孫権「礼を言う!! お前のおかげで我らはまた強くなれた!!」

という事で、呉編乙。
骨肉の争いを続けた孫家もこれにて大団円というもの。
少し気になったんだが、エンディングムービーで太史慈がはぶられてました。
太史慈(´・ω・`)カワイソス
他にもいないキャラがいないか見てみますかね。
本編で仲間になるキャラがいないのはおかしいからなぁ。
では、追記。
呉編1話「定軍山の戦い」
孫策軍&徐晃軍VS馬超軍

主人公「孫策」
「徳川家康」
「服部半蔵」

孫策の父・孫堅を始めとする将はオロチの手にあった。
孫策はやむを得ず、オロチに服従し反乱軍制圧の任に当たっていた。
おりしも、そんな時に反乱軍蜂起の報が入る。
孫策は渋々と制圧に向かうのだった。
制圧を完了した時、敵将・森蘭丸が孫策を見定めようと傘下に加わる。
また、捕らわれていた周瑜が解放されたのだった。

敵ネームド
馬超
森蘭丸
姜維
月英

新規参入
周瑜
森蘭丸

2話外伝「常山の戦い」
孫策軍VS明智軍

主人公「孫策」
「徳川家康」
「周瑜」

反乱軍討伐に従事する孫策は常山で部隊の編制を行っていた。
そこに突如現れる明智光秀の軍勢。
瞬く間に兵糧庫を奪われ、空腹での反撃を余儀なくされたのだった。
オロチの器を見極めんとする風魔小太郎は孫策の優れた力をも取り込むオロチに興味を示し、孫策隊に加わるのだった。

敵ネームド
明智光秀
黄忠
小喬
風魔小太郎

新規参入
風魔小太郎

2話「長坂の戦い」
孫策軍&妲己VS陸遜軍

主人公「孫策」
「風魔小太郎」
「周瑜」

妲己は孫策の忠誠心を試さんとし、かつての仲間である陸遜率いる反乱軍の討伐を命じた。
孫策らは苦い顔をするもかつての仲間との戦いに挑む。
森蘭丸はさぞ辛かろうと思いつつ参陣するが、予想に反して戦を楽しむ敵味方を見て困惑するのだった。
陸遜軍壊滅後、解放された太史慈が孫策軍に加わり、さらなる忍耐の戦いを続けるのだった。
そして、突如現れし島左近。
左近の思惑を知るのは左近と「あの人」だけであった。

敵ネームド
陸遜
甘寧
凌統
島左近

新規参入
太史慈

3話「小谷城の戦い」
孫策軍&島軍VS星彩軍

主人公「孫策」
「太史慈」
「周瑜」

孫策が次に受け取った命令は小谷城の討伐だった。
そんな折、先に戦った島左近から手紙が届く。
「孫堅の居場所を直接話したい」
この情報を信じた孫策は小谷城にて左近と合流、小谷城の反乱軍の被害を少なくする策略にて破った。
左近が言うには、孫堅の居場所は大坂城との事。
新たに解放された呂蒙、そして左近をも加えて孫策らは一路大坂城へ向かう。

敵ネームド
星彩
島津義弘
甘寧
凌統

新規参入
島左近
呂蒙

3話外伝「建業城の戦い」
孫策軍&濃姫VS遠呂智軍

主人公「孫策」
「島左近」
「周瑜」

孫策は島左近が反乱軍の織田信長より派遣されてきたと知る。
孫策は恩を返すために濃姫が捕まっている建業城に太史慈・呂蒙を派遣する。
建業城にて敵の武将とも渡り合うが、見事に撃退。
濃姫を救出し、信長への恩を返したのだった。

敵ネームド
伊達政宗
甄姫
董卓

新規参入
濃姫

4話「大坂城の戦い」
孫策軍&孫堅軍VS曹仁軍

主人公「孫策」
「島左近」
「周瑜」

孫策らは孫堅を救うべく少数で大坂城へ潜入。
孫堅を天守で見つけ、再会に喜ぶ親子。
が、ついに発見され、大軍が孫策らを襲う。
全てを蹴散らし脱出可能の位置まで来たが、そこにさらに襲い掛かる敵。
孫策が殿に打って出ようとするが、孫堅が制し殿となる。
孫策は無念を覚えつつ撤退するのだった。

