A&D 全てが混在するブログ

このブログは何をやっても中途半端な管理人が色々ぶちまけるブログです。 興味があるという奇特な方は是非ともご覧になってください。
ブログ整理完了。

2018年09月

艦隊これくしょん出撃録・2018初秋(元夏)E6ゴトランド掘り

晴れて海域攻略は成ったので、次は残ってしまったドロップ限定新艦娘、ゴトランドを掘る。
場所はE5最終ボス。
編成は水上打撃、航空隊はボス2クソガキ1。
支援艦隊はなし。奴らには遠征をガンガンやってもらう。
この条件でも装甲破砕した今なら楽勝でSまで行ける。

以下、戦果。
1回目:ボスS勝利 瑞穂
2回目:ボスS勝利 伊勢
3回目:ボスS勝利 加賀
4回目:一戦目撤退
5回目:ボスA勝利 日向
6回目:ボスS勝利 加賀
7回目:ボスS勝利 榛名
8回目:ボスS勝利 鈴谷
9回目:一戦目撤退
10回目:一戦目撤退

クソガキ殺すべし、慈悲はない。
奴は中破してようがこちらを大破に追い込んでくるから大嫌いだ。
で、ボスでは試験運用中のあれをやってみる。
新システム・ネルソンタッチ
ネルソンタッチ!!
1、3、5番の三連攻撃。
今回は特効があるビスマルクとかもいるからぽんぽん3桁ダメージが出て気持ちいい。

そんなことをやりつつ迎えた11回目。
スウェーデン航空巡洋艦ゴトランド着任
待ちかねたぞ、ゴトランド!!
これでようやく今イベントの目標はすべて達成されたと言う訳だ。
あーもう、疲れたわ。
色々言いたいこともあるが、今はそういう気分でもない。

現在の資源状況。
2018元夏ゴトランド掘り終了後資源
割かし早めに出たし、消費も省エネしてたからそこまで減ってない。
まあ、イベント海域が終わった以上、3艦隊の遠征でどうにか回復させていこう。

さて、あとは警戒陣があるうちに通常艦隊を突破しまくってしまおう。
警戒陣がある今が好機だ。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018初秋(元夏)E5・その4

さて、決着をつけよう。
前回ゲージを破壊圏内まで削ったのでまずはA勝利を狙っていく。

水上ギミック
11回目:ボスC敗北(7隻撃破) 英国艦隊
12回目:ボスC敗北(6隻撃破) ハズレ
13回目:ボスA勝利(9隻撃破) 欧州連合艦隊 卯月
機動ギミック
14回目:ボスC敗北(6隻撃破) イタスウェ艦隊
15回目:ボスA勝利(8隻撃破) イタスウェ艦隊 名取

ものすっごいきついが、なんとかどちらも達成。
しかし、母港に戻ってもSEがBGMのせいでよく聞こえなかったので行って確認することに。
とりあえず戦闘回数も少ない水上打撃部隊でチャレンジ。

その1回目。
2018元夏最終ボス装甲破砕確認
なるほど、きちんとギミックは達成されたようだな。
あとは倒すだけだ。

以下、ある地点までの成果。
16回目:欧州連合艦隊 ボス撃破失敗A勝利 利根
17回目:日英艦隊 ボス撃破失敗A勝利 大井

ある地点とか言いつつ少なすぎるんですが(フラグ)
17回目なんかは敵が残り3体で夜戦突入しといて勝てないんだから始末に負えない。
まあこのぐらいできるならすぐに終わるだろ・・・(フラグ)

18回目:一戦目撤退
19回目:一戦目撤退
20回目:二戦目撤退
21回目:日英艦隊 ボス撃破失敗A勝利 吹雪
22回目:空襲撤退
23回目:一戦目撤退
24回目:二戦目撤退
25回目:一戦目撤退

またこのパターンかよ・・・。
いきなり撤退しまくるのやめてくれませんかねえ・・・。
今回このパターンが多すぎてすっげえ萎える。

こうなると、さすがに水上打撃部隊に見切りをつけざるを得ない。
続いて空母機動部隊でチャレンジ。
26回目はまたも潜水マスで事故って終了。
いい加減フラストレーションの蓄積がやばい。

27回目、奇跡的に空襲まで無傷という絶好機到来。
昼で一気に畳みかけていく。
2018元夏E5最終昼猛攻
さすがにこれは勝っただろ。
これで勝てないなら艦娘やめるべき。

そして夜戦。
2018元夏E5撃破3突破
ああ・・・マジで長かった・・・。
なんというか感慨がない。
勝てて当然のところで苦戦していたという苦々しい感情しか浮かばない。
何はともあれこれで終わりだ。

・・・といっても、掘りなしの最後のS勝利ドロップが比叡だったので、ゴトランドを掘るために我々の戦いは継続決定なのであった(呆れ)
E4とかいうクソ海域で掘るわけにもいかないし、装甲破砕した最終ボスで延々と戦うしかないな。
といってもこの場所のゴトランドのドロップ率がさして高くないから悪印象しかない。

気を取り直して報酬確認。
勲章とかネジとか甲種勲章とかと、
スツーカC改二KMX搭載熟練配備
先に手に入れた装備の熟練版。
対潜もさることながら爆装も十二型甲ぐらいはあるし、有能な装備と言えるだろう。
射程長というのも他の装備とは一線を画している。

16インチ三連装砲改+FCR配備
ネルソン砲の最上級装備。
正直な話、現在のうちの鎮守府では最も優れた大型主砲ではないか?
なにせアイオワ砲の上位版を持ってないわけだから。
命中+6はかなり反則じみた性能。
さらにネルソン、ウォースパイト、金剛型改二には性能ボーナスあり。
ネルソン以外は回避が下がるみたいだが微々たるもんだ。

ネルソン級戦艦ネルソン着任
そしてネルソン級戦艦ネルソン。
ビッグセブンの一角がまた増えたな。
新機能のネルソンタッチはゴトランド掘りで早速役立ててもらうとしよう。

