先号から続いての連載。
ちなみに次号も連載。
調子よく連載が続いているな。
今週もラフがあるにはあるが、そこまで多いわけでもないしなんとか仕上げてきてる印象。
この調子でガンガン連載を進めていってほしいが、どうなるやら。

続きから本編感想。
愛宕姉のツモから。

東二局、親番はセーラ。

セーラは通常で五向聴、チートイツで三向聴の配牌でスタート。
(楽しんでいこう)という独白で、余裕の表れを見せる。

この局の先制はまたも愛宕姉。
七萬をポンして2000点のテンパイ。
有珠山では絶好の一向聴から鳴くことに驚く誓子と、愛宕姉に同意する成香。
成香は追いついていけるぐらいの速度は持ってるから、あとは防御力の問題なんだろうな・・・。

で、セーラが追いつく。
六索を切れば愛宕姉に振込みという場面。
だが、セーラは(より高いほうで和了る)という脳筋思想で三暗刻を狙った五索切り。
一発ツモの4000オールで千里山元エースの力を見せつけた。

東二局一本場。

揺杏が先制リーチ。
が、その直後にセーラが追っかけリーチ。
さらにその直後に愛宕姉が羊先輩からポンして一発消し。
羊先輩が「でしょうね」とか言ってるからこれは狙ったのか?

で、揺杏。

セーラ「ロン 9900」

愛宕姉が鳴いてなければ6100オールツモという場面。
羊先輩は(助かった)と独白して愛宕姉の知略に感心してるが、鳴かせた訳じゃないのか?
なんにしても阿知賀編に比べたらよっぽど強そうには見える。

そして揺杏が(このままじゃ終われねー…!!)と逆襲を誓ったところで今回は〆。

次号も連載で6/2掲載予定。

今回はセーラが2和了で力を見せる結果に。
愛宕姉とセーラは散々強い扱いされてきたしそれはそれで当然ではある。

現在の得点状況。
5位決定戦中堅東二局一本場終了時
千里山・江口セーラ:139300(+20900)
姫松・愛宕洋榎:101600(+3900)
新道寺・江崎仁美:97000(-6000)
有珠山・岩館揺杏:62100(-18800)

セーラが一歩抜け出したが、他三人もこのまま終わりはしないだろう。
羊先輩の新道寺3位の底力とか、揺杏がこれまでのフルボッコを払拭する逆襲劇が見られるかどうか。

では、この辺でノシ