天願からのメールは動画ファイルだった。
動画の中で天願は「希望ヶ峰学園の教え子が殺し合うのは悲しいけどついやっちまった!(ニッコリ」とか言い放つ。
これを見た御手洗は絶望を止めるために希望のアニメを全世界に流すことを決意。
御手洗と江ノ島の顛末を聞いた苗木はそれでも希望のアニメで洗脳することを良しとしなかったが、朝日奈が洗脳して苗木を止めているうちに去っていく。

最後まで判明しなかった御手洗のNGは「才能を使う」。
まぁこんなお手軽に相手を洗脳できるなら正直無敵だからな・・・。
御手洗は別棟にある全世界へ映像を流せる設備へ向かい、それを妨害するものは手段を問わず排除しろと救出に来た未来機関の全兵士たちに洗脳して命じた。

朝日奈の妨害を受けた苗木は宗方の介入で事なきを得る。
御手洗が希望のアニメを使おうとしていることを知り「皮肉だな。絶望の残党が行ったことで却って希望のアニメを使わせることになるとは」と語る。
その言葉から苗木は天願が絶望の残党ではなく、御手洗に希望のアニメを使わせるためだけに殺し合いを仕組んだのではないかと推測した。

苗木や宗方は洗脳による希望が人間と言えるのか疑問であり、御手洗を止めるために別棟へ向かう。
途中で洗脳された兵士が襲撃を仕掛けてきて、宗方が斬り込んだり朝日奈が負傷したりで脱落していく。
当の苗木自体もついに兵士に追い詰められる。

一方、御手洗は別棟の設備にたどり着き、希望のアニメの放映を始めた。
30分の時間が経った時、全世界に希望しかなくなる。

それから絶望編1話よろしく映画館では雪染と江ノ島が客観的目線から語りだす。
雪染が「私達の未来はこれでおしまい。でも、希望はこれから始まる」と残してED。

Cパートでは囲まれた苗木を十神と葉隠が救出。
そして日向も舞台へたどり着いたと思しきシーンで未来編終了。
あとは希望編へと全てを託す形になる。


天願の目的は私の最終考察ドンピシャリだったな。特に前半の文章。
さすがに殺し合い全部が希望のアニメを使わせるためとは思わなかったが。
そうなると天願の中では希望のアニメ+御手洗>未来機関幹部全員なんだよね。
絶望のビデオの効果が凄まじいとは言え、そこまで御手洗を重きに置くのか?
いくらなんでも天願が御手洗贔屓過ぎるような気がするが・・・。

あと、御手洗自身が参加したのが想定外みたいだが、御手洗が遅刻してなかったら殺し合い開始しなかったのかね?
実際の御手洗は遅刻してきたからやむを得ず開始したとしても途中で別れてるし、あの後に御手洗殺されてたら全てが無駄になってたぞ。

結局天願黒幕なのは分かったが、モナカとはどういう繋がりだったんだよ。
当初は月光ヶ原と組んでいて月光ヶ原が殺されたのか、普通にモナカと組んでいたのか。
どっちかでないとモナカがNG把握してる意味が分からん。
あれがモナカのハッキング技術で解明してたとかならまた別だけど。

残りは希望編1話だが、ここから収拾つくのかね。
霧切さんが御手洗をやる気にさせるためだけに死んだとかなったら、天願と御手洗にはあの世で俺にわび続けて欲しい。

では、この辺でノシ