「負傷」

じゃあ今回も感想書いていこう。
最初に言っておくと、内容は悪い意味でタイトル通り。

続きから感想。
続きを読む

ハチナイ・メモリアルリンクその2

ハチナイのメモリアルリンクについて各タイプ各LVの具体的な評価値でも書いていく。

・ステータスタイプ
SSRのステータスを元にするとして、野手は4能力13500、投手なら6能力(球速以外)18500。
球速は高いほど評価が上がる特殊計算式だが、ここでは1km/hあたりおおよそ175評価で。
これを当てはめていく。
LV1(+0.5%)
野手:+67.5
投手:+92.5
LV2(+0.6%)
野手:+81→前LVから+13.5
投手:+111→前LVから+18.5
LV3(+0.7%)
野手:+94.5→前LVから+13.5
投手:+129.5→前LVから+18.5
LV4(+0.8%)
ここから球速+1。
野手:+108→前LVから+13.5
投手:+323→前LVから+193.5
LV5(+1.0%)
野手:+135→前LVから+27
投手:+360→前LVから+37
LV6(+2.0%)
ここから球速+2。
野手:+270→前LVから+135
投手:+720→前LVから+360

・スキルタイプ
これはスキルの評価値がすでに固定されてるので装備できる最上位のスキルの評価が適用。
LV1(青2まで1個)
+250(心得)
LV2(青3まで1個)
+500(極意)→前LVから+250
LV3(ピンク1まで1個)
+900(奥義)→前LVから+400
LV4(ピンク2まで1個)
+1000(秘奥義)→前LVから+100
LV5(全てから1個)
通常は+2000(固有)か+4000(向日葵)→前LVから+1000〜3000
LV6(全てから2個)
通常は+3000(固有+秘奥義)か+5000(向日葵+秘奥義)→前LVから+1000

・守備適正タイプ
これは「-」から「◎」になるパターンと「◎」から「☆」になるパターンを表記。
UR本体のステータスを参照する。
野手向きURなら4能力16800、投手向きURなら6能力(球速以外)21100。
球速評価は都度計算する。

「-」から「◎」になるパターン
LV1(-→△)
-50%から-15%になる。
野手UR:-2520→何もなしより+5880
投手UR:-6688→何もなしより+11754.5

LV2(△→◯)
-15%から-10%になる。
野手UR:-1680→前LVより+840
投手UR:-4582.5→前LVより+2105.5

LV4(◯→◎)
-10%から影響なしになる。
野手UR:±0→前々LVより+1680
投手UR:±0→前々LVより+4582.5

「◎」から「☆」になるパターン
LV6(◎→☆)
影響なしから+5%になる。
野手UR:+840→それまでのLVより+840
投手UR:+2287.5→それまでのLVより+2287.5

まあ、投手URのコンバートについても書いては見たが、投手URは先発◎なら☆を目指す以外何かやることはない。
投手URをわざわざ右翼手にコンバートして使おうなんて言う奇特な人間はいないだろうし。


ということで、元々のポジションで使うならほぼどんなタイミングでもスキルタイプを上げるのが最も効果が高い。
リンクで使えるようになるポジションにしたいのなら守備適正タイプを上げるのが最も効果が高い。
ステータスタイプは高LVでもスキルタイプのLV1〜2相当の効果しかないので後回しでOK。

では、この辺でノシ

オブラディン号の帰還・感想

まあ率直な感想は1周目終了時にツイッターで書いてしまったけれども。

ネタバレのため続きから。
続きを読む

オブラディン号の帰還・その8

10章終幕

7章破滅

9章脱出

3章殺人

2章死に至る病

6章海の兵たち

5章呪われた獲物

4章出現

1章崩れた荷物

プレエンド

8章取引←今ここ

エンディング
続きを読む

オブラディン号の帰還・その7

10章終幕

7章破滅

9章脱出

3章殺人

2章死に至る病

6章海の兵たち

5章呪われた獲物

4章出現

1章崩れた荷物←今ここ続きを読む

オブラディン号の帰還・その6

10章終幕

7章破滅

9章脱出

3章殺人

2章死に至る病

6章海の兵たち

5章呪われた獲物←今ここ続きを読む

オブラディン号の帰還・その5

10章終幕

7章破滅

9章脱出

3章殺人

2章死に至る病

6章海の兵たち←今ここ
続きを読む

オブラディン号の帰還・その4

10章終幕

7章破滅

9章脱出

3章殺人←今ここ
続きを読む

オブラディン号の帰還・その3

10章終幕

7章破滅

9章脱出←今ここ
続きを読む

オブラディン号の帰還・その2

続いて2記事目。
10章終幕

7章破滅の途中←今ここ
続きを読む

オブラディン号の帰還・その1

正式名「Return of the Obra Dinn」というSteamのミステリタグ評価順最上位のゲームをプレイしていく。
プレイしていくというかすでに1回クリアしている。
じゃあ2回目何をやるのかと言うとガチで情報で当てていくという試み。
1回目は適当に入れたら正解だったってことが多々あったので。

とりあえず、簡単なゲームの説明から。
ゲーム開始から数年前、乗員60名を乗せた商船「オブラディン号」がロンドンから喜望峰へ向けて出発するが、その途上で消息を絶った。
しかし数年後、ゲーム開始の直前にイギリス南西のファルマス港近くにて発見された。
貿易会社所属の主人公は会社に命じられ、無人かつボロボロとなったオブラディン号へ乗り込み、調査を行うことになる。
・・・という内容。

ゲームの目的は乗員60人の結末を調査すること。
生きているのか、死んでいるのか。
生きているのならどこにいるのか。
死んでいるのならどうやって死んだのか、誰に殺されたのか。
それを名前と姿すら一致しない状態から突き止めていく。

簡単な人間は本当に簡単だが、難しい人間は本当に難しい。
それを推理していくのがこのゲームの楽しみ方と言える。

以下、ネタバレなので続きから。
続きを読む

咲-Saki-第219局「帰京」

ヤングガンガン発売日。
早速続きから感想へ。
続きを読む

咲-Saki-第218局「不撓」

今週も咲連載の日。
特に語ることもないので早速本編感想へ。
続きを読む

アイギスのユニット属性について

なんとなくアイギスのデータ調査第一人者のもりたん氏の日記を見てたら敵の属性についての話があった。
>飛行・アーマー・アンデッド・機械・英傑が「種族」ではなく「属性」に該当する
これを見て、じゃあ味方ユニットの属性ってどういうルールに基づいて設定されてるんだろう?という疑問から調査に乗り出した。

・結論
「所属」「種族」「特徴」「特殊」の4カテゴリがある模様(名前は独自につけた)
この4個はそれぞれ1個ずつのみ所持できると思われる。
といっても所属や種族が1個なのは当たり前で、現状特徴を2個持つようなユニットがいないからそう思うだけなんだけど。

・所属
そのユニットがどこに所属しているかを表したもの。
現状存在するのは「白の帝国」「砂漠の国」「東の国」「パルス王国」の4個。
パルス王国はアルスラーンのコラボユニットが持っているものなので、それを除くと3個。
今後追加されるとしたら「魔法都市」「密林」「鋼の都」「華の国」あたりだろうか?
白の帝国はともかく、砂漠の国と東の国はストーリーで言うところの3章・4章に相当し、魔界編である7〜8章を除いた5・6・9章がそれぞれ魔法都市・密林・鋼の都に相当する。
さらにイベントでの登場機会が多い華の国。
この辺は追加可能性が高いだろう。

・種族
言葉通り、種族。
人間を筆頭として多岐にわたる種族がいる。
ただ、その中において種族を持たないユニットもいくらか存在する。
クラス全体ではイビルプリンセスとキョンシー。
その他では暗黒騎士、リーエン、プニル、封緘コラボのリリカ、七つの大罪コラボユニット。
とはいえ、コラボを除くと大半は説明がつく。
大体は元々人間だったが何らかの力で変容した存在か元々知的生命体じゃない。
イビプリは魔の力に汚染された人間、キョンシーは屍体を術で動かしている。
暗黒騎士はリビングアーマー、リーエンは宝具人間、プニルはフェンリルに乗っ取られた人柱。

・特徴
もりたん日記における「属性」に当たる部分。
言い換えたのは個人としてのプラスアルファ的なものが多いから。
あと〇〇カテゴリの××属性という言い方がしっくりくるから。
現状存在するのは「アンデッド」「機械」「魔術師」「英傑」の4個。
敵専用だが、飛行とアーマーもここに属すると思われる。
飛行やアーマーもやろうと思えば追加できるだろうけど、追加するメリットがないといったところか。
今後追加される可能性が高いとすれば「聖職者」だろうか。
魔術師が追加されるなら聖職者があってもいいだろうという理屈。
この際、特徴が2個持てるのであれば聖職者セレイナあたりは魔術師と聖職者の両属性持ちになるのではないだろうか。

・特殊
主に期間限定ユニット用属性。
現状では「お正月」「バレンタイン」「温泉」「学園」「ジューンブライド」「サマー」「ハロウィン」「クリスマス」「ちび」の9個。
ちびは1カテゴリ1個の原則に乗っ取るとここにしか入らない。
水着+浴衣で2シチュあるためか、サマーが一つ抜けて数が多い。
限定ユニが1回限りではないのはレアンで証明されたのでどのユニットも既出の限定属性以外は登場可能性があるという地獄。
さすがにもう限定行事が思いつかないので、これ以上属性自体は増えないのではないだろうか。
温泉が来たから無理やり突っ込んできそうな気はするが、服装が変わるような行事はやはり思い浮かばない。

・不明
カテゴリではなく現在どのカテゴリか不明のもの。
「ねんどろいど」と「<七つの大罪>」が該当。
ねんどろいどはちびよろしく人間がないところを見ると「種族」ではないかと思う。
七つの大罪の方はよくわからない。
エリザベスは持ってないので特徴か?


