A&D 全てが混在するブログ

このブログは何をやっても中途半端な管理人が色々ぶちまけるブログです。 興味があるという奇特な方は是非ともご覧になってください。
ブログ整理完了。

2014年03月

アニメ咲-Saki-全国編12局「真実」

という訳で、2回戦を勝ち上がったのは長野代表・清澄高校と、南大阪代表・姫松高校でした!
まぁ阿知賀編から続けて見てる人はアニメだけであっても知ってるんだけどね。

今回特筆すべきはオーラスの描写が追加された所だろうか。
原作では末原さん和了ってここからだってページの直後の1コマで咲が和了って終わる展開だったし。
正直な所、原作でオーラスの描写がなかったのは大失敗じゃないかと思う。
あそこは軽く流すべきところではなかった。

そのオーラスだが、霞さんはいつも通り、末原さんは永水の和了りを警戒しつつ和了りを目指す。
姉帯さんはスピード重視で前半勝負(後半は危険)という、どうも「先勝」らしき能力を発動していた。
霞さんも姉帯さんもテンパイまでこぎつけるものの、結局咲のリンシャンで終戦。

その後は各校の話。
いつ見ても永水のここの話は酷すぎる。
永水を貶めることで負けたのが当然のように見せているのではないかと邪推してしまう。
2回戦の前と後で永水勢が全員入れ替わってるんじゃないかってくらいなにかおかしい。
ここを見ると小蒔が言ってた「全ての方に敬意を持って当たりましょう」が完全なるジョークにしか聞こえない。
そんな事言うなら小蒔は少なくとも「2回戦は弱い神様」発言だけは許しちゃいけないと思う。
仮に許すとしてもそれは分家が姫様に負担を強いたくなかったからと言わせるべき所。

そして、極めつけの「今度打ったら多分勝てません」。
ここはもう精神異常以外に読み取れない。
精神異常の原因が全く分からないが、あそこまで余裕勝ちしといて勝てませんはさすがにおかしい。
全力で頑張ったと言いながら靴下脱ぐの忘れてるのもそこに拍車を掛けている。

ともあれ、南三局の咲の手牌は精査しておく必要がありそう。
それなりに描写があったのは見て取れたし。
リンシャン牌をカンできるのにツモ切りしたのは前回でわかってるけど、他に何か分かるかねぇ。

あとは何と言っても瑞原はやり=田村ゆかりだろうか。
ついに確定したか。どう考えてもこれしかキャスティングできないと言われていた所が。
だが、この一言の為に呼ばれたのかと思うとなんとも言えないな。
はやりんはここから出番結構あるだろうからいいと思うけど。

で、もう4月に入るけど最終話「旧友」がまだある。
準決勝開始前で終わりかな。阿知賀編と被る部分も結構ありそう。
個人的に気になるのは阿知賀編のCパートで清澄一年勢が駅で何を見たのかって所。
かなり思わせぶりだったけど、描写が漫画にも何もなかったから気になっている。

では、この辺でノシ

シノハユ第7話「閑無ぁ

メッチャクチャ遅れて今更感満載だけど、アニメ前に更新しておく。
なんでこんな遅れてるかというと25日が完全に購入不可能な日で、その後も仕事の合間で買いに行くのが億劫すぎた。
最終的には土曜に買って読んでるけど、特に優先して書くような情報もなかったので後回ししていたらこんなことに。

さて、中身。

麻雀大会編は前回と同じく慕の話でやってるのでほぼ割愛。
追加があったのは南三局とオーラスの話、あと慕の高い手の時にはやりが察知していたのが強調。
それと杏果が実は見に来ていたことなど。

南三局で閑無が和了った時のリチャードソンのリアクションが笑える。
リチャは良いキャラしてるよ。

閑無(瑞原を3位に落とした! ざまねーな!)

閑無曰く去年はひたすらボコられたらしいので、本気で敵意むき出し。
この2人が高校で一緒になって、一体どんな掛け合いがあるのやら。

ともあれ、閑無はここで勝っていたらおさらばする予定だったらしいが、はやりに直撃喰らって敗北。

閑無(また1年やることになるのか 麻雀―――…)

その言葉とは裏腹に表情は非常に晴れやか。
閑無も麻雀の楽しさに気付いてしまったのかね。

そんな様子を見た杏果も満足そうに会場を去る。
今回、杏果が会場に入る所から出る所まで描かれているが、本気で閑無の保護者か何かのようだ。
それでいて閑無自身には見てないと言って茶化すなど気配りを忘れない。
閑無に対するこの献身はどこから来ているのやら・・・。
閑無と杏果が如何に出会ったのかも是非やって欲しい所だが。

色々思うところがあったのか閑無はこれ以降急激に人当たりが良くなる。
慕編で慕を誘ったシーンの前には最初に出会った時のことを謝ったりもしている。
慕編はここで終わるが、閑無編ではその後に実際に打ってたり、他の皆にも「ずっとワガママでゴメン」と謝ったりしている。
モブの1人である玲奈が「女になった?」などと考えてしまうくらい大人に成長した感がある。
その玲奈も心を許したのか、その後は閑無に対してズバズバ言うようになっている。

閑無(うん…前より無敵感あがってる)

今の日々――食い足りなくはないかな――…

閑無編、完。

いい感じに成長物語やってるな、という感じ。
前半の小物っぽさが嘘のようだ。

次回からは予告によると瑞原はやり編。
はやりんが麻雀と出会ったきっかけの部分からだそうだ。
それから15年強続けることになる最初のきっかけとは如何に。

では、この辺でノシ

閃乱カグラSV・その3

艦これにかまけてたりしたけど、こっちも少しづつやっている。
夜桜と四季の個別3周まで。
叢が使いやすすぎたせいか、この2人は相当苦戦した。
突進+飛翔乱舞移行技は便利すぎた。
とにかく飛翔乱舞へ移行するための使い勝手が良い技を見つけなきゃ話にならないが、ちょっと難儀したかな。

あと月閃女学館は1人だけか。
もう1人3周したらそこからようやくストーリーかな。

プロデューサーの話では月閃→半蔵→蛇女→紅蓮の順がオススメらしいので、私もその順番でやっていこうかなと。
私のお気に入りは飛鳥・斑鳩・詠なんだけど、まずは半蔵に入るまで我慢かな。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・その百三十七

霧島を改二にした。
艦隊の頭脳カッコカリ
他の艦に比べて顔が小さいという意見には頷く所はあるが、別に悪い要素は見当たらない。
正直、比叡や霧島は批判に値するような出来ではない。
金剛に関してはまだ納得できる意見があったりするが。

さて、残り5回に設定した大型建造は早くも2回やって4:30 4:00で完全敗北。
私には4/6/6/2のレシピは相性が悪いと思うようになってきた。
今度やるときは6/5/7/2でやってみる。

大鳳が10回以内に出たこともあってあまり大型建造の苦しみを知らなかったが、ビスマルク狙いの今回はもう十分ってくらい味あわせてもらった。
何が時雨系提督だよ・・・調子に乗りすぎでした。
なんでもするのでビスマルクください(懇願)

まぁなんというか、資源が尽きると主力で出陣できないから遠征オンライン&潜水艦ゲーにしかならない。
潜水艦以外で出撃するのはもうバシー島ぐらいなもの。
バシー、オリョール、キス島しかここ最近行ってないような気がする。あと1-5。

なんにせよ、資源とともに気力も尽き果てたので潜水艦で出撃するのもままならない。
遠征オンラインの開幕だ。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・メンテ中雑談

とりあえず、ツイッターに情報が出た分だけ。

・母港最大枠が+10
これは素直に嬉しい。やりくりするのが大変になっていた所だ。

・霧島改二実装
改造とともに新ボイスも。
ついに霧島の改二か・・・。

・Z1型zwei実装
いわゆる改二。
歴史上もう少し健在だったらというIF艤装と新装備を携えてくるとか。
現在の太ももアイコンはレーベのzweiか?

