今週も咲連載のヤングガンガンの発売日が来た。

とりあえず、昨日のりつべの公式更新の話から。

今週号は白くないけど線が粗い部分が2ページほどあるとか。
前回はペンが全部入ってるけどトーンが入ってないとかだったので、次は両取りしたいとのこと。

まあ両取りしたい(両取りするとは言っていない)になるオチだけど。
私はりつべに対して作家としては全く信頼感がないから、やれるだけやってくれとしか言えない。
これが常態化してから何年経ってるかも分からんのだから、りつべ次は行けるぞなんてポジティブな感想が出るはずもない。

そういや、宇野沢パイセンの特典の断ち切られた部分を掲載してるけど、あれを掲載して何をどう使えというのだろうか。
人によってはあれを保存して実際の特典をイメージスキャナで取り込んでくっつけるとかそういう事するのかね。
確かにあれは同時購入特典の淡とくっつく感じだし、やる人はやるんだろうな。
そういえば以前の阿知賀の温泉絵もどっから失われた部分持ってきたんだみたいに思った画像があったけど、あれも掲載されてたんだっけな?
記憶が定かではない。

続きから感想へ。
表紙からいきなり誰だよという感想が浮かんでくる。
おそらく琴似栄の吉田か?
1回2回しか出てないようなキャラも多くなってきてるからな・・・。
鹿老渡のエース津秋優奈とか永水六女仙の中学生組とかもそうだけど。
個人戦に入れば出番がありそうなキャラもちらほらいるけど、そもそも個人戦があと何年後になるのやら。

で、表紙の次はタコスの前日夜の風呂回想。
和は阿知賀の旧友、咲は姉を応援してもいいんだじぇとネガるタコスに、和と咲はチームの仲間を応援しないわけないだろと諭す。
そんな感じでまたタコスのモチベが上昇。

東四局、親は玄。

タコスの配牌もようやく二向聴まで勢いが落ちてきた。
それでも照の連続和了の速度が大体4〜5巡目なので、まだまだ有利とのこと。
しれっとぶっ壊れたこと書いてるな・・・。
照はいつでも4〜5巡には和了れるってことだし、タコスも二向聴開始で4〜5巡以内には和了れる確信があるってことだ。

しかしこの局、最も有利を取ったのは親の松実玄。
三向聴ながらドラツモだけで和了りに向かえるというボーナス配牌。
4巡目には三連続ドラツモでテンパイ。
だが、同じ4巡目にタコス、ガイトさん、照が次々とテンパイというやばすぎる状況。
いくらなんでも速すぎるだろ。
速度がウリの末原さんと普通に同等じゃねーか。
ひたすらに豪運。

そして全員ダマでのめくり合いになるが・・・。
見開きドラゴンロードで玄がツモ。
四連続ドラツモというドラローの本領発揮で一気に点数を稼いだところで〆。
点数はツモドラ6で6000オールかね。
次回の連載は次号11/16予定。

しかし、あの玄がここまで強者の風格を纏うとは、阿知賀編での醜態はなんだったのかという活躍ぶり。
これは阿知賀のエース松実玄。
まあ準決勝は照が異常なまでの無双してたからな。
怜が死にかけてようやく一矢報いる程度の相手を抑えてる決勝の面子がおかしい。
いや、決勝の面子と言うより完全絶好調のタコスとドラ力がインフレした玄が今までに比べて強すぎるだけではあるんだが。
玄が和了ったから東場継続だが、そろそろガイトさんあたりがスパッとやって照の連続和了あたり来るかね。

現在の点数状況。
インターハイ決勝先鋒戦東四局一本場開始前
清澄・片岡優希:164300(+64300)
白糸台・宮永照:62900(-37100)
臨海・辻垣内智葉:63300(-36700)
阿知賀・松実玄:109500(+9500)

これで玄が原点復帰か。
たった2回の和了りで照やガイトさんとこうまで引き離すんだからドラ爆は凄まじい。

では、この辺でノシ