以上、属性まとめ。
ちなみに4カテゴリ全ての属性を持つユニットが1人だけいて、限定オロチヒメが該当。
「東の国」出身で「人間」で「魔術師」の特徴を持つ「お正月」限定のユニット。
特殊カテゴリ以外で3個持ってるユニットがいるなら限定化で全カテゴリ持ちになる。
ただまあブラックではオロチヒメだけだし、プラチナでもそんなに前面に押し出されるようなユニットがいないので4カテゴリ持ちは稀少になりそう。

では、この辺でノシ

ハチナイ・メモリアルリンクまとめ

今更って感じだけど、備忘録としてまとめておきたいと思ったので。
まず、メモリアルリンクにはステータスタイプ、スキルタイプ、守備適性タイプの3つがあって、現状を見る限りではそれがそれぞれ2-2-1個ある。
また、その中でもスキルや守備適性は他キャラのリンクが1〜2個含まれる。

・ステータスタイプ
LV0→LV1
効果:なし→ステータス0.5%
素材:ココロの芽生え10、ココロのつばさ5、ココロの自由1、青栞100、銀栞1

LV1→LV2
効果:ステータス0.5%→ステータス0.6%
素材:ココロの芽生え30、ココロのつばさ15、ココロの自由3、青栞300、銀栞3

LV2→LV3
効果:ステータス0.6%→ステータス0.7%
素材:ココロの芽生え50、ココロのつばさ25、ココロの自由5、青栞500、銀栞5

LV3→LV4
効果:ステータス0.7%→ステータス0.8%
素材:ココロの煌き3、ココロのつばさ100、ガラスの靴1、青栞1000、銀栞15

LV4→LV5
効果:ステータス0.8%→ステータス1.0%
素材:ココロの煌き10、ココロのつばさ200、ガラスの靴3、青栞5000、銀栞30

LV5→LV6(リンク素材が純SSR5凸限定)
効果:ステータス1.0%→ステータス2.0%

寸評
控えめに言って産廃。
効果をオール5倍ぐらいしてようやく他と釣り合うんじゃないか?
目安として3500だとレベル1で+17、5で+35、6で+70。
仮に野手ステ4種全部+70でも合計+280にしかならない。
よっぽど余裕がない限りレベル1止めが無難。


・スキルタイプ
LV0→LV1
効果:なし→青☆2まで1個
素材:ソウルストーン種200、ソウルストーン芽100、ソウルストーン花15、青栞100、金銀栞3

LV1→LV2
効果:青☆2まで1個→青☆3まで1個
素材:ソウルストーン種500、ソウルストーン芽250、ソウルストーン花30、青栞300、金銀栞10

LV2→LV3
効果:青☆3まで1個→ピンク☆1まで1個
素材:ソウルストーン種1500、ソウルストーン芽750、ソウルストーン花100、青栞500、金銀栞20

LV3→LV4
効果:ピンク☆1まで1個→ピンク☆2まで1個
素材:絆の結晶大20、絆の結晶超5、絆の結晶極3、青栞1000、金銀栞50

LV4→LV5
効果:ピンク☆2まで1個→全スキルから1個
素材:絆の結晶大100、絆の結晶超15、絆の結晶極10、青栞5000、金銀栞100

LV5→LV6(リンク素材が純SSR5凸限定)
効果:全スキルから1個→全スキルから2個

寸評
メモリアルリンクの目玉。
ほぼこれ一本に集中してもいいレベル。
とはいえ、必要になる素材もそれ相応に厳しい。
最低でも3か4ぐらいは欲しいがそこに至るまででも相当な消費を被ることになる。


・守備適性タイプ
LV0→LV1
効果:なし→△まで反映
素材:青栞150、金銀栞1

LV1→LV2
効果:△まで反映→△まで反映、1個だけ◯
素材:青栞450、金銀栞3

LV2→LV3
効果:△まで反映、1個だけ◯→◯まで反映
素材:青栞750、金銀栞7

LV3→LV4
効果:◯まで反映→◯まで反映、1個だけ◎
素材:青栞1500、金銀栞20

LV4→LV5
効果:◯まで反映、1個だけ◎→全て反映
素材:青栞7500、金銀栞50

LV5→LV6(リンク素材が純SSR5凸限定)
効果:全て反映→全て反映、URと素材が◎のポジションが☆に変化

寸評
最もリンク先が重要なリンク。
URとリンク素材のポジション◎が一致しないのならLV5にする必要皆無。
現状だとUR有原→有原、UR東雲→ルナ、UR塚原→にゃんボ、UR九十九→初瀬なので、☆にできるのは有原しかいない。
だからLV5にするなら有原のみ。
他は2か4で止めてOK。
ちなみにポジション☆はURのステで1.05倍できるので完全にステータスタイプの上位互換。
素材も栞だけなので他よりも易しいが、意外に青栞が枯渇しやすい。


現状こんな感じか。
ステータスタイプが産廃すぎるので調整入って欲しいのが真情。

では、この辺でノシ

咲-Saki-第217局「戮力」

日を跨いですぐに書こうと思ったが、月に一度あるかないかのめっちゃ頭が痛い日にぶち当たってしまったので遅くなった。
こういう謎の慢性的頭痛があるから鎮痛薬を常備しないといけなくて困る。

そんなどうでもいい話はともかく、続きから本編感想へ。
続きを読む

カリギュラODその1

およそ4年ほど前に2個ほど記事を出した後に投げた無印カリギュラ。
そのカリギュラのアッパー版であるカリギュラオーバードーズの話。

そもそもカリギュラを買おうと思ったきっかけはぶくぶの4コマがクソほど面白かったからなんだけど、ゲームの方はモブの好感度上げがきつすぎて図書館編でやめたのであった。
しかしこのオーバードーズではあらゆる要素がプレイヤーにとってやりやすくなっているので、投げることなくついにクリアまでたどり着いたのだった。
今後のこのゲームの予定はレベリング+ワードリワード制覇→トラウマクエスト全埋め→全員カンスト→2周目楽士ルートといった感じ。

というわけで、1回目にしてすでにクリアしており、今回は現状のキャラ感想でもしていこうかと思う。
長くなりそうなので続きから。
続きを読む

咲-Saki-第216局「大差」

そういえば今日はヤングガンガン発売日だった。
どうも曜日感覚が曖昧になってきている。
それで、Rentaで取り扱いが再開していたので、残っているポイントを使っていくことに。
なんで前々号の時はしばらく入れなかったのか謎。
正確な期間はわからないけどコロナのせいにしてもやたら掲載されない期間が長かった気がする。
本当は取扱中止にするつもりだったけどユーザーから苦情が来たから再開したとかなんだろうか。

続きから本編感想へ。
続きを読む

咲-Saki-第215局「包囲」

ちょっと前に電子書籍に切り替えるって言って、それからRentaを使ってたんだけどさ。
今回のヤングガンガンが一向に出てこないわけ。
現時点でないからね。
あ、これ取り扱い終わったなって。
電子書籍でもこういう事あるんだな・・・。
コロナのせいなのかね。よくわからん。

元々Rentaを使おうと思った理由はコンビニ決済ができるからってのがあるんだよね。
基本的に電子上でまとまった金額を動かせるようにしたくないって思ってて、それ故にクレジットカードとかも一切使ってないんだけど、こうなってくると厳しいんだよね。
ヤンガン公式HPで見るとコミックシーモアとかbookliveとかあるんだけど、クレカか電子マネー主体。
アマゾンのKindleはそもそもよく分かってない。
あー、DMMにねーかなーと思って見に行ったらあった。
ヤンガンの公式の取扱店にないけど扱ってんのかい。
DMMはゲームとかでもよく使ってて残高の把握も割と出来てるから、ここが使えるならここでいいよねって。
Rentaに比べると若干高いのはあるけど。
・・・Rentaにある残高どうすっかね。

続きから本編感想。
続きを読む

咲-Saki-第214局「単騎」

咲連載の日が来た。
早速感想へ。
続きを読む

近衛、艦これやめるってよ

まあタイトル通り。
やめようと思ったのは今回のイベントに欠片もやる気が出なかったから。
実際海域をクリアすることなく終わってしまった。
新キャラも出ないしどうでもいい装備だけでやる気が出なかったというのもそうだが、前々から苦痛や煩わしさしか感じなくなっているのには気付いていたから丁度いい機会だと思った。

んで、メンテ明けに最後に運営に意見言ってやろうと思って書いてたんだけど、それらを要約したものをここにも書いていく。

・システムと世界観の不協和音、やらされている感の増大
有り体に言えば、やらされている感が強いということ。
特に札とかギミックとか、導入した当初こそある程度世界観に関連付けられていたゲームシステムが、今ではただゲームの難易度を調整するだけの手段に成り果てている。
AL/MIみたいな完全に別方面で戦うという前提での札は納得できるが、19秋みたいなほぼほぼ全てソロモン方面でまとめられそうなものを細かに分けるのはゲーム上の都合にしか感じない。
ちょっとだけ出撃したキャラも永遠に戻ってこない。
ギミックも集積地を叩いて敵の弱体化とか、その近辺を叩いてルートを確保するとかならまだしも、ただただ散らばってるポイントを全部叩くだけのシステムになっている。
こういう世界観に基づかないシステムはやらされてる感の源であると言える。
そもそもイベントの開始時に作戦の全貌が明らかにならないのもおかしい。
軍事的なゲームにはだいたい作戦や戦闘の開始前にブリーフィングみたいなものが挟まれるが、これはこれからやることを明確化するという目的がある。
だが、このゲームはそれらがなくて作戦の全体像がわからない上に札なんかで安易な出撃を制限されるから、やらされてる感がより強くなる。
今回のイベントにしても特定のキャラに特定のものをぶち込めなんて言うものを期間限定の任務で出してきていた。
このゲームの強制さを端的に示していると言えよう。

・軽減の不足
これは時間や労力が年々増大するのに対してその軽減があまりに不足しているということ。
ルートの複雑化やさまざまな戦闘システムの追加により一出撃に掛かる時間が15分をゆうに超えるようになっている現状だが、それらを軽減しようという動きは全く見られない。
時間の短縮化という意味なら、海域のマス移動をクリックでスキップするとか、戦闘自体をスキップするとか色々方法があるはずだが、その辺は一年目から何も変わっていない。
あと、システムが複雑化してもそれの説明や補助をユーザーに丸投げしている。
そもそも初心者がwikiを見たとしてシステムを理解できるだろうか?
あまりにも複雑化している現状に対して、その補助が希薄すぎる。
負担を強いることが正義みたいに思ってる運営や信者がいるようだが、娯楽に対してその態度はあまりにも異様であるといいたい。

・ゲームとリアルイベントの乖離、キャラゲーとしての希薄さ
今ではリアルイベント開催のためのコンテンツにしか見えない。
リアルイベントでは様々な分野でなにかしたり大物ゲストを呼んだりと、正の面でのサプライズが非常に多いが、ゲームでそんなものが何かあっただろうか。
やったとしても時間や労力が加算されるだけの負の面でのサプライズにしかならない。
ぶっちゃけ艦これはキャラゲーなので、キャラクターがより活躍できるシステムができればそれだけで喜ぶものだ。
現状あるものとしては改二だとかビッグセブンの特殊砲撃など。
そんなものが一部にしかないからキャラゲーの割に格差ができてしまう。
数字上の性能差、装備の可否で強弱がすべて決まってしまう。
弱い艦を最前線に出すのは愛ではなくただの縛りプレイだ。
客観的に見て、他に比べて適性がないのに最前線に放り込まれるのはパワハラかいじめの類だろう。
サポートする他のキャラだってただ負担を強いられるだけ。
こういうこと書くとゲームで何言ってんだって思われるかもしれないが、情緒のないゲームはただのデータだが、データとしてのゲームで艦これが優れているのかと言うと全くそんなことはない。
だからこそキャラを活かす方向に持っていくべきなのに、そんな要素が希薄すぎる。

・運営の怠慢、不信感
読んで字のごとく。
イベントごとに記録しているのだが、ゲームにおける運営の動きは年々遅くなっている。
後段作戦の開始や終了日の告知が顕著にそれを表している。
システムが複雑化しすぎて後段の開始が遅れるのはわからないでもないが、終了日の告知が開催期間の半分を過ぎてもないのは社会的に見て常軌を逸している。
おそらくユーザーの攻略速度を見て終了を決めているんだろうが、そんなものを参考にしなければ明確な判断ができない状況なのだろうか。
こういった運営の怠慢行動は上記全てにも掛かっている。
負担を強いるシステムを思いつくままに追加するだけしてバランス調整や世界観とのすり合わせは放棄している。
元々が半年程度で終わることを想定していた掘っ立て小屋だからといってここまでめちゃくちゃにする必要あるだろうか。
土台的にもうどうしようもないというのなら御城プロジェクトみたいに刷新したらどうか。
上記に書いたことだって何度も意見要望として出したが、ついぞ改善されることはなかった。
とにかく、こんな運営についていくのはもう限界を感じた。


まとめると、現状つまらないし苦痛だし、この運営がこの先ゲームを面白くしてくれるとは思えないので、もうやめるということ。
キャラに愛着があるからと不満を覚えながらもズルズル数年も続けていたが、さすがにこれ以上はついていけない。
本心で言うならこのゲームがこんなものになってしまうのは本当に残念だ。

