まぁ、そんな訳で、学校の方にある本屋で立ち読み中です。
憂鬱→溜息→退屈の後半までが、昨日までの流れでしたが、
今日で、退屈→消失→暴走(エンドレス・エイト)まで読破。
・・・どんだけ読んでるんだ。

傑作の噂高い涼宮ハルヒの消失ですが、これまでの展開も合わせてかなり急激な展開に。
とりあえず、未来とか過去とか入り混じりすぎでしょうね。
なんか未来キョンがかっこよかったのは気のせいでしょうか。
ネタバレは避けておきましょう。
自分で読んだ方がよろしい感じの出来だったので。
消失に関しては色々書きたい事もありますが、心の中にしまっておきましょう。

で、暴走に入ってから夏休みループとかコンピ研との対決ですが、ここら辺も事前に伏線張ってますね。
その内に未来キョンが現実版になった話が出てくるのでしょう。
それにしても「世界を大いに盛り上げるためのジョン・スミスをよろしく!」には噴きました。
キョンって色々センスがユーモアだな・・・。
やはり、ハルヒが色々やりだしたのは全てキョンに起因しているに違いない。

で、エンドレス・エイト。まだ読み初めですけど。
例によってハルヒの願望によって夏休みが終わらなくなってる訳ですが、長門は500年分以上もあのループを繰り返しているというのだから、考えようによっては凄い悲惨な話ですね。
ひぐらしの古手梨花と共通するものがあります。
しかし、500年も経過させる前に他の奴に話せば良いのに。
長門の言う事なら重きを置くだろうに。
ってか、500年間も経っててようやく未来に戻れない事に気付く朝比奈さんも結構きてますね。
・・・ひぐらしにおける圭一引越しのレアイベントみたいなものなのか?
それとも、毎回気付くけれどもループしてしまうとか。
まぁ、脱出するのは間違いないでしょうね。

こうして読んでみると時系列は滅茶苦茶だが、そこまで苦にならない構成です。
アニメなんかはほぼ理解不能な構成でしたからね。
憂鬱のラストを最後に持ってくるのは構わんが、もう少し何とかならなかったのか。
ここまで原作既読者優遇のアニメは他にないでしょう。
そういえば、アニメではキョン妹が孤島についてきていた気がしましたが、原作ではいなかったですね。
原作ではキョン妹も鶴屋さんも完全に背景のような存在なのか、と改めて認識しました。
さて、明日には暴走を終えて動揺に入りますかね。
では、この辺でノシ