今週も咲連載の日が来た。
早速、続きから感想へ。
5位決定戦決着から。
見開き絵ははやりんと三尋木プロ(後ろ姿)
制服着てるし高校時代か?
27で制服来てるとかうわキツを免れないからな・・・。

前回の計算通り、千里山がトップで決着。
ありがとうございました!ってやってるコマの角度がやばすぎるw
しかしあんまりはいてなさすぎて竜華が肌色スパッツ+素足に見えてくるな・・・。

挨拶の後、末原さんが竜華を引き止め、新道寺が三倍満ってわかっとったんか?と聞く。
竜華は自分はわからなかったがフナQを信じたと回答。
末原さんはそうだとわかってたら自分も獅子原も北捨てなかっただろうなんて言ってると、そこに爽が乱入してくる。

にしても、

末原さん(やかましいな巨乳…ッ!!)

とか、辛辣すぎw
よっぽど巨乳への鬱憤溜まってんな。

そして、爽の安定のたらしムーブ。
「私のことわかってくれてるね 恭子」とかもうチャラ男ならぬチャラ女になってるw

姫子は新道寺控室に戻り、皆に謝罪。
オーラスでリザべを迎えるべきだったかどうかの話に。
話によると、リザべは確定した翻では和了れるものの、いくら頑張っても高く出来ないらしい。
それでも姫子は流局間際まで粘ったようだが、三倍満で終わった。

以前粘りすぎて流局でもしたのか一巡は余裕を持ってリーチしたらしいが、その後竜華がポンして姫子がツモって三倍満という終わり方だったらしい。
しかし、竜華のポンによってずれた牌も姫子の和了牌で、竜華がポンしていなければ役満ツモになっていたとのこと。

哩「またいつか 同じチームで打ちましょう」

リザべの制約を越えていたIFの話、そしてこの哩の言葉で姫子が泣き出したところで〆。
次号休載で5/18連載予定。

前回あっさり終わったオーラス1本場だが、姫子もあがいていたし竜華も阻止に全力をかけていた。
最後まで思考停止せずに抗ったからこそのせめぎあいという奴か。

新道寺の描写はこれでもう終わったと思うけど他三校も何かしら挟むのかな。
そこら辺諸々が終わったらいよいよ決勝戦か。
回想で寄り道とかしなければいいが・・・。
宮永姉妹の過去についての回想ならいいけど、それ以外は今いらない。

では、この辺でノシ