・新装備実装
「2cm 四連装 FlaK 38」と「3.7cm FlaK M42」の2つ。
どちらもドイツの対空機関砲。
ということで、レーベやマックスが持ってくる装備だろう。

・駆逐艦浜風実装
陽炎型13番艦実装。
改装後に補給&放置ボイス追加。
第2〜第4の特定海域と第5全海域でドロップ(ボス限定かどうかは不明)

・駆逐艦卯月ドロップ率アップ
来月が卯月のため、4月の間は卯月のドロップ率アップの他、これまで以外の海域以外でもドロップできるようになるとか。

・資材の貯蓄限界値設定&UI更新
自然回復を越えて貯蓄できる資源の量が30000に設定。
同様に資材は3000が限界。
限界以上所持している提督は使用できるけど増えない。
それに伴い視認できる資源が6桁、資材が4桁に。

・家具更新
春らしい家具に。
180万記念掛け軸も。


そんな訳で、今回の目玉は霧島とZ1型2隻の改二になるか。
まさかZ1型から先に来るとは思わなかった。
ビスマルクは先んじて公表されてたけど、こっちはなかったし。
実装される対空機関砲は1940年以降のものなので、40年に沈んだレーベやマックスには搭載されてないというところかな。
1936年型には搭載されてるかもしれないが。

では、この辺でノシ

近況

いくらなんでも大和レシピで金剛型が出すぎる。
さすがの私ももう心が折れそうだ。
5時間すら出ないのが堪える。
長門を3隻連続解体とかやったもんだから5時間からは遠のいたか。
資源を貯めるのもそうだが、資材がもう3桁切りそうなんだよね。
限界はもうすぐそこにある。
開発資材が20切ったらさすがにもうビスマルクは半年単位で諦めざるをえないと思う。
あと5回の内に出ないのであればもうビスマルクという存在をすっぱり忘れる。

と、近況と銘打ちながらまた艦これ記事だと詐欺っぽくなる。
増税になる前にノートパソコンを買おうかと思うけど、どうしようかな。
それなりに動きがサクサクであればなんでもいいけど。
値段と性能で応相談か。

今クールのアニメもそろそろ終わるけど、私としてはビルドファイターズとそにアニの二強だったかな。
というか、これと咲と黒子のバスケしか見てないんだけどさ。
ビルドファイターズは言うまでもないが、そにアニはずっと高レベルで安定していた。
毎回違うジャンルのアニメになったり、EDが毎回違ってたりと作品愛を強く感じられた。
最終話も本当に最終話らしい作りで、文句のつけようがなかった。
こういうのがあるから侮れないんだよね。
一般的にイロモノとされるゲーム原作のアニメは。
閃乱カグラもネプテューヌも私は楽しめた。
そこら辺の雑多な作品と比べると綺麗に締めてるのも印象的。
あとは何と言っても作品愛。
こういうのは作品愛あってのものだとつくづく思い知ったな。

そういえば、ビッグガンガンはまだ買ってない。
今日が夜勤なので、明日の朝にでも買いに行こうかと思う。
本当は今日の内に行こうかと思ってたんだけど、最近は仕事の合間に活動するのが辛くてたまらない。
どうも年々虚弱になってるような気がしてならない。
そのくせ体重だけはだんだん増えていくという。
いかんとは思いつつもズルズル行ってるのが現状。

いい加減色々なんとかしないといけないんだが、どうしたものか。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・その百三十六

金剛「hey榛名、ちょっとこっち来るデース」
榛名「金剛お姉さま、なんでしょう? ・・・あれは提督?」
金剛「あの顔を見るネー。まるで大型建造で資源全て溶かした顔みたいデース」
榛名「洒落になってないような・・・」

ビスマルクは未実装(確信)
なけなしの資源は5時間への挑戦権へ変わることなく深い闇へと消えていったのだ。

今週金曜には霧島の改二。
来月には一周年イベントも有るというのにこの有り様。
いったいビスマルクは我が鎮守府の何が気に入らず着任しないんだ?
最初の方は「まぁこんなこともあるよねー」などとのんきしていた私も、今では「ビスマルクには全身余すところなく(意味深)役に立ってもらう」という構えになってきている。
こんな考えだから出ないのか。

榛名改二がいつか来ることも確定。
天津風が一周年イベントで来ることも確定。
所持艦娘上限が増えるのもまぁ確定。
一応、今は枠開けることに腐心したほうが良さそうだけど。

何はともあれ、まだまだ大型建造の闇の中に突入が続く。
ビスマルクを追い求める戦いは終わらない。

では、この辺でノシ
続きを読む

アニメ咲-Saki-全国編11局「脅威」

そろそろ終わりが近づいてきたわけだが・・・。

やっぱりどっからどう見ても咲のラスボス感がやばい。
終盤の流れは末原さんじゃないが、本当にやりたい放題。
ただ、咲が覚醒した時に霞さんや姉帯さんは反応していたが、末原さんはあんまり反応してないのが気にかかる。

今回は姉帯さん無双終了からの霞さん無双からの咲無双と全員がやりたい放題だったな。
霞さんの巫女服が勝手に脱げるの笑った。

で、問題の南三局。
モノクル割ってまでやったことがリンシャン牌ツモ切りというのがどうにも度し難い。
これをやった恩恵が全て末原さんに向かっているのもなんとも。
仮にこのツモ切りが予測内なら一番手強いという末原さんをサポートしてるのは他ならぬ咲自身になる。
予測していないのであれば、やはり末原さんが無意識に影響を及ぼしたということだろうが・・・。
なんだかんだでここで全員の能力を読み切った末原さんが凄かったといえばそうとも言えるけど。

来週の「そっちが和了るのかよw」→「永水とはなんだったのか」の流れはどうするかね。
もう書くべきことは書き尽くしてるし。
なんか追加があったら言及する程度かな。

これは別にどうでもいい話だけど、阿知賀編は繰り返し見たが全国編は序盤を除いて1回しか見てない。
やっぱりBブロック2回戦はあまり面白く感じないんだよね。
なんでか考えたけど、各ポジションごとに本気出せてない奴が多すぎる事に気付いた。
先鋒:小蒔、上重
次鋒:エイスリン
中堅:部長
副将:初美
大将戦は特にそんな事もないけど、結末が結末だし。
県予選にしてもAブロックにしてもやり残しを感じるようなチームはほとんどいなかったけど、このB2回戦はもっとやりようがあるだろっていうのが多い。
永水ファンだから永水負けてつまらないと感じてるのももちろんあるのだが、永水のぞんざいな扱いがその根本にあると思う。
千里山みたいに力出し尽くしたけど負けたみたいなら納得行ってたんだけどな。