では、この辺でノシ

咲-Saki-阿知賀編21話「復活」

よもや阿知賀編をタイトルとしてまた使う日が来るとは・・・。
そんな訳で特典行脚の合間にビッグガンガンも実物を買ってきた。
電子派に移行したんだけど、記念だし。
それにクリアファイルも付いてたからな。
実物を手に取ってから気付いたけど。

しかし、特典のために4店舗を周ることになったのは今回が初めてだな。
基本的にキャラを気に入ってるかどうかを基準として買うかどうか決めてるけど、今回マジで気に入ってるキャラばかり出してきたからな・・・。
とらのあなでは女性店員に担当されたので、あのこじらせた設定の竜華ポスターを女性店員に持ってこさせるとかいう倒錯的なシチュエーションになってしまった。

それで、今日に合わせてりつべのHPも更新されていた。
阿知賀編は70ページぐらいまとめて書いたのを分割していて、今月と来月合わせて昔の阿知賀編1話分とのこと。
それと咲Reについては色々あったのか、随分補足されていた。
咲Reは今までの繋がってるシリーズ全てと違って完全に別世界で、男が普通に強い世界の話だとか。
人間関係や試合の流れはだいたいそのままで、男だと微妙になりそうなシーンも極楽院櫻子によって上手く排除されたりアレンジされたりしているとのこと。
要は今までのシリーズのパラレル男体化で済む話やね。

まあこれに関してはもうあらかた意見は書いてるから良い。
ただ、これだけはかなりの懸念を抱いているんだが、同時購入特典がどうなるかという話。
個人的にはこれの購入を同時購入特典に含めるのはマジで止めて欲しい。
含まれるようになったら私は同時購入特典は完全に無視するようになるので、例えば今回そんな風になってたとしたら12冊から5冊まで購入量が減っていた。
これまでのシリーズと別の世界なら分けて問題はないはず。
分けないメリットが思いつかないし、分けるべき。
頼むから止めてくれ。後生だから。本当に。


クッソネガった文章はこの辺にして、続きから阿知賀編の話へ。
続きを読む

咲の男体化の話とか

これを話題にして記事に書くかどうかはちょっと迷ってた。
個人的なスタンスとしては見ないの一言で終わるから。
ただ、これを否定する意見に対して「どうせ少数派が喚いてるだけだろ」とか「長く続いてる作品のファンなら寛容であるべき」みたいな否定派の否定みたいなことが行われていたからそれはちょっと違うだろと思ってあえて書くことにした。

「自分が応援してるコンテンツが広がりを見せるなら喜ぶべきだろ?」とかいう論調で来られると否定派にとってはとても苦しいのは確かに否めない。
否定する根本的な理由としては「自分が消費できないコンテンツの広がりに対する拒否感」みたいなもので、あくまで個人的なものだから。
そういう訳で黙ってようかと思ってたが、上述のように否定派の否定みたいなことをされるのは別問題。
肯定するのが自由なら否定するのも自由だ。

実写版もそうだけど、こういうのは理屈でどうこうできる問題ではない。
他の否定派がどうなのかはわからないから私自身の認識で語るが、咲という作品を「二次元の美少女×麻雀」というジャンルで捉えているから、実写版だの男体化だのはありえないという考えを持っている。
有り体に言うと、実写の麻雀が見たけりゃ他の作品見るし、男の麻雀が見たけりゃ他の作品を見るわけで、そこに咲という名前が出てくることが根底としてない。
これはどう反論されようが本当にどうしようもないし変わることはない。
ただこれは実写版だの男体化だのが出ることに対しても、何をどう言おうがどうしようもないし変わることはないということにも繋がるので、単純なお気持ちの表明以外の何物でもないとは思う。

とはいえ意思表示は大事だからね。
こういうのには否定的なファンもいるんだなこれが、というのを知らしめるだけでも悪いことではないだろう。
どっかに出向いて否定的なことを書いてるわけでもなく自分の持ってるブログだしさ。
「まとめアンテナに入ってるくせに何書いてんだクソが」みたいなこと思われそうだし実際そんなコメント書かれたこともあるんだけど、私は全肯定だけがファンのあり方だとは思ってない。
むしろまとめアンテナに入ってるからこそ嫌なものは嫌といえる場所があってもいいと思う。
どっちにしろ今まで尖ったこと書きまくっててまともにこのブログを見に来る人がそんなにいるとは思ってないけれどもw
まとめアンテナで新しい記事あるなと思ったら「A&D 全てが混在するブログ」とか「philo_konoe118」とかあるのを見て舌打ちしながらブラウザバックする人がいてもおかしくはない。
まあこんな一つ所に場を構えて発言してきた責任、嫌われる覚悟も持たないとね。
もちろんここに訪れてきた皆さんは好きにコメントを書いてよろしい。
私や他のコメントの人を攻撃するだけのような発言、要領を得ない狂った発言は私の権限により消されることもあるけれども、そうでなければ肯定だろうと否定だろうと個人の考えは自由であるとそう言いたい。


話をちょっと戻すけど、否定する人の中には内容に関わらず無闇にコンテンツを拡大させることに対して難色を示す人もいると思う。
ただでさえ今は本編の進行が限りなく遅くなってる中でこんなことするのか?って。
仮に変わるのが男体化だけで完全にストーリーの展開が変わらないとしても全く影響がないとは思えない。
今までだって描くのは他の人だから問題ない、これはただの原案だから問題ないなどと肯定するための理論武装はされてた訳だけど、前の特典に関する記事を見てよく考えて欲しい。
本編だけだったら特典は半分なんだ。
この特典の絵を描く作業だけでも倍になっているという事実。
じゃあスピンオフがなければいいのか!ってそういうことが言いたいわけでもない。
仮に普段さほど影響がなくても思わぬところで負担を強いられる場面が必ずあるということなんだよね。
作品の原作者なんだから当たり前だが。
それが作品にとってどうしても必要な展開なんだって思えるなら問題ないんだけど、阿知賀編というただの別視点に加えてさらにもうひとつ謎の新作をぶち上げてくるんだから、これどうよ?ってなる人も出るのはしょうがない。
無論これが真島ヒロみたいなめちゃくちゃ仕事が早くて連載を落とす心配が微塵も感じられないような作家だったら誰もそんなことは思わない。
でも、小林立という作家にはどこにもそんな信頼性がないので「こんなん広げるぐらいなら本編を進める努力をしろ」という感想が出てくるのは全くおかしくない。


まとめると、個人的な好悪とか連載に関する不安とか、そういうのを考えると本当に否定派が少数に留まるのか?という話。
冒頭の「長く続いてる〜」って長期間経って出来上がったコミュニティにおいて否定的な発言をするのが難しいとかそういう話だと思うんだよね。
不満はあるけど言うと集団から叩き潰されるから言えないとかさ。
咲じゃなくて他のコンテンツで今現在猛烈にそう感じることがあるからこういう意見を持つようになってんだけどね。
感想とはもっと自由で、もっと正直で、もっと寛容であるべきなんだなあ。
私自身が他人の感想に対して「なんやねん、それ」って思って攻撃的になることもあるから、そういうのは慎まなきゃならんね。
明らかに的を外れてたり不当に貶めてたりというのは是正する必要はあるけれども、そういうときも攻撃的にならないよう努めなければならないだろう。

では、この辺でノシ

咲の新刊特典とか

次の咲シリーズ3冊が発売するまで一週間となったわけだが、公式で特典の一部を公開したのでここらで言及していこうと思う。
どんな特典か文章で書くのもいい加減無理があるので、公式をスクショしてきた。
咲新刊
左から本編と同時購入特典の交互の順でアニメイト・ゲーマーズ・とらのあな・文教堂・メロンの特典。
とりあえず・・・巨乳ばっかりやんけ!
そして半分が肌色。
下に長ったらしく書いてあるのは竜華の画像の説明文。
作者の頭のこじらせ具合がひと目で分かる名文と言える。

それにしてもこれでもかと人気キャラばかりぶち込んでくるなあ。
この作品で一番好きな美穂子はもとより、個人的にも上位に来る和も玄も栞パイセンもモモも竜華もいるのか(全員巨乳という事実は無視)
はやりんは近くに存在しない文教堂だから無視してしまうが。

この特典自体もりつべによると店のリクかりつべの気分のどちらかで内容が決まるらしいけど、今回はどうなんだろうか。
とらのあな特典の竜華の絵の内容のこじらせ具合は完全にりつべが決めたように見えるから、桃子もその流れで自分で決めたのかなって思うけど。
メロンは毎回巨乳を持ってこいみたいな感じになってるから店サイドの可能性あるかな。
文教堂もこれまでのチョイスの渋さからして店側が決めてるような気はする。
他は良くわからんね。
いずれにしても需要が巨乳キャラに傾いているのは確か。

どっちにしても、これだと毎回複数買いしてしまうんで人選どうにかしてくれ。
買わなきゃいいだろって話なんだけど、好きなキャラが描かれた特典ぐらい欲しいしさ。
特に私なんか実写を拒否して見ない意思表示とかしてるから、こういう別の所で消費の意思表示もしないとアレだし。

では、この辺でノシ

咲-Saki-第213局「連枝」

今回も長期休載を越えて連載日が来た。
早速、続きから感想。
続きを読む

阿知賀編新章のお話

ネタバレで阿知賀編新章の話自体はすでに知ってたけど、正式に発表されるとおおうって感じになるな。
という訳で、りつべの公式やあぐりのツイッターとかビッグガンガンの次号予告とか色々な場所で情報が出た。
一番詳しいのはりつべの公式なので、そこから適当に引用しながらだべっていこうと思う。

>7巻で決勝戦から
新章でやる内容は本編と同じく決勝戦。
阿知賀サイドから見た決勝戦で基本的には同じだが、細々な描写とかは違うとのこと。
もともとりつべが本編と阿知賀編の両視点で決勝戦を見てえなあなどと考えていた模様。


>私が平均で月産24ページ〜毎月30ページくらいなら追いつかれないだろう
・・・本当か?
月産平均24Pってことは年に288Pだろ。
ここで取り出したるは咲関連のデータをまとめている「45927」というサイト!
ここには年ごとの掲載状況も載っている!
2010年→308P(外伝2個28P含む)
2011年→256P
2012年→252P
2013年→216P
2014年→228P
2015年→264P
2016年→234P
2017年→236P

嘘つくなぁ!! 見栄張るなぁ!!
そもそも基本1話で16Pなんだから月産平均24P、年288Pだったら年18話は掲載されてないとおかしい計算だが、それを上回ってるのは2007年くらいだぞ。
2010〜2017の平均をとったら月産20〜21P程度に収まる。
ちなみに自分のブログで確認したら2018年が15話、2019年が14話だから大差ない。
他の人はどうだか知らないけど、私はりつべの執筆速度なんて微塵も信用してないから早々と追いつかれるんじゃないかと思っている。
そう思われる実績を作ってきたんだから仕方ない。
遺憾に思うならこの状況を覆して欲しい。


>阿知賀編は決勝戦が終わったらまた一旦休止
また一旦休止って再始動する可能性がこの先にもまだあるのか?
ちなみにシノハユは休止せずに阿知賀編と並立掲載の模様。
あぐりの負担やばない?と思わなくないが、あぐりのtwitterでは今の状況だとフリーな時間結構あるから問題ないとのこと。
こいつはやべー狸。


