小蒔は越後で上杉と共に最上軍と争う。
一方、関東では伊達が勢力を伸ばし、北条は滅亡の危機に瀕していた。
それを見た小蒔は漁夫の利に乗じて堅城で有名な小田原城を攻め、伊達より先に北条を滅亡させるのだった。
北条家吸収
まずは恒例の武将登用タイム。
北条家の武将というよりも佐竹義重・義宣親子の登用がメインと言っていい。

細川藤孝死す
直後に細川藤孝が死亡。
古今伝授は大丈夫なんですかね(小声)

その後、これからの侵略方針に悩んでいると、伊達が越後の上杉領地へ大軍を派遣。
上杉の阿呆共はせっかく取り返した領地を守りもしないのであえなく春日山城を再び奪われていた。

上杉攻め開始
君たちには失望したよ・・・。
もう生かす価値はない。

越前越中飛騨あたりの兵を動員して上杉攻めを決行。
この時点で伊達軍との同盟解除まで残り3ヶ月。
最上とも交戦中なので、ついに残りの勢力との全面戦争に突入する。

前田慶次死す
前田慶次死亡。
上杉攻めのせいで憤死したか?

そして、伊達との同盟が切れたので、即座に伊達の前線拠点に兵を派遣していく。
だが、それは相手も同様だ。
伊達一の槍
伊達二の槍
伊達三の槍
伊達四の槍
奥州のトカゲが吠えよるわ。
叩き潰してくれる。

関東戦役開始
いざ全面戦争へ。
青い点が我が部隊。赤い点が伊達最上連合の部隊。

独眼竜迫る
当然、敵総大将・伊達政宗も来る。
敵で相手になるのは伊達政宗と最上義光ぐらいだろう。
それでもこちらの精鋭と互角程度だから相手は詰んでるが。

反小蒔連合再び
久方ぶりの反小蒔連合が結成された。
今更どうなるものでもあるまい。

こちらの部隊は大別すると能登半島、越後、北関東、南関東の4方面に進軍し、上杉・最上・伊達を相手に有利に進行している。

島津義久死す
ここで旧主・義久が死亡。
伊達との戦いから戻ってきた直後の病死。
伊達と交戦中の時から病気になってたから仕方ないか。
一度は天下統一の夢を見たんだ、悔いはあるまい。

上杉滅亡
そして上杉滅亡。
上杉の将を取り込むとするか。
安心しろ、お前たちを衰退させた元凶の伊達最上は我が軍が蹴散らしてやる。

現在の状況。
小蒔VS伊達最上連合
飛び地ばかりになっていた関東もようやく連結した。
しばらくは関東攻め主体になるだろう。
能登半島あたりの兵力が回復したら北陸からも北上していくかな。

現在の有力大名一覧。
1612年終わり頃の有力大名一覧
天下に残る勢力もあとこれだけか。
蠣崎はどうも攻めこまれないので最後まで残りそうだ。
我々は一勢力で統一すると決めているので、どこかしらのタイミングで従属を破棄する必要があるな。

では、この辺でノシ