2018元夏E5クリア
E5もこれにて終了。
なんていうかトリプルゲージとかカロリー使いすぎてやだ。
しかも札2枚だし・・・。
制限ばかり増えると楽しくないんだが、その辺どう思ってんだろう。
いい加減突破時以外の札を時限で消える札にしてほしいわ。

2018元夏完全クリア
攻略自体はこれで完了。
しかし、ゴトランドを掘るためにもうちっとだけ続くんじゃ(フラグ)

現在の資源状況。
2018元夏クリア後資源
燃料が本当にきつい状況だ。
ゴトランド掘りでは道中・決戦支援を使わず、航空隊だけでなんとかしたい。
空いた2艦隊は延々と燃料集めさせる。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018初秋(元夏)E5・その3

あえて分ける必要あるか?とも思ったけど、一応分けておく。
今回はルート開放とラストダンス前まで。

前回第二ゲージを破壊した我々はルート開放に挑んでいく。
その一段階目としてIマスとHマスの勝利。
まずは未踏のHマスへ進み、S勝利。
するとすぐにルート開放された(急だったのでSS撮れず)
よく考えたらIマスは二ゲージ目攻略の最中に何度も勝利しているのでいらないみたいだった。

で、この海域初の水上打撃部隊を駆ってKマスの航空優勢と基地空襲の被害なしへ挑む。
どちらも2回必要だということで1回目はどちらも成功。
しかし、2回目は空襲こそ被害なしだったもののKマスで敵空母が3体だったので優勢取れず。
結局航空隊の補助を得て3回目で成功。

2018元夏E5ルート開放2
ついにこの海域のルートが全て開放。
ここからはいよいよボスとの戦い。

挑む前にとりあえず編成メモ。
空母機動部隊
第一:ウォースパイト、武蔵、アークロイヤル、グラーフ、翔鶴、瑞鶴
第二:阿武隈、ジャーヴィス、Z1、Z3、綾波、北上
使用済み予備:アイオワ、ガングート、比叡、オイゲン(予備)
来る友軍艦隊:2、5、7

水上打撃部隊
第一:ビスマルク、リシュリュー、ザラ、ポーラ、鈴谷、熊野
第二:龍田、タシュケント、照月、雪風、オイゲン、大井
使用済み予備:伊勢、潮、リベッチオ
来る友軍艦隊:1、3、5、6、7

友軍艦隊番号はまあwikiの並び順に基づく。
期待度としては2>4>1=3=6>5>7とする。
期待度上位の4番はアークやらリベッチオやらリシュリューやらなので、編成上来ることはない。

で、ボスの削りは水上打撃部隊で行う。
理由としてはボスへの到達が容易であるという一点に尽きる。
開幕クソガキなど航空隊と先制対潜の一撃程度で事足りる。
戦艦マスが多少厄介だが、どうせ水上打撃なので早々事故ることもない。
護衛退避だけで十分。
空襲はゴミなので考慮する価値なし。
そういう訳で道中支援を出すこともなく高確率で行けるとなればこちらを使わない手はない。

以下、ラストダンスまで。
1回目:ボスA勝利 日英艦隊 471/900 愛宕 429
2回目:ボスA勝利 欧州連合艦隊 324/900 最上 1005
3回目:ボスA勝利 31駆逐隊 529/900 加賀 1376
4回目:ボスA勝利 欧州連合艦隊 456/900 那珂 1820
5回目:ボスA勝利 日英艦隊 630/900 初雪 2090
6回目:ボスA勝利 英国艦隊 550/900 日向 2440
7回目:ボスC敗北 31駆逐隊 631/900 2709
8回目:ボスA勝利 31駆逐隊 362/900 那珂 3247
9回目:ボスA勝利 ハズレ 656/900 愛宕 3491 ※Mマスで福江
10回目:ボスC敗北 欧州連合艦隊 480/900 3911

やっぱつれえわ。
早々討ち取れはしないな。
といっても装甲破砕を見据えてこれほど戦えるならここに問題はない。
前提としてこれよりもきつい条件でA勝利もぎ取らないといけないというところだが。
航空隊をこちらに回して編成もちょっと変える必要があるかね。
正直、阿武隈の二隻目でも欲しくなるレベルだが・・・。
由良さんいるから由良さんに頼ってみるかな・・・。
運19しかないんですがそれは。
なんにせよ、最後の壁を乗り越える時が来た。

現在の資源状況。
2018元夏E5撃破3ラストダンス開始時点資源
いつもながら燃料だけやたら減るな。
まあまだ15万で開始時から半分と考えればもう残り半分あるとも考えられるしな。
余裕がないとは思わんな。
目下の悩みはゴトランドが出ないことだけどな・・・。
いくらクリア後は掘りに余裕ができるといってもきついものはきつい。
さっさと出てほしいんだが、なんだか今回poiで確率見るとやたら絞ってね?っていうか、那珂が出すぎてる気がする。
運営は2-4-11に何か恨みでもあるのか。
ドロップ画面で意識を失って気付いた時には解体音するようなもんなんだからやめてくれ。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018初秋(元夏)E5・その2

今イベ最難関と名高いE5甲二ゲージ目へ突入。
空母機動部隊の編成条件は欧州6、独仏4、補給艦。
補給艦は洋上補給がいらない削りでも必要なようだな。
入れずに出撃してないからどの程度なのかはわからないが。

以下、ラストまで。

1回目:ボスA勝利 イタリア艦隊 236/770 534
2回目:二戦目撤退
3回目:ボス前撤退
4回目:猫
5回目:ボスA勝利 イタリア艦隊 92/770 1212
6回目:二戦目撤退
7回目:ボスA勝利 欧州艦隊 93/770 1889
8回目:ボス前撤退
9回目:三戦目撤退
10回目:ボスA勝利 欧州艦隊 211/770 2448
11回目:ボスC敗北 イタスウェ艦隊 267/770 2951

