織田との挟撃により毛利領の大半を攻め取った小蒔。
だが、突出した小蒔たちに信長率いる大軍が迫る。
退路を塞がれたので鳥取城攻略部隊はそのまま鳥取城へ入城。
それと同時に迫ってくる信長隊に4000ほど送って足止め。
足止め部隊は壊滅するも無事月初を迎えた。

ここは考える間もなく鳥取城放棄を決定。
鳥取城にいた小蒔や春、高橋紹運らは攻め落とした毛利領へ移動。
小蒔は毛利の本拠・吉田郡山城に移動。
中国地方での戦いはここに腰を据えて行おう。

執拗なまでに信長
そこにさらなる凶報。
鳥取城を落とした信長が取って返して八橋城への進軍を開始。
さすがにこれ以上好き勝手はさせられない。
八橋城に避難してきた春や山陰後方の城から援軍を派遣。
信長との対決を迎える。

八橋城の戦い
兵力はほぼ互角。
だが、相手は練度がかなり高い上に率いるのが信長なので攻防の数値がやたら高い。
基本的に防衛側有利な攻城戦でどこまでやれるか・・・。

消耗戦の様相
粘りに粘ってここまで消耗させた。
普通の相手ならとっくに壊滅しててもおかしくないが、さすがは信長率いる精鋭。
すさまじい強さ。
月を跨ぎそうになったため、ここで一旦采配を中断。
そしたら信長が引いていった。
この後の展開を見るに、ここで信長隊を11000ほど減らしたのは値千金の働きだったと言っていい。
なにしろ信長はこの後も帰還せずに中国地方で暴れまわるからだ。

黒官ゲット
毛利に続いて織田への調略もガンガン行っている。
あの黒田官兵衛も我が軍に帰参した。
頼りにしてるぜ。

中国地方合戦も佳境
織田軍の攻勢も落ち着いたので今度はこちらから攻めていく。
九州北部からガンガン部隊を送り込む。
とはいえ、織田相手だと救援部隊もやたら来てしまい、戦いが大規模化する一方だ。
この時点で信長は高田城付近の1000だか2000ぐらいの部隊だった気がする。
岡山城に攻め入ったこちらの高橋紹運や島津歳久の部隊が倍以上も兵力差がありながら負けるとか言う訳の分からん強さをしていた。

へし切長谷部ゲット
だが、さすがの信長も連戦に次ぐ連戦の消耗にはどうしようもない。
大合戦で叩きのめし、へし切長谷部を奪い取った。
官兵衛にあげようかな。

中国地方の雄・毛利家滅亡
残っていた毛利領も攻め取り、毛利家滅亡。
さらば毛利・・・お前もまさしく強敵だった。

中国地方大戦も終焉の時
毛利も滅び、織田の城もいくつか攻め取り、中国地方の大半が島津のものとなった。
切り取り自由は毛利だけだったから織田の城を落としてもこちらのものにならないのが残念だ。
次は誰だ、トキかラオウか織田か武田か、はたまた長宗我部か・・・。
織田を無視して長宗我部と戦うのはかなり厳しい物がある。
まずは武田討伐を命じて欲しい所だ。
武田は甲斐の所領を全部織田徳川に奪われてこちらに全武将避難してきている。
やつらを倒せば一気に武将数も潤うだろう。
まぁ武田討伐が命じられなくても勝手に倒すけど。

現在の有力大名一覧。
1593年終わり頃の有力大名一覧
あらかた淘汰されつつあるな。
津軽から下はもういつ滅んでもおかしくないだろう。
東北は最上と伊達、関東は北条、東海は徳川、北陸は上杉、近畿は織田、四国は長宗我部、中国・九州は島津といったところか。
といっても、もはや織田と島津のどちらか勝った方が天下統一するだろう。
織田以外だと如何に織田を倒すのかってゲームだな・・・。
羽生は羽生と戦わないからズルいみたいな話を思い出してしまう。

では、この辺でノシ