では、この辺でノシ

閃乱カグラSV・その2

月閃2人目の叢で個別ストーリー3周。
基本的に1回目:閃→陽、2回目:陽、3回目:陰を鍛えている。
叢は個人的に使いやすく、雪泉では出来なかったオール秀をサクサク達成。
最終戦なんて0痛の11秒でクリアとか言うおかしなことやってる状態。
キャラも良いしね。
素顔の素朴な感じがなんとも言えない。
あと任務終了時のキリッとした表情が良い。
ただ、この子のお気に入りの下着は性格に似合わず派手だなぁとか感じた。
ヒョウ柄なのか、これは。

3周もしてるともうレベルはカンスト間近なんだよね。50が最大って書いてあったから。
確かに属性を鍛えるほうが手間掛かりそうだ。

それにしても、購買部の下着ガチャとか他諸々本当に突き抜けてるゲームだなと思う。
爆乳プロデューサーさすがだわ。

では、この辺でノシ

閃乱カグラSV・その1

閃乱カグラSHINOVI VERSUSのベスト版を購入してしばらく放置していたのだが、艦これが大型建造のおかげで遠征オンライン化しているので遠征している間にプレイし始めた。

まず、アップデートしてストアで無料のものだけダウンロードしてみた。
何やら5月ぐらいまでDLCが全て半額だとか書いてあったが、当面は本編がどの程度面白いかで買うかどうか決める。

で、最初の学校選択は月閃女学館にした。
アニメで馴染みがあるのは半蔵とか蛇女なんだけど、蛇女は抜け忍になって初期選択不可だし、説明書のストーリーも月閃女学館メインぽいし。
とりあえず、リーダーの雪泉の個別ストーリーをやってみたが、このゲーム結構難しい。
初っ端から最高評価取れなくて、取れて良という始末。
評価は秀→優→良→可の4段階かな。
あと、任務クリアすると自動的に次の戦いになってしまって止め時がない。
中断すればいいのだろうけど。

雪泉編では詠→春花→美野里→葛城→柳生&雲雀の順に戦闘。
基本的に負けたりすることはないんだけど、最終ステージはさすがにまいった。
敵忍者が2人いるとかなり割り込んでくる。
かなりボロボロに(見た目的にも)なりながら勝利。

ストーリーの内容はかなり吹っ飛んでた。
正義とは何かを探求するために戦っていたが、柳生の雲雀愛に毒されて「可愛いは正義」に目覚めてしまうという。
クールっぽい感じだったのにどうしてこうなった。

その後に評価を秀にしていこうと思ってまた最初の詠に挑んだら、自動的に戦いがまた進んで2周目をするはめに。
クリアしたら単独になるとかないのか。
2周目は忍転身しないで余裕でひねれはするのだが、秀が取れない。
柳生&雲雀の時なんてこっちは衣装破損すらしてないのに・・・。
あとこっちが強くなりすぎると相手の衣装破る前に倒しちゃうな。
全破壊が逆に難しくなる。

まぁ当面は月閃の5人を使っていくかね。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・その百三十五

俺提督「ビスマルクは何処にありや、何処にありや。全俺が知らんと欲す」
レーベ「提督・・・なんだか眼が虚ろになってるね、うん」
マックス「噂のビスマルク・・・この鎮守府に着任したら艦隊を組んでみたいわね」

2日で溶けきった資源を16000まで回復させたので、1度やってみたら4時間だった。
次は誰だ、ヒエーかマイクチェックか!!

さて、運営からもまた情報が出てきている。
次のメンテは3/26か28。
あと来月には一周年イベントの春イベントあり。
島風の友達で天を吹く風のような艦娘も実装とのことだが、、島風の試作機関搭載の陽炎型駆逐艦「天津風」以外に考えられない。
阿賀野型最後の酒匂も来るかなと予想してはいるんだが・・・。
進水日が4/9だから微妙なんだよな。

あとは霧島の改二か。
これは次のメンテかな。そっちにはまだ何も情報がないし。
榛名が来ないのはまぁ史実的にもそんな感じはするししょうがないか。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・最近の敵分析編

戦艦レ級の性能について調べていたが、いくらなんでもこれは酷すぎないかと思う。
完全チート
なんというかもう、鋼鉄の咆哮か何か?と思わされる。
ぼくのかんがえたさいきょうのきゃら臭がやばい。
180機も艦載機が載る戦艦って何事だよ。
超高火力の魚雷も打てるし。
こんなだとどこぞの島ぐらいの大きさとしか思えないのに回避が50もあるし。

戦艦レ級Eliteの持つ基本スペックだが、
・航空戦
開幕爆撃134ダメージ
制空値107
・開幕雷撃
143ダメージ
・砲撃戦
砲撃153ダメージ(キャップ計算後)
対潜31ダメージ
・雷撃戦
125ダメージ
・夜戦
連撃305*2(610)ダメージ(キャップ計算後)
※夜戦の対潜は補正でカスダメが限度
という感じ。

航空戦、開幕雷撃、砲撃戦、雷撃戦、対潜攻撃、夜戦と全てをこなせるのはレ級だけ!
もうこいつ1人でいいんじゃないかな。
戦艦のくせに対潜攻撃できるのは味方だとデメリットあるけど、敵だと脅威だし。
味方の潜水艦は脆さに定評があるからな・・・。
5-5に連れて行くと弾除けにもならない感じだ。
夜戦に挑むにあたっては潜水艦に攻撃させられれば大きいけどな。
305*2とか確実に大破する。
どんな艦娘でもオーバーキル中破からの大破が目に見えてる。
レ級Eliteは命中も+5してるのが酷い。何故か味方で言う甲標的にあたる深海烏賊魚雷は雷装+18の上に命中+5の効果がある。
最近追加されてる敵の装備は完全に味方の装備の上を行くものばかりになっている。
駆逐イ級flagshipが持ってるのは深海水上レーダー、深海ソナーMk供⊃竺で雷投射機の対潜ガン積みだが、深海水上レーダーは対空+5、対潜+5、命中+24、回避+3、索敵+16とかいうもう何がなんだかよく分からない異常な装備。
駆逐艦以外にこんなもの搭載されたら確実に終わる。
深海ソナーMk兇和仞+16で三式ソナーよりはるかに上。
深海爆雷投射機は既存の装備だが、これも対潜+7とまぁ強い。
このおかげで駆逐イ級flagshipの対潜ダメージは97と、対潜ガン積み夕張レベルにやばいものが出来上がっている。命中+24&シナジーありで確実に当ててくるだろうし。
これがうじゃうじゃいる5-5では潜水艦は完全に産廃。