>淡ちゃんのおっぱい〜準決勝のままのサイズ
趣味で可変サイズの胸描いてるのか(驚愕)
ストーリー展開などに影響を及ぼすものではないとか言ってるけど、そこ念押しするのか・・・。
「決勝戦では」とか書いてるけど、決勝戦以外では淡の胸のサイズが変わることでストーリー展開変わるの?(揚げ足取り)
それにしても胸のサイズか・・・。
ソーマのときのtoshもそうだったけど悪い意味で描き慣れてしまってる感が否めないんだよな。
連載初期の方がいい感じの絵を描けてた気がする。和あたりは特に。
まありつべに関しては初期の主要キャラにモブ顔が多かったのもあって全員が全員そうって訳でもないんだろうけど。
部長だってモブ顔じみてたし。


とりあえずこんな感じ。
まあ阿知賀編として同じものを描くということに色々皆思うことはあるだろうな。
私は否定なんてする気はさらさらないけど、同じようなペースで進むかどうかについては非常に懐疑的に見ている。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・19秋E6その2

終了までの時間が刻一刻と迫る中、我が鎮守府は全身全霊を持って戦いに挑んでいた。
まずは削りから。
大方の方針は変わらないが、阿武隈を外してゴトランドを投入。
これは阿武隈ではまともに活躍できそうにないため。
あの阿武隈が活躍できそうにないというのがその凄まじさを物語っているわけだが、それを外してゴトランドなのはなぜかと言うと4スロだから。
あとは必要になってくる対潜の値と耐久力の総合バランス。
それと愛宕ではなく北上を投入。
衣笠は補正がかなりあるからいいのだが、重巡では衣笠以外抜擢できるような艦がいない。

以下、削り戦果。
23回目:ボス前撤退 明石・フレッチャー
24回目:ボスA勝利 金剛艦隊 408/777 暁 369
25回目:ボス前撤退 夕立
26回目:ボスA勝利 神通艦隊 0/777 古鷹 1146
27回目:ボスA勝利 大和艦隊 0/777 熊野 1923
28回目:ボスA勝利 神通艦隊 0/777 霧島 2700
29回目:ボスA勝利 神通艦隊 88/777 浜波 3389
30回目:3戦目撤退 ゴトランド
31回目:ボスA勝利 金剛艦隊 197/777 利根 3969
32回目:3戦目撤退 北上
33回目:ボスC敗北 金剛艦隊 14/777 4732

ここまでで削り完了。
24回目の時点でボスにファーストコンタクトをかましたわけだが、正直心が折れるかのような暴威。
まともにボスを狙い撃つことすら難しい。
どうやって戦えばいいのか途方に暮れることに。
そこで対抗策として打ち出したのは旗艦夕立カットイン。
基礎火力も高く補正も爆高な夕立なら魚雷2スロ+見張員で十分。
さらに旗艦に据えて攻撃機会とカットイン率をあげようという作戦。
これが功を奏したか、その後は割りともりもり削っていくことが出来た。

で、ラスト圏内に入ったので次はギミックへ。
34回目:SマスS勝利
35回目:QマスS勝利
36回目:Vマス失敗
37回目:VマスS勝利
38回目:Mマス優勢
39回目:防空優勢
40回目:防空優勢

VマスS勝利が鬼門だったが、なんとか少ない回数で突破。
他は特に言うこともない。
新春任務報酬の二式水戦のおかげで相当楽できてる。

そしてラストダンス。
ここまでネルソンタッチをボス前で投入していたが、この時点においてもどうするか迷っていた。
以下、数回分の戦果。
41回目:3戦目撤退 綾波
42回目:4戦目撤退 フレッチャー
43回目:金剛艦隊 突破失敗
44回目:ボス前撤退 霧島
45回目:神通艦隊 突破失敗
46回目:大和艦隊 突破失敗

43回目はボスをあと16まで追い詰めながら痛恨の撃破失敗。
こういうのを見ると16春がフラッシュバックしそうだ・・・。
ここでネルソンタッチをボスになんとか持っていく決断をし、そのために増設スロットが空いている連中に片っ端から女神を積むことに。
今では女神を積む機会すらほぼないからな・・・。
こんな対空や速度を気にしなくていい稀有な海域でしかこれはできない。
45回目、46回目も強引にボスまでたどり着くが、力及ばずに帰ることが続く。

そして47回目。
ボス前で北上が大破するも女神所持で強引に侵攻。
虎の子のネルソンタッチでダイソンの片割れとネ級の片割れの首級を取ることに成功。
第二艦隊やフラツも討ち取り、夜戦前に残り3体という絶好機。
友軍で大和艦隊が来るもちょっと削って帰還。
我が第二艦隊に全てが託された。
まず旗艦の夕立のカットインでダイソンを抹殺。
二番手の衣笠がネ級を潰して残りはボスのみ。
ちょいちょいと削って最後尾の綾波。
19秋E6突破
っしゃあ!! 大勝利ィ!!
これ以上ない流れ、敵を全滅させての勝利。
胸がすこうというものだ。
時間も差し迫った状況でこう鮮やかに戦ってくれて感謝。

報酬は勲章とか補強増設とかGFCSとかと、
アトランタ砲+GFCS配備
先述の米巡用砲+GFCS。
えぐい対空値を持つ中口径対空砲。
ボーナスの他にペナルティがあるのも通常版と同様。
まあ仕様上アトランタに載せることが専らになりそうだが・・・。

米軽巡アトランタ着任
アトランタ級軽巡洋艦ネームシップアトランタ。
なんか軽巡洋艦じゃなくて防空巡洋艦というカテゴリらしい。
明確に違うと言えるのは対空カットインの発動が複数判定されるということで、総合的なカットイン率がかなり高くなるというもの。
固有の装備込みカットインもボーナスが凄まじい。
とはいえ、搭載なしで対潜もめっちゃ低いのでガチで対空一本という尖った性能。
運用の仕方は考える必要がありそうだ。

19秋E6クリア
これでE6も終わり。
なんとか間に合ったか・・・。

19秋イベント完全クリア
19秋イベもこれで終了。
はあ・・・やっと解放された。
最近はクリアの喜びよりも解放感しかない。

現在の資源状況。
19秋イベ終了後資源
まあ減るわなあ。
大和型とかアイオワみたいなガチで資源食いまくる艦がいないからまだマシな方ではあるけど。

さて、あとは新春任務だな。
サクッと終わらせよう。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・19秋E6その1

19秋E6ルート開放
ルート開放うおおおおお!!

ということで、ようやくボスに挑む準備が整った。
ここからは削ってラストになったらまたギミック解除してラストダンスになる。
ついに終了まで12時間切ってるし、予断を許さない状況だが、まあやっていこう。

とりあえず、ここまでの戦果。
1回目:ボスA勝利 85 85
2回目:ボスS勝利 川内艦隊中 137 222
3回目:ボス前撤退 愛宕・夕立
4回目:ボスA勝利 川内艦隊弱 92 314
5回目:ボスA勝利 川内艦隊中 88 402
6回目:ボスS勝利 川内艦隊中 137 539
7回目:ボス前撤退 巻雲・綾波
8回目:ボス前撤退 夕立・綾波
9回目:ボス前撤退 霰・阿武隈・衣笠・フレッチャー
10回目:ボス前撤退 巻雲・衣笠
11回目:ボスA勝利 川内艦隊中 95 634
12回目:ボスA勝利 川内艦隊中 85 719
13回目:ボスA勝利 川内艦隊弱 88 807
14回目:ボスA勝利 33 破壊

15回目:NマスS勝利、PマスS勝利
16回目:Hマス制空確保
17回目:Eマス制空確保
18回目:Mマス航空優勢
19回目:防空優勢
20回目:防空確保
21回目:VマスA勝利
22回目:VマスS勝利
ギミック解除

輸送のボス前がクソほどきつかった。
輸送だから護衛退避ありでなんとか進める訳だけど、複数大破が多すぎ。
9回目なんか4隻大破とかどうしろと。

現在の資源状況。
19秋E6ボス前資源
そもそもこれ全部なくなるほどの時間がない。
あとは倒せるかどうか、それだけだ。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・19秋E5

タイムリミットが近づきつつある中、我が鎮守府もとるものもとりあえず戦いを進めていく。

まずは第一ゲージ。
大半は掘りの時と変わらない。
以下戦果。
1回目:ボスS勝利 秋霜艦隊弱 0/490 なし 490
2回目:ボスA勝利 北上艦隊強 2/490 なし 978
3回目:ボスA勝利 北上艦隊強 136/490 なし 1332
4回目:ボスA勝利 北上艦隊強 150/490 なし 1672
5回目:ボスA勝利 0/490 綾波 2162
ラスト突入
6回目:二戦目撤退 時雨
7回目:ボス前撤退 多摩
8回目:ボス突破

5回目はボス倒してるから強友軍呼ぶのを嫌って夜戦突入しなかった。
んで、書いてあるけど8回目。
19秋E5撃破1突破
ぶっちゃけ対潜だけ考慮すればいいから道中の方が気になるかなってレベル。

次いで第二ゲージ。
クソ長いわ大破ポイントは多いわボスの制空が高すぎるわでまともにテストプレイしてるのか疑わしい戦い。
ぶっちゃけまともな神経してたらこんな設定しないと思うんだよな・・・。

以下、途中までの戦果。
9回目:三戦目撤退 白露
10回目:初戦撤退 大井
11回目:ボス前撤退 大井
12回目:ボス前撤退 三隈・風雲
13回目:初戦撤退 大井
14回目:ボスA勝利 赤城艦隊米空母強 166/600 深雪 434
15回目:ボス前撤退 ザラ
16回目:五戦目撤退 千歳
17回目:ボス前撤退 三隈
18回目:ボス前撤退 瑞鳳
19回目:ボス前撤退 三隈

ボス到達1/11。
マジで舐めてんのかこれ。
ブチ切れそうになりながらこの辺で修正を図ることに。
見てわかるが、ボス前撤退が多すぎる。半分以上そこでやられてる。
そんな訳でボスに回していた航空隊をここに向かわせることに。

以下、ラスト前まで。
20回目:ボスS勝利 赤城米艦隊 0/600 羽黒 1034
21回目:ボス前撤退 陸奥
22回目:ボスS勝利 赤城艦隊米空母強 0/600 時雨 1634
23回目:ボスS勝利 赤城艦隊米空母強 0/600 響 2234
24回目:ボスA勝利 赤城艦隊米空母強 226/600 浜風 2608
25回目:ボスA勝利 アメリカ艦隊 522/600 暁 2686
26回目:ボスA勝利 アメリカ艦隊 525/600 暁 2761
27回目:ボス前撤退 三隈
28回目:ボスA勝利 アメリカ艦隊 0/600 時雨 3361

到達が7/9で大幅に改善。
ただ、25〜26回目を見ても分かる通り、圧倒的に火力が足りないせいで敵の第二艦隊が残ることが多く、こっちの第二艦隊が殲滅されたり友軍が第二散らしに回る影響でボスまで攻撃が届かない。
ってか、制空取れなくて弾着も空母CIも封じられ、航空隊は全部他に回り、敵第二艦隊には耐久二桁越えが2体とか残って当たり前なんだわ。
頼みの綱は長門特殊砲撃と夜戦カットインの時雨ぐらい。
本当は大井じゃなくて初霜を入れようか迷ってたけど、最終的に入れずに終わることになる。

以下、ラスダン。
29回目:五戦目撤退 三隈
30回目:比叡艦隊 突破失敗
31回目:アメリカ艦隊 突破失敗
32回目:初戦撤退 大井
33回目:赤城米艦隊 突破失敗

