さて、咲連載の日がやってきたので、早速ヤングガンガンを買ってきた。
先に言っておくと、今回でようやくあらかた前日の描写が終わったと見える。
では、続きから感想。
いきなり霧島神境に場面が移動した所から。

宮守勢が霧島神境に到着。
霧島神境は日本全国の山から入れるとかいう咲世界でも屈指のオカルト空間。
夏なのにあまり暑くないとか。

初美が俗に言う新婚三択を始めるが、宮守の面子はツッコミせずに風呂へ向かう。
ここで六女仙最後の二人、十曽湧と石戸明星の紹介も。
単行本加筆を含めて三度目の登場にしてようやく台詞か。
挨拶の台詞からすると湧は引っ込み思案で明星はそれなりに人当たりが良さそうかな。

その後、永水と宮守の入浴サービスシーンあり。でかい。
春だけはいないが、中等部の二人と同じく世話係やってるのかな?
そもそも春と小蒔以外全員三年だからな。この面子。

場面は変わって千里山。の竜華とセーラ。
セーラはまだ敗戦から立ち直っておらず、食事もほぼしていない状況。

竜華「愛宕の洋榎ちゃんがセーラのこと大丈夫かーって心配してたみたいやで」
セーラ「!?」

その一言でセーラに火が付いた。
絶対ぶっ倒すと宣言していきなり飯を食べ始め、怜の方にいく竜華に食べ物を買ってくるよう要求するまで立ち直る。
愛宕姉とセーラは仲がいいし、こうやって火を付けたりする存在だったりするし、良い関係だなぁ。
親友と言うよりは悪友っぽいけど。


ここで三尋木プロと針生アナの5位決定戦紹介の番組。
二人が言うにはこの5位決定戦は学校ランキングに影響があり秋からの試合において下級生を有利な位置に送れるし、コクマの選出にも関わるという重要な試合なようだ。

出場校として千里山と新道寺が紹介される。
これはいるかどうか分からないが本編しか見てないという人のためのキャラ紹介も兼ねているのだろう。

千里山は全国2位で関西最強と呼ばれる強豪。
姫松とは昔からライバル関係で監督同士が姉妹とか言う時期もあったようだ。
愛宕一族とかそういう風になってても不思議ではないな。
フナQの母親は不明だけど姫松の監督をやっていた時期があってもおかしくないし。

続いて新道寺。
北部九州で最強と呼ばれる強豪。南は現時点では永水だろう。
エースは3年連続で哩だったらしい。1年の時から強豪のエースってかなり凄いな。
毎年インハイでいい順位に付いてもいるらしい。安定してるんだな。
まいひめの台詞もあった。

番組での紹介描写はここで終わり、あとはユキの新ユニフォームお披露目とか、和が宿舎に戻ってきたりとか。

そして今回最後の描写は怜。

怜「明日は出場します」
マスコミA「えっ出るの?」
マスコミB「昨日倒れたのに…」

咲世界ではおかしなことばかり言うマスコミもさすがに素でこの感想。
確かにあんな状態だったのに出れるのかよ、とは思う。

怜が言うには少し低血糖気味で疲れが溜まっていたからだとか。
私を出したら学校が非難されるかもしれないけど出たいんです、と語る。

怜「これ 学校に言わせられてるわけでもありませんので」

不敵に笑う怜となにいってんだこいつな表情の愛宕母と竜華で今回は〆。

次回は休載なしで5/20。
いやぁ、さすがにこれで次回からは当日行くよね?
本編から見ての新キャラ紹介も終わったし。

怜が出られるのであれば、千里山有利は崩せないな。
少なくとも先鋒はほぼ怜無双が確約されたようなもの。
相手を見ても一巡先だけで十分。余裕を持って戦えるはず。
唯一上重が爆発したらどうなるか分からないが、強い相手に反応して爆発する特性はすばらや成香がいるので発動は難しいはず。

次鋒が姫松、中堅が千里山・姫松、副将が新道寺・有珠山有利かな。
大将は能力無しなら竜華かはたまた末原さんか。
まぁリザべはあるだろうから分からないけど、やっぱり有珠山だけが圧倒的に不利だね。
有珠山は永水宮守より弱いだろうし、しょうがないけど。

では、この辺でノシ