ボチボチといったところか。
なんだか猫ったあたりから右下のローディングが長くなるようなときが多発しだしてそれでもう西晋を削られた。
猫とか最も無為な終わり方だからな。

で、ゲージが3500みたいなので、ここからラスダン。
最難関ということもあり、艦隊全キラ、航空隊熟練度ほぼMAX、洋上補給使用とかなり周到な準備を行う。

12回目:英仏艦隊 撃破失敗
13回目:三戦目撤退
14回目:イタリア艦隊 撃破失敗
15回目:ボス前撤退
16回目:一戦目撤退
17回目:31駆逐隊 撃破失敗
18回目:英仏艦隊 撃破失敗

だが、それをあざ笑うかのような失敗の連続。
といっても敗因は歴然。
昼に残り3体、ボス大破までは毎回行けている。
それなのに倒せないのはひとえに夜戦でボスを狙わないからに尽きる。
友軍のリシュリュー、第二艦隊に配備した阿武隈にオイゲン。
このあたりのカットインが決まっていれば終わっていた。
にもかかわらず、執拗なまでにボス以外を狙うのであった。

資源も洋上補給も俺提督の精神力も減り続ける中迎えた19回目。
2018元夏E5撃破2突破
まさかの昼撃破達成。
しかも翔鶴とグラーフが早々にぶちのめされた状況での達成で、瑞鶴とアークのカットインが光った。
センキューベリーマッチインディードだよ全く。

我が艦隊の前に残る者なし
その後、滅茶苦茶夜戦してこの戦い初のS勝利。
なお、ドロップはコマンダンテストだった模様。
ゴトランドはどこ・・・? ここ・・・?

2018元夏E5最終ゲージへ
晴れて三ゲージ目のゲージが発生。
ようやくこの戦いの終わりが見えてきたな・・・。

現在の資源状況。
2018元夏E5撃破2終了後資源
燃料4万、弾薬3万、鋼材1万5千、ボーキ2万、バケツ100。
ついでに洋上補給も5個だが、まあこんなもんで済んでよかったよ。
E4なんか沼りすぎてやばいことになってるし。
さすがにこの先はここまで沼らんだろう・・・。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018初秋(元夏)E5・その1

とりあえずE5では考慮に値しない一ゲージ目をサクッと攻略していく。
編成は構想記事からオリチャーを挟んで欧州6の第一:戦艦2空母4、第二:軽巡1駆逐2戦艦1重巡1雷巡1の構成。

以下、ラストまで。
1回目:一戦目撤退
2回目:ボスS勝利 0/530 赤城 530
3回目:ボスS勝利 0/530 陸奥 1060
4回目:ボスS勝利 0/530 木曾 1590

1回目は潜水マスに航空隊とかいらんだろとたかを括っていたら見事に大破したので入れるようになった。
こういういちいち苛立たせてくるのがこのゲームらしい。

で、ラスト。
削りの時点で昼撃破もできて特効ダメージも良好。
当然さっさと終わるかと思っていた。
しかし、ラストに入ってからの5回目、6回目。
全くいいところなし。
それでも5回目はグラーフが艦載機切れ、アークロイヤル中破、翔鶴大破で北上がカットイン失敗という状況でダイソンを2桁まで削ってるから、まあ運が悪かっただけかと感じていた。
だが、6回目はもっとひどかった。
ボスの時点で空母が全員稼働できる状態でありながら、姫どもに次から次へと中大破させられて沈黙。
残った戦艦も弾着カットインしながらカスダメ。
トドメに夜戦で全てボス以外に命中。
という、およそ考えうる限り最悪の戦いを繰り広げてA敗北。

7回目。
この時も姫3残った状態で夜戦へ。
2018元夏E5撃破1突破
まあやっとこさ倒せたわけだが。
正直ここでこんな戦いを見ることになるとは思わなかった。
削りの感触からラストでも姫のどれかは昼に倒せるだろうぐらいに考えていたが、全くそんなことはなかった。
E4での大迷走もあるから戦略に何かしら根底のズレがあるのでは?という考えも出てくる。
何よりもこの有様で次の今イベ最難関二ゲージ目を迎えるのかと思うと、もうなんか突破できないのではないかという気がしてきた。

2018元夏ルート開放1
ともあれ、その二ゲージ目への道が出る。
やばい予感しかしない。

現在の資源状況。
2018元夏E5撃破1突破後資源
地味に燃料が1万以上減ってるから怖い。
二ゲージ目にはデッドラインも必要かもしれんな。
現状考えているデッドラインは燃料10万。
大迷走のE4でもここまでは減らしてない。
ただ、連合艦隊であることを考えるともう少しデッドラインを低めにしてもいいのではないかと思う。
どうせ難易度を下げれば当然のように勝つ。
燃料5万もあれば十分だと思われる。
まあさすがにそこまで減ってしまうのは確実にプレイヤーとしての采配ミス、もしくは絶望的な運の悪さなのは間違いないが。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018初秋(元夏)E4・その2

個人的にはね、昨日の夕方辺りにはサクッと攻略して記事あげる予定だったんだよね。
まあ、地獄のカーニバルに突入していたわけだけど。
甘く見ていたのは認める。
だが、よもやこれほどのことになるとは・・・。
これより先は我が鎮守府の苦難の戦いの記録である。

輸送を終えギミックも突破し、意気揚々と出撃していく我が艦隊。
この海域はレ級ルートか、空母BBAルートかという難題が初っ端から突きつけられる。
巷ではレ級ルートが優勢な訳だが、その実情は甲でなければレ級がノーマルである可能性が出てくるため。
レ級が悪魔といえど、その悪魔性の大半はエリートレ級に依存しているため、ノーマルレ級と空母BBAを比べるなら当然ノーマルレ級を選ぶに決まっている。
甲ではエリート確定なので、どっちも事故率の高さでいうならいいところになる。

