外伝5回目。
ようやく2章の外伝も折り返しだ。
多すぎるな。

追記から。
2章「三方ヶ原の戦い」

三方ヶ原に、妖魔の大軍を相手にして、
一人暴れ回る武将がいるらしい。
「とにかく暴れたい」という福島正則のため、
練師が提供したその情報は、
呂蒙にとっても興味深いものだった。
それが、呂蒙に一人の男を思い浮かばせたのである。
喧嘩っ早いが、頼りになる……。
無事ならば、なんとしても連れ帰り、仲間にしたい男だった。
呂蒙は、福島正則とそのお目付け役・加藤清正と共に、
三方ヶ原に向かった。

記憶:呂蒙の過去
戦死者:なし

推奨キャラ:呂蒙(P)・福島正則(P)・加藤清正(P)

味方ネームド
甘寧

敵ネームド
孫悟空→撤退

終了後
甘寧が仲間に追加
無双の戦場、壁紙に甘寧追加

総評
正則と甘寧がヤンキー対決を始める。
呂蒙や清正はそれに頭をかかえるのだった。

終了後ストーリー
今回の戦の活躍ぶりを互角とみなした正則と甘寧は次の戦での決着を期することになる。
あまりの暴走ぶりに清正は二人を置いていくことを提案するが、呂蒙は近所の迷惑になると却下。
苦労することが目に見えながらも連れて帰るのだった。