レ級が持ってる飛び魚艦爆は味方で言う零戦(爆戦)だが、爆装+10、対空+8、対潜+7とこれも味方より遥かに高性能。
艦攻Mk靴和亢+4であるためにヲ級改の制空値が102などというレ級Eliteに次ぐ値になっている。
攻撃機に対空性能ってマルチロールファイターかよ。
この時代にそんなのいてたまるか。
完全に敵のテクノロジーがこちらに比べて未来を行ってる。
味方の強さは現段階でほぼ頭打ちなのに敵はどんどん強くなるとか・・・。
そろそろ史実で言うアメリカの反撃が始まりつつあるようなイメージなのかね。
イベントでミッドウェーとかやったら急速に畳んでいきそうな気がしてきて怖いな。

なんにせよ、戦艦レ級は航空戦艦という枠組みでありながらやれることが多すぎる。
1スロットに180とか寄せてるのも酷い。
それならこっちの航空戦艦も1スロットにまとめて欲しい。
伊勢日向なんて1スロ44機で試製晴嵐でも積めば開幕で72ダメージいけるのに。

では、この辺でノシ

アニメ咲-Saki-全国編10局「仲間」

さて、朝から仕事なのでサクサク書いていく。
今回は前半終了から後半東一局連荘からの霞さん苦手分野まで。
よく考えたら卓上は全然進んでない。
その原因は宮守の回想に終始していたからだが。

まぁとにかく姉帯さんとエイスリンの可愛いこと可愛いこと。
この2人を擁しているだけでも宮守が主役っぽく見えるのは致し方のないことと言える。

霞さんの遠野物語独唱では山女の話が出た。
これは以前から姉帯さんとの類似性が語られている訳だが、この度確定ということに。
山女と六曜がどう関わるのかはよくわからないが。

全国編で最後とも言える宮守メイン回だろうけど、さすがに六曜の全容が暴かれるまでは至らなかったか。
戒能プロが取って付けたような解説しかしないのもネック。
「バラエティ豊かですね」と言いつつ、その解説はしないという。もったいぶりすぎだ。


・・・で、ぶっちゃけ、このブログで本当に語るべきは咲の動向だろうと思うので、そこら辺の私見でも。
アニメでは前半終了後の休憩時に和との会話が追加されている。
そこを見る限りだと、前半戦で「次打ったら負けるかも」というような精神破綻ぶりはなかった。
むしろ「まだ何か隠している人もいるみたい」などと余裕の表情。
これが点数設定ミスってプラマイゼロに調整し直した人間なのかというぐらい冷静。
この時点でこれということは、あそこまでおかしくなった理由はやはり南三局ぐらいしかあり得ない。

南三局で末原さんが和了ったのがあまりにも想定外なのだとしたら、咲は南三局で何がしたかったんだろうか。
オーラスがプラマイゼロに逃げた結果だとすると、まだ1000点スタート認識が続いていて南三局開始時点の+16500から1000点スタートでのプラマイゼロである+28600〜+29500を狙っていたとか?
確かに南三局は咲の親番だし、県予選みたいにやってれば普通に可能だが・・・。
これをやろうとしたらあっさり末原さんに高い手和了られて脅威を感じたとでもいうのか。
あの時の咲がトシ婆のモノクル割るぐらいに全力出してるのは事実。
そうなると、末原さんは無意識の内に咲の全力の支配を破ってることになり、咲にとっては最も警戒すべき相手という論理も成り立つ。
末原さんがそんな能力を持っているかどうかは準決勝大将戦に丸投げするが、もしそうなら2回戦の大将戦は完全に相性ゲーになっていたことになる。
咲:○霞さん、姉帯さん ×末原さん
霞さん:○姉帯さん ×咲、末原さん
姉帯さん:○末原さん ×咲、霞さん
末原さん:○咲、霞さん ×姉帯さん
こんな感じか?
末原さんが霞さんに有利付けられたのは咲の影響もありそうではあるが・・・。
自由が効かない霞さんを叩けたのはかなり大きいだろうな。

永水が負けるというのが分かっている状況で見ると、それなりに違う視点から見れているような気がするな。
なんだかんだであの時は永水敗退のショックで永水サイドからしか物が見れてなかったとは思う。
とはいえ、永水の扱いが酷いのは全く変わらないんだけどさ・・・。
勝ち上がる姫松や回想に恵まれてる宮守に比べて、原作の無慈悲な描写の薄さとアニメのお粗末なフォロー。
そりゃ、水着でも見せないと存在を保っていけないよなぁ・・・悲しい。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・その百三十四

ボーキサイト以外着任したての提督みたいな資源になっていて手が震えている。
特に右腕の二の腕辺りが凄くプルプルする。
5時間は2回来た。2回来たんだが・・・どっちも長門だった。
あまりの怒りにレアだからと保管していた予備艦含めて解体。
1日に長門を3隻も解体するとは。

ここまでの大和レシピ戦果。
あきつ丸→比叡→長門→長門

むしろ陸奥が出た方がまだ「陸奥かよw」って思うけど、長門だとなまじレアな分怒りが発散しにくい。
長門とか最初に手に入れるのに夏イベから秋イベまでの3ヶ月近く戦艦レシピを回し続けたというのに・・・。
こんなポンポン出ると有り難みが・・・。

まぁ大型建造で資源溶けきってかなり弱気になってるから弱音しか出ん。
今日一発目に5時間出た時は来たと思ったんだけどな。

で、航空戦艦任務を達成したらこんなものが。
航空戦艦の時代その1
これの後にもう1個航空戦艦任務が出たけど、そっちは他の2つかな。
今日は6時に1回起きてちょっと艦これやってまた寝たら17時になってたからさ・・・間に合わなかった。
頭痛かったし、身体が休息を求めていたんだとは思うが。

とにかく、今は資源回復だ。
来月にはイベントだっていうのに何をやってるんだか。
5-5もまだ残っているのにな。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・その百三十三

レーベ「ボクの仲間がやってくるよ」
俺提督「うむ・・・かなり資源を消費したが」
レーベ「ちょっと無駄に使いすぎちゃったね、うん」
俺提督「まぁいい。とにかく新しい仲間をこちらへ」

マックス「Guten tag. 私は駆逐艦マックス・シュルツよ。よろしく」
レーベ「やあマックス。君も来たんだね」
マックス「あらレーベ。ふぅん……貴女、少し見ない間に練度が格段と上がってるわね」
レーベ「提督が集中的に鍛えてくれたからね、うん(LV29)」

という訳で駆逐艦マックス・シュルツが到来。
マックス・シュルツ着任
250/130/200/30のレア駆逐レシピで。
レーベが旗艦でないと建造できないらしい。
建造で旗艦にすると効果が出るような仕様は興味深い。

あとはビスマルクだが・・大型建造はそう何度も挑戦できるシロモノではない。
1回やってあきつ丸っぽい時間が表示されたので、現状はそれで打ち止め。
2万に到達したら1回やる感じかな。
枠がきついからその内にどうにかしておきたい所。

あとは1-5も突破した。
ボス固定ルートは軽空母が存在していること、戦艦(航空戦艦除く)がいないこと、軽巡が3隻未満、艦隊が4隻以下をすべて満たすこと。
という事で、軽空母1、航空戦艦1が固定で後は対潜に優れた軽巡や駆逐を入れる。
私は飛鷹型、伊勢型と夕張+ヴェルで挑んだ。