我々がどちらを選んだかといえばそのような真相を深く考えずにレ級ルート。
戦艦2空母1重巡1駆逐2のこの海域ではオーソドックスな編成。

以下、ある地点までの記録(14回目までは輸送とギミックでの計算)
15回目:三戦目撤退
16回目:ボスS勝利 欧州フル水雷戦隊 0/700 リットリオ 700
17回目:ボスA勝利 欧州水雷戦隊 23/700 神通 1377
18回目:二戦目撤退
19回目:ボスS勝利 31駆逐隊 0/700 筑摩 2077
20回目:ボスA勝利 31駆逐隊 101/700 陽炎 2676

まずまずといったところか。
ここのゲージは3500なので、あと一撃でラスト突入。
この分なら30回目までにはまあ終わるだろうという予測でさらに戦いを続ける。

以下、ある地点までの記録。
21回目:一戦目撤退
22回目:三戦目撤退
23回目:三戦目撤退
24回目:ボス前撤退
25回目:一戦目撤退
26回目:ボス前撤退
27回目:ボス前撤退
28回目:ボス前撤退
29回目:三戦目撤退
30回目:ボス前撤退
31回目:一戦目撤退
32回目:ボス前撤退
33回目:ボス前撤退

まさか・・・こんな事があって良いのか?
何も変えていない。ラストですらない。
それなのに、3回に2回はボスへ行っていた所を13連続撤退。
ここに至り、戦略の変更を余儀なくされる。

我々が次に向かうは空母BBAルート(重巡を軽巡に変更)
単純な問題として13連続撤退のうちレ級マスで7回、空襲二度目で3回。
初戦での撤退を論外としても8割ほどはレ級ルートでの撤退である。
ならば、その二度の大破危険マスを一度の空母BBAにして確率を減らそうというのがこの時の魂胆である。

34回目:ボスS勝利 イタリア水雷戦隊 0/700 比叡 3376

それは正しかったのか、なんとか空母BBAを突破してボスを打ち倒す。
そしてここから最終編成との戦いが始まる。

この先は続きにて。


続きを読む

艦隊これくしょん出撃録・2018初秋(元夏)E4・その1

如何せんやる気がでないような状況だが、これ以上モタモタしてると本気で攻略が危ぶまれるので取り組み始める。
輸送を駆逐6でやっていく。

1回目:索敵逸れ
2回目:一戦目撤退
3回目:一戦目撤退
4回目:二戦目撤退
5回目:二戦目撤退
6回目:二戦目撤退
7回目:ボスD敗北

わかった、これは罠だな?
もっと早く気付くべきだが、どう考えても突破が厳しいしA勝利も厳しい。
こんなん輸送連合に支援付けたほうが良いやんけ。
というわけでここから輸送連合。

8回目:退避1回 ボスS勝利 翔鶴 130
9回目:ボスA勝利 228
10回目:ボスS勝利 高雄 368
11回目:ボスS勝利 高雄 突破

やっぱりな。ストレートで行けるじゃねーか。
駆逐6とかいう字面に騙される俺も悪いが、こんなのを勧めるやつも勧めるやつだよ。

2018元夏E4輸送突破
これにて輸送終了。
さすがにゴトランドをドロップするにはここは確率が厳しすぎる。

2018元夏E4輸送クリア
というわけで、次は出てきた中のOとR。

12回目:RマスS勝利
13回目:OマスS勝利

余裕余裕。

2018元夏E4第一ギミック突破
サクサクとルートを開放していく。
次はSマス。
ここでオリチャー発動。
第一艦隊に軽空母を1隻にすることで空母BBAマスを避ける。
別に制空値が厳しい場所でもないし、多大な恩恵がある。

14回目:SマスA勝利

2018元夏E4第二ギミック突破
と言う訳で、ボスまでの道筋はできた。

ボスへはレ級ルートで行く予定。
レ級は害悪だが、空母BBAルートの方が大破の危険は多いと考える。
運よく梯形陣を引いてくれれば雷撃は恐るるに足らないし、他は警戒陣でなんとかするしかない。
とにかく削りの間は何も考えずボスにいくことだけを考えたい。
少なくとも駆逐6に踊らされなければストレートでここまで来てたことを考えると若干の資源とバケツをドブに捨てたというのは事実だろう。
やんぬるかな・・・。

では、この辺でノシ

現在の資源状況。
2018元夏E4撃破挑戦前資源
放置してる間に回復してたから一概には何とも言えない。

艦隊これくしょん出撃録・2018初秋(元夏)構想3

E5のForceH、ライン演習のどちらにも欧州艦(イギリス・ドイツ・フランス・イタリア・ロシア)がいるのが望ましいという情報が飛び込んできた。
あとE4でガッチガチにイタリア艦を使う必要がないとの話も。

と、ここまで9/19に書いてて体調悪くなって放置していたら、E5の二ゲージ目を空母機動部隊で突破する話まで舞い込んできた。
E5二ゲージ目を空母機動部隊でやるメリットだが・・・
・道中が水上側より若干楽(少なくとも潜水事故の確率は激減)
・第一艦隊の空母に艦爆を載せておくとPTさえ沈んでいればボスしか攻撃しない

デメリットとしては道中三戦+潜水マスだから燃料32%、弾薬40%でややきつめ。
削りは良くても最終は速吸必須か。その場合でも補給1個(+15%)、他回避装備あたりで十分。
よって考慮に入れる価値は普通にある。

俺提督「ちぃっ、編成の見直しだ!!」

まずは現在残っている欧州艦を艦種ごとにまとめる。
戦艦:ビスマルク(独)、イタリア(伊)、ローマ(伊)、ウォースパイト(英)、リシュリュー(仏)、ガングート(露)
空母:グラーフ(独)、アクィラ(伊)、アークロイヤル(英)
重巡:オイゲン(独)、ザラ(伊)、ポーラ(伊)
駆逐:Z1(独)、Z3(独)、リベッチオ(伊)、ジャーヴィス(英)、タシュケント(露)
潜水:伊504(伊)、呂500(独)
他:コマンダン・テスト(仏)

