咲連載の日が来た。
特に書くことはないな。
前回の連載の後にダブルパイセンのハートビーツ制服がカラーであげられてたことぐらいか。
どう考えてもメイド喫茶にいるようにしか見えない。

では、続きから本編感想書いていくが、なんと今回はあのキャラの名前がついに登場。
照のギギギ発動から。

照の打ち方に困惑する部長だが、咲の反応を見てこれを知っているのか尋ねる。
咲は見逃しは知らないがあの雰囲気の照には一度も勝ったことがないらしい。
ここで見開き含む3ページ以上を使って照のトルネードツモ。
まあ確かに本編では初だからな、これは。
阿知賀編ではすでに出てたけど。

ここで七対子タンヤオツモの4翻、3200の5本場で3700オール。
実況で7連続和了って言ってるけど、前回の実況から数えると違ってしまうからやはり前回のは間違いか。

小鍛治プロはこれもうだめかもわからんねと解説。
準決勝は未来視と献身と覚悟でどうにかなったけど、決勝ではそんなの無理、せめて未来視があればねと完全に照勝ち確ムード。
あれほど無双されてたのに怜の能力は防御的に相性が良いのか・・・。

ここでガイトさんの独白。

ガイト(ここに荒川憩がいれば一発で連続和了がとまるんだが)

Vitaの荒川憩の能力は誰かに和了られると能力発動して色々補正が強くなるんだったか。
確実にカウンター系能力ではあるだろうな。
和了った相手より高い手で和了れるとかそんなんかね。
それが100%発動するなら和了率50%を確実に確保できるしかなり強いけど、今のところはなんとも言えないな。

で、ガイトさんは清澄と阿知賀と連携とかできるか?と、大前提の部分で躓いている状況。

そしてタコスの回想。
咲によると照に8回目の和了りを許すと9回目は誰も阻止できたことがないとか。

咲「お母さんも私も従姉妹の光ちゃんもダメだった」

光ちゃん・・・だと・・・。
シルエット的にも車椅子のあの子であろうことは間違いない。
初登場から何年経ったかわからないが、ついに名前が登場したか。
あのブログの人とかこれで記事何個も書くんじゃないか?
いや、さすがに名前判明だけでそこまでいかないか?

8回目と9回目はセットということで、10回目はどうなのかというとそこはたまに阻止できるらしい。

タコス(9回目は好きにさせてやるじぇ…!!)

これもう8回目も諦めてない?

南三局六本場。

照「ツモ」

あっさり8連続和了達成した所で〆。
次号も連載で2/1予定。

やはり照は強かった。
ここまで割と苦戦ムードかと思ってたけど、相手の強い時を上手く守りきって自分のターンを100%活かしきっている。
ガイトさんはかなり苦労しそうだな。
連携相手がタコスと玄って相当難しいし。

8和了目はツモ発言のみだが、どうかね。
3900オールか満貫の六本場ではあるだろうけど。
9回目が確定だって言うなら満貫まで上げてしまって跳満確定の方が良いような気もするが・・・。

現在の点数状況。
インターハイ決勝先鋒戦南三局六本場終了時(3900オールで推定)
清澄・片岡優希:138500(+38500)
白糸台・宮永照:112100(+12100)
臨海・辻垣内智葉:58700(-41300)
阿知賀・松実玄:90700(-9300)
もし満貫なら照に+300、他に-100。
次の照の和了は満貫か跳満でほぼ確定なので、積み棒合わせて4700オールか6700オール。
満貫なら照は126200、タコスは133800でまだ逆転ならず。
今回が満貫で次が跳満なら照は132500、タコスは131700で逆転する。
メタ的に考えると10回目には阻止されそうだから、後半照がトップで行くのかタコスがトップで行くのかは今回の和了り手で決まるようなものか。
もちろん10回目で阻止されないなら照が確定でトップになるけど。
9回目で阻止という可能性も0ではないけどね。
普通の漫画ならあれは阻止できない→阻止するっていうのは定番だけど、咲ではそういうのないから考慮してないだけで。
玄あたりなんて今回結構謎だし、案外止めるとしたら玄かもしれん。

では、この辺でノシ