この1-5のネックは何と言っても初戦。
単縦陣で潜水艦1隻が挑んでくるが、単縦陣故に開幕雷撃の命中率が非常に高く航空戦艦以外が狙われるとあっさり中大破する。
むしろ航空戦艦を狙ってくれなければ負けみたいな博打要素がある。
そこを抜ければ大したことはない。
最初の内にルート固定編成が分からず右往左往してた分、時間や資源を無駄にしてしまったのが痛い。

5-5に関してはもっと情報を集めてからにする。
どっちにしろ勲章は欲しいから今月中には挑むけど。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・その百三十二

時雨「ドイツから援軍がやってきたみたいだよ」
俺提督「ついに来たか・・・通してくれ」

レーベ「Guten tag. ボクは駆逐艦レーベレヒト・マース。レーベって呼んでいいよ」
俺提督「呉鎮守府へようこそ、レーベ。盟友ドイツからの援軍、嬉しく思う」
レーベ「Bitte schoen. 祖国から遠いこの地でも頑張るよ」
時雨(なんだかキャラが被ってないかな・・・?)

という訳で、初の海外艦として駆逐艦レーベレヒト・マースが着任。
全体はこんな感じ。
レーベレヒト・マース着任
うん、なんか正しくフミカネキャラを見たような気がする。
見た目通りのボーイッシュな性格も中々。
マックス・シュルツの方は運営のアイコンに登場していたが、こっちはクールそうな感じの艦娘に見える。
いつ手に入るかは分からないが・・・。

情報を集めた所、マックス・シュルツとビスマルクはレーベレヒト・マースを旗艦にして建造するとテーブルに乗るらしい。すぐ出るとは言っていない。
とりあえず、挨拶代わりにレア駆逐レシピを10回ぐらいやって敗北したので、おとなしくレーベのレベリングしてる。
改にしてから建造再チャレンジだ!!

という事で、新艦娘のレーベレヒト・マース、マックス・シュルツ、ビスマルクについての話題はそんなもんで。
性能自体は吹雪型>Z1型>睦月型、長門型>ビスマルク型≧金剛型みたいなものなので、性能厨には必要ないとだけ言っておこう。

新海域は1-5と5-5。
5-5は噂の戦艦レ級が鬼畜すぎる性能だと聞いただけで挑戦はしていない。
1-5は数回行ったが、ボス未到達の上、ハズレがお仕置き部屋なのでちょっと中断中。
やはり、開始日に情報なしで飛び込むのは私じゃないな。
おとなしくレーベのレベリングしてる。

新装備に関しては現状なんとも。
開発に回すような資源もない。
多分、航空戦艦の遠征+任務で艦載機をもらえるのだろうけど。
数値的には微妙っぽいので、やはり夜間雷撃があるかどうかが肝だろうか。

新任務は遠征関連が3つあるのを確認。海外艦娘と東京急行と航空戦艦演習。
ウィークリー任務は確認できてないので、達成していかないと無理そう。
ウィークリー以外にもあと1つあるような事が書いてあったが、現状は確認できず。
東京急行か航空戦艦演習の後に出るのだろうか。

現状はこんな感じ。
今日の所はレーベのレベリングをずっとやってる予定。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・その百三十一

10時半に起きたので慌てて演習その他諸々を終えた。
毎度ながら計画性がなさすぎるな・・・。

さて、今回のアップデートも大規模な物になるとか。
新海域、新任務、新遠征、新装備、そして新艦娘として海外艦が3隻。
この海外艦は「駆」「駆」「戦」という話。
素直に読めば、駆逐艦2隻、戦艦1隻。
また、そのなかの1隻は現在の運営アイコンでドイツの駆逐艦と思われるもの。
有志の調査結果ではZ1(1934)型駆逐艦のネームシップ、Z1レーベレヒト・マースだと推測されている。
日本とは全く関係なさそうな駆逐艦だが、ドイツの吹雪的な立ち位置になるんだろうか。
他はドイツの船かどうかも分からないが、ドイツだけだとしたら戦艦はビスマルク級のビスマルクとティルピッツ、シャルンホルスト級のシャルンホルストとグナイゼナウしかない。
意表をついてポケット戦艦のドイッチュラント級3隻のいずれかという可能性もあるけど、あれは重巡洋艦だし。

まぁ、あとはメンテ終了後にまた書くか。
とりあえず、メンテ終了まで運営以外からは情報収集しない方向で。

話は変わるが、公式作戦記録も全部読んでみた。
改めて見ると、ガダルカナル島を巡る戦いがかなり多いように感じた。
海軍のみで言うならミッドウェーとこのガダルカナル島の戦いが敗北の原因に見えるな。
ただ、どっちにしたって兵站線が長くなりすぎてる感はあるけど。

仮にミッドウェーを攻略してアメリカの空母を逆に壊滅させていたとしたらどうなっていたのか。
アメリカが真珠湾前に持っていた空母はラングレー、レキシントン、サラトガ、レンジャー、ヨークタウン、エンタープライズ、ホーネット、ワスプの8隻。
うちミッドウェー前にラングレー、レキシントンが撃沈でサラトガが損傷で後退中。
レンジャー、ワスプは大西洋艦隊所属。
なので、ミッドウェーに出てきたのは珊瑚海から突貫で修復してきたヨークタウンとエンタープライズ、ホーネットか。
これらを撃沈しミッドウェーを攻略すると、続いてハワイ攻防戦に入るか、はたまたFS作戦でフィジー・サモアに殴り込みを掛けるのか。
アメリカの空母はサラトガと転属してきたワスプのみだから航空戦においては一気に優位になる。
これらもその後の戦いで撃沈したとしたら大体数ヶ月はアメリカに空母なしの状態が続く。
あとは如何にエセックス級が来る前に態勢を整えるか。
いずれにしても、やっぱり兵站線が長すぎる。
フィジー・サモアなんてガダルカナル島より遠いのにどうやって維持する気なのか。
ミッドウェーの前の珊瑚海海戦にも大勝してポートモレスビーも攻略した上でそれなら、あるいはオーストラリア包囲がなって展開も変わるかも知れないけど。
いずれにせよ、アメリカ相手に優勢でいられるのは1942年のうちだけっぽいし、奇跡的に勝利を続けてさっさと講和でもしない限りどうしようもなかったと言える。

では、この辺でノシ
続きを読む

艦隊これくしょん出撃録・その百三十

青葉「青葉、運営鎮守府から戻ってまいりましたぁ!!」
俺提督「戻ったか。で、運営は何と?」
青葉「3/14に追加される海外艦は3隻! だそうです!!」

ざわ・・

俺提督「3隻・・・だと・・・!!」
ヴェル「хорошо」
時雨「提督、そんなに慌ててどうしたの?」
俺提督「枠が・・・足りない。うちの所持枠は175前後で行ったり来たりしてるから」
時雨「なんというか凄いね・・・」
ヴェル「司令官、予備の艦娘を処分すれば枠は確保できる」
俺提督「いやでも、レアな艦娘を手に入れるとどうしても手放せないというか・・・」
ヴェル「・・・他に負担になっている中にはまるゆ9隻とか、巻雲・長波のような改造待ち組がいる」
俺提督「三式ソナー牧場はLV30だからな・・・かと言ってまるゆの改造も遠い。どうしたものか」