これらをうまく使っていく必要がある。
以降、続きから。続きを読む

艦隊これくしょん出撃録・2018初秋(元夏)E3・その3

二ゲージ目をストレートで攻略できたことで気を良くした俺提督は破竹の勢いのままに三ゲージ目攻略に乗り出した。
三ゲージ目は二ゲージ目に比べるとカットインの価値が落ちてボスの航空戦が激化するので、初霜と秋月をまた入れ替える。
あとは装備の変更はあるものの編成は変わらず。

ラストまで。
1回目:ボスA勝利 三一駆逐隊 0/570 羽黒 570
2回目:ボスS勝利 ベイ艦隊 0/570 国後 1140

ほーん、たいしたことないじゃないか(安堵)
利根筑摩の瑞雲・三式弾特効が非常に強力で、空母の特効がなくてもこの二人が狙えばほぼ終わる。
このままストレートで行くぜぇー!!

ラスト1回目。
やっぱりダブルダイソンには勝てなかったよ・・・。
夜戦でドッカン姫とダブルダイソンだけ残るのは想定内だが、よりによって利根筑摩以外がドッカン姫に攻撃して、利根筑摩がダブルダイソンに攻撃するという致命的なミスで終戦。

俺提督「ええい、空母の特効が割と微妙だし、お前らしか頼れんのだぞ!!」
???「・・・・・・・・・」

ラスト2回目。
2018元夏E3、一航戦の誇り
赤城「一航戦の誇り、お見せします!!」
俺提督「ファッ!?」

プライドを刺激されたか、赤城の航空隊が二度ドッカン姫を狙う。
一航戦赤城、護衛独還姫を単独撃破・・・ッ!!

2018元夏E3撃破3突破
神通「私たちも続きましょう!」

神通、そして時雨がダイソンを一体ずつ仕留めて終戦。
何気にこの海域、神通もかなり鬼神の働きをしていたな・・・。
なお、S勝利してドロップは艦隊のアイドルだった模様。

報酬は勲章やら戦闘詳報やらと、
97艦攻931空熟練配備
97艦攻931空熟練。
931空と言えば対潜のプロ部隊だが、この装備も例にもれず対潜+9と破格の対潜性能を誇っている。

スツーカC型改二KMX搭載機配備
さらにスツーカC改二のKMX搭載機。
ドイツの艦載機スツーカに日本の対潜哨戒用機器KMXを夢のコラボ。
これまた対潜+9と破格の対潜性能。
対潜艦載機が充実しつつあるな・・・。

航空母艦神鷹着任
そして元ドイツ客船シャルンホルストこと航空母艦神鷹。
どこぞのろーちゃんを名乗る潜水艦に続いてドイツから二人目の寝取り国籍変更艦だ。
これであとはゴトランド、マエストラーレ、ネルソンか・・・。
しかし海外艦ばかりになったものだな。

2018元夏E3クリア
これにてE3突破。
振り返ってみるとボスを撃破できなかったのはわずか1回だけ。
高装甲への恐怖が拭えんな。
まあ、高装甲との戦いはまだ始まったばかりなんだが・・・。

2018元夏前段作戦クリア
前段作戦終了。
ここで終わってれば、ああ良イベだった・・・で終われるんだが、そうは問屋が卸さない。
ここからが本当の地獄だ・・・(一日半ぶり二度目)

2018元夏E4へ
お次はE4。
輸送連合+通常艦隊でのボス撃破。
道中にあの悪魔レ級も控えている。
憂鬱だ・・・。


現在の資源状況。
2018元夏E3突破後資源
燃料と弾薬が29万切ったが、まあこんなもんだろう。
E4やE5でどれだけ費やされるか分かったものではないが。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018初秋(元夏)E3・その2

装甲270/290を誇るE3第二ボス。
そしてE4、E5のことを考えて陰鬱になった俺提督はイベントから一日以上逃げ回っていた。
だが、いつまでも逃げてはいられないので、腰を据えて挑むことに。

第一ゲージは水上打撃部隊だったが、第二ゲージからは空母機動部隊。
さらに潜水デコイを加えていく。
そして今イベでは初となる支援艦隊を導入していく。

編成は
第一:足柄・赤城・飛龍・蒼龍・鳥海・伊400
第二:神通・利根・筑摩・木曾・初霜・時雨
正確には初回は初霜ではなく第一から継続して秋月を動員していたが、対空が必要ないのと夜戦火力を考慮して交代。

以下、ラストまで。
1回目:ボスA勝利 米国艦隊 0/490 摩耶 490
2回目:ボスS勝利 ベイ艦隊 0/490 摩耶 980
3回目:ボスS勝利 昼勝利 0/490 岸波 1470

夕雲型駆逐艦・岸波着任
岸波さん、(鎮守府に)ご案内ー!!
あ、コンプティークで見た顔だ!とでも言うべきか。
とりあえず今イベのドロップ艦の片割れを無事入手。
あとはゴトランドか。

そして、3回のボス撃破でラストへ。
トリプルゲージだけで一応削りが最短2〜3回なのは救い。
ちなみに1回目ボス倒してるのにAなのは第二艦隊のツが生きてたため。ツァ!!
それと友軍艦隊がサラトガ以外頼りにならないことも判明したので、自力でぶっ潰すのを前提に行動するしかない。

で、ラスト。
2018元夏E3撃破2突破
装甲290? そんなんゴミですよ・・・
普通にストレート勝ち。
いっつも装甲が高い敵には苦戦する悪夢を味わってるから怯えすぎたな。
まあ次の第三のが耐久も装甲も高いわけで、特効が上手く発動してくれなければそれもそれでやばいんだが。

