ここからは、近衛直春の独壇場っすよ!!
休みということで、早速やりますよ。
私には時間の余裕が無い。
やれることはやれる時にきっちりとやっておく。

では、追記から。
アクセス解析(2010年8月編)
期間:2010年8月1日〜2010年8月31日
太字は新規・・・というか、先月なかったもの。

ページランキング(アクセス数25以上を掲載)
1位:トップページ 657
2位:Fate/EXTRA・その7+そして二周目へ・・・ 308
3位:咲-Saki-第69局「抱負」 294
4位:Fate/EXTRA・その5 155
5位:東方人形劇1.80その2 139
6位:東方人形劇1.80その1 138
7位:Fate/EXTRA・その6 119
8位:東方人形劇1.80その3 104
9位:咲-Saki-第68局「始動」 86
10位:咲-Saki-外伝「ふくよかにすこやかに」 68
11位:Fate/EXTRA・その4 61
12位:戦国ランスチートクリア 55
13位:スクールデイズ最終話「スクールデイズ」 51
13位:Fate/EXTRA・その8〜苦戦・奮戦・総力戦〜 51
15位:アクセス解析7月編 47
16位:alphes塗り 46
17位:英雄バトルロード・その1 45
17位:カテゴリ「fate」 45
19位:カテゴリ「ポケモン」 43
20位:闘神都市2DL成功 41
21位:Fate/EXTRA・その1 37
22位:カテゴリ「信長の野望・革新」 36
23位:Fate/EXTRA・その2 33
24位:Fate/EXTRA・その3 30
25位:シークレットゲーム・最終 28
26位:英雄バトルロード・その2 25
26位:カテゴリ「白河ことり」 25

世はまさに群雄割拠、百花繚乱。
多くの勢力が入り乱れる大激戦的なアクセス数を叩き出した。
えるしっているか これほど平均的に高いアクセス数でも月刊の総訪問者数では今までで3本の指にも入らない。
まぁ、某所に晒されたりすると途端に増えるしな・・・。
そろそろ月刊訪問者数も比較してみようかな?

気を取り直し、この部分の総評をば。
トップページはいつものように取り除き、今回のトップに立ったのはFate/EXTRAの記事7回目。
この記事は決勝戦並びにラスボス、それと凛ルートの全鯖ステ公開したもの。
主に宝具や真名+クラスなどの検索ワードでヒットする事が多かった。
それに次ぐは咲69局「抱負」。
話は全国2回戦先鋒戦が始まる直前。
そして、長い間他より露出がなかった全国区の魔物、神代小蒔が出陣する。
明日にはその勇姿が見られるだろう。期待せずにはいられないな。
その下に来ると今度は東方人形劇。
1.80の新verが来て一気に伸びた。
私もプレイしてたのだが、新しい仕事が始まる直前だったので、まだ全然進めずにいる。
そろそろ再開したいところ。
他に見るべきは・・・EXTRAのその9以外の全記事がランクインしていることと、三国志DS3の英雄バトルロードやシークレットゲームは今だ健在。
咲勢も危なげなく上位に叩き込んでいる。
その中で驚くべきはカテゴリ「白河ことり」が何気にランクインしているところか。
先月DCIFの記事がランクインしていたからその余波かな。
ことり好きを名乗る身としてはまぁいいことではある。
電波な記事しか書いてないけど。

ちょっと長くなった。それだけ興味を惹かれる結果だったということで。
検索ワードも期待。


キーワードランキング・語句編(検索数14以上を掲載)
1位:咲 ソート 59
2位:東方人形劇 1.80 46
3位:トワイス・H・ピースマン 45
4位:軍神五兵 41
5位:東方人形劇 1.8 ダウンロード 36
6位:咲 69局 33
7位:ふくよかにすこやかに 29
8位:三国志DS3の英雄バトルロード 攻略 21
9位:fate extra 真名 20
10位:招き蕩う黄金劇場 19
11位:なぎはらえー 17
12位:スクールデイズ あらすじ 16
12位:戦国ランス チート 16
14位:投牌伝説ムツキ 攻略 15
14位:東方人形劇ver1.80 15
14位:永水女子 15
17位:alphes塗り 14
17位:fate extra 14
17位:アエストゥス・ドムス・アウレア 14
17位:種死 駄作 14

案の定というべきか、東方人形劇とfate/extra関係。
特にEXTRAはネタバレすぎるw
軍神五兵の検索数が多いのはさすが呂布といったところか。
およそ東洋においては呂布以上に猛将として知名度がある人物も少ないだろう。
まぁ、中華の歴史には呂布より遥かにやばそうな人物もいるんだが。
Fate/EXTRAでも中華キャラやばいからな。
李書文はハサン先生の存在意義を無価値にしたし、呂布は色々な意味で突き抜けてるし。
それで、その2勢力を除くと、やはり咲か。
一番下に種死駄作があるのが笑える。
やはり、世には種死が駄作と思う人が多いということだな。

そういや、ちゃちゃのんは一発屋で終わったな。
いちごェ・・・


キーワードランキング・単語編(検索数35以上を掲載)
1位:東方人形劇 304
2位:咲 288
3位:fate 214
4位:extra 199
5位:攻略 124
6位:1.8 106
7位:saki 92
8位:1.80 88
9位:真名 87
10位:69局 78
11位:戦国ランス 70
12位:咲-saki- 67
13位:ソート 63
14位:進化 60
15位:fate/extra 56
16位:セイバー 51
17位:人形劇 50
18位:軍神五兵 48
19位:トワイス・H・ピースマン 46
20位:Fate/EXTRA 45
21位:69 43
22位:ダウンロード 41
23位:抱負 40
24位:ふくよかにすこやかに 39
25位:あらすじ 38
26位:第69局 36

東方・咲・fateの三強でほぼすべてを占める。
もうなんというか、これらの人気の高さには改めて感心させるというもの。

こんなところか。今回はすごかった。
さて、今月の展望。
fateと東方は落ち着いてきたように思える。
後半はかなり訪問者数も落ち込んでたし。
とはいえ、これら日本でも有名な作品は衰えたりといってもまだまだアクセスは伸ばすだろう。
長い間、このブログでトップを張っていたalphes塗りがその証左。
で、明日には咲の最新話が連載される。
内容にもよるが、おそらく今月トップを張るのはこれだろう。
休載がなければ、その次も伸びる。
いずれにせよ、小蒔の描写次第か。

では、この辺でノシ