結局、それなりに艦娘を手放したりレベリングを急ぐことで話はまとまるのだった。

それにしても、海外艦3隻とは一体何が来るのやら。
今の運営のアイコンがまた新しい絵になっていて色々予想されているようだ。
駆逐か軽巡っぽい絵らしいが、さてどうなのか。

とりあえず、今日の夕方から潜水艦派遣に出して先んじてみたいと思う。
他の遠征が条件だったらそれはそれで達成するしかない。

では、この辺でノシ

たまには雑談でも

しようかと思ったり思わなかったり。

今日は代引きで宅配が2つ来る予定で、来るまではおいそれと行動しづらいというのがある。
何を頼んだかなんて別に書かなくてもいいんだけど、あの話題になってた宝島社の艦これ本とか、クロシェットの奴が来る。
クロシェットの抱き枕カバーがすでに相当数あるんだけど、どうしたもんかね。

そういえば、ニコ動で第12回MMD杯がやってたみたいだけど、総合では艦これ系列が3位まで独占したようだ。
流行りというのもあるが、普通に面白い動画だったからな・・・。
個人的には2位の序章〜Overture〜が一番好きかな。
解説を見ても、史実をなぞる上でのこだわりがすごい。
艦これをやっていなかったら第二次世界大戦の艦船について知ることもなかったんだろうなとつくづく思う。
やっぱり、ゲームとか小説で興味を持って詳しくなるっていうのは多いと思うんだよね。
私が三国志を知るようになったのもファミコンの初代三国志とか吉川英治の三国志からだし。

それにしても、2月から頭痛が起きる回数がかなり増えてるような気がする。
必然的にバファリンの減りも早い。
冬で寒いからかねぇ・・・ちょっと嫌な感じだ。

では、この辺でノシ

アニメ咲-Saki-全国編9局「出撃」

副将戦から大将戦へ。
ここからが本当の地獄だ。

副将戦では愛宕妹がそれなりに和了ったりする訳だが、アニメで改めて見ると姫松が5位というのも分かる気がする。
上重以外で大失点するような人間がいないからな。
その上で上重が爆発すれば確かに安定感はある。
というか、この試合で2万点以上失点してるのって1人だけだし、Aブロックが大味すぎるってのもある。

最後の初美の北家で初美のドヤ顔と塞のあくどい顔。
初美は塞が抑えきれなくて解除したと思ってるんだろうか。
一応、戦略上の目的があって解除してるわけだが。
ここも和了れなかったらマイナス3万くらい行ってるんだよな・・・。
役満能力者は通常の打ち方が弱くなったりするのだろうか。

霞さんによると永水が3位で大将まで回るのは初めてだとか。
永水としての誤算は、小蒔の神様が弱い面とはいえ開始早々にどっか行ってしまったのと初美が完封されたことの2点に尽きるだろう。
小蒔に関してはなんで解除されたのかもよく分からんし作中でも考察してないからどうしようもないけど、塞に関しては甘く見過ぎてる感がありすぎる。
当事者の初美が最たるものだが、霞さんや巴もそこまで危険とは思ってなかったんじゃないか。
危険だと思ってたら小蒔にもっと頑張ってもらってただろうし。
・・・6万点でも何とかするとか言ってる時に誰も突っ込まないし。
ひょっとしたら2回戦ごときで負けるなんてあり得ないとか思ってたのかもしれん。

さて、大将戦。
アニメ1期最終回のカット再現があった。
ようやく、と言うべきか。もう何年越しになるか。

大将戦の序盤は末原さんの連荘から始まるわけだけど、咲の反応が気になる。
漫画ではそこまでの描写ではなかった東一局の末原さんのポンでカン材が流れた時「この人…」みたいな独白があった。
この時点ですでに末原さんを警戒してたってことか?
末原さん自体にカン材を流そうとしたような意識もなさそうだし、明らかに偶然だと思うのだが。
末原さんは無意識にアンチ咲の能力を発動しているとかそういうアレなのか?

東四局の嶺上開花は点数置き換えを止めた瞬間と取っていいだろう。
1000点スタートでやったら飛んだので戻したのか、はたまた他の理由なのかは分からない。
ここの+9000でプラマイゼロを達成したので、そこからはマイナスしたら戻すスタイルかな。
霞さんのツモ直後にまた戻してるし。
末原さんが試すとかしてなくて南三局をツモ和了られた場合はオーラスで調整する気だったんだろう。
ただ、オーラスで末原さんがアホみたいに4回目のリーチをやったのは裏で操られてたとしか思えない。
あの流れだとオーラスでツモられた瞬間、プラマイゼロは瓦解していたわけだし。
オーラスで自分が和了らずにプラマイゼロに出来る以上、咲にはそこを支配する能力があると見るしかない。
もしくはオーラスで自分の点数が削れないと確定できる洞察力があるか。

今回でサクサク進んで大将戦の前半が終わるが、この分だとあと2話で2回戦が終わって最終話でその後の話になるのかね。
あの意味不明なやり取りがついに出るか。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん・新装備概論+陣形考察

5時ぐらいに寝て起きたら15時回っていたという悲劇。
思わず自分の頬を全力で平手打ちしていた。
演習が・・・EXPが・・・。

さて、今回は表題の通り、装備についての新版解説と陣形まとめでも。
ちなみに今までやってきたのはこちら。
ダメージ計算:
装備概論:
対空砲火概論:
まるゆ運改修:

では、追記から。
続きを読む

追憶の決戦3・その3

まだ関ヶ原突破戦ですが何か?
敗北回数が30だか40回を数えている。
ただ、さすがに敵との兵種の格差が大きすぎてきついんだよね。
4章に入ればこっちも上位兵種を商人から購入できるので、ある程度妥協しようと思う。

ということで、メインキャラクターを宿老まで、サブキャラクターを武者大将まで育てていく。
残ってるのはメインが蜂須賀小六で武者大将→宿老まで3回。
サブは稲葉一鉄・太原雪斎・佐々成政で足軽大将→武者大将まで2回×3人で6回。
残り9回か・・・ようやく終わりが見えてきた。
が、太原雪斎と佐々成政は弓なんだよな・・・。
弓の身分上げが一番きつい。
信長を槍足軽に変えないと被害がひどいことになるので兵種変更しつつやってる。
あとは敵の騎馬隊に兵種特技やらせずに弓隊に討ち取らせないといけない。
現在所持してる弓だの黒鍬だのの部隊が弱すぎて1回のR1で100〜200も減らせなくてきつすぎる。
そもそも、最初の一番槍+一番首で悪戦苦闘してる間にお市がガンガン進んで壊滅しそうになるという。