2018元夏E3撃破2クリア
と言う訳で、新たなゲージが到来。
新ポテト、貴様の死に場所はここだ。

現在の資源状況。
2018元夏E3撃破2突破後資源
なんか弾薬ががっつり減ってるな・・・。
支援のせいもあるんだろうが。
4回でこんなに減るとかひどい話だ。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018初秋(元夏)E3・その1

正直、ここで区切る必要もないんだけど、2ゲージ目が厳しそうだからゲージ破壊ごとに記事書いていく。

で、1ゲージ目は当初通常艦隊での戦いと目されていたが、普通に連合艦隊で行ける。
運営も通常艦隊での戦いを想定していたのかそこまで強くない。
ゲージの想定は2000。
以下、ラストまでの戦果。
1回目:ボスS勝利 0/700 名取 700
2回目:ボスS勝利 0/700 衣笠 1400


で、ラスト。
2018元夏E3撃破1突破
港湾姫おつかれーぃ。
胸で誘惑するだけで我々を退けられると思ったら大間違いだぞ。

そしてルート解放。
2018元夏E3撃破1クリア
ここからが本当の地獄だ・・・。
とはいえ、友軍艦隊も実装されているから先行者よりは楽できるはず。はず。
岸波を狙うとしたらここなんだが、Sを取れるだろうか?
泊地姫の装甲は削りで270、ラスト290とこんな中盤で出てくるような固さではないのだが、やるしかないのも事実。

現在の資源状況。
2018元夏E3撃破1突破後資源
ボーキサイトが若干減ったかなというぐらい。
まだまだ余裕はある。
艦選びを間違ってないかの方がよっぽど気になる。

構想記事からすでに変更(オリチャー発動)していて、駆逐艦が大潮・霰ではなく秋月・時雨を用いている。
予想通り対地仕様艦を使うまでもなかったので、ここは判断勝ちといったところか。
時雨はカットイン艦としてこのまま運用するし、秋月も削りの間はいてもらおう。
問題は泊地姫ラストだが・・・。
装甲290に対抗するのに木曾では心もとないか。
ここはやはり予備北上改二を使うしかないか?
替えのきかないハイパーズは原則一艦主義のうちの鎮守府でも用意せざるを得なかった。
まあ五連装魚雷の牧場ついでではあるが。

とりあえず、ラストの泊地姫に一当てしてから考えるか・・・。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018初秋(元夏)E2

我らの戦いはE2へ。
E2は輸送と撃破のダブルゲージ。

まずは輸送から。
甲のTPは300。

こちらの編成は霧島、ガンビア・ベイ、加古、鬼怒、朝潮、ヴェル。
朝潮は対潜仕様にしているので、輸送装備は鬼怒とヴェルのみで予想TPはSで68、Aで47。

1回目:ボスA勝利 47 47
2回目:2戦目撤退
3回目:ボスA勝利 47 94
4回目:ボスA勝利 47 141
5回目:ボスS勝利 鳥海 68 209
6回目:2戦目撤退
7回目:ボスA勝利 47 256
8回目:ボスA勝利 47 300

2018元夏E2輸送突破
普通に単縦陣、複縦陣でボコりに行ってるので道中でもしばしばやられる。
それと重巡ヴェア姫はちょっと輸送重視だと倒すのが厳しい。
S勝利はほぼ狙ってなかったから取れた時は感心した。
1回分は余裕ができたしいいことだ。

2018元夏E2輸送クリア
ルートも追加。
・・・ちょっと断面図に見える。

撃破ボスはネタの宝庫である集積地姫。
今回も高ダメージで爽快にふっとばせるのがウリ。
若干道中が厳しめなので航空隊は道中へ。

ラスト前まで。
1回目:空襲撤退
2回目:ボス前撤退
3回目:ボスS勝利 0/720 高雄 720
ガンビア・ベイを雲龍にチェンジ
4回目:ボスA勝利 129/720 1311
5回目:ボス前撤退
6回目:ボスS勝利 0/720 妙高 2031
7回目:ボスS勝利 0/720 妙高 2751

3回目までは輸送と同じメンバーでやってたが、ガンビア・ベイがあまりに脆かったので雲龍と交代した。
これでも普通に最短だから問題なし。
わりかしSは取れるものの岸波は出ず。
E3に期待しよう。

ラスト。
ここまでずっと対潜仕様だった朝潮も対地仕様に。
道中をうまく抜けてボスへ。

2018元夏E2全突破
二 撃 必 殺
対地装備マシマシなら大体300〜400は軽く行くからほぼほぼ当てればいいだけの戦い。
他を倒しきれずにA勝利に終わったがまあ良し。


報酬は間宮伊良湖に洋上補給の兵站セットに、試製カタパルト、零式水偵11型乙熟練と、
12.7砲B型改四+高射装置配備
12.7冕B型改四戦時改修+高射装置。
舌噛みそう。
まあ駆逐フィットがありつつ対空砲なんだからかなり優れた装備ではあるだろう。
といっても対空砲は割と改修が重要だから現状微妙ではあるな。

2018元夏E2完全クリア
E2もこれにて終了。

2018元夏E3へ
ああ、次はE3だ。
トリプルゲージだが、二ゲージ目三ゲージ目はもう友軍艦隊が来るようになったんだっけか。
その分楽になってるのは確かだからここもサクサク突破できればと思う。
ここまでは支援なしで来たけどさすがにここからは無理だな・・・。
あとは岸波もサクッと取れればいいが。

現在の資源状況。
2018元夏E2突破後資源
やはり燃料は減るな。
ここまでは順調だからまだまだ懸念にはならないが。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018初秋(元夏)E1

俺提督「早速、季節外れの深海棲艦の征伐しに出かける、後に続け、択捉」
択捉「? はい!」

2018元夏挑戦前資源
そんな訳で、我が鎮守府もイベント攻略に取り掛かる。
資源量はいつも通りMAX付近。

E1のボスは潜水クソガキ(夏)。
ま、ボスならいいんだよボスなら(殺意)
HP288で最短は5回。
といっても最後がHP100増すので、ゲージは1500程度と思われる。
こちらの編成は構想通り、軽巡2駆逐1海防3。
お馴染み小手調べ軽巡の五十鈴・那珂に対潜駆逐の朝霜、海防は適当に目についた択捉、福江、大東をチョイス。

