A&D 全てが混在するブログ

このブログは何をやっても中途半端な管理人が色々ぶちまけるブログです。 興味があるという奇特な方は是非ともご覧になってください。
ブログ整理完了。

2020年12月

2020年総括

今年は総括書いていくか。
去年の自分が適当すぎて去年何があったか全く書いてないから比較も参考もできないというね。

今年と言えばなんと言ってもコロナウイルスの一年だったな。
たった一つの感染病で世界がここまで変わってしまうものなのか。
去年の自分には全く想像もできないであろう事態だ。
1年も先のことはもはや見通せないものなんだなと改めて感じる。
来年またこうやって文章を書く時に一体何が起きていて、自分はどうしてるのやら。
そもそも来年無事に自分が生きているという保証もないわけで。

なんというか、ここ一週間ぐらいで急に頭の調子が悪くなってきたと言うか頭がふらつく。
様子を見てても特に治る気配もない。
病院に行くべきなんだろうか・・・。
特に思考に支障はないし身体の動作がおかしくなっているということがないから致命的に思ってないが、素人が考えてもどうしようもないのはある。
現状咲の最新話の感想がこのブログの生存確認みたいなものになってるから、特に理由もなく感想記事が数日もアップされないことになったら死んでるかもしれない。
ツイッターが動いてるなら単にブログを放り出したという可能性もあるが・・・w

まずは無事に生きること、それだけを考えて来年を迎えていこうかね。

では、良いお年をノシ

三國志14PK・戦記制覇五丈原司馬懿S編

司馬懿の方もSを取れたので書いていくが、ほぼwikiに頼った攻略になった。
私が固執していた子午谷ルートもやろうと思えばSを取れるのかもしれないが、求められる要素が多すぎる。
その点陽平関ルートは負けることはほぼないので、ただ早くクリアできるかどうかが鍵。

やることは単純で司馬懿、司馬師、司馬昭、司馬孚、王元姫の司馬一族と夏侯覇、杜襲の補佐持ちと単純に優秀な郭淮を引き連れて陽平関前の山道に布陣。
敵を迎え撃ちつつ連鎖ボーナスを狙う。
連鎖ボーナスも+1000が最高なので5連鎖や4連鎖が数回出るとそれで最高点になる。
陽平関や漢中自体は官職で兵数を上げた胡遵の衝車でぶち抜く。

ただSを取った時は敵が本隊ではなく漢中へ子午谷を通って侵攻してくるという魏延現象が起こったため、wikiにない自分のアドリブで対応した。
敵が長安を狙ってきたときには本隊を陽平関の眼前まで進める(攻防が一回減ったものとする)
長安は方円持ちの羊徽瑜に官職を与えて子午谷の出口に陣取らせる。
あと楽奏持ちの游楚を1ターン目の呼寄の際に含めておいて長安にいるなら、羊徽瑜の後ろに陣取らせて士気を回復させるといい。
他は特に変わらず漢中攻略までほ同じ。

これで25ターンクリア、10300程度。
攻防が1回少ない分、ターン数の削減に繋がった。
ようやく初期にあるシナリオを全陣営でS取れた。
司馬懿だけは他人の解法を見てしまったのが痛恨の極みだが、子午谷に固執していた身としては正直視界が広がった感覚だった。

では、この辺でノシ

咲-Saki-第225局「流箭」

久々すぎて忘れてた。
休載の間に15周年記念画集だとか、15周年記念展開催とか色々話が出ている。
ただ、りつべは沈黙を保っている。
もうHPを更新する気はないのか、キャパシティ超え過ぎててそれどころではないのか。
多分後者だろうな・・・。

今回のヤングガンガンには記念展で販売されるグッズの内容とかも載ってた。
グッズには興味なくもないが、私は行かない。
どう考えてもコロナは収まってないし、最も感染者が多い東京にまで繰り出したくない。
あと純粋に池袋まで行くのが面倒。
グッズは通販でもやってくれればいいのに。

では、続きから本編感想。
続きを読む

三國志14PK・戦記制覇五丈原諸葛亮S編

諸葛亮の方はSを取れたので、若干解説してみる。

開始イベントで出てくる司馬懿ら4部隊は陽平関の魏延鋒矢と漢中の呉懿雁行、董厥雁行で対処。
魏延を前面に出すのは接敵直後のイベントで混乱している間に反骨刃で戦法ダメージを稼ぎたいため。
呉懿と董厥は補佐持ちなので連携狙い。
その戦闘中に士気を整えた漢中から諸葛亮雁行と姜維鋒矢、梓潼から兵を入れた陽平関から馬岱投石と張嶷投石を出す。
司馬懿らを倒した魏延を筆頭とした大半は赤岸から陳倉へ出て長安を目指し、姜維だけ興勢を経由して長安へ向かう。
二路に分ける理由は長安への攻撃時に高確率で天水から東進してくるので、仮に陳倉を取られても兵站を維持できるようにするため。
足の遅い投石隊を待ちつつ長安から3マスの距離で待機していると長安から夏侯覇と胡遵あたりが出てくるので采配で諸葛亮の固有を打って長安もろとも混乱掛けながら全軍突撃。
夏侯覇らを倒しつつ長安を落としてクリア。