30回目はマジで惜しかった。
ボスのみ55残りで誰か1人大破してなければ、時雨が中破していなければ、という場面。
こういうのが初っ端にあると沼る兆候にあるというのは16春ですでに学んでいるから精神的にきつい。

とかいいつつ34回目。
例によって敵が残りまくるが、こちらも第二艦隊がまあまあ健在で好機。
友軍が雑魚を散らし、空母BBAno二択でフィニッシャーの時雨に全てを託し・・・
19秋E5撃破2突破
我、時雨を愛す。
きっちりボスを仕留めてくれた。
さすが我が鎮守府の仕事人、期待に応える働き。
そして、ドロップは秋月型の初月で、上々といった所。

報酬は勲章とか戦闘詳報とか航空資材とか修理資材とかと、
米巡用対空砲配備
アメリカの対空主砲。
対空+11と眼を見張るものがあり、アトランタにはさらに装備ボーナスがあるようだ。
ただ、その代わりに大半の軽巡には数値低下のペナルティがあるので装備させる対象は選ぶ必要がある。

19秋E5クリア
クソほど疲れるE5がこれで終わり。
マジでまだあるのが嫌になるくらい。

19秋E6へ
そして最終のE6。
E5やってる間は意識の外に置いていたが、E5以上に悪辣だとさすがに厳しいかもしれない。
どうだろう。
とにかく時間がないので、この後早速挑まなければならない。

現在の資源状況。
19秋E5突破後資源
燃料4万、バケツが170個か・・・。
まあE5の内容を振り返ると、まあ少なく済んだ方だな。
E6に挑むにも十分だろう。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・19秋E5掘り

E4攻略から2週間・・・。
俺提督は艦これのモチベを完全になくしており、放置したまま時が過ぎていた。
しかし、イベント終了が近づくにつれてまた強制的にモチベを復活させ、まずは掘りを開始するのだった。

期せずして逆RTAの様相を呈している我が鎮守府のイベント。
とりあえずE5のダブル掘りを優先することに。

戦果については・・・長くなるので続きに記載。
端的に言うと、平戸が48回目、秋霜が62回目の出撃でドロップした。
おおよそ5回-5回-リセットでやってるからどちらも20〜30回ぐらいでドロップしたような感じ。
終わってから見るなら大分運良く入手しているが、掘ってる間は気が気ではないな。

画像もペタリ。
択捉型駆逐艦平戸着任
夕雲型駆逐艦秋霜着任
あとはようやく最終海域報酬のアトランタを残すのみだ。
新春任務も放置中なので、今後の流れを軽く詰めると、
今から:E5甲
E5終わり次第:E6甲
明日:新春任務

こんな感じかな。
まあ余裕やろ(慢心)

現在の資源状況。
19秋E5掘り終了後資源
燃料がクソほど減ってる。
まあここからは全力で攻略のみやっていけば良いわけだから、沼らない限りは問題ない。

では、この辺でノシ
続きを読む

令和二年の始まり

あけおめことよろ!

・・・なんというか、前年度は年末の総括すら書いてなかったね。
徒然2019の記事数2。
うーん、本格的にブログの利用回数が減っているな。
マジでツイッターで事足りることが多くなりすぎた。
かと言って、このままブログを捨てるのは惜しいというのも確か。
ツイッターは気軽すぎるしやり取りも多すぎる。

この前よう実のIFの話をツイッターでしてたら前提を間違いすぎて複数人からツッコミ受けて恥をかく出来事があったけど、このブログならまずそもそも見てる人数が少ないから怒涛のツッコミを受けることがない(苦笑)
なんだかんだで自分優位で物を書けるフィールドというのはあると便利だ。
よっぽどじゃなきゃやらないけど、コメント削除して抹殺とかもできる。

他にミクシィのアカウントもあるので、本当に愚痴りたくて愚痴りたくてたまらないこととかは極稀にそっちに書いてたりもする。
そっちは完全に友人までの公開で数人しか見れないようになってるし。

前年度の総括は・・・特になし!
もはや何も語ることがない。
前年度と同じ。ただあるがままに生きられればそれで良い。

とはいえ、今年やりたいことはある。
英語と中国語をスラスラ読めるようになりたい!ということ。
喋ったり書いたりする気はない。英語と中国語を読めるようになりたい。

理由はまあそれなりにあるけど、最近はsteamとかで日本語のない良ゲーとか増えてたりするじゃん?
そういうのに触れられないのって単純に損だなって思う。
今の自分と言えば、英文を見るだけで苛ついてくるぐらいには英語を読む力が弱いので、スラスラ読めるようになれば快適に外国ゲーライフが送れるじゃん、と。

中国語はゲームだけだったらあえてそこまで必要ないけど、三国志を深く知ろうとするとどうしても中国語が必要になってくる。
中国語のページとかも色々あるしさ。

そんな訳で英語と中国語を最低限読めるようになれれば便利だなとは思っている。
本当に勉強するかは知らない(笑)

とまあこんな感じで、今年もゆるゆる生きていければいいね。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・19秋E4その2

前回ボス最終圏内まで行ったので、今回は装甲破砕ギミックから。
輸送ボスにA勝利2回とEマスS勝利1回、防空優勢1回。

23回目:PマスA勝利
24回目:PマスA勝利
25回目:EマスS勝利、防空優勢・無傷

パパっとやって終わり!
秋水の熟練度が未だに低いんだけど、異様に上げづらいので面倒になって上げるのを止めてしまった。
それでも普通に防空優勢取れたしええでしょ。

そしてついにボスとの戦いもラスト突入。
龍驤を第二艦隊に持ってきて、第一には古鷹を入れることに。

26回目、早くも好機到来。
開幕の猛攻でバタビア姫とネカイ以外殲滅。
昼の間にも削っていく。
バタビア姫中破、ネカイ大破で夜戦へ。
ここは友軍の攻勢にも期待したい所。

19秋E4ラスダンやる気なし友軍
は?(ガチ切れ)
ここで最低保証引くのか・・・。
しかも何もせず帰っていくのか・・・。
パース、ヒューストン、執務室に来なさい(ガチ切れ)

仕方ないので自力で戦いを挑む。
バタビア姫の攻撃で龍驤が沈黙するも、吹雪が180ダメほど与える。
なかなか倒すことが出来ずに迎えた最後尾の最上。

19秋E4突破
ギリッギリやな!
勝ちは勝ちだけどさ。
とりあえずラスト1回で終わったのはいいことだ。

報酬は勲章とかネジとかヒューストンの主砲とかと、
米中口径主砲上位版配備
ヒューストンの主砲のアッパーバージョン。
素で火力が+12でヒューストンだとさらに+2だからまあ装備させない手はないな。

陸軍揚陸艦神州丸着任
陸軍揚陸艦、神州丸。
イマイチキャラがつかめない。
真面目系ではあるんだろうけど、編成配置のセリフだとまるで女騎士のよう。

19秋E4クリア
こうして我々はE4を突破したのだった。
難易度はそうでもないが、ひたすらに面倒だ・・・。

19秋前段作戦クリア
前段作戦終了。
ああ、次は後段作戦だ。

19秋E5へ
次なる目標はE5。
ドロップ艦2隻という地獄。
秋霜が出るまでは丙でリセット掘り、秋霜が出て平戸が出てないなら乙でひたすら掘り。
潜水クソガキが2回もある道中をまともに甲で掘るとかイカれた所業だ。
少なくとも俺はやる気になれん。
しかし、ここの掘りで時間食ってしまうといよいよもってイベントの終わりが近づいてくるのが心配なところだ。

現在の資源状況。
19秋E4突破後資源
まあまずまずと言ったところか。
大型艦という大型艦をここまで使ってないから消費もそこまでではない。
元々ここまでは小手調べみたいなものだから、ここからが正念場ではあるだろうな。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・19秋E4その1

ついにE4の攻略に着手。
輸送の編成は掘りと同様に。

以下、輸送終了まで。
11回目:ボスA勝利 95 95
12回目:ボスC敗北 ※T字不利
13回目:ボスA勝利 113 208
14回目:ボスA勝利 113 321
15回目:輸送突破

19秋E4輸送終了
これで輸送は終了。
途中でも色々装備の変更を行ったりしてる。
まあT字不利とはいえC敗北やらかしたんで道中を若干捨ててボス重視にして、その分ちょっと輸送装備増やしたりと色々。

続いて二ゲージ目ボス撃破。
掘りと変えたのはもがみくまを第二にしてボス偏重。

以下、ラスト前まで。
16回目:ボスS勝利 由良艦隊 0/790 大鯨 790
17回目:ボスA勝利 由良艦隊 45/790 山城 1535
18回目:二戦目撤退 秋津洲
19回目:ボスA勝利 敷波艦隊 202/790 愛宕 2123
20回目:ボスA勝利 由良艦隊 0/790 磯波 2913
21回目:ボスA勝利 敷波艦隊 273/790 最上 3430
22回目:ボスS勝利 由良艦隊 0/790 那智 4220

うーんって感じ。
19回目までやってみて友軍が予想以上に働かないので、ボスの自力撃破をもうちょい練ることに。
とりあえず、吹雪を連撃からD砲雷電CIに変更。
そうしたら20回目で300強ダメ出して撃破、22回目でも300強ダメ出して撃破。
悪くはない。
まあ21回目は60ダメぐらいしか出なかったからなんとも言えないところだけど。
あとボス撃破対策でできることと言えば、龍驤を第二艦隊に置いて夜戦CIさせるぐらい。
まあとりあえずはギミックを解除して一戦してみてから考えようと思う。

現在の資源状況。
19秋E4ラスダン前資源
SSの時間が4時間前だがテレビ見てた。
相変わらず遠征も演習もサボってるので増えないし減る一方。
まあなんとかなるとは思う。

では、この辺でノシ

りつべ公式HP更新

りつべのHPに更新があったので。
案の定、照の和了は描写ミスで、萬子ではなく筒子で同じ形のようだ。
つまりドラの七萬は含まれないと。大規模にミスったな。
にしても、そうなると和了りは混一役牌になると思うけど、一巡目から照に役牌鳴かせるタコスェ……。
いやまあ左端に役牌暗刻がある可能性もないとは言い切れないが。

>「今回は修正するページが少ないのでそんなに休載しなくてもいいのでは?」
>って担当編集さんに言ったら「信用ねーから無理」って言われました…
せやな。
いやでも、信用ないからとか他人事のように言ってるけど、編集も同罪だということ分かってるか?
りつべが遅筆なのは元々分かってるけど、現状維持どころか次第に悪化してるのに対処できていないのも事実だぞ。

>シノハユ46話の扉絵の場所
舞台探訪なんてしないからなんのこっちゃって感じだけど、どうやらフランスのどこだからしい。
「決勝中堅戦を待ってからの方がお得」とか書いてるから、明華関連の回想か扉絵か何かでさらにフランスが描かれる可能性大ってことだな。

>和は中学時代の私服もまだ持っててたまに着ます
いや、胸とか大丈夫なんですかね・・・。
高校一年の数ヶ月だけでもJからKになってんでしょ?
胸の部分が可変式の服じゃないととても着れるように思えない。

>瑞原はやり
モブ含めこれまで及びこれからの全てのキャラより試験的な意味での頭の良さが一番いいらしい。
モブ含めというのがやばすぎる。
確定的にトップということだからな。
ただまあ、その異常なまでの頭の良さを作中で活かす機会は何かあるのか?という疑問にぶち当たるけど。

