北条を滅ぼし、一時の平穏を享受していた小蒔たちだが、越後に進出した上杉軍が伊達に蹴散らされたとの報を受ける。
上杉に天下を狙う資格なしと見た小蒔は上杉に対して宣戦布告を行う。
また、伊達・最上とも全面戦争を迎える。
伊達政宗は最上・上杉と共に第二次反小蒔連合を結成するが小蒔軍の前に連敗を喫し、ついに上杉が滅びるのだった。
敵よりも前に友軍を滅ぼしていくという義理もへったくれもない事態だが、弱いのが悪い(暴言)
まずは上杉諸将の吸収を図る。

バトル坊主降臨
初めにやってきたのは本願寺のバトル坊主こと下間頼廉。
相変わらず頭のおかしい強さだ。
創造では政治も高くなったことでさらに死角がなくなっている。

上杉吸収
続いて上杉の中核を為す面々。
今更だが、この登用画面は基本的に能力が高い武将が上に来るのかな?
どこの武将を捕らえてきても大抵一番上に大名とか強い連中が来るし。

真田昌幸死す
ここで表裏比興の者・真田昌幸が死亡。
そろそろ大坂の陣の頃だしな・・・。
シナリオ開始から40年近く経ってるし。
惣無事令使わないで続けてると相当長いな、このゲーム。

惣無事令といえば、なんとなく見てたらこんなのが。
知ってた
なんとじゃないよ霞さん。天下統一が凄まじく軽く感じてしまう。
もう字面が滅茶苦茶だ。
あと言い方がなんか某緑の服の人っぽい。

さて、上の画像を見て分かる通り、関東で伊達軍と激しい戦いを繰り返して伊達の勢力を駆逐した。
虎の子と言ってもいい清須・岐阜の初美・巴コンビが凄まじく強く、敵が1万ぐらいでも余裕で撃破していく。
1回の交戦で敵が5000ぐらい減って笑うしかない。強すぎる。
他にも家康とか忠興とか高虎とか一流武将をこれでもかと派遣している。
質でも量でも負ける要素がない。

さて、役職では征夷大将軍まで上り詰めた小蒔だが、官位の方は全然だったので長い期間を使って上げてきた。
結果的に従二位の内大臣まで来たのだが、どうもこの先は朝廷に働きかけるだけでは無理っぽい。
戦国立志伝はまだ攻略が十分なほど進んでいないので、創造PKで調べたら戦国伝でしかなれないようだ。
でも、立志伝のwikiの戦国伝だと征夷大将軍しかないんだよな・・・今は無理っぽい。

なんで、とりあえず征夷大将軍兼内大臣という現状最高の地位まで来た。
史実の家康と同じようなもの。
この時代風に小蒔を呼ぶなら「上様」とか「公方様」とかだろうか。
将軍でなければ「神代内府」とか「内府様」だろう。
霞さんだったら今は大納言だから「摂津大納言」とか「石戸亜相」とかか?

ちなみに内大臣の性能はこんな感じ。
征夷大将軍兼内大臣


話を戻して現在の状況。
東北への進軍を開始
関東を制圧し終えて東北へと足を踏み入れ始めている。
前回から1年も経ってない割には拠点を20以上も攻め落としている。
終わりの時は近い。

現在の有力大名一覧。
1613年終わり頃の有力大名一覧
伊達の衰え方は凄まじく、1年経たない内に国力がほぼ半減。
関東で派手にドンパチしたから当たり前だが。
この分だと最上が最後の敵になりそうかな?

では、この辺でノシ