とりあえず買った。
お布施して後に繋がることを期待したいし。

内容については無印版が出た時に散々書いているので、追加要素について書いていこう。
といっても千里山の浴衣バージョンとおまけチャレンジだが。

浴衣バージョンは無印にもデータは存在していたが、入手手段がなかった状態。
加賀クリエイト解散後のアップデートで項目だけ追加されていたのは、解散していなければ見ることが出来たということなのだろうか。
何にせよ、エンターグラムの引き継ぎによりやっと日の目を見たことになる。

で、おまけチャレンジ。
これは内容こそ県予選決勝大将戦を模したものだが、実情は槍槓チャレンジ。
プラスを買おうかどうか迷っている人にとっておまけチャレンジは槍槓チャレンジという情報が独り歩きしている感があるので詳細はどんなものなのか書いておきたかった。

このチャレンジはどこからどう見ても限定的な補正が掛かっている。
具体的にはかじゅの強烈な積み込み補正と咲のポン→加槓する可能性の凄まじい高さ。
手なりで進めても槍槓はおろか普通に和了れるぐらいにかじゅの補正が強い。
また、咲がヤオチュウ牌(特に一索とか一萬)をポン→加槓することがかなり多く、かじゅもそれに合わせて二索三索、二萬三萬なんかを確実に持っている。

そのカン、成立せず
そんな訳で開始数局であっさりかじゅの槍槓カットを入手。
難しすぎて槍槓オフが開かれたようなものとは思えんな・・・。
ちなみにゲーム開始直後に挑んだものであるから育成はなしでOK。

無印にあってくれればよかったものを・・・と思ったが、このおまけチャレンジは加賀クリエイト解散前から構想にあったのかエンターグラムに引き継ぎされてから考えられたものなのか気になる所。
咲ファンであればゲームの今後として願う事と言えば、当然臨海・有珠山の参戦になる。
加賀クリエイトが逝ったことによって絶望視されていたそれがまた可能性を帯びてきたのではなかろうか。

・・・まぁ、その前に準決勝のアニメ化や臨海・有珠山の声優が決まらないとどうしようもないが。
準決勝+5決あたりで次のアニメは作れると思うけど、それは一体いつになるのやら。

では、この辺でノシ