>混血キャラなど
叔父と従兄弟が100%ゲルマン人って下りがよくわからなかった。
叔父が100%ゲルマン人はわかるけど、従兄弟が100%ゲルマン人ってわざわざ血のつながってない叔父の家系の方を持ち出してきてるってことか?
いや、それなら叔父だけ挙げればええやんって思うんだが。
宮永家の話に繋がるのかと思ったけど、車椅子の子は名前が光だから100%の外国人ではないことは明らかだし。
とか書いたけど単に従兄弟と仲がいいから何の気なしに挙げたということも考えられるか。

>風越の三年生の部員
美穂子以外にもいて、美穂子との仲は普通とのこと。
まあアニオリの弓野とかいたしな。
でも、名門の割にはレギュラーになってる三年が美穂子しかいないし、文堂が入ってきてしまうほどのレベルでしかないのがな。
千里山も姫松も三年三人だし、臨海、白糸台、新道寺、劔谷なんかも三年が複数いるのにな。
よっぽど美穂子の代の同級生が不作だったんだろうか。

他にもちらほら回答があるけど、気になったのはこのぐらいか。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・19秋E4掘り

E3での掘り終了からさらに数日経ち友軍も導入されたので、ついにE4での行動を開始。
まずは丙でヒューストン掘りから始める。
リセット掘りの方が甲で掘るより負担が少ないだろうという判断。

編成はこれまたオリチャー発動し変更。
由良→名取とし、少なくとも二ゲージ目で敷波を使わない方向で。
これは友軍を見越しての変更。
由良や敷波がいるとちょっと支障があるので外す。

丙の両ゲージボスについては特に言うことがない。
つけば確実にS勝利取れる程度。

以下、戦果(第一ゲージは無視)
1回目:ボスS勝利 青葉 690
2回目:初戦撤退 叢雲
3回目:ボスS勝利 秋雲 1380
4回目:ボスS勝利 妙高 2070
5回目:ボスS勝利 羽黒 2760
6回目:ボスS勝利 巻雲 3450
リセット

ゲージが4140のようなので、ラスダン手前まで来たらリセット。
まあS勝利5回取ったらリセットだからわかりやすい。

7回目:ボスS勝利 青葉 690
8回目:ボスS勝利 旗風 1380
9回目:ボスS勝利 鳥海 2070

ちなみにpoiだとヒューストンは丙ボスSで4.5%ぐらいなので、22〜23回ぐらいで出れば上々。

で、出撃10回目。
アメリカ重巡ヒューストン着任
勝ったぞ綺礼……この戦い、我々の勝利だ。
なかなか早く出てくれて嬉しいよ。
米重巡ということだが、性能としてはやや微妙。
火力系が青葉で他は高雄ぐらいだから、ぶっちゃけ劣化版高雄・愛宕。
まあ逆に言うと青葉の上位互換みたいなもんではあるけど。
重巡はまれにめちゃくちゃ要求してくることもあるからあるに越したことはない。
海外艦ならなおさら。

現在の資源状況。
19秋E4掘り終了後資源
最近遠征と演習サボってるから増えてないんだな、これが。
といっても現状はまず上出来な推移なので、まだまだ余裕はあると言える。

次はE4の本格攻略。
サクッといければいいが。

では、この辺でノシ

咲-Saki-第212局「決断」

今回も咲連載のときが来た。
早速、続きから本編へ。
続きを読む

艦隊これくしょん出撃録・19秋E3掘り

E3は攻略したが、デ・ロイテルが出ていないので掘りのために出撃継続。
編成も変わらず。

以下、戦果。
11回目:ボスS勝利 那珂
12回目:ボス前撤退 神威
13回目:ボス前撤退 神威・羽黒
14回目:ボスS勝利 加賀
15回目:ボスS勝利 加古
16回目:ボスS勝利 愛宕
17回目:ボスS勝利 比叡
18回目:ボスS勝利 那珂
19回目:ボスS勝利 金剛
20回目:ボス前撤退 那智
21回目:ボスS勝利 摩耶
22回目:ボスS勝利 加賀
23回目:ボス前撤退 神威
24回目:ボスS勝利 雪風
25回目:ボスS勝利 熊野
26回目:ボス前撤退 神威
27回目:ボスS勝利 潮
28回目:ボス前撤退 神威
29回目:ボスS勝利 山城
30回目:ボスS勝利 飛鷹
31回目:ボス前撤退 神威

神威が脆すぎるせいで2〜3回に1回はボス前で撤退する羽目になってる。
よく攻略中に撤退しないで済んだな。
脳内ではもうお仕置きプレイばっかり上映されてる。

E3出撃32回目。今回もなんとかボスにたどり着き、S勝利。
ドロップは・・・
オランダ軽巡デ・ロイテル着任
ついに来た、オランダ軽巡デ・ロイテル。
そこはかとないギャルっぽさを感じる。
なんだかんだでS勝利20回で来たからドロップ率5%強なら普通の運で来たってことになるか。

現在の資源状況。
19秋E3掘り終了後資源
燃料と弾薬はE1〜E3を攻略する時より減ってんだよなあ。
掘りの害悪ぶりが分かろうというもの。
今の艦これ運営への印象はとにかく不誠実に尽きる。
アイギスは指摘したことは大体修正するしハチナイなんかは丁寧に返事までくれたりするけど、艦これだとなしのつぶてどころか修正すらしようとしない。
ゲーム内容の修正はまだしも、イベント終了日の告知を早くしろというのはそこまで難しいことなのか?
まともな運営とは到底思えない。

次はE4。
まずは丙でヒューストンを掘る。
甲の敵を見る限り、甲で掘るのはいささか現実味に欠けるため。
運営が封じたくてたまらない難易度を適正から下げた掘り、リセット掘りも場合によっては必要ということだ。
E5の平戸と秋霜も丙掘りになると思う。
具体的にはメインとして秋霜の掘り。
平戸は丙掘りで出なかったとしてもいいが、秋霜は丙で掘りたい。
2連潜水クソガキを甲で掘るのもこれは正気の沙汰ではないため。
平戸は秋霜掘りの最中に出ればそれでいいが、出ないなら乙かな。
どうせ第一ゲージだからリセット掘りしなくて済むし。
いずれにしても掘りがあと3個も残っているという事実には気持ちが沈むが。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・19秋E3

というわけでE3。
またも編成オリチャー発動。
日向→山城、江風と村雨の位置交換。
日向を使わないのは制空的に必要ないから。
江風と村雨は思ったより対潜に向いてる艦がいないから潮と村雨を対潜担当にして雪風をカットイン担当にすると第二に江風の居場所がなかった。

じゃあ第一ゲージから。
1回目:ボスS勝利 0/390 那智 390
2回目:ボスS勝利 0/390 足柄 780
3回目:ボスS勝利 0/390 なし 1170
4回目:ボスS勝利 0/390 なし 1560
5回目:ボス突破 由良

19秋E3撃破1突破
はいストレート。
装甲255程度で止められる訳ないだろ!

続いて第二ゲージだが、ここもオリチャー発動で妙高→オイゲン1号。
大して敵が強くなさそうな感触なので、後々使うかもしれない妙高を取っておこうという算段。

以下、戦果。
6回目:ボスS勝利 0/500 足柄 500
7回目:ボスS勝利 0/500 狭霧 1000
8回目:ボスS勝利 0/500 加古 1500
9回目:ボスS勝利 0/500 日向 2000
10回目:ボス突破 筑摩

19秋E3撃破2突破
両ボス共に夜戦早々仕留めきる神通とかいう仕事人。
削りの時は戦艦水鬼ってこんなに弱かったっけ?って思わされたな。
難易度選択が始まった当時は耐久500、装甲200でもぶっ壊れだと言われたもんだ。
それが今では耐久800〜900の上に装甲300越えとかざらだからな。
4年の間にここまでインフレしたかよ。

突破報酬は勲章とか泊地修理アイテムとかと、
6inch連装連射砲Mk.XXI配備
6inch連装連射砲Mk.XXI。
イギリス製の軽巡砲。
性能としてはまあ普通。ボーナス艦に積むならまずまずってぐらいのもの。

15cm連装連射砲Mk9改+以下略配備
Bofors 15cm連装速射砲 Mk.9改+単装速射砲 Mk.10改 Model 1938。
ええい、長いわ!
フィンランド製の軽巡砲。ゴトランドとデ・ロイテルをメインにボーナスがある。
こっちも性能としてはまずまず。ボーナス(以下略

オーストラリア軽巡パース着任
そしてオーストラリア軽巡パース。
塩マイスターはいい仕事するわ。
柔らかな絵柄とかっちりした服装と武装の絵柄がいい感じのアンバランスさでほどよくマッチしている。
というか、ネクタイ制服娘いいな。
普通に服装的好みを突かれてると思う。

19秋E3完全クリア
>重巡と水雷戦隊を中核とした
山城・千代田「いるぞ」

E3クリアしたのはいいんだが、デ・ロイテルが出なかったからなあ・・・。
掘り確定か。ここはそこまできつい海域じゃないからまだマシだけど。

19秋E4へ
次はE4・・・だが、デ・ロイテル掘りを優先したいところ。

現在の資源状況。
19秋E3クリア後資源
ほぼストレートだから大した消費ではない。
が、掘りを始めれば話は別。
マジで運ゲーだからなあ。
しかも今回4隻も掘らなあかんというね。
そんだけ掘らせるならドロップ率考えろよって思うけど、そこが艦これ運営の艦これ運営たるゆえん。
何度も何度も問い合わせフォームで送ってるけど改善しないんだからどうしようもない。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・19秋E2

E1に続いてE2へ。
編成でオリチャー発動。
予備オイゲンではなくポーラを使用。
理由は空襲でいい感じに優勢が取れないから。

以下、戦果。
1回目:ボスS勝利 0/390 金剛 390
2回目:ボスS勝利 0/390 日向 780
3回目:ボスS勝利 0/390 最上 1170
4回目:ボスS勝利 0/390 金剛 1560
5回目:ボスA勝利 7/390 那珂 1943 ※T字不利
6回目:ボスS勝利 0/390 利根 2333
7回目:ボス突破 千歳

19秋E2突破
屈辱のノーストレート。
やっぱT字不利でこの編成では倒すのがきつい。
ラストは念の為ボスに支援入れた。
まあなくても行けただろうけど。

報酬は新型噴進装備開発資材とか勲章とか洋上補給とか補強増設とかと、
英国高性能ソナー配備
HF/DF+Typr144/147 ASDIC。
英国製のソナーで対潜+15に加えて他の性能も優秀。
このソナーのためだけにE2は甲推奨されるほどだからな。
強い対潜装備はあって困ることはないから大歓迎。

19秋E2クリア
機動部隊でダーウィン空襲・・・?
どこの世界の話ですかね。
本来ならここも二ゲージになってたかもしれないと思うとなくてよかった。
E6まであるが故の温情か?

