小蒔軍の脅威を全面に受けた信長は小蒔の旧主・義久と組んで反神代連合軍を結成した。
征夷大将軍となった小蒔は長宗我部や上杉と組んで信長に対抗する。
勢力を二分した大騒乱の時代を迎えていた。
織田への四路侵攻は讃岐・越前の平定により、二戦線に収束。
戦線が収束すれば戦力も収束するので大兵団を次から次と交代で出すことが可能。
数で勝るこちらは相手に消耗戦を強いるだけで優位だ。

濃尾を制すれば織田ももう終わり(尾張だけに)
苦戦した清州城も落ちた。
清州・岐阜の両城は東国攻めの要となるだろうから、ここには重要な人物を据えておく必要がある。
考えた末、清州城には初美、この後に落ちた岐阜城には巴を入れた。
結局、永水勢じゃないか・・・という感じだが、初美の政治以外はALL90超えてるチート武将軍団にまで成長している。
この勢力の主力といっていい。

四国北東部平定
四国の方も敵の抵抗をあらかた排除し終えたので、一気に土佐まで侵攻していく。

伊達参戦
織田相手に暴れていたら伊達が反神代連合に加わったとの知らせが届く。
・・・連合に加わった所で何が出来るんだ?
こちらを怒らせるだけなんだが。

北条家を引き入れる
だったらこっちも仲間増やすだけだよなぁ?
長宗我部、北条&里見、おまけに従属した蠣崎が親神代連合の仲間。
上杉は徳川と同盟していたため、まだ連合に加えられない。

立花訐藺綮爐
今回の死亡イベント。
訐藺紊逝ったか・・・。
高橋紹運もまだ生きているというのにな。

現在の全国図。
日本は二分された
家紋の下が緑のゲージみたいになってるのが親小蒔、赤なのが反小蒔。
山中に分け入るのは面倒だから東海道の徳川領を進んで北条と合流するか。

現在の有力大名一覧。
1603年初め頃の有力大名一覧
信長を重点的にボコってるから弱体化が著しい。
島津はそのまま引きこもってるのなら滅ぼすのは最後にしてやる。

現在の連合状況。
日本を二分
どっちにも属していないのは上杉・最上・津軽の三勢力。
上杉はこっち側だから数カ月後には連合入りするだろう。
最上は伊達と婚姻同盟結んでるからどうあがいても引き入れられない。
津軽は最上に滅ぼされそうだからどうでもいい。

小蒔・長宗我部・北条・上杉VS織田・徳川・島津・伊達・最上という縮図。

小蒔以外は各地方で劣勢になってる負け犬のような勢力たちだが、一時的に助けてやろうではないか。

では、この辺でノシ