まとめアンテナちらっと見たら今日がヤンガンの発売日だと気付いた。
いや、完全に忘れてた。
年末年始だとそれなりに色々あるからさ。
まとめアンテナのいいとこはそういうとこだと思う。
公式HPが更新してるかどうかは大抵これで気付く感じだし。
載ってるのがタイトルだけだから普通なら何かしらのネタバレを喰らう心配はないし。普通ならね。

さて、本編の話は続きから。
今とは別人のフレンドリーさを持つ過去のセミロング照登場から。

扉絵は白糸台冬服の照と淡。
淡はもう完全に咲キャラ上位レベルまで行ったな。
何がって? 雀力に決まってるじゃないか(すっとぼけ)

咲と同じく迷子属性を所持していることが判明した照は、菫から道を聞くか本読むの止めれば?と言われて「そういう考え方もあるね」などと天然な感じ。
その時は菫が体育館まで連れて行って終わり。

あくる日、菫は中庭に一人でいる照を発見して声をかける。
声をかけた瞬間の照の瞳がかなり濁った感じになってるのが印象的。
この様子だと白糸台に入学する前には何かしらの事件があって対外的には完全営業モードになってしまってるのか?

照「てっきり頭が良い人に見えたんだけど成績悪いんだ」

菫が新入生代表の挨拶でないことに関しての照の発言。
これは色々突っ込みどころあるが、その辺は照の危うさを表現してるのかな?
危うさ云々以前に代表でなくても二番目っていう可能性は大いにあるんだから代表でない=成績悪いに直結するのがなんともアレだが。

この発言に対して菫は特待生じゃないからと返答。
普通なら煽りにしか聞こえない発言だけど菫はさすがに大人だ。

で、菫は麻雀の特待生として入学したようだ。
本当は千里山に行きたかったらしいが、親が東京のそこそこ良い私立じゃないとダメだと言われたから白糸台にしたらしい。
この時点の白糸台は去年やっと西東京ベスト4に入った程度。
強豪とはいっても本編長野の城山商業とか裾花ぐらいのちょっと強いモブ程度のものだろう。

一方の照は白糸台が麻雀強いかどうかも全く知らない有様で、自身も小学校の頃から打ってないという。
この時点で高1だから少なくとも4年前ぐらいから全く打ってないのか。

二人が会話してる所に白糸台監督の貝瀬麗香が現れる。
菫に対してどこのチームに入るか早く決めろとのこと。
いわゆる悪名高い白糸台のチーム制度の話。
菫はこの制度に疑問を感じているようだ。当然だよなあ?

それに対して監督によるチーム制の話が始まる。
チーム制自体は先代の監督が始めたもので、個人の成績が高い5人よりも仲のいい5人の方が団体だといい成績を残すことが多々あることに目を向けた制度だとか。
確かに超強豪校なら強い個人5人集めれば強いだろうが、この時点の白糸台のような一昨年までベスト8なんていう強いモブ程度の所では個人の強さで争った所で勝負になるわけがないと。

照「部内スコアだけじゃわからない…っていうのはたしかにあると思うよ」

押し問答になる両者を仲裁するのは第三者の照しかいない。
この発言だけなら監督寄りなので、菫からは「どっちの味方だ!?」などと不満げな声。

照「私が選んだメンバーでチーム対抗戦やってみていいかな」

ここから宮永照の伝説が始まった。
・・・よく見たら柱もおんなじこと書いてる。
という所で、〆。
次号1/20連載予定。

いやぁ・・・なんというか最後のページの上目遣い照すっごい可愛くない?
やっぱセミロング〜ロングの長さが一番好み。

とりあえず、チーム制の話をしよう。
この時点における監督の考えは確かに一理ある。
個人の力で勝てないなら団結力だわな。
麻雀の団結力ってなんだよ(哲学)って話だが、咲世界では想いが強ければ強いほど雀力も高まる仕様だからしょうがないね。

ただし、今もなおチーム制なのは無能の誹りを免れないわ。
本当に何度でも言いたい。白糸台の監督は無能。
今の白糸台はそれこそ超強豪校だろ?
少なくとも照と淡は全国トップレベルのプレイヤーな訳で、団結力に頼る必要が無い。
というか、どう考えても足引っ張ってるじゃん。
そもそも、全員攻撃系能力チームとかいうのがすでにナンセンスなんだよ。
それを選択したのは照とか菫なんだろうけどさ。
照と淡という超高火力アタッカーを擁していながらなぜ他に攻撃系を揃える必要があるのか。
菫は分かる。相手を狙って落とすことが出来るから。
でも他二人はどう贔屓目に見てもいらないでしょ。
防御が上手かったり相手を上手く使えるような人間のがいくらかマシってもんよ。

何事でもそうだけど、そういう制度だからで思考停止しちゃいかんわ。
なんでそういう風にしているのかを考えるのはすごく大事なこと。
今回だって「なんでチーム制なのか?」って問いに「個人の力では他校に勝てないから」って答えてるわけでしょ。
じゃあ個人の力で他校を上回っている現状の白糸台のどこにチーム制を採用する理由があるのか?
ないだろ。理由が。

そもそもチーム制が当たって現状の白糸台が出来たわけじゃない。
照がいたからチーム制でも勝てただけの話。
自身が高校生最強の上に、打った相手の能力を見通すという極めて優れたスカウト力。
照ならば並の強豪レベルの高校ならどこであろうと優勝できるレベルに押し上げることが可能。
白糸台は照や淡がいなくなったら一気に没落するだろうな。

結論:今の白糸台にチーム制は不要


話は変わって照自身の話。
現時点ですでに闇を背負ってそうな雰囲気が出てきている。
何かしらの事件がすでにあったということなのか?
そして小学生の頃から打ってないと語る照。
最短でも小6〜高1の4年程度は打ってない訳だ。
打ってないってことは家族同士で顔を合わせることがなくなったってことだから4年前に別居したのか?
照を麻雀の英才教育するために母親が連れて行ったというわけでもない。
単純に両親の不和が原因だろうか。

宮永家の話はまだまだ真相が見えないな。
次以降の話も照が如何に高校生王者になったかという話になりそうだし。
母親も謎すぎるし、火事がなんだったのかも謎。
いつ明らかになるやら。
咲の真相が明らかになる前に作者死亡とか私死亡とかならないことを祈る。


最後に、巻末のコメントで「ネイルアートやウィッグ」と書いてあって混乱。
小林立は本当に女だった・・・?

では、この辺でノシ