そろそろ朝風を掘るための編成を構想していくか。
とりあえず、雷巡が残ってないので潜水マスを回避することが不可能。
第二艦隊の対潜を増やして突破したい。
まぁ酒匂・オイゲン・照月+対潜用駆逐3でいいんじゃないか?
対潜ガン積みで先制撃てる艦はそれなりにまだ残ってるから潜水対策をそれで回したい。

ルートはKMOPTを想定。
高速統一で長門はなし。
第一はサラ・赤城・翔鶴・瑞鶴・摩耶・オイゲン2号で回そうかなと。
戦艦を外すのはOマスのヲ級改の攻撃数を減らす目論見もある。
Oでは二巡にならないが、ボスでは敵にダイソンがいるのであちらが二巡にしてくれるというわけだ。
長門がいなくても酒匂・サラ・オイゲン1号2号で4隻の特効艦がいる。
一人一殺は難しかろうが、それなりにやってくれるだろう。

航空隊はボスに2つとも大艇1陸攻3でぶち込む。
聞くところによるとst2(固定撃墜)が起こらないので、st1の割合撃墜でしか落ちない。
味方の割合被撃墜は最高で58%のため、全滅することはない。
絶対に攻撃参加出来るというわけだ。
ボス編成には航空隊でも特効効果があるので使えはするだろう。
ボーキの消費が恐ろしいことになりそうだが。

まとめ。
Kマス(雷撃がきつい):道中支援で頭数を減らす
Mマス(雷撃がきつい):第二艦隊に先制対潜3隻
Oマス(ヲ改がきつい):ヲ改の攻撃を一巡に抑える
Pマス(航空戦がきつい):摩耶&照月の対空CI
Tマス(ボス):特効の航空隊+クロスロード組4隻で制圧

Pマスでもう1回S勝利が取れればギミック解除なんだろうが、狙ってやるのは無理なんで回避するのを待つ。
当面はこんな形で行きたいね。
返す返すも雷巡を使い切ってしまったのが痛い。
E3で割と苦戦したからな・・・。

では、この辺でノシ