敵ネームド
曹仁
龐徳

新規参入
なし

4話外伝「宛城の戦い」
孫策軍&くのいちVS甄姫軍

主人公「孫策」
「島左近」
「周瑜」

孫策と行動を共にしていた徳川家康は孫策の離反を機に自らも反乱する。
家康は各地の反乱軍の救援をしていた。
そんな折、宛城からの救援要請が入る。
家康が救援に赴くとそこにはすでに炎上した宛城の姿が。
家康は民などの脱出を援護、阻止しに来たオロチ軍諸将を撃退したのだった。

敵ネームド
甄姫
龐徳

新規参入
くのいち

5話「関ヶ原の戦い」
孫策軍VS孫権軍

主人公「孫策」
「島左近」
「周瑜」

孫堅救出に失敗した孫策は反逆者の印を押される。
また、孫堅は再び捕まり、孫権・孫尚香は従属を余儀なくされていた。
その両者がついに関ヶ原の地で決戦を迎える。
怒りに燃える孫権と孫尚香は孫策の話に耳を貸さず、戦いを挑む。
孫策はやむなく、これを撃退。
捕らえた孫尚香は孫策に怒りをぶつけるが、友・稲姫の言葉により孫策に帰順するのだった。

敵ネームド
孫権
孫尚香
大喬
稲姫
周泰

新規参入
孫尚香
稲姫

5話外伝「姉川の戦い」
孫策軍&大喬軍VS董卓軍

主人公「孫策」
「孫尚香」
「周瑜」

関ヶ原にて孫策は大喬に孤独な孫権の補佐を頼んでいた。
だが、その事が露見し、大喬は反逆者として追われる身となった。
追うのが董卓と聞いて孫策は即座に大喬のいる姉川へ急行した。
大喬を保護し、董卓に怒りの鉄槌を下す。
かくして大喬も孫策軍に加わる事となった。

敵ネームド
董卓
司馬懿
張郃

新規参入
大喬

6話「合肥の戦い」
孫策軍VS孫権軍

主人公「孫策」
「孫尚香」
「周瑜」

引き続き孫策討伐の命を受ける孫権。
今回は曹仁や前田慶次を引き込んだ大軍団となった。
だが、合肥城での呂蒙の計略、そして橋を落とす策など次第に優位に立つ。
そして孫権を捕縛するが、周泰が身を挺してこれを逃がし、自らは孫策に下るのであった。

敵ネームド
孫権
周泰
前田慶次
曹仁
甄姫

新規参入
周泰

6話外伝「大坂湾の戦い」
孫策軍VS前田軍

主人公「孫策」
「孫尚香」
「周瑜」

オロチ軍を撃破しつつある頃、前田慶次より果たし状が届く。
前田慶次はオロチの友と称していたが、オロチの孤独さ故に倒す事を決意していた。
そこで、孫策軍がついていける器かどうか試そうというのだ。
孫策らは呂蒙を総大将とし、仲間の結束を持って慶次を破り、これを心服させるのだった。

敵ネームド
前田慶次

新規参入
前田慶次

7話外伝「冀州の戦い」
孫策軍&本多軍VS董卓軍

主人公「孫策」
「孫尚香」
「周瑜」

冀州の祭壇にオロチの軍勢迫る。
それを聞いた孫策らは呂蒙を差し向ける。
そこにいたのは本多忠勝であった。
島左近は忠勝がいる事に疑問を覚えるも、両軍は激突。
消耗した所へ董卓率いるオロチ軍が現れたのだった。
騙された忠勝は怒りに震え、董卓軍に突撃。
孫策軍の援護もあり、董卓率いる軍勢は壊滅するのだった。

敵ネームド
董卓
本多忠勝

新規参入
なし

7話「小牧長久手の戦い」
孫策軍&孫堅軍VS妲己軍

主人公「孫策」
「孫尚香」
「周瑜」

孫堅親子処刑の報。
孫権は度重なる討伐失敗により、父・孫堅と共に処刑される事になってしまった。
が、服部半蔵の手により、孫堅らは刑場から脱出。
後はこちらから救出に向かうのみ。
孫策らは一丸となって行動、ついに孫堅と孫権を救う事に成功。
孫呉の逆襲の時、迫る。

敵ネームド
妲己
司馬懿
董卓
張郃

新規参入
孫堅
孫権

最終話「古志城の戦い」
孫策軍VS遠呂智軍

主人公「孫策」
「孫堅」
「周瑜」

ついに揃い踏みした孫家は敵の本拠地である古志城に攻め寄せた。
呂布ら剛勇の士も控えていたが、孫家の絆の前にはことごとく無に帰した。
ついには遠呂智も孫家の前に敗れ去り、倒れていくのだった。

敵ネームド
遠呂智
妲己
呂布
董卓

新規参入
なし