なんにせよ、ここを終えたら次は4章越前かな。
地道にやっていかないと。

では、この辺でノシ

咲-Saki-第123局「抗戦」+リツハユ

さて、今回もやっていこうか。
・・・の前に、とりあえずあのナルトちゃんねるで掲載されたネタバレ禁止云々に関するここのスタンスについて。

よく知らない人はググるなりしてもらうのがいいんだけど、端的に言えば「全文ネタバレ・画バレ禁止」とかいう話。
ただ、某大手の出版社の人の話だとか、警告なしで法的手段とか、話自体が怪しいことこの上ない。
ウェブアーカイブでそのナルトちゃんねるの以前の記事を見てみたんだけど、セリフや展開を1コマ1コマ掲載みたいなしょっぴかれて当然としか思えないことをやっておきながら「漫画文化の普及に寄与していると認められるようなサイト」に認められるとかどうにもおかしい。
海外のジャンプの英文を和訳しているような話だが、だから何としか。

挙句の果てには簡単なあらすじならOKとか言ってネタバレを続けてる(来週月曜発売の内容を今週水曜掲載してる)始末で、話し合った基準とやらがいったいどんなものなのか訳がわからない。

何にせよ、発売日に購入して感想書いてるような一般のブログを制限するものではなく、本当に全てネタバレしてたり画像載せているような所が危ないってことだろう。

ということで、このブログに関しては何一つ変わることはない。
そもそものここの感想における内容が話し合ったとかいうナルトちゃんねるの自粛した簡略あらすじ以下なんだし、これで違反とか言われたらおかしいんだよね。画像も貼ってないし。
むしろ、言及しないで気にしないでも良いレベル。
とりあえず一ブロガーとして一応スタンスは書いておいたほうがいいだろうと。

以上。今後は上記についての話はしない。




今回は宣言通り、お風呂ポスターとして怜竜華のポスター付属。
・・・これはもうなんと言ったらいいか。複数買わないと(使命感)
完全にサービス振り切っちゃってるなレベルになってきてるのは確か。
髪の毛で先端隠してるだけみたいのがかなり増えてる。
私は一向に構わないんだけど、引いているような読者もいるようだし、どんなものだろうかね。

本編については追記から。
続きを読む

艦隊これくしょん出撃録・その百二十九

艦これの記事は実に一週間ぶりになるか。
このぐらい間が開くのは最近では珍しいだろうか。
別に放っぽってた訳ではなく、仕事が忙しくて家に帰っても記事を書くような気力体力がなかったという。
他に比べて緊急性があるような内容のこともなかったし。
まぁ今後のメンテに関しての情報がそれなりに出てきているので、その話でも。

次のアップデートは3/14のホワイトデー。
新海域/新任務/新装備の実装とか。

新海域は5-5か6-1か・・・。
何やらファミ通コネクトで南方MAPを2つ作っていただのなんだのという話があったらしく、それが5-5として実装されるのではないかという噂がある。
今度こそコロンバンガラ島沖海戦・・・はさすがにないと思うけど。

正直、もう南方海域のモデルであるソロモン諸島周辺だと駆逐艦しか活動してなくて海域ラストにふさわしい戦闘が見当たらない。
ブーゲンビル島沖海戦ぐらいか? 後退しちゃってるけど。
他には上述のコロンバンガラ島沖海戦、クラ湾夜戦、ベラ湾夜戦、ベララベラ海戦、セントジョージ岬海戦などがあるか。

また、海外艦の話も出てるが、海外艦は「今月後半」「中旬以降」という言葉のニュアンスから3/26ではないかと予想している。

2月のメンテ実績が
2/5:サーバ増強メンテナンス
2/14:チョコ、ケッコンカッコカリ、追加ボイス、家具更新
2/26:5-4、神通改二、新アイテム、追加ボイス
こんな感じ。

で、3月の現状。
3/5:サーバメンテナンス
3/14:(予定)新海域・新任務・新装備

この分だと3/14の後に3/26なので、やはり海外艦は3/26が濃厚か。
海外艦は複数実装待ちとのことで、最初の1隻は遠征関連がキーで、潜水艦関連の遠征を終わらせておくと入手へのアプローチが可能とか。
おそらくUボートではないかと思っているが。
呂500か501かな、やっぱり。
名前的には日本だけど海外生まれなのはヴェルの逆パターンだな。

海外艦はやはり同盟国のドイツの艦船が主になるだろうから、ビスマルクとかシャルンホルストも期待だな。
ポケット戦艦の可能性もあるか。

それにしても、ついに海外艦か・・・。
ドイツ艦娘とケッコンカッコカリする提督も出るんだろうな、やっぱり。

では、この辺でノシ

追憶の決戦3・その2

あれから3日経っているが、依然として3章。
現在は関ヶ原突破戦でまた身分を上げている所。
とりあえず秀吉で最上位身分の宿老まで上がることは確認した。

2章「村木の戦い」(武者大将まで)→3章「関ヶ原突破戦」(宿老まで)

宿老までと言ってもここまでに仲間にした武将しか無理なんだけどさ・・・。
今いるのは前田慶次・稲姫含めて15人なんだけど、この先には森家と光秀・村重を除いても17人ぐらい仲間になるんだよなぁ。
この先で身分を上げやすいのは4章の池田・堺・越前、6章の佐和山、11章の安濃津だとか。
6章以降が随分空くな・・・。
6章の佐和山の時は一緒に最難関で有名な三河決戦も出るんだけど、どうしたものかね。
1周目に挑むには過酷な相手ではあるが・・・。
敗北プレイでサクサク上げていくしかないか。

現状重点的に上げてるのは信長・帰蝶・秀吉・吉乃の4人。
万能3人と最後まで参戦の吉乃は上げておきたい。
森や長秀は知将だからな・・・計略+攻撃特技って撤退プレイだと上げにくいんだよな。
特技に関しては6章の入手アイテムに特技経験値増加があるから佐和山の時に上げていきたいかな。

では、この辺でノシ

りつべHP更新

なんだか更新されてるようなので、早速記事にしようと思う。

次の金曜には多分連載されてるが、美穂子の瞳のトーンを同じにしてしまったとか。
前回指摘した部分はコミックスで修正するらしい。
シノハユ4話の閑無の和了りってなんだったか。覚えてないな・・・。

怜竜華のポスターもついてくいる様子。
この絵柄はりつべ描き下ろしか?
ちょっと何冊か買っておくか・・・。
アニメスタッフが描いたのは別段欲しいとは思わないんだけど、りつべ自身が描いたのであれば話は全然別なので。

>お風呂ポスター3点セットは何千通も応募がきた
販売して、どうぞ。
ヤフオクなんかで転売されてるのを見ると悲しくなるんだよね。
同じく金を落とすなら絶対公式に落としたいし、どうにかならないものかな。
いくら欲しいものでも転売屋からは絶対買わないし。
そもそも、私は転売屋を心の底から嫌っているので、そいつらが嫌がるようなことなら何だってして欲しいし、してやりたい。

>登場人物一覧を更新しました。役職名を一部付記
部長とかが分かるようになっている。
以下、部長一覧
清澄:竹井久
風越:福路美穂子(キャプテン)
龍門渕:龍門渕透華
鶴賀:蒲原智美→津山睦月
阿知賀:鷺森灼
千里山:清水谷竜華
新道寺:白水哩
白糸台:弘世菫
姫松:愛宕洋榎(主将)
永水:石戸霞
宮守:臼沢塞
有珠山:桧森誓子
臨海:辻垣内智葉
劔谷:古塚梢
越谷:宇津木玉子
晩成:小走やえ
須和田:霜崎絃
九州赤山:藤原利仙
鹿老渡:佐々野いちご
射水総合:寺崎遊月
讃甘:新免那岐
千曲東:棟居仁美
今宮:田中舞

