上洛を目指す小蒔はその途上にある織田領へ進軍を開始。
播磨をほぼ手中に収め、京入りを間近に迎えていた。
まずは播磨最後の城である淡河城を攻める。
例によって膨大な援軍を迎え撃ちつつ、これを制圧。
また、その先にある有岡城を調略で引き入れ、二条城を目と鼻の先に見据える。

だが、ここで一旦北上して光秀の所領である丹波を攻めていく。
丹波最初の城である黒井城攻めの際、敵が湧きまくってきたので大合戦を発令。
霞さんVS信長
今回は霞さんを大将に迎えて信長と対峙。
小蒔がいれば小蒔が必然的に大将になるけど、そうでない場合は大抵霞さんが大将になってる気がする。
天下の副将軍とは霞さんのことよ。

秀吉襲来
その後も丹波の城を落としながら進軍していると、ついに秀吉が登場。
信長配下のくせにやけに偉そうな顔グラだなぁ。

島津必殺の捨て奸
さすがに滅茶苦茶練度が高くて苦戦を強いられる。
豊久に持ちこたえさせつつ援軍を順次迎え入れる。
殿軍は豊久の得意とする所。

いざ上洛せん
丹波最後の城攻めが秀吉に防がれている一方で、小蒔率いる本隊が寝返った有岡城を通り、途上の高槻城を鎧袖一触で落とし、二条城へ肉薄する。
ここを落として上洛を完遂させるのが目的。

敵湧き過ぎィ!!
そう上手く行くわけないんだよなぁ・・・。
一体どれだけ湧くつもりだよ。
さしもの小蒔もこの大部隊を相手取っては劣勢甚だしい。

乱戦オブ乱戦
だが、信長が動いているということは信長の居城・石山御坊が手薄ということだ。
この際だから一気に攻め落としてしまおう。

初美、大合戦に赴くの事
丹波を平定して二条城の大軍を相手取って大合戦発令。
小蒔が支えきれなくなって敗走した後なので初美が総大将。
福島正則が13000ぐらいの高練度部隊を率いてきて滅茶苦茶厄介だった。

大乱戦の最中、凶報が一つ舞い込む。
小早川隆景死す
隆景ェ!!
小蒔の参謀軍団の一人が世を去ってしまったか・・・。
もう関ヶ原ぐらいの時期だからしょうがないといえばしょうがないのだが。
信長はいつまで生きるんですかねぇ・・・。

その後、山城国を一挙に制圧すべく大部隊を派遣。
山崎の戦い
奇しくも山崎の地で秀吉と相見えることに。
兵数で圧倒しているので、正面からぶつかってもいけそうだな。

大合戦の様子
大合戦の様子はこんな感じかな。
とにかく大混戦になる。

秀吉包囲
大将を壊滅させれば終わりなので秀吉を囲む。
これで秀吉を倒して山城から敵が消失。
一気に二条城と横嶋城を落とすことに成功した。

近畿二大拠点制圧
いやー、随分苦戦したが、近畿の最も重要な二拠点を落とすことに成功した。
これで近畿制圧はイージーモード・・・とも言い切れないが。
美濃・尾張という織田の地盤がかなり強力。
あそこから援軍出されるとまだまだ厳しいな。
だが、こちらも二条城と石山を戦力の中核としていけば問題無いだろう。

現在の有力大名一覧。
1598年終わり頃の有力大名一覧
信長とも差が付いてきたな。
ここまで来たら負けることはないだろう。
あとはどういう風にネタが転がってくるかだ。

では、この辺でノシ