これで18ターンクリア、10400程度。
どうせ投石が遅いから陳倉のあたりで軍楽台築いて士気回復させても良かったかもしれないが、元々子午谷を抜けるよりは士気減らないしなくて良さそう。
あとこの後に司馬懿でやって9400ぐらい取った時にも思ったけど戦法ダメージ最大狙いの時に采配を使う必要はないかもしれない。

では、この辺でノシ

三國志14PK・戦記制覇五丈原戦略

三國志14PKの戦記制覇をSコンプしようと思い立って数日。
五丈原以外のSランクは達成して残るは五丈原のみ。
現在の状況は
諸葛亮:9638(A)
司馬懿:7271(B)

以下、項目ごとに考察していく

・クリアターン数
他に比べて苦戦している理由はこれ。
五丈原はリミットが57ターンだが、他は84〜93ターン。
つまりおおよそ30ターン程度は短い計算になり、しかもこのターン数の短さは1ターン毎のターン数スコアにも響いてくる。
具体的には他のシナリオより五丈原は1ターンあたり40ほど多くスコアが減る。
20ターンというかなり早い時期にクリアしても他に比べて800もスコアが低い状態になる。
800を他のボーナスで挽回するのはかなり難しい。
これが五丈原のSを難関たらしめている要素であることは間違いない。
目安としては半年18ターンでおおよそ+7650程度。
最悪でも7ヶ月の21ターンで+7250程度を確保しないと話にならない。
だから234年5月になった時点でSはほぼ無理。

・命令書使用回数
これは割合でスコアが付く。
20ターンだと司馬懿が240で諸葛亮が220。
だから20ターンで+800取るなら司馬懿は48回、諸葛亮は44回まで命令できる。
施政は陣形効果、士気上限、訓練効果増加のみに絞り、都市内政は前線以外無視。
他は全部出陣と輸送に回す感じで。
下手したら募兵もなしで上手く回したほうがいいか。

・戦法ダメージ最大値
ダメージ/10がスコアになる。
司馬懿なら兄弟連携付き夏侯覇の突撃。
諸葛亮なら補佐連携付き魏延の反骨刃。
この辺が最大ダメージを狙えるだろうか。
采配に入れておいたほうが良さげ。

・連携発生数
他で取りにくいのでかなり重要な要素。
5連鎖で+500、4連鎖で+250、3連鎖で+100、2連鎖で+20で合計+1000。
これを狙う上では個性「補佐」が非常に重要。
司馬懿軍:夏侯覇、杜襲
諸葛亮軍:呉懿、句扶、董厥
この辺が補佐持ち。
司馬懿なら司馬懿+司馬師+司馬昭+夏侯覇+杜襲か、夏侯覇+夏侯威+夏侯恵+夏侯和+杜襲
諸葛亮だと補佐持ちがいないと2連鎖がやっと。
呉懿・董厥は雁行持ちで比較的使いやすいのでこれを後方に起きつつ3連鎖以上を稼ぎたい。
ちなみに5連鎖できそうならロードしてでも狙いに行ったほうがスコアを稼げる。

・部隊の壊滅数
敵が壊滅したら+100、味方が壊滅したら-100。
合計+1000まで。
どっちみち10部隊も壊滅させる事態がまず起きない。
初っ端の競り合いで4部隊、拠点攻めの最中に2〜3部隊程度が標準。
だから+600〜+700取れれば上々。

・拠点と府の制圧数
拠点は落としたら+300、落とされたら-300。
府は落としたら+20、落とされたら-20。
ここはほぼ固定みたいなもの。自領の府さえ落とされなければ変わらない。
司馬懿は漢中制圧で+620、空白の府で+80の合計700。
諸葛亮は長安制圧で+700。

・采配、提案使用回数
1回ごとに-100。
采配は諸葛亮、司馬懿の固有による混乱狙いか、最大ダメージや連鎖狙い以外では使わない。
司馬懿なら司馬懿か夏侯覇のみ、諸葛亮なら諸葛亮か魏延のみ使うのが良いか。
提案はできれば1回も使わない方が良い。
ここはかなりスコアが厳しいのでせいぜい1回が限度。

・ロード回数
1回ごとに-200。
ロードするほどしくじったなら最初からやり直したほうが良い(断言)
他のシナリオなら余裕があるが、ここだとそんな余裕はない。
例外として4〜5連鎖狙えるならロード込みでもいい。