有珠山は誓子だったか。てっきり爽かと思ってたが。
越谷は大戦犯キングスライムが部長・・・。
他はまぁそんなもんだろうな。
荒川憩も来年は部長になるだろうか。

他の情報は
・真瀬由子が手首につけてるのは小学生の時に父親から買ってもらった腕時計
・松実姉妹と灼の麻雀キャリアは3歳からずっと
・国広くんの☆が一部欠けているのはそういうデザインで、意味があるかはご想像にお任せ
・清澄のリボンタイは色が学年固定で形状は自由
・大生院の制服はシノハユで公開予定、ただし割りと先

のよーは父親想いなのか。ええ話や。

宥姉と玄が3歳の頃からずっとと言うのはまぁ分かるが、灼は麻雀から離れてたんじゃないのか?
というか、あの世界ではキャリア長くても意味のある練習とかしないと強くならないっぽいな。
指導者の力が結構大きく響きそうだ。

大生院の制服が・・・とのことだが、これまでで大生院出身が確定しているのは戒能プロぐらいで、その戒能プロはシノハユメインのキャラたちとは世代が違いすぎるような。
というか、本編の二年前・・・照が高1の時にはまだJKだったはず。

・・・あ、そうか。
晩成の4年前のレギュラーが公開されてたが、4年前といえば戒能プロが高1の時か。
戒能プロが高1で戦う相手に晩成がいるってことなのかな。

ということはシノハユって慕世代の話だけでなくて、その後まで続いていく形式になるのかな。
なんだかガンガン新キャラ登場していきそうだな・・・。
三尋木プロがJK時代の話とかももしかしたらあるかもしれないな。
もはやプロとその周辺のお話みたいになりそうだけど。

では、この辺でノシ

アニメ咲-Saki-全国編8局「防塞」

咲全国編が今週も放映。
今回は副将戦オンリー。

見てて思ったのは阿知賀編が怜-Toki-千里山編なら、全国編は塞-Sae-宮守編だなと。
塞の主人公っぷりが凄い。
そのぐらい今回は宮守の追加分が多かった。
追加の話によると、トシ婆のモノクルはやはり補助用に貸し出したものであって、相手を抑えこむ力は塞個人の能力によるものとか。
トシ婆以前に宮守は本当に能力特化しまくってる感があってやばい。
能力の助けになるモノクルってのも大概だけど。
いったい何で作られてるんだ、あのモノクル。
そんなモノクルがお亡くなりになるのももう遠くはないのだが。

宮守陣営では和の東北捨てに非難轟々だったが、それをフォローするのが同じ宮守の姉帯さんなのが面白い。
姉帯さん的には和の存在を無碍に出来ないんだろうな。かなりアイドル的に見てるようだし。
トシ婆もデジタル的には間違ってないと語るし、本編だけだとKYと取られる和のフォローをアニメで為しているのか。
まぁ本編だけだとしてもあれだけで和を批難するのは心情が宮守側に寄り過ぎだと思うけど。
あそこでも和は我を貫き通してるから結果的に上手く立ち回れたわけだし。
愛宕妹が「清澄が2枚目も捨てるから1枚目も捨てられない」という部分は、もしそこがブレていたら他の2人も不要な字牌切ってくるという話でもあり、そうなると不利になっていた可能性もある。
例えば他のキャラが同じことしてたら絶対何か企んでると思われるのが関の山だし、和だからこそ上手く機能できたというのもある。

それにしても、初美の慢心ぶりは酷いな。
身内にも結構やばめの能力持ちが存在してるのに、塞の能力全否定はどんなもんかと。
「見るだけで防げるとかチート」というのは確かに分かるが、ノーリスクチートって他にもあるんだよなぁ。毎回ダブリーとか。
塞のあれは凄まじく疲労するから怜の未来視みたいなものでリスクはあるけど。
11900の差し込みはとにかく余計過ぎる。
その後すぐにノーテン川流れしてるのは哀れなことこの上ない。
見た感じ、ここだけで塞に疲労を余儀なくさせたとは思えない。
塞が塞ぎ始めるのは初美が東北どっちも鳴いてからっぽいし。

次でついに大将戦突入か。
まるで悪夢のような展開が始まるのももう遠くないか。

では、この辺でノシ

追憶の決戦3・その1

なんか知らないけどやりたくなったので、決戦3を最初からやっている。
楽するためにPARで所持金MAXだけやった。
現在3章の美濃攻略に入った所。
戦績が9勝16敗とかおかしなことになってる。

今回は桶狭間で「敵部隊全撃破」「アイテム全入手」「評価・極」をやるために、その前の村木の戦いでひたすら敗北プレイしていたのだった。
そのため、桶狭間に入る前に仲間が全員武者大将まで翔鶴昇格済み、信長と帰蝶なんかは支援系特技全てLV1習得まで行った。

随分昔に決戦3をその当時もやり直してたらしく、まとめがあった。

育成必須は織田信長・吉乃・森三代・丹羽長秀だそうだ。
理由は参戦可能なステージ数の多さだったかと思う。
推奨がアマリア・帰蝶・羽柴秀吉・柴田勝家・前田利家で、こちらも参戦数の多さだったか。
サブキャラでは滝川一益・太原雪斎・蒲生氏郷・竹中半兵衛・服部半蔵・サンゼスあたりが優秀。

計略系が最も大事って書いてあったけど、そんなに計略系って強かったかな。
もう覚えてない。
多分疑心・沈黙あたりが強いからだろうけど。
今川義元に毒撃されてあわやってことになったから沈黙は大事。
あの時、誰も覚えてなかったけど。
敗北プレイだと支援系しか経験値上げられないからな・・・。

で、肝心の桶狭間は317点で極取りに成功。
編成は信長-吉乃、利家-帰蝶-長秀で帰蝶を弓に転換。
初級だからか即雨が降ってきたので信長はアイテムを取りつつ間道へ。
重要なのは右側で、こちらを絶え間なく操作。
利家に雷撃、長秀に氷撃で牽制させつつ、基本は支援の弓攻撃で片付ける。
帰蝶には危なくなったら回復で支援させる。
これで本多忠勝や松平元康も問題なく撃破。
後はとにかく手当たり次第ぶっ潰すだけ。
間道の方は道中の敵を蹴散らしつつ義元の所まで。
一回信長隊を放置したままぶつけたら敗北喰らったので、利家隊を操作しつつ義元へぶつける。
今回は余裕がなかったので大将首は適当に取らせてしまい、身分上昇はなかった。

点数評価は撃破と特技が100点で時間が残り7分程度で40の損害が70ぐらいだっただろうか。

とりあえず、今後もやっていく予定。

では、この辺でノシ
QRコード
QRコード
Profile
Recent Comments
記事検索
Archives
Categories
はるみな応援バナー
【はるるみなもに!】情報ページ公開中!