19秋E3へ
次はE3。第二ボスでデ・ロイテルが掘れる模様。
低難易度で掘るか、さっさと甲で行くかはこれから考えることにする。

現在の資源状況。
19秋E2クリア後資源
ここまでがプロローグみたいなもんだしな。
ここからは連合艦隊も使うし、消費は加速度的に増えていく。
サクッと全部終わればいいが。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・19秋E1

出陣の時は来た。
我が鎮守府もイベント開始から2週間経ってついに動く。
現在の資源量。
19秋開始前資源
実はイベント開始してから完全に放置してた。
艦これが一番制限してくんだよな・・・。
おかげでこの2週間遠征や演習しなかったけど、のびのび出来た。

まずはE1。
1回目:ボスS勝利 0/600 妙高 600
2回目:ボスS勝利 0/600 なし 1200
3回目:ボスS勝利 0/600 漣 1800
4回目:ボス1突破 五十鈴

5回目:ボスS勝利 0/150 瑞穂 150
6回目:ボスS勝利 0/150 古鷹 300
7回目:ボスS勝利 0/150 那珂 450
8回目:ボスS勝利 0/150 千代田 600
9回目:ボス2突破 扶桑

終わり。
スクショを載せるまでもないな。
鎧袖一触。
報酬も特に目新しいものなし。

19秋E1クリア
まずは挨拶代わりと言ったところか。

19秋E2へ
次はE2。
ギミックは無視。
こっちもサクサクいきたいものだ。

現在の資源状況。
19秋E1クリア後資源
大型艦連合一回分にも満たない消費量。
これがどこまで減ることやら。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・19秋構想その3

1回も出撃せずに構想だけで3個目か・・・。
こんなことせにゃならんのもシステムのバランスが悪すぎるからなんだけど、今は置いておこう。

私みたいな待ちの人間が一体何を知りたいのかといえば「その海域で使うのがベストか」「先の海域で使うことはないか」の2つなんだよね。
例えばE1で言うなら若葉なんかはここ以外に特効がないからE1で使うのがベストだし先で使うこともまずない。
まあ八駆使うから使わないんだけど。
長良もE1の他にE6に特効があるがぶっちゃけ最終海域に耐えうる性能ではないのでE1で使った方がいい。
・・・みたいな感じ。

それを踏まえて、まず海域ごとの高い特効持ちをまとめる。

E1:朝潮、大潮、満潮、荒潮
E2:川内、鳥海、由良、天霧、浦波、磯波
E3:神通、那智、羽黒、足柄、龍驤、村雨、江風、山風、潮、漣、雪風、時津風、天津風、松風
E4全域:最上、三隈、敷波、吹雪
E4-2ボス:金剛、榛名、龍驤、愛宕、高雄
E5全域:長門、扶桑、最上、羽黒、妙高
E5-1重点:Верный、風雲、朝雲
E5-2重点:時雨、白露、浜風、速吸
E6全域:夕立、綾波、比叡、霧島、暁、衣笠、明石、高雄、愛宕、川内、白露、村雨、時雨、雪風、照月、Fletcher

まだまだ完全ではないし、この他にも小さな特効持ちがいたりするが大体こんな感じ。

さらに泊地マスについてのまとめ。
今回、泊地修理マスはE3、E4、E6にある。
そのうちE3に関しては何故か補給艦で行ける上に最短確定する。
E5に速吸特効、E6に明石特効があることを考えると、
E3神威、E4秋津洲、E5速吸、E6明石が順当な編成となる。

これを参考にしつつ、実際誰で行くか決めよう。
E6から逆算していく。編成自体は後で見やすいように続きに載せていく。

・E6
第一の輸送ゲージ編成。
第一:重巡系2駆逐4
第二:軽巡1駆逐3重巡系2
道中に潜水クソガキマスあり。
なので、第二に無条件先制対潜で特効ありのフレッチャーは堅い。
また、第一に航巡2隻入れるが、最上・三隈がE4で固定される以上、必然的に利根・筑摩になる。
まあ利根筑摩はこの海域に特効持ちなのでどっちみち入れたほうが良い。
他は軽巡1駆逐6重巡2か。
軽巡の特効持ちは川内・長良だが、最終海域であればやはり阿武隈だろう。
重巡は特効の衣笠は確定。もう一方は高雄か愛宕が安定か。
駆逐は強特効の夕立、綾波、暁は入れるとして、他は大発可能で特効持ちの巻雲。
それと全海域特効に当てはまってこない海風と霰あたりか。

続いてギミック編成。
防空優勢+Mマスの潜水6は省略。
E・Hマスは低速込み空母機動部隊編成。
第一:戦艦2空母系3+空母系orあきつ丸1
第二:軽巡1駆逐3重巡系2

E6ギミックは今回数少ない正規空母系を使う場所。
他にはE2ギミックぐらいしか使う場所がない(しかもやらなくても問題ない)
あえてE2ギミック用に五航戦以外の南雲機動部隊を取っておくとするなら、空母は翔鶴と瑞鶴、あとは大鳳でいいだろう。
一々低速を他に用意するのも面倒なので、あきつ丸もここで使用。
戦艦は特効持ちの比叡、霧島で。
第二はいつも通り。

Vマスは高速統一機動部隊編成。
第一:高戦2空母2航巡2
第二:軽巡1駆逐3重巡1雷巡1
雷巡は運を強化してる北上1号以外はほぼ同じなので、それをどこで使うか以外は考える必要がない。
ちなみにうちには北上8人、大井3人いる。
昨今の札攻勢に耐えられず、北上・大井・三隈だけは予備解禁している。
この3人である理由は装備と艦種を考えれば自ずから明らか。

二ゲージ目水上打撃部隊編成。
第一:高戦2戦艦1航巡2泊地艦1
第二:軽巡1駆逐3重巡2
泊地艦は上述通り明石を使用。
残りの戦艦はネルソンを使用し、ネルソンタッチでボスを倒す算段。
第二はここまで使ってきている暁と北上も控えさせておく。

あとは装甲破砕時のQマスだが、これは航巡を空母に変えればOK。

・E5
第一の撃破編成。
航戦1軽空母1軽巡1駆逐3で高速統一。
護衛空母で高速の瑞鳳はここで使いやすい。
航空戦艦は特効の扶桑でもいいが、二ゲージ目を考えると伊勢でも良いような気はする。
どっちにしても他で使うことはないから一ゲージ目扶桑、二ゲージ目伊勢でも一向に構わなかったりはする。
軽巡の特効は鬼怒だが、二ゲージ目を考えると水戦が積めて他に特効がない多摩がいいだろう。
駆逐はヴェルと時雨確定としてあとは風雲で。

第二の撃破編成。
第一:戦艦2軽空母2重巡系2
第二:軽巡1駆逐4雷巡1
ボス最終の制空がキングオブガイジ。
素で優勢を取るのに1000以上必要。
その割に空母機動部隊だと寄り道しまくって実用的ではない。
ちなみに道中潜水クソガキ2回で基地航空隊2部隊なので、ボスへ送れるのは1部隊がせいぜい。
よって水上打撃編成による持てる限りの制空力で挑まなくてはならない。
戦艦は特効持ちで特殊攻撃を狙える長門、そして制空用の伊勢。
軽空母は第一で使用した瑞鳳と、高速軽空母最大の制空力である千歳。
重巡は予備三隈と水戦が積めるザラ。
第二駆逐は白露を追加、雷巡は大井1号。
・・・制空計算してみるとうちの装備ではここまでしても制空均衡までしか無理。
伊勢を入れても入れなくても均衡で収まるから伊勢よりは特殊攻撃用に陸奥か。
なら第一ゲージも伊勢ではなく扶桑でいいだろう。
どうせ友軍を待つし、生存重視で行こう。
あとカットイン用として初霜を控えに置いておきたい。
速吸? 使えるわけないだろ・・・常識的に考えて・・・。

・E4
第一の輸送編成。
第一:重巡系2駆逐4
第二:軽巡1駆逐3重巡系2
ぶっちゃけ輸送連合であれば索敵逸れを除いてボス直通。
重巡系は特効の最上三隈と第二ボス特効の高雄、もう1隻は特に使う用事のない摩耶あたりでいいか。
軽巡は特効持ちの由良。
駆逐は強特効の吹雪、敷波と特効持ち改二の叢雲、文月、皐月、どこにも特効がない霞、浦風あたりで。

第二の撃破編成。
第一:戦艦1軽空母2泊地艦1重巡系2
第二:軽巡1駆逐3重巡系2
上述の通り、泊地艦には秋津洲を起用。
高速でなくても良いおまけ付きなので、戦艦軽空母はここぞとばかりに低速艦をぶち込むべきだろう。
といっても特効戦艦が金剛榛名で、しかも他に使う予定がないので第一候補になる。
軽空母は特効持ちの龍驤と、使い所のない隼鷹あたりか。
他は輸送から引き続き運用。

ギミックのEマスは第二ボス編成を機動部隊にするだけで行けるような気がする。

・E3
第一の輸送編成。
第一の撃破編成だった。
輸送連合が最適だけど輸送ゲージじゃない。
第一:補給1駆逐4航戦1
第二:軽巡1駆逐3重巡系2
補給艦がいれば航空戦艦を入れられる。
ここには日向を使う。
E5に伊勢を使うかはわからないが、とっておくに越したことはない。
補給艦もE5で速吸を使うとは思えないが神威を使う。
軽巡は輸送なので鬼怒。神通。重巡は那智、足柄。
駆逐は江風、村雨、山風、雪風、潮、天津風、時津風あたりを適当にチョイス。

第二の撃破編成。
第一:戦艦1軽空母1補給1重巡系2駆逐1
第二:軽巡1駆逐3重巡系2
ここも速度は問われないから戦艦も軽空母も誰でもいい。
戦艦は日向使ってるし日向でいい。
軽空母も低速で良いわけだが、千代田が余ってるので千代田で。
重巡は妙高型全投入、軽巡は神通に。
駆逐は強い方からピックアップ。

・E2
ギミックはやらない。
なので、いきなりボス編成。
重巡2軽空母1軽巡系1駆逐2
重巡は特効の鳥海と・・・予備オイゲンでも使うか。
オイゲン1号も余ってるけど、どこかで使う可能性がなくもない。
軽空母は飛鷹、軽巡は川内、駆逐は天霧、浦波で。

・E1
軽巡系1駆逐4なので、長良、朝潮、大潮、満潮、荒潮で決まりだろう。
長良はE6に特効あるが、前述の理由で使用しない。
八駆は朝潮は先制対潜できたり他も輸送や対地で活躍できるが、その手の駆逐もいないではないから使ってOK。

とりあえずこんな感じでやっていく予定。
スケジュールとしては友軍が来る前にE3突破してロイテルとヒューストンを掘り切っておくのが理想。
E5以降は完全に友軍来てから。
E4は状況による。

では、この辺でノシ
続きを読む

艦隊これくしょん出撃録・19秋構想その2

そろそろ俺も出撃してえわ。
ということで、もう現段階である程度情報整理しきってそろそろイベント参加しようと思う。
艦これwiki見てて気付いたが、ルート条件の考察がやたら早くまとまっている。
どうもKancolle Navigatorっていうサイトで編成や索敵、速度による進行ルートを記録してるみたい。
数は力だから、こういうのがあると条件の推理は手早く進むというわけだ。
特効も色々まとめてる人がいるけど、どこが情報の集合場所なのかはよく調べてない。

そんで、E5の情報。
撃破二回のダブルゲージ。
札は全海域違うことが確定したので以降省略。

一ゲージ目は通常艦隊でボスが潜水姫。
編成は航戦1駆逐3+軽巡軽空母駆逐から1隻ずつの合計2。
なお高速統一。最短固定。

二ゲージ目は水上打撃部隊。
第一:戦艦2軽空母2重巡系2
第二:軽巡1駆逐4+雷巡or重巡
なお高速統一。Cマスランダムで最短か準最短。
Cマスランダムは正規空母か軽空母2で起こるので避けようがない。
二ゲージ目はボスの制空値がやばいのでどう考えても軽空母2は欲しい。