以下、最終前まで。
1回目:ボスS勝利 鈴谷 288 288
2回目:ボスA勝利 288 576
3回目:一戦目撤退
4回目:ボスS勝利 瑞鳳 288 864
5回目:一戦目撤退
6回目:ボスS勝利 伊13 288 1152

初戦で事故ることがちらほら。
駆逐が多いから雷撃戦での回避が若干厳しい。
とはいえ、警戒陣なら高確率で避けてくれるからホント助かる。
お前はそろそろ常駐してくれ。

ボスは特に言うこともなく倒し続ける。
全員対潜特化で確実にボスばかり狙うからT字不利以外ならまあ余裕。

で、削り中に伊13もドロップ。
3スロ潜水艦は貴重なので、こんなクッソ簡単なところで手に入るのはおいしい。

そしてラストへ。
7回目:ボスT字不利 B勝利

なんでここでT字不利引くんですかねえ・・・。
先行きが不安だ。
泣きの8回目。
2018元夏E1突破
ここからいなくなれぇー!!
お前はここにいちゃいけないんだ!!

めちゃくちゃA勝利して終了。
報酬は家具職人とかおにぎりとか、
22号電探改四後期型
22号電探の最新版が到着。
性能も小型電探とは思えないぐらいに強い。

あとは大発と内火艇とWG42も手に入った。
この先を考えると非常にありがたい。

2018元夏E1クリア
かくしてE1終了。
まあE1程度でてこずってるようじゃクリアなんて無理だからな。
サクサク行こう。

2018元夏E2へ
お次はE2。
輸送撃破のダブルゲージ。
この形式が一般化してるのが何というべきか。

現在の資源状況。
2018元夏E1クリア後資源
特に言うことはない。
これが後半にはどれだけなくなっていることやら・・・。

では、この辺でノシ

艦隊これくしょん出撃録・2018初秋(元夏)構想2

後段作戦の情報も出てきたところで、札はどうなってるか。
E1:警戒部隊(通常)
E2:海峡派遣(通常)
E3:西方作戦(連合)
E4:欧州特務(連合)
E5:Force H(連合)、ライン演習(連合)

まさかの札6。
しかもそのうち4個が連合。
ということで、ALL甲で進めるという前提だと必要な艦数は最低60隻にのぼる。
もちろん他にも必要となる艦は都度出てくるだろうから、マジで5海域なのに総力戦じみた様相を呈している。
いやまあ、これまでの近場で札がついてる状況からしたら今回は納得ではあるんだけどさ・・・。
とにかく、各海域の出撃編成はこれまで以上に厳密に行わなければならない。
特に注意すべきは航巡か。
基本的に一隻しか持たないうちの鎮守府では鈴谷・熊野が空母化した以上、航巡が4隻しかいない。
しかもそのうちの利根、筑摩はほぼE3で確定しているので、残る最上、三隈をどこで切るかという状況。
まあE5水上打撃になると思うが。
そうなると他は便利な航巡がいない状況での戦いを余儀なくされる。
これは非常にきつい・・・。

そんな訳で、最深部からの逆算を行っていく。
・E5
トリプルゲージ編成で、第一がForce H、第二がライン演習。
第三はどちらでもいいが、ギミック解除のために両艦隊でボスA勝利以上が必要らしい?
そしてForce Hにイギリス艦、ライン演習にドイツ艦はルートの意味を兼ねても必要不可欠。

ここまでが前提条件。
第三は最短クリア者が水上打撃部隊だが、まとめブログ等では空母機動部隊がおすすめされている。
全クリの壁はここの第二ゲージとも言われる。
要するに、どっちの艦隊も全力中の全力を尽くす必要がある。

ライン演習編成
こちらの部隊の目的は
第二ゲージ破壊
第三ゲージの削り
ギミック解除(TマスS勝利、Kマス到達、第三ボスA勝利)など。

第二ゲージ破壊編成は
第一:高速戦艦1、重巡系2、空母1+自由枠で高速戦艦1・重巡1〜2・潜水艦1
第二:軽巡1、重巡2、駆逐2、自由枠で高速戦艦か雷巡

Kマス到達は
第一:戦艦+空母4隻以上

第三ボスは
第一:戦艦2、軽空母1、航巡1+自由枠で戦艦、航巡、あきつ丸
第二:軽巡1、重巡2、駆逐3


まとめると必須は戦艦3、正規空母1、軽空母1、重巡系4、軽巡1、駆逐3
そこに重巡系1、雷巡1、潜水艦1、あきつ丸あたりを用意しておけばよかろう。

戦艦:ビスマルク、リシュリュー、余ってる奴
空母:イントレピッド
軽空母:余ってる奴
重巡系:最上、三隈、オイゲン、余ってる奴2隻
雷巡:ハイパーズの片割れ
軽巡:由良、大淀
駆逐:タシュケント、余ってる奴2隻
潜水:余ってる奴
余ってるのはまた後で考える。


Force H編成
こちらの部隊の目的は
第一ゲージ破壊
第三ゲージ破壊
ギミック解除(Iマス&HマスのS勝利)

第一ゲージ破壊やギミック解除は
第一:戦艦1、空母2、重巡2+自由枠で戦艦か重巡
第二:軽巡1、駆逐4、雷巡1

第三ゲージは
第一:戦艦2、空母4
第二:軽巡1、駆逐4、雷巡1

こんなとこかね。
まとめると、戦艦2、空母4、重巡2、軽巡1、雷巡1、駆逐4ぐらい。

戦艦:アイオワ、ウォースパイト
空母:アークロイヤル、サラトガ、翔鶴、瑞鶴
重巡:余ってる奴2隻
雷巡:ハイパーズの片割れ
軽巡:阿武隈
駆逐:ジャーヴィス、余ってる奴3隻


