外伝チャレンジ10回目。
3章が残り3、4章が残り4か。
先は長い。

追記から。
3章「街亭の戦い」

妖蛇が出現して以来、関平の行方はようと知れない。
織田軍と共に、各地を転戦するうち、行方知れずとなったらしい。
星彩は、関平の身を案じつつ、もどかしい思いを抱えていた。
しかし今、討伐軍は「妖蛇出現という現象」を越えた。
妖蛇出現前なら星彩自身の過去に、関平を見つけることができる。
しかし……星彩には、迷いがあった。
過去、関平は蜀を離れ、織田軍と合流した。
その時、星彩は関平を説得しようとして、失敗していたのだ。
今再び、関平と向き合ったとして、自分は彼を止められるのか。
自問する星彩に、前田慶次と柴田勝家が同行を申し出た。

記憶:星彩の過去<深刻な矛盾>
戦死者:なし

推奨キャラ:星彩(S)・前田慶次(P)・柴田勝家(T)

味方ネームド
なし

敵ネームド
関平→帰順
前田利家→撤退

終了後
関平が仲間に追加
無双の戦場、壁紙に関平追加

総評
今までの経緯から信長信者と化している関平が蜀を離れて織田軍入りしようとする。
それを阻止するために星彩らが立ち上がり、力でねじ伏せて引き止めたのだった。
そんなやり方で大丈夫か?
まぁ、未来云々言っても仕方ないし、織田軍に行ったら死ぬって言っても「信長様の為に死ねるなら本望!」とか言いかねないからな、こいつ。

終了後ストーリー
出奔する関平を力でねじ伏せ、言うことを聞かせることに成功する。
晴れて関平は討伐軍入りするのだった。