前回から二週間、ブログ更新してないな・・・。
何か書くにしても今やツイッターのが手軽だし気楽だ。
ガッツリ書くならやっぱブログのが良いんだけど、そのガッツリ書く気力が最近はないんだよな。
という、近況であった。

まぁそれはいいとして、続きから本編感想。
あ、言うまでもないが、小走先輩は出てないから(牽制)
ハイパー菫タイムから。

菫はともかく、他の白糸台部員は照と打つのを躊躇。
今まで照は打ってこなかったわけだが、誰もが強いと確信しており、出てこれなかった。
しかし、ここで外見ヤンキーの渡辺が動く。

渡辺「もともとそういう負けがつきもんじゃねーのか 麻雀も いろんなことも」

かっけぇ・・・。
ただのツッコミ専じゃなかったことを証明してくれたな。
もう一人は宇野澤先パイが立候補。

親は照→渡辺→菫→宇野澤の順。

しばし後。

東一局(少なくとも)七本場以降。

照:87100
渡辺:6400
菫:5100
宇野澤:1400

モブレギュラー「おい…誰か早く流せよ その親」

が、その局も照がツモして3人トビ。
その後、見開きで全員ぐったりして照が立ち尽くす様子が。
全員相手に無双したのか・・・。

菫「宮永 明日も来いよ 最低でも私だけは相手をする」

ここまでボッコボコにやられてまだこう言える菫の精神的タフネス。
これには照も笑顔になり、

照「善処するよ 菫」

と、ついに名前を呼んだ。
照の中で周囲にいる人から確固たる存在へと変わった瞬間だろうな。
照菫推しにはかなり上等な餌だろう。
私は単純に照推しなんで、この笑顔だけでホクホクものですわ。

で、回想終わり。

えぇ・・・ここで回想終わるのか。
なんで回想に入ったのか分からんくなるんじゃ・・・。
回想でやったことって照が如何にして麻雀を始めたかってことぐらいで、回想に入る前の咲に出くわしてぐったりするのと流れが合わないような。

と、そこに待ったをかけるように菫が咲について独白。

菫(宮永咲――!! 照を助けてくれるのか――)

回想で照が気にしていた相手を宮永咲だと菫は気付いていたらしい。
でも、ぶっちゃけ、これだけだったら回想丸々なくても話は進めるような・・・。
無論、宇野澤先パイという巨乳好きとしてチェックせずにはいられないキャラとか生み出してるし、全くの無駄ではないのだが。

そして、清澄パート。
咲は迷子にならずに帰還した。
さすがの咲も照にガン無視されてショックを受けているようだが。
さすがに部長や和は落ち込んでいるのに気付いたようだが、咲はごまかすだけだった。

戻って、白糸台。
一気に不調になった照を淡が心配する。
自分の調子については絶好調だと語る。

淡「3日前の昼は雨で全然ダメだったけど 今は天にカペラやプロキオンがいるのがわかる」

もう準備満タンだよ!!という言葉に菫が万端なと突っ込んで今回は〆。
次号も休載せず、4/7掲載予定。

最後のコマの淡やばいな・・・。
これもう和レベルの胸になってるような。
準決勝からわずか2日でなぜこうなる。
なんかヤバい薬で豊胸してるか、能力でこうなってるとかいうネタになってしまうのもさもありなん。

そういえば、淡の言う3日前の昼って、清澄2回戦の時だよな。
1日前がB準決勝、2日前がA準決勝、3日前がB下側2回戦だから。
あの時は阿知賀が武者修行してて雨も降ってたっけ。
でもいきなり3日前の対局してない時のこと発言されてもな。
2日前なら私本気じゃなかったからという言い訳にもなるのだが。

なんにせよ、月の満ち欠けが関係する衣に続いて自然に左右される能力者としては2人目か?
概念的な話になるなら穏乃とかもそうなんだろうけど。
この世界、絶対麻雀以外でも能力者いっぱいいると思うんだが。
あんまり殺伐としていない世界観なのが不思議なぐらいだ。

さて、回想も終わったことだし、これで普通に5決なり決勝戦に話が進むだろうか。
思ったより早く回想が終わって困惑するが、終わったなら終わったで話が進むわけだからオールオーケーってやつだな。
まあ、この漫画でこうなるのでは?って個人的に予想してもことごとく外れるのが常だから、このブログの読者は私が何か予想してもサラッと流すぐらいでいいだろうね。
過去に予想して大口叩きまくって外して悶絶する思いも何度かしてるはずなのに懲りてないのも考えものだ・・・。
こうなるんでは?とか言うのはちょっと控えようかね。

では、この辺でノシ