今週も咲連載の日が来た。
ヤングガンガン買うついでにいまさらビッグガンガンも買ってきた。
シノハユがなんやこの卓!?みたいな面子になってたな。
感想は書いてないけどシノハユも怜も全話見ている。
シノハユの途中から本編以外の感想は全く書かなくなったわけだが、なんで書いてないのかというと人間ドラマ主体だから。
属性的な情報から感想を書くのはできるんだけど、掛け合いなどを見て情緒あふれるコメントを残したり出来ないので、段々苦になってきた部分がある。
あと1話1話が長いのも感想を書くのが辛い。
基本的にこういう感想は脳みそこねくり回して力込めて書いてるから、長いと途中で疲弊しきってしまう。
その割にはクソみたいな文章多すぎだろって言われるとぐうの音も出ないが。

話を戻す。
今回の感想に行く前に言及しておきたいことが一つある。
数日前にりつべの公式HPが更新されているが、そこにこんな一文がある。
「胸のサイズは今回は全部合っています」

ほう、ということは今回の話に出てくるキャラの胸のサイズは作者公認ということだな?
これは要注目だ。
・・・脳みそこねくり回してこんな事書いてるのかって突っ込み入りそうだな、これ。

続きから本編感想。
ダブリー→天和→ダブリー←今ここ。

久々にふくすこペアの実況解説へ。
小鍛治プロは一度も天和出せたことないし、相手に出されたこともないらしい。
これにはガイトさんや照も心の中で驚きを隠せていない。
照は天和出るなら尭深か淡だと思っていたらしい。
あの照にさすがに痛かったと思わせるとか、東風の神を名乗るだけのことはある。

この二本場、ガイトさんがぽんしなければまたもタコスが一発ツモしていたという危うい状況。
こんな状況下、穏乃が片岡さんって憧に似てね?と全視聴者が思っていたことをついに口に出してしまった。
憧は髪型だけは昔の自分に少しは似てるけど、今は違うしマントなんてしてないと否定し始める。
どうでもいいけど、このジト目憧、可愛すぎである。

タコス「ツモ! 2800オール!!」

そして、この二本場も結局はタコスが制してまだ東一局は終わらず。
福与アナも他校は苦しくなってきたと語るが、小鍛治プロは10万点差が試合を決めるとは思えないと一蹴。
普通に考えたらえぇ…って感じだけど咲世界だから仕方ない。

東一局三本場。
今回ついにダブルリーチではなくなったタコスだが、800オールツモ。
しかし、その内容は一通のみ片和了りというかなり苦しい形に。

ここで尭深と淡の会話。
・・・ん?
これ、やっぱりそういうことなのか?

それは後述として、この時の回想では照がタコスについてだんだん速度が早くなっている気がするという話を淡が聞いたというもの。
菫はそんな話聞いてないと突っ込みを入れる。
タコスの速度が早くなってるって割と重要な話だと思うけど、照は特に言わなかったんだな。
まあ戦うのは照だから特に告げる必要がないといえばないのだが。
それから玄がドラを占有してるという話も出る。
途中で復活すると思っていたが、もう復活していたのか・・・。

東一局四本場。
タコスはついに二向聴まで失速。
それでも鳴いて一気に仕掛けていく。
ガイトさんがチャンタ決め打ちかとタコスを見ている一方で、照は別の気配を感じていた。
玄の周囲に漂う霧、これは一体・・・。

というところで、今回は〆。
次号休載で次の連載は8/3予定。

さて、今回最優先で語らなければならないのはこれだ。
胸のサイズだよ!!(真剣)

・・・いや、冗談でも何でもなく、上で思わせぶりに書いたのがそれに繋がる。
尭深と淡の会話では二日前の照と淡の会話の回想が入っているが、何か違いに気づかないだろうか。
そう、淡の胸のサイズである。
1コマだけなら何かの間違いかもしれない。
だが、回想中に出てくる淡は二コマ中二コマとも普乳なのである。
それに対して今の淡は全コマ爆乳。
さらにりつべからの胸のサイズは合っているという念押し。
これが意味することはただ一つ。
淡は能力によって胸の大きさが可変する!!
というより、能力が強くなればなるほど胸が大きくなるといった方がいいのか。
これ皆が「淡は能力で胸が大きくなってる」ってジョークで言ってたと思うけど、まさか本当にそうとは・・・。
そもそも二日の間でこんなに胸大きくなるとか身体への負担やばすぎないか?
多分能力が弱くなったらまた小さくなるんだろうけど、日常生活にもかなり負担がかかるだろこれ。
服とか下着とかどうすんだよ・・・制服も二種類必要だし、費用がばかにならない。
咲のキャラで未だかつてないほどに日常生活を心配してしまう。

なんか途中で気付いたこれのせいで他の描写に対する反応があっさりしてしまう。
タコス頑張ってんなあとか、玄が纏う霧は一体・・・とは思うけど。
玄は準決勝でもひたすら泣いてる印象しかなくて最後に一発かましただけって感じだが、今回は何かやってくれるだろうか。

現在の点数状況。
インターハイ決勝先鋒戦東一局四本場開始時
清澄・片岡優希:177100(+77100)
白糸台・宮永照:74300(-25700)
臨海・辻垣内智葉:74300(-25700)
阿知賀・松実玄:74300(-25700)

ついに10万点差ついてしまったが、小鍛治プロの言う通りこれだけで決着がつくわけでもない。
照やガイトさん、そして玄がこれからどう仕掛けてくるかが見どころになりそうだ。

・7月18日追記
今更ではあるけれども、コメントで書いてて考えがまとまってきたので記事に追記しておく。
コメントにも書いたが、淡の胸の変化は恒星の一生がモチーフと推測している。
恒星はだんだん質量を増していき、最後には超新星爆発を起こす。
この辺は自分でスーパーノヴァ(超新星)あわいちゃんとか名乗ってるし、もっと早く気づいてまとめられるところではあるんだが、いかんせん胸単体に目が行き過ぎた。
おそらく淡の最終的な大技は超新星爆発かブラックホールなんだろうなと思う。
・・・麻雀とはなんなのか。

では、この辺でノシ