・E4
輸送連合艦隊の後、通常艦隊で攻略。
輸送連合は
第一:軽巡1、護衛空母1、駆逐4
第二:軽巡1、重巡1、駆逐4

続いてOマスとRマスの勝利。通常艦隊で。
Oは戦艦2、空母1、駆逐3
Rは戦艦2、空母2、駆逐2

さらにSマスを連合艦隊で勝利。
第一:戦艦2、重巡3、空母1
第二:軽巡1、駆逐5

そしてボス。通常艦隊。
戦艦2、空母1、重巡1、駆逐2

まとめると、戦艦2、空母2、重巡3、軽巡2、駆逐8。
戦艦:イタリア、ローマ
空母:アクィラ、大鷹
重巡:ザラ、ポーラ、余ってる奴
軽巡:余ってる奴2隻
駆逐:リベッチオ、余ってる奴7隻


・E3
トリプル撃破ゲージ。通常艦隊と連合艦隊を駆使。
といっても全箇所連合艦隊で行ける。

第一、第二ゲージ。水上打撃部隊。
第一:戦艦2、重巡3、空母1
第二:軽巡1、重巡系2、雷巡1、駆逐2

第三ゲージ。空母機動部隊。
第一:空母3、重巡2、潜水1
第二:軽巡1、駆逐2、重巡1+自由枠で重巡、雷巡、軽空母から2隻

まとめると、戦艦2、正規空母3、軽空母1、航巡2、重巡3、雷巡1、軽巡1、駆逐2あたり。
戦艦:金剛型から2隻
正規空母:赤城、飛龍、蒼龍
軽空母:余ってる奴
航巡:利根、筑摩
重巡:余ってる奴3隻
雷巡:木曾
軽巡:余ってる奴
駆逐:余ってる奴2隻


・E2
こっからは再考察。
前回は航巡を考察に入れていたが、どう考えてもここでは使えない。
輸送は戦艦1軽空母1重巡1軽巡1駆逐2で行くか。
金剛型や高速軽空母が今回は珍しく余りそうな雰囲気なので、重要な艦が不足してきそうな重巡や駆逐の数は温存したいところ。
撃破は軽空母1重巡1軽巡1駆逐2と自由枠で戦艦か正規空母。
上手くやれば艦を温存できそうか。

戦艦:金剛型1隻
正規空母:雲龍型1隻
軽空母:余ってる奴
重巡:余ってる奴
軽巡:鬼怒
駆逐:余ってる奴2隻


・E1
軽巡2駆逐1海防3
Q.E.D.

軽巡:五十鈴、那珂
駆逐:朝霜
海防:適当に3隻


んじゃ、続きから適当に書いたところを確定させていく。
続きを読む

艦隊これくしょん出撃録・2018初秋(元夏)構想

じゃあ後段開始前で作れる程度の編成構想を練っていこう。
最初に抑えておく条件として札がついていない艦娘を最低24隻残しておく必要があるということか。
また、どうせE4用にも6隻は必要だから合計30隻。
中でもドイツ、イギリス、イタリアのヨーロッパ艦はすべて残しておくのがベターか。
で、E3は特効があるらしいが、それが南雲機動部隊の艦依存なのか、九七艦攻や九九艦爆などの装備依存なのかがはっきりしていない状況。

少なくとも赤城とかに九七艦攻や九九艦爆(のネームド)とか載せると異常に高いイメージが出ることがある模様。
まあネームド機の量産なんてロマンのないことはしない主義なので、もし装備依存でネームドでなくてもいいなら通常の奴を引っ張り出してやっていくしかないな。
ちなみに熟練が1つずつと九三一空が2つが我々の持つ上位装備の全て。
しかし、九七艦攻や九九艦爆が特効条件だとしたらその辺の装備の上位装備とかE1・E2で配布しねーか?
このゲーム、救済とか割とよくあるような気がしたけど。

・E1
例によって対潜海域。
5隻だと大体最短固定らしく、軽巡1駆逐1海防3あたりがトレンドのようだ。
海防艦なんてぶっちゃけ誰使おうが問題ないから、軽巡と駆逐の選定。
まあ五十鈴と朝霜あたりでよかろう。
あとは警戒陣を利用するために海防艦を前へ配置。
現案:海防3-朝霜-五十鈴


・E2
E2は輸送+撃破のダブル。もはや恒例。
輸送は航巡1重巡1軽巡1駆逐3かな。
利根筑摩は当然E3に取っておきたいが、そうなると余剰の航巡が最上三隈だけになってしまう。
まあ3号砲量産の過程で三隈改はそれなりに多くいるんだけどLV30なんて甲で使えるわけもなし。
撃破はできれば輸送の面子にちょっと加えるだけで留めたい。
追加するなら軽空母の誰か一隻と雲龍型ぐらい。

選定としては航巡が最上、軽巡が鬼怒までは確定。
重巡は妙高型から適当に誰か。
駆逐は一隻が対潜仕様、他二隻が陸上型を見据えて大発及び内火艇を積める艦娘。
陸上型は消費するなら前半に消費しておきたい皐月・文月。
対潜は我が鎮守府最強LVのヴェルにでもやらせるか。

現案:(輸送)妙高型-最上-鬼怒-ヴェル-皐月-文月
(撃破)妙高型-最上-鬼怒--雲龍型-皐月-ヴェルor文月


・E3
問題の特効海域。
ここはまた時間を置いてからここに追記する。

では、この辺でノシ

QRコード
QRコード
Profile

近衛@国士無双

ブログ立ち上げ日に18歳になった管理人・近衛または国士無双という者です。
このブログはまぁ色々適当な事を書きなぐるだけの場所です。
メルアドはphilosopher_konoe@hotmail.co.jp
何か問い合わせあればメール下さい。

Recent Comments
記事検索
Archives
Categories