現状わかってる特効は
一ゲージ目が
ヴェル・風雲 1.25
初霜・白露・時雨・浜風 1.15
長門・扶桑・妙高・羽黒・最上 1.1

二ゲージ目が
長門・扶桑・時雨 1.3
最上・妙高・羽黒 1.2


・E6
輸送撃破のダブルゲージ。
中間にルート開放と装甲破砕のギミックを挟む。

一ゲージ目は輸送連合。
第一:航巡2駆逐4
第二:軽巡1駆逐3重巡2

ここからXマスギミック。
防空優勢2回、VマスA勝利2回、E・H・Mマスで航空優勢、N・PマスでS勝利。

防空優勢+Mマスは潜水6。
E・Hマスは低速込み空母機動部隊で第一:戦艦1〜2空母系3+空母系orあきつ丸1で第二はいつも通り。
Vマスは高速統一機動部隊で第一:高戦2空母2航巡2、第二:軽巡1駆逐2〜4、他重巡雷巡など。
NPは一ゲージ目同様。

二ゲージ目は水上打撃。
第一:高戦2戦艦1航巡2泊地艦1
第二:軽巡1駆逐2〜3、他重巡雷巡

で、ラストまで行ったら装甲破砕ギミック。
防空優勢2回、Mマス航空優勢、V・Q・SマスでS勝利。
大半はX開放と同じ。Sは第二ボス前なので最後にするのを推奨。
違うのはQマスぐらいか。
正規空母3が条件みたいなので、Vマス行きの航巡を1隻正規空母に変えればいけそう。

特効は
全体で
比叡・夕立・暁 1.2
霧島・白露 1.15
愛宕・高雄・利根・時雨・綾波・雪風・電・照月 1.1
鈴谷 1.05

第二ゲージボスで
比叡・霧島・夕立・暁 1.5

特効に関してはどこもかしこもまちまちだったりするからとりあえず画像で張られてたのを参考にしている。
艦これ速報とかDewyとかlambdaあたりが載せてる情報を見るとまた違うので、参考程度。

これで大体の艦種編成は見終えたので、次の記事で実際に誰を使っていくか考える。

艦隊これくしょん出撃録・19秋構想その1

後段が始まる前に一旦前段の編成の構想をしていくか。
長々と書くのも疲れるので端的に書きたい。

・E1
八駆(朝潮・大潮・荒潮・満潮)名指し海域。撃破のダブルゲージ。
特効としても八駆は全マス1.25倍の上に第2ボスとそのボス前はさらに補正が掛かる。
他にも長良・子日・若葉・初霜に1.15倍の補正。
編成は全体通して軽巡系1駆逐4なので、特効のみで組むなら長良+八駆。
長良を温存するなら予備雷巡あたりでいいだろう。
八駆を温存するという考えはない。

・E2
前段では唯一史実モデルのない海域。今回唯一のシングルゲージ。
ギミックによるルート開放はあるが、特に必要ない。
特効はアンダマン攻略部隊の鳥海・川内・由良・天霧・磯波・浦波に全マス1.25倍。
その他にも金剛・榛名・高雄・愛宕・龍驤に全マス1.15倍(この組はE4ボスにも補正あり)
ポートダーウィン空襲組の赤城・加賀・蒼龍・飛龍に全マス1.1倍、ギミックAマスに1.3倍の補正。

Aマスに向かう気はないのでボス行きのみ考える。
ボス行きは重巡2軽空母1軽巡系1駆逐2。


・E3
スラバヤ沖海戦ステージ。輸送撃破のダブルゲージ。連合艦隊編成。
特効は正直な所、かなり多い。
スラバヤ沖海戦組が多いのがその要因。
基本的に2月27日組をメインに特効があるか?

第五戦隊(那智・羽黒・潮・漣・山風・江風)と二水戦(神通・雪風・時津風・天津風・初風)は全マス1.2倍(初風は検証されてないので未確定)
四水戦はまちまち。那珂と夕立は1.1倍っぽいが、村雨・五月雨・春雨は1.2倍の様子。
朝雲・峯雲はボス以外1.1倍でボスのみ1.2倍扱いとか。
3月1日組では足柄と龍驤は1.2倍、妙高・雷・電・曙は1.1倍、松風・千歳・瑞穂はよく分からん。
その他第2ボスではさらに1.1倍の補正が掛かる模様。

編成は
1ゲージ目輸送
第一:補給1駆逐4+航戦or護衛空母
第二:軽巡1駆逐3重巡系2

2ゲージ目は水上打撃部隊。
ルートは大まかに2通りか。
戦艦空母あきつ丸なし→道中潜水1、通常2
軽空母1もしくは戦艦1空母1補給1→道中潜水2、通常2
なお、補給艦なしなら重巡系4隻まで。

制空は欲しいから準最短の下だろうか。
軽空母1なら
第一:軽空母1重巡2軽巡2駆逐1
第二:軽巡1駆逐3重巡系2

戦艦1空母1補給1なら
第一:戦艦1空母1補給1重巡2+重巡or駆逐
第二:軽巡1駆逐3重巡系2

軽巡の消費から言っても補給ありのがいいかな。


・E4
バタビア沖海戦ステージ。輸送撃破のダブルゲージ。連合艦隊編成。
E3と同じく特効が多い。
西方支援隊(最上・三隈・敷波)と護衛隊の中で何故か吹雪のみ1.2倍
その他護衛隊(名取・朝風・春風・旗風・初雪・白雪・叢雲・皐月・文月・由良・暁・響・水無月・長月)と上陸船団(あきつ丸)が1.1倍。
金剛・榛名・高雄・愛宕・龍驤に第二ボス1.25倍の補正。

編成は
1ゲージ目輸送
第一:重巡系1軽巡1駆逐4
第二:軽巡1駆逐3重巡系2

E3と同じく2ゲージ目は水上打撃部隊。
これまた同じく編成は2通り。
戦艦なし軽空母1→道中潜水1、空襲1、通常2
明石もしくは秋津洲+戦艦1軽空母2→道中潜水1、空襲1、通常2

戦闘する回数は変わらないが、泊地修理マスを通るかどうかという違い。
無論入れた方が戦力を増強できるから入れるに越したことはない。
ただ、E3も含めて泊地修理艦の増強が2回目なので、残る艦が明石か秋津洲のどちらか1隻のみになる。
後段でも同じように泊地修理艦で編成が楽になることを考慮するなら結構厳しめ。
まあE5は対潜哨戒みたいだし泊地修理を利用するとは思わないが・・・。

戦艦なし軽空母1なら
第一:重巡4軽巡1軽空母1
第二:軽巡1駆逐3重巡系2

泊地艦+戦艦1軽空母2なら
第一:戦艦1軽空母2泊地艦1重巡2
第二:軽巡1駆逐3重巡系2

ぶっちゃけ泊地艦なしだと重巡の運用が厳しい。
最低で12必要になるし。

さて、編成に関しては大体定まったので、あとは後段の情報を仕入れてから調整しつついよいよ挑む流れになるだろう。

では、この辺でノシ

咲-Saki-第211局「相棒」

今回も咲の感想をやっていこう。
早速続きから。
続きを読む

咲-Saki-第210局「渾身」

コンテンツを長く見てもらう条件として同じ条件で出し続けるってのがあると思ってるんだけど、ずっと続けるというのはどうにも難しい。
動画でも小説でも毎日同じような時間帯に更新されてると「お、そういやそろそろアレの時間じゃん、見たろ」って感じで見たりする。
多少クオリティが低くてもルーチンに組み込まれたりすると早々離れることはない。

そんな訳で、ここ2回ほど感想を8時に予約投稿してたけど今回はこんな時間。
連載を忘れてたんじゃなくて読んだ後に他の事してたら記事を書くの忘れた(笑)
こういう何かを出すっていうのを毎日コンスタントに続けてる人は凄いね。

じゃあ感想を続きから。
続きを読む

咲-Saki-第209局「来由」

今回も感想を早々と書いていこう。
気にしてなかったけど、今回はセンターカラーだったようだ。
早速、続きから感想へ。
続きを読む

咲-Saki-第208局「臨戦」

今回は頭から抜けることなく最速でデジタル版ヤンガン入手。
といっても、あまりに早く記事を上げるのもよくないと思っているので、予約投稿で8時ぐらいにしておく。
ちなみに今日は10月4日で和の誕生日だが、作中では1コマたりとも出番はない。無情。

では、続きから感想。
続きを読む

艦隊これくしょん出撃録・19夏E4グレカーレ掘り

そんな訳で、E2-2に舞い戻ってグレカーレの掘りを行うことになった。
E2-2攻略時の経験を踏まえて編成の変更を考えていく。
E2-2ラスダン時に思っていたのだが、うちの攻略時にはアークロイヤルの装備がBAFFだったんだよね。
途中で航空戦のダメージが異様に高いことに気付いて装備構成の変更を考えてたんだけど、突破できてしまったので白紙に戻ったのだった。
まあラストで沼るのもむべなるかなといった所ではあった。

そういうのを踏まえて、今回はアークロイヤルに艦戦を積まない。
その分の制空をどこで稼ぐかだが、残念ながらうちには水上戦闘機が5個しかないのでそれで稼ぐのは絶対的に無理。
じゃあどうするのかというと、高速化伊勢。
今回長門も陸奥も伊勢も日向も使わなかったからこの辺を余裕で引っ張ってこれる。
伊勢に艦戦と水爆積んで制空補助させることでアークロイヤルを制空の負担から開放した。

編成は
第一:アーク、ローマ、伊勢、ザラ、ポーラ、千歳
第二:長波、大井、北上、オイゲン、綾波、ガルバルディ
で行くことに。

以下、戦果。
1回目:ボスS勝利 アメリカ艦隊 足柄
2回目:ボスS勝利 アメリカ艦隊 羽黒 ※ボス前でウォースパイト
3回目:ボスS勝利 赤城艦隊1 扶桑
4回目:ボスS勝利 アメリカ艦隊 沖波
5回目:ボス前撤退 ザラ
6回目:ボスS勝利 赤城艦隊2 利根
7回目:ボスS勝利 アメリカ艦隊 大東
8回目:ボスS勝利 アメリカ艦隊 日振
9回目:ボスS勝利 赤城艦隊1 妙高
10回目:ボス前撤退 伊勢
11回目:ボス前撤退 アーク
12回目:ボスS勝利 アメリカ艦隊 妙高
13回目:ボスA勝利 アメリカ艦隊 大淀

地味に良いものが来たりなんだかんだはするんだけど、グレカーレは出ない。
これは日を改める必要がありそうか・・・?
14回目、S勝利。気になるドロップは・・・。
マエストラーレ級駆逐艦グレカーレ着任
グレカーレ出たッ!! 19夏完ッ!!
poiによるとおよそ7%弱ぐらいらしいから平運だな。
これでもうこのイベントでやることはなくなった。
はぁ・・・3海域でここまで疲弊するとは思わなかったね。
今度こそ問い合わせに投げたい。前回に比べたらまだ気力が残ってるしな。

現在の資源状況。
19夏掘り終了後資源
燃料が20万残ったからまずは満足。
前回の掘り消費が酷すぎて数カ月経ってもダメージが抜けきってなかったからな・・・。
今回はそんなことなさそうで安心だ。

では、この辺でノシ
QRコード
QRコード
Profile

近衛@国士無双

ブログ立ち上げ日に18歳になった管理人・近衛または国士無双という者です。
このブログはまぁ色々適当な事を書きなぐるだけの場所です。
メルアドはphilosopher_konoe@hotmail.co.jp
何か問い合わせあればメール下さい。

Recent Comments
記事検索
Archives
Categories