・イベント発生ボーナス
諸葛亮なら大火計(+250)のみ。
司馬懿は軒並み不利になるようなイベント起こすぐらいならさっさとクリアしたほうが良い。

以上。
18ターン、命令書2割、敵部隊壊滅7回、采配2回、提案1回を基準にすると、
諸葛亮:7650+800+700+700+250-200-100=9800
司馬懿:7650+800+700+700-200-100=9550
つまり、戦法ダメージ+連携発生で諸葛亮は+200、司馬懿は+450以上は稼がないといけないということになる。
しかも采配・提案・ロードをさらに使ったり、攻略が長引くとしたらなおさら。
多連携の発生は大事すぎるな、本当に。

では、この辺でノシ

三國志14PK・戦記制覇編

とりあえず全部1回クリアはしたので、記事でも書いておく。
基本的にクリアまでのターン数が短いことが重要。
半年ぐらいで+8000以上は行くので、そのぐらいが狙い目といえば狙い目。
10ヶ月ぐらいがSまでのリミットかな。
采配戦法、提案、ロードは1回毎にスコアが減るので極力使わない。
とはいえ、采配戦法は大きく有用な時は使っていい。
提案は五丈原で兵糧徴発で使うぐらいか。
ロードはなし。

・反董卓連合
袁紹使用、スコア10682(S)、クリアターン数37
特に言うことがない。
袁紹サイドだと攻略する過程でイベントを次々起こすことができる。
割とターン数は掛かったが、イベントは全部こなせたし他のボーナスも達成しやすいので、戦記制覇初手でもSが取れた。


・官渡の戦い
曹操使用、スコア11857(S)、クリアターン数17
開幕イベントで袁紹の大軍が攻め寄せてくるが、史実同様そこまで緊急ではない。
濮陽への攻撃は割と早いため、濮陽は程┐蕕諒円を水際に立たせて迎撃させる。
それと同時に小沛に軍を派遣してこれを落とす。
陳留は曹操、徐晃、張遼あたりで水際の港辺りまで急行。
小沛が落ちるあたりには許攸が降伏してくるので、淳于瓊を優先して倒す。
また、関羽が仲間になったら突出してくる顔良に向かわせてイベントで倒す。
最初の大部隊が壊滅する頃には敵の戦力はボロボロなので、さっさと勝利条件を満たして終わり。


・赤壁の戦い
周瑜使用、スコア11462(S)、クリアターン数28
海戦では負ける要素がなく、イベントをこなしつつ適当に敵を釣りだして倒す。
劉備も勝手に攻めていって敵を引きつけてくれるので、その間に襄陽まで落として勝利。


・荊州争奪戦
呂蒙使用、スコア10500(S)、クリアターン数18
今回、龐徳や于禁がまともに関羽と戦わず、イベントがほぼ発生しなかった。
イベントがないと関羽軍は普通に撃退されるため、戦力が減った江陵を全軍で攻撃して勝利。


・五丈原の戦い
司馬懿使用、スコア6039(B)、クリアターン数42
まぎれもなく最難関。
一回の攻防に数ヶ月かかることがざらなので、ターン数の消費が激しい。
おまけに行軍が長引くことで兵糧の消費も激しい。
行軍が長引くとイレギュラーへの対応がしづらいのでノーロードとしてもきつい。
序盤に強引に攻めようにも漢中・陽平関ともに兵力がかなりあるので難しい。
おまけに最も強い司馬懿を向かわせるとかなり不利になるイベントが発生するので、使い難い。
かといって出陣させなくても不利になるイベントは発生するが・・・。
キーパーソンは郭淮。山戦と長蛇持ちで能力も高い。
他に前線に立たせる価値があるのは司馬兄弟、夏侯兄弟、楽綝・張虎コンビ、杜襲(山戦・長蛇持ち)あたりか。
興勢、赤岸、武都、陰平あたりを取ると姜維・馬岱・王平・呉懿あたりが1部隊15000程度で攻めてくるのでこれを司馬懿抜きで上手く倒すことが課題。
地形的にラインを切ること自体は難しくないので、上手くラインを切ってさっさと殲滅すればターン数削減できそうではある。
殲滅してもその後の采配をどうするかは問題だが。
陽平関を抜くと時間がかかるので、やはり子午谷ルートが正規になるのだろうか。
こっちから進攻すると司馬懿を使っても大丈夫なので、司馬懿主体がいいか。


では、この辺でノシ
QRコード
QRコード
Profile

近衛@国士無双

ブログ立ち上げ日に18歳になった管理人・近衛または国士無双という者です。
このブログはまぁ色々適当な事を書きなぐるだけの場所です。
メルアドはphilosopher_konoe@hotmail.co.jp
何か問い合わせあればメール下さい。

Recent Comments
記事検索
Archives
Categories