いや、別に書き込みとかしたわけじゃないですけど。

事の経緯から説明。
ちょっと前に木陰さんの辿り着く場所の掲示板見てたんですけど。
劉禅流離譚って何ぞや?と思ったのでググって見ました。
そうしたら出たのが1件でしかも某所の掲示板ログでしたw
つらつら見てると私とかオジオンさんとかの書き込みが大分ありましたね。
で、国士無双でログを検索してみると47件も検索できました。
それを全部つらつら見てたわけですw

・・・いや、かなりでしゃばってますね。
皆さん、よくこんなのを相手にしてたな、と言う感じ。
でも、今よりも三国志への情熱を感じる。
知らない事は全部吸収してたあの時代。懐かしいなぁ。
まぁ、魏延とか諸葛亮関係は本当にでしゃばりすぎたと思われ。

一応、今の私の意見。
諸葛亮は政治家気質だと断定できるが、軍略家としても優秀な事には間違いない。
魏延の奇襲策は今になっても取るべきではないと思ってる。
北伐自体が第一次以外に成功の可能性はなかったですからね。
それだけに、街亭の敗戦は痛いというほかないですね。
まぁ、時には魏延のような博打も必要だろうけど、指揮官としては諸葛亮の判断は正しいと思う。

ま、こんな所。
久々に昔の私を垣間見た気がしますw
・・・結局、劉禅流離譚は分からんかったな